フォト

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

2019年9月29日 (日)

世界を夢みて(152): ベルギーの小さな村巡りNo2(ブイヨンでの昼食・観光)

ブリュッセルのグランプラスの宿泊を早朝に出発です。 これからは南ベルギーの小さな街々を巡り、ルクセンブルグにちょっと寄ってまたブリュッセルに戻る計画を立てました。
車は日本より申し込みを済ませています。南ベルギーからルクセンブルグを回り、トリニー村の宿までの1日目の行程です。
デュナンから、南へと1時間ほど車を走らせ、次の目的地、ブイヨンに到着です。12時となり、食事を先にするか観光を先にするか迷ったのですが、先に食事をすることに。早速トリップアドバイザーにて近くのレストランを検索。フレンチ、ベルギー料理を中心としたホテル(Hotel Panorama)にあるレストランが評価が高かったために向かうことに。 
Th_dsc03444
Le Panaromaは名前の通りブイヨンの街を屈曲するLa Semois(スモワ川)を見渡せる高台にあり、とても眺望の良い場所にありました。
Th_dsc03446
まだ開店したてのようで私達しかいませんでした。雨模様でなければ、テラス席で食べた方が雰囲気があったのでしょうが、今日は中の方で食べることに。
Th_dsc03451
ホテルのレストランだけあって中も広々としており、団体客でも十分対応出来そうな客席が確保されているようです。
Th__4
開店間近で、私達しかお客さんはいませんでしたので、それぞれが違う一品料理をオーダーすることに。どれも上品で、見た目も美味しさも素晴らしかったです。 このような食事を昼間から食べるなんて何とも贅沢なことです。いつものように食事に疎い私ですので、食事の名前が分かりません😞
Th_dsc03458
食事を終え、レストランを出る前にブイヨンの街を眺めると、左奥にこれから向かうブイヨン城が見えます。なかなか立派な城のようです。
ブイヨン城は第1次十字軍の指導者で、初代イスラエル国王となった英雄ゴッドフロワの居城だそうです。
Th_dsc03462
厚い壁に被われた細い入口は要塞としての居城だったことが判ります。
Th__5
奥に進むと大きな広場がり、何羽かの猛禽類が鎖に繋がれて飼育されていました。 3月から11月初旬まで鷹匠のショーが観れるそうです。
Th__6
この日も13時頃からのスタートの掲示板にありました先に城内の博物館を見学して、時間通りに広場に来たのですが、雨模様で来院者も少ないために中止となりました(ちょっと残念)。ショーは開催されませんでした。
Th_dsc03501
散策している内にお天気が回復してきて、青空も覗いて来ました。やはり青空の方が旅行中は有難いです。
Th_dsc03487
城壁の東側から全体を見まわすと、ブイヨンの街や城がスモワ川が蛇行する間に囲まれた場所にあることが良く判りました。気持ちより風が通り抜けます。
さあ、急いで次の目的地に向かいます。

2019年9月27日 (金)

今週の生け花(令和元年9月第4週)

台風17号の通過後は天気が良く暑い日が続いている沖縄です。各地でラグビーのワールドカップの熱戦が展開され、それぞれの国を応援している方もいらっしゃるかも知れません。明日は日本ーアイルランド戦ですね。私は殆どTVを見ることはないのですが、是非頑張って勝って欲しいです✊✊

Th_img_3151

今週で9月も終わり、本格的な秋の到来です。美味しい食べ物が食卓を囲むかも知れませんね。 食い意地だけでなく芸術の秋でもあります。 今週も2階のいつもの場所に、生け花クラブの皆様が生け花を活けてくれています。ここは芸術の秋です😃

丸い赤い花器に、大きなハランの葉に上方に真っ直ぐに伸びたトリカブト、赤いカーネーションが印象的です。よく見ると黄色い小菊、白い花に紫の縁取りがあるのがトルコギキョウ(バルカン・マリン)や小さな花をつけたほととぎすもあります。

