フォト

« 今週の生け花(令和元年10月第1週) | トップページ | 世界を夢みて(154) ; ベルギーの小さな村巡りNo4;オルヴァル修道院 »

2019年10月 5日 (土)

世界を夢みて(153): ベルギーの小さな村巡りNo3;シャスピエール村chassepierre

このブログの記事をまとめたホームページを作りました。見て頂くと嬉しいです😃(ニライの夢:https://dreams-nirai.com )。
ブリュッセルのグランプラスの宿泊を早朝に出発です。 今日は南ベルギーの美しい小さな村を巡りです。前回までに立ち寄ったのがセル村、ヴェーブ城、デュナンを巡り、今回はロレーヌ地方の美しい村の1つChassepierre(ジャスピエール)村に立ち寄りました。ローマ人の居住地が見つかっている古い村だそうです。

Th_chassepierre
村が見渡せる小高い丘には、見晴台となっており大きな案内板があり、その表示通りに視界が開けています。
Th_dsc03527
ロワン地方はベルギー南部に広がる地方で、フランスと国境を接し公用語もフランスです。なんとなく村の雰囲気もフランスに近く感じます。「石の家の村」の名前らしく現在の建物は17世紀頃の建築だそうです。
Th_dsc03528
村のシンボル的な教会は1702年に建てられたバロック様式のサン・マルタン教会です。白い壁が目立ちますね。
Th_dsc03541
丘の上から村の中心地へ下ってゆきます。この様な石積み感のかる建物も村の自然とマッチして異国に来た高揚感に包まれます。旅行後に調べたら「Chassepierre」という名前は、「石造りの家」のラテン語であるCasa petreaから来ているとのことで、なるほどとおもいました。 確かに、村の家屋は主に18世紀から19世紀の石で出来ているそうです(wikipediaより)。

Th_dsc03531
穏やかな流れの川面には水鳥が遊び、村や教会の鐘の音も静かに聞こえてきそうです。曇り空でしたが9月の爽やかな風を感じることが出来る場所です。ベルギーの美しい村に選ばれることが理解出来る美しい景色です。聖マルティン教会が奥に見えます。

Th_dsc03527_1
長閑な川辺に沿って道を歩くと、南側にある小さな橋を渡ることが出来ます。

Th_dsc03543
村を先に進み、スモワ川にかかる橋を渡ると長閑な牧草地が広がります。そこに2頭の馬が放牧されていて、声をかけると興味深そうに近寄って来ました。優しい目をした馬達でした。彼らに乗って村を散歩したい気分です💖
ノンビリすることも出来ず、次の目的地のオルヴァル(ORVAL)修道院に向かいます。
(旅行記もノンビリ書いていると来年まで持ち込みそうですので、週に2回以上記載予定です。慌ただしいですがこれからもお付き合いください✨)

« 今週の生け花(令和元年10月第1週) | トップページ | 世界を夢みて(154) ; ベルギーの小さな村巡りNo4;オルヴァル修道院 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
 こちらは真夏日で本当に暑い一日でしたが、
夕刻には涼しくなりエアコンを切る事が出来ました。

 個人旅行ならではの素敵な村へお寄りになられたのですね。
石造りのしっとりした家々に教会もいいですね!
そのまま絵葉書になりそうな院長先生のお写真です。
 お馬ちゃんにも会えたのですね。
獣医さんではない事がきっとわかって寄ってきたのでしょう!!
 続きを楽しみにお待ちしております。

マコママさん、こんばんは。

まだまだ暑い日が続いているようですね。でも夕方には涼しくなっているのですから、もう少しの辛抱ですね。那覇市は最高29度で最低が24度の予想です。

ベルギーの美しい村にも選定されるような、長閑でしっとりとした村でした。 本当はこのようなところでノンビリ出来たら最高でしょうね。

動物大好きな私にとっては馬も好きですよ。子供の頃に隣の農家の馬に乗せて貰ったりしていました。 馬は可愛い目をしているから大好きです。

続きを急いで書いています。このままでは年内にも終わりそうもないので、急いで載せて行きたいと思います。

現実に、こんなにも美しい村があるのですね。
このような場所で余生を過ごせたら、なんて思うのは私だけでしょうか。
日々、美しい景色に囲まれて、馬と戯れて、と考えると、ため息が出ます。
ここなら、私の好きなピアノも、思い切り弾けそうです。
現実はと云うと、我が家は防音装置があるマンションではないので、
近所を気にしながら、ソフトペダルで、時々弾いている状態です。
先生の写真を拝見して、急に誰はばかる事なくピアノが
弾きたくなりました。

ガルボさん、こんばんは。

ベルギーの南部のフランスとの国境側にはこのような長閑な村々が点在しているようです。 このような美しい村の紹介の本も出ています。

ガルボさんが仰るように、このような場所で余生が送れたら素敵でしょうね。

ガルボさんはピアノが好きだったのですね。私は弾けませんが子供の頃より姉たちがピアノをやっていましたので、聴くのは好きです。

マンション住まいだとなかなかピアノを楽しむにも音が気になりますね。 何処かサークルみたいにピアノを思い切り弾ける場所があればいいですのに。

omoromachi様、ご無沙汰しておりますKです♡

ブリュッセルのグランプラスも素敵でいつか
行きたいと考えていました。今回の
シャスピエール村も素敵ですね

この様な所に宿泊しながら、ノンビリ出来たら
本当の贅沢を味わえるのでしょうか?

Kの場合はツアーには行けてもこの様な
場所には行けそうもありません
このブログで楽しみたいとおもいます

いつも沢山の夢をありがとうございます✌️

shoriyama.Kさん、こんばんは。

ブリュッセルのグラン・プラスは思い返しても本当に美しい広場でした。 今回のシャスピエール村は長閑な田舎のたたずまいで、ブリュッセルの大都市とは違う趣が素晴らしかったです。

本当に時間もお金もある方はこのような場所でノンビリと釣り竿でも垂らして変わりゆく時間を楽しむのでしょうね。いつかは時間も気にせず旅したいのですが・・・まあその時にはきっと体が動いていないのでしょう😭

私は運良くこのような場所に行けましたので、他の方にもこの美しい景色を共有して頂けたら、本当に嬉しいです。


東京はまだ暑いと思いますが、時々は覗きに来て下さいね💖

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 今週の生け花(令和元年10月第1週) | トップページ | 世界を夢みて(154) ; ベルギーの小さな村巡りNo4;オルヴァル修道院 »