Th_94

ちなみにトルコギキョウはキキョウ科の植物と誤解されるようですが、リンドウ科の植物で、原産国は中南米のようです。トリカブトは昔から花材としも使われていましたが、トリカブト事件で一躍その存在を知ることになったのかもしれません。

遠い南方に熱帯低気圧があるようで、今後の動きが気になってしまいます。台風はもういりませんけどね💖

<花材:トルコギキョウ、カーネーション、ハラン、トリカブト、ほととぎす、小菊>

 

2019年9月25日 (水)

ギックリ腰

今日のFM放送は腰痛について話をしました。以前にも書いたのですが「ギックリ腰」について説明します。

厚生労働省は毎年色々なアンケートを実施しています。私達医療人にも関わりが高い国民生活基調調査の中で、自覚症状の統計があります。これは病名ではなくて、国民が日常生活や病気、怪我などで実際に感じている症状についてアンケートした結果です。

公表された最新のデーターは平成28年版で、それによると、男性の場合の自覚症状は多い順番に①腰痛 ②肩こり ③咳や痰が出る となっています。女性では①肩こり ②腰痛 ③手足の関節が痛む となっています。いずれも関節に関しての訴えが多く、腰痛が全体で一番多いことがわかります。                               

米国人のはっきりとしたデーターを捜せませんでしたが、一番多い症状は頭痛と言われています。腰痛を訴えるのは15〜30%で日本人に比べて低いようです。 日常診療では頭痛は日本人にも多いと思いましたが、男性では5番目以降で、女性で第5番目に入っている程度です。 痛みの場所に関してもある程度人種差やライフスタイルの違いが関係しているかも知れません。

ちなみに英語で「肩凝り」のことを「肩ではなくて首が凝る「I have a stiff neck:(直訳すると:私は硬い首を持っています)」と表現するようです。

上記アンケート調査での日本人の訴えは腰痛の中でいわゆる慢性腰痛をさしていることが殆どと思います。腰痛は多くの日本人が感じていることですが、実は正確な診断がつくのは15%程度で、残りの85%は明かな原因を絞れない状態なのです。

急性腰痛の一つにギックリ腰があるのですが、これも一つの病態だけではありません。重い荷物を持った瞬間、捻った瞬間、あるいはクシャミをした瞬間など様々な動作で、急激に腰の痛みを生ずる病態をさしています。

Th__20190924212701

ヨーロッパなどでは「魔女の一撃」と呼んだりしています。確かにこの方が痛みが伝わって来そうです。 

ギックリ腰は色々な病態でなっていますが、主な状態は腰を支えている靭帯や筋肉が急激な負荷による断裂が起こっていると考えられています。いわゆる腰回りの筋肉や靭帯が強い捻挫を起こした状態となっています。

骨、椎間板、筋肉、腱膜などに発生した捻挫は急性炎症ですので、炎症を起こした時の鉄則、安静、アイシング、固定が重要です。痛みが和らいで来ると少しずつ運動を加えて行きます。

中高年になると腰を支える筋肉(腹筋・背筋)や靭帯、更に骨も弱くなりますので、ギックリ腰を悪化させないようにしなければいけません。痛みが強ければまずは椎間板ヘルニアなどがないかを整形外科で調べてもらったり、痛みの専門外来(ペインクリニック)などで神経ブロックを受けるのもよいかも知れません。

大凡1週間程度で痛みは改善すると考えますが、長引けば無理せず診察を受けて下さいね💥

2019年9月23日 (月)

世界を夢みて(151): ベルギーの小さな村巡りNo1(セル村Celles・ヴェーヴ城・ディナン)

ブリュッセルのグランプラスの宿泊を早朝に出発です。 これからは南ベルギーの小さな街々を巡り、ルクセンブルグにちょっと寄ってまたブリュッセルに戻る計画を立てました。
個人タクシーはベルギー在住の知人に頼んでやって貰いました。ドライバーは日本語は話せませんので、私の行く行程を知人に頼んで、おおよそその行程で行って貰うように手配し、当日カード払いで料金を払うことになっていました。一般的な値段よりは安いのですが、それでもかなりの値段になります。慣れていたらレンタカーで廻った方が色々と便利で安く上がると思います。
南ベルギーからルクセンブルグを回り、トリニー村の宿までの1日目の行程です。
ホテルを早朝にチェックアウトし、専用車にて南へと向かいます。朝が早かったせいかブリュッセルの渋滞には巻きこまれず南下。高速を降りて、最初の目的地セル村に到着。今回の旅行で初めての雨の天気です。
Th_dsc03342

セル村の起源は2世紀と言われる古い村です。7世紀に聖アドランがこの地の森の洞窟(セル)に住んだことから、彼を慕って次第に各地から修道士が集まって修道院が建てられたとのことで、今でも信仰心の厚い村と言われています。

Th_dsc03343

セル村にある小さな教会(サン・アドラン教会)です。まだ開いていませんが裏手にも回ることが出来ます。ネットなどで小高い丘から観るセルの街の写真はこの村の紹介でも使用されていましたが、今回は雨のせいで断念しました

Th_

まだ早いせいで、パン屋さんが開いているだけでどの施設も開いていません。雨の中傘を差して、ベルギーの美しい村24選にも選ばれた村を散策。穏やかな時間が流れる気がします。 歩いていると、イギリスのコッツウォルズ地方に紛れ込んだような石作の街並みで、雨の雰囲気も似合っているかも知れません。

今回時間制でドライバーは観光案内ではありませんので、写真を撮って次に向かいます。
Th_dsc03348

10分ほど進むと、皇太子ご夫妻(現、天皇御夫妻)もお見えになったというヴェーブ城が見えて来ました。8世紀に建てられたこの地方の領主の居城とのことです。

Th_dsc03349

内部の見学も出来るそうで、日本の皇室から送られた菊の紋章が入った七宝焼の皿などの展示もあるそうです。 今回はこれも写真を撮ったのみで次へと向かいます。

Th_dsc03356

20分程度車を走らせると、ムーズ川沿いの断崖に開けたデュナン到着。 ベルギー南西部の街では比較的大きな街で、「絵のような町」とも形容されているとのことです。

ムーズ川の艀には沢山の観光船も係留していますので、観光地としても有名だと思われます。

Th__2ムーズ川の橋には大きなサックスフォンの銅像が飾られていました。後で聞いたら、この街の出身のアドルフ・サックスフォーンがこの楽器の発明者で、彼の名前と取って楽器名も「サックスフォーン」となったそうです。サックスフォーン奏者に取っては聖地かも知れませんね。

Th_dsc03357

橋の左手に玉ねぎ型の尖塔を持ったノートルダム教会が見えて来ました。後ろの岩山ともマッチする綺麗な教会となっています。

この教会の横に観光案内所があり、その中を通りこの街を一望できるシタデルへと昇る小さなロープウェイ乗り場があります。ここでは50分ほど時間をとって、街を散策。ドライバーはその時間まで自由にして貰いました。
Th__3

雨の中でしたので、余り観光客はいませんでした。100m程昇ると広々とした城壁に着きますが、高いせいか風が強く傘をさしながらの写真撮影は難しかったです。

この城は1050年に築かれたそうですが、ムーズ川を見渡せる要塞としての重要だったことが内部を観ると判ります。

幾多の戦争を経験し、17世紀にはフランス、19世紀杯j目にはオランダ、第二次世界大戦ではドイツ軍がここを軍事拠点として支配しています。

 

Th_dsc03376

しばらくすると雨も上がり、両手で写真撮影が出来る状態に回復。シタデルから見下ろしたディナンの街並みやムーズ川が本当に美しい眺めで、ここが激戦地だったことも忘れさせてくれます。

 

Th_dsc03422

川と緑に囲まれた綺麗な風景を眺めて、ロープウェイを降りて次に目的地に向かいます。

2019年9月18日 (水)

世界を夢見て(150): ブリュッセル市内観光No3(王宮、裁判所広場、ノートルダム・ド・ラ・シャベル教会)

ブリュッセル王立美術館を見学し、前後しますが公園を通り、国会議事堂と王宮も観ましたので、写真だけでも紹介します。
Th_dsc02932

ブリュッセル公園はかなり大きな公園で、中を歩くと小鳥の声も聞こえ別世界にいるような気分になれます。

Th_dsc02935

かなり立派な王宮です。ブラバン公爵の館があったところをレオポルド2世が類6世風の建築様式に変えたとのことです。 ベルギーの国王が実際住んではないそうですが、国王が国内にいる時には国旗が掲揚されているとのことですから、その日には国内にいらっしゃられてようです。

 

Th_dsc03038

15時過ぎて、流石にお腹が空いて来たために、王立美術館近くで前もってチェックていた「L'Entrée des Artistes」へ。ちょっと入るのには躊躇しましたが、お昼のピークを過ぎていましたので、予約無しで直ぐに入りました。 もともと味音痴の私ですので、食べる時間があったら街を歩いていることが多いのです。 考えてみたらここまで余りムール貝を食べていないことに気づき注文しました。

Th__lentree_des_artistes

かなりボリュームがあると思いましたが、美味しさもありあっと言う間に完食でした。ムール貝は1つ目はフォークで中身をとって食べるのですが、その貝を挟みにように使って2個目から食べると非常に食べやすかったです。それと海産物は手で食べると結構手に匂いが付くのですが、余り気にならなかったです。このようなものなのでしょうか?

 

Th_dsc03048

再度王立美術館間の間を通り、最高裁判所近くまで行きますが改修工事で写真は撮れませんでした。しかし隣の広場からはブリュッセルの中心が見渡せる絶景ルポットとして人気があるそうです。パノラマで写して観ました。

 

Th_dsc03057

この広場には真ん中に記念塔が建っていて、後で調べたら、第1次世界大戦と第2次世界大戦での戦死者を弔う慰霊碑だとのことでした。

 

Th_dsc03058

場所が高台になっていますが、何とその先には無料のエレベーターがあり、有名なのみの市が開かれるロマール地区のジェ・ド・バル広場に降りることが出来ます。

Th_

広場を通り過ぎると古いレンガ作りの建物があり、ブルーゲルが住んでいる家だったそうです・・・・なるほどと思い写真を撮ったのですが・・・プレートには確かにビーテル・ブルーゲル(父)が刻まれていますが「1524-1924」の記載の意味が分かりません・・・400歳まで生きたわけではないでしょうからブルーゲル家が代々住んでいたと理解した方がいいのでしょうか?

Th_dsc03068
Th_dsc03070_2

 

 

ここからグラン・プラス方向に歩くと直ぐにノートルダム・ド・ラ・シャペル教会が見えて来ました。1403年完成のブリュッセルで一番古い教会だそうです。形はロマネスク様式とゴシック様式が混在した作りとなっています。ブリューゲル(父)が1563年にこの教会で結婚式を挙げ、没後(1569年)はこの教会に埋葬されたことでも有名だそうです。

 

                              

 

 

教会の横には、キャンバスを片手に持ったブリューベルの銅像があります。
Th_dsc03071

教会の中に入ると、柱が堅固な作りながら、美しく彫刻されていました。奥に見える主祭壇のステンドグラスやドームのアーチが美しく見とれてしまいます。

Th__2

教会の中には彼の横顔のプレートがはめ込まれています。

 

Th__3

ブリュッセルの中心にありながら、静かな教会です。沢山椅子が並べられていますのでミサの時間はいっぱいなのかも知れません。

教会を出ると、今日も青空です。宿泊のあるグラン・プラスまでも直ぐでした。
Th_dsc03083

途中にこのような場所でビールを飲んでいる方々も・・・・ノンビリとしますね。

このような古い建物が似合う街角が大好きでヨーロッパを歩いている気がします。この角を曲がるとまた素敵な光景に出会えるのです

2019年9月15日 (日)

世界を夢み(149); ブリュッセル市内観光No2(ロワイヤル広場・王宮・王立美術館)

ブリュッセルのグランプラスから聖ミッショル大聖堂を見学後、少し小高い丘になっているロワイヤル広場方向へと進みました。 旅行前にiPhoneに行きたい場所はインプットしていますので、初めての街でも間違うことなく行けてしまいます・・・これがいいことかどうか昔のスタイルの旅行を知っている私としてはワクワク感は減弱しますが、時短となります。
Th_dsc02940

大きな建物の中を歩くと、球形のロワイヤル広場に出ました。中央にはゴドフロワ・ド・ブイヨンの騎馬像があります。 1096年の第1次十字軍の指導者だそうです。 ヨーロッパ各地にはこの十字軍関連の像があり、宗教の対立は長年の歴史的な怨念もあり、簡単には解決しないのだろうかと改めて思うのです。

この像の正面にある白い尖塔は私の宿泊したグラン・プラス内の市庁舎の尖塔で、知らぬ間に随分と歩いて来たことが分かります。
Th_dsc02938

広場に面して荘厳な列柱と特徴あるキューポラを持つ建物が聖ヤコブ教会です。内部は入っていませんので判りません。

Th_dsc02949

そこから更に進むと、大きな建築群が連なっています。

ベルギー王立美術館です。この美術館には本館とも言っていい(?)「古典美術館」があり、それに接して19世紀末の絵画の他にアールヌーヴォーの家具や工芸品、装飾品を揃えた「世紀末美術館」があります。更にベルギー現代美術を代表するポール・デルヴォーとルネ・マグリットの作品群を集めた「マグリット美術館」も同じ場所にあります。この3つの美術館を含めてベルギー王立美術館と呼んでいます。
それぞれのチケットや共通券も購入できますが、今回は時間の関係もあり「古典美術館」のみ入ることにしました(各美術館8ユーロ、コンボチケット13ユーロ)。 世紀末美術館もマグリット美術館も観たかった・・・。 
Th_dsc02956

いきなりチケット売り場から大きなエントランスホールで、早くも圧倒されます。大きな荷物はロッカーに預け、入口でセキュリティーチェックもあります。

Th_dsc02957古典美術館はフランスがブリュッセル占領中の1799年にパリの中央美術館(現在のルーヴル美術館)の分館として建築された大規模な美術館です。占領地でもこれ程の規模の美術館を造る当たりは流石フランスの文化の懐の深さをしる気がします。
Th_dsc02952エントランスから直ぐ入った場所に私でも知っているヤン・フェルハス「学童たちのパレード」1880年がありました。これまで小さな絵画と思っていたのですがかなり大きなキャンバスに描かれています。
1878年8月24日、小学校の女子生徒たちが先生に連れられて王宮の前を学校の自由化=無宗教化のためのパレードしている光景が描かれています。可愛い女の子の作品ですが、宗教(カトリック)からの教育の自由化を高々と宣言した作品です。
Th_dsc02961これも大ホールにある作品です。人を入れると絵画の大きさが判ると思います。ギュスターブ・ワッペルス「1830年9月の出来事」。
ベルギー革命で武器を持ってオランダ軍に抵抗したブリュッセル市民たちとリエージュの義勇兵が描かれる大作ですが、これも自由を獲得する作品ですので、この美術館の狙いもここにある気がしました。
Th__71階エントランスホールか上る階段にも彫刻(Gabriel Grupello作?)があり、2階に上がると更にこの美術館の大きさが判ります。
2階にはフランドル美術が黄金期を迎える15世紀の作品、ブリューゲルが活躍する16世紀を中心の絵画が数多く展示されています。どれも有名な作品で、沢山写真を撮って来たのが整理出来ない感じです。
Th__8ロベルト・カンピン「受胎告知」(左上)、ロヒール・ファン・デル・ウェイデン「アントワンヌ・ドゥ・ブルゴーニュの肖像」(右上)、ファン・デル・ウェイデン「ピエタ」(左下)、ヒエロニムス・ボス「聖アントニウスの誘惑」(左下)
Th_dsc02989この作品はこの美術館のコレクションでも大切なものかも知れません。ブリューゲルの「ベルレヘムの戸籍調査」です。ブリューゲル親子の作品が並べられた展示室があります。 ベルギー出身のブリューゲルは当時、スペインによる支配で苦しんでいたベルギーの民の目線で、支配者のスペイン人を批判する作品を描いています。 

 

Th__9上の作品にもスペイン人がベルギー人を搾取する絵が描かれています。このような作品のためかブリューゲルの作品はベルギーには少なく、多くは海外(特にウィーン)で貯蔵されているとのことです(「バベルの塔」「十字架を運ぶキリスト」「雪中の狩人」「農民の宴会」などの代表作はウィーン美術史博物館におかれています)

 

Th_dsc03015お隣オランダのルーベンスコレクションも大作が飾られています。地理的に言えばブリュッセルとオランダのアントワープはかなり近い距離にありますが・・・

 

Th_dsc03011もう一つお隣オランダのレンブラントの作品「ニコラース・ファン・バムベーグの肖像(1641年)」もありました。
・・・この美術館も有名な作品が有りすぎて紹介出来ません。写真は沢山撮って来たのですが、それを並べたら何ページにもなりそうです。
時間があれば、世紀末美術館でフェルナン・クノップフの「スフィンクスの接吻」やエドワード・バーン・ジョーンズの作品も観たかったです(欲張りですね)          
街歩きでしたのに美術館の説明になってしまいました。次もブリュッセルの街歩きを続けます。

2019年9月13日 (金)

今週の生け花(令和元年9月第2週)

私の子供の頃は、台風は主にフィリピン沖で発生して沖縄方面を北上、その後熱帯低気圧に変わり日本列島を通過するコースが一般的でした。地球温暖化と共に台風の発生部位や進路も変わり、勢力を保ったまま直接本土に上陸する機会も増えた気がします。 今後はこれが当たり前となると考えると、強風や豪雨(地震を含めて)の自然災害に対してインフラ整備を急がないといけないと考えますし、特に大都市での交通網の脆さが気になりました。 

Th_img_2952

9月も2週になりました。今週もいつものように2階の小さな場所に、生け花クラブの皆様がお花を飾ってくれていました😃  今日の花器は青ずみ色と形も変わっていて落ち着いた雰囲気を醸し出しています。ややもすると乱雑に見える枝振りであるにも関わらず全体としてまとまったいるのは、それぞれのツルウメモドキの黄色い実やトウガラシの色合い、ケイトウストレリチアの形や色がも逆にかけ離れ過ぎたせいで干渉しないのかとふと思う次第です。皆様方はどうお感じになるのでしょう?

Th_92

やはり生け花は正面だけでなく色々な角度からみた方がよさそうです。それぞれの角度でまた違う味わいがあります👍

Th_92_20190912175101
今週も綺麗な花々に癒されています。生け花クラブの皆様には本当に感謝しております💖
<花材:雲竜柳、ツルウメモドキ、唐辛子、ストレリチア、鶏頭、クルクマ>

2019年9月11日 (水)

水虫の治療の変遷

今週のFMレキオでは、皆様方とご一緒にひと夏を親密に過ごした😅かも知れない真菌症について話をしました。(以前書いた内容と重複しますが悪しからず)

真菌症とはカビ類が起こす感染症ですが、深部真菌症のように重篤な合併症もありますが、一般的には表在性真菌症が身近だと思います。

皮膚の1番表面の角質層に感染して起こす皮膚真菌症を白癬と呼んでいます。足に発生するのを俗に水虫、外陰部に感染するのは「インキンタムシ」、手足以外の胴体・腕などに感染するのを「タムシ」「ゼニタムシ」、頭に出来るのは「シラクモ」と呼んでいますが、場所は違えど白癬菌による症状です。日本人の10人に1人がかかるポピュラーな疾患です。

表面ついた真菌によるものですので抗真菌薬の軟膏・スプレーを塗り続ければ基本的に治って行きます。 しかしながら爪の中に白癬菌が入り込んだ爪白癬は外用薬ではなかなか退治出来ません。その理由を説明します(外科医が説明するので皮膚科のように専門的ではありません)

真菌は通常の細菌では栄養として吸収出来ないセルロース、リグニンといった高分子成分を様々な酵素を使用して炭素、窒素、リンなどの低分子化合物に分解出来る性質を持っています。

人間の皮膚の最表面の角質層は生きた細胞の核を失いケラチンなどの物質で構成され、垢やふけとなり体から剥げ落ちて行きます。角質は細菌の栄養にならず通常の菌も住み着きません。しかし白癬菌は角質を栄養源に出来るため住み着くことが可能なのです。

Th__20190909164201

爪は皮膚が変化したもので硬質のケラチンやコラーゲンなどから出来ています。硬くて指の先端を守っています。ケラチンなどが煉瓦を積み重ねた様な頑丈な要塞の作りとなっています。

白癬菌もすぐに爪の中に侵入しませんが周囲の指が長らく水虫に感染していると次第に爪の中に菌が入り込むことがあります。また外傷などで爪がひび割れした場所からは入り込み易くなります。

Th__20190909164301

強固な要塞の様な爪ですが、1度入ってしまえば、爪は伸びてくるため白癬菌にとって終わりのない食料庫となり、守りも堅いので籠城するには最適となります。白癬菌に感染した爪は白く濁ったり黄褐色に変色し、厚くなり変形してしまいます。痒みなどはありません。 爪の表面を水洗いしても、軟膏を塗っても内部に浸透せず爪白癬を撃退することは容易ではないのです。

はじめて爪白癬の治療を書いた2013年頃は確かに塗り薬での爪白癬の治療は無理でしたが、その後、爪の中まで浸透しやすくなった塗り薬も出て来ましたので、現在では爪白癬に対しては塗り薬と内服薬で治療を行います。ただしどの方法でも気長に時間をかけて治して行きます。治療薬で爪から白癬菌が消えると、手の指で3ヶ月から5ヶ月、足の爪では5ヶ月から8ヶ月かかり正常な爪へと生まれ変わります。 見た目も綺麗になりますので、頑張って治療をして下さいね。 

この辺りは市販薬はないと思いますので、病院の特に皮膚科の先生と相談されて治療されて下さい。相手も手強いですので、気を抜かず、絶え間ない努力で勝ち取って下さいね😃

2019年9月 8日 (日)

世界を夢み(148); ブリュッセル市内観光No1(小便小僧・小便少女、サン・ミッシェル教会)

ブリュッセルの中心地、憧れの世界遺産のグラン・プラスに宿泊したものですから、観光の前に思わずホテルから観た景観を先に書いてしまいましたが、ここかららはブリュッセル市内観光について記載して行きます。
グラン・プラス中から有名な小便小僧を観に行く前に、グランプラスの南面のギルドハウスの星の館の回廊の壁に「セルクラースの像」があります。日中は観光客が写真などを撮っていますので判ると思いますが、入口の壁にある銅像ですので、このまま気づかずに通り過ぎる場合もありますので要注意です        
Th_

セイクラースは1388年に暗殺された街の英雄とされています。当時ブリュッセルはブラバン公爵によって支配されていました。その繁栄を羨み、街を支配しようと企んでいたフランダル伯がその旗をグラン・プラスの「星の館」に掲げ、王位を奪おうとしていました。 セイクラースは嵐の番に片手に旗を持ち、片手でこの高い建物によじ登り、フランダル伯の旗を、ブリュッセルの正統な王のブラバン家の旗に取り替えました。それを見た市民は勇気を得て、ついにはブラハム公がブリュッセルの統治者に返り咲いたとのことでした。                             

まあ歴史はいいにしても、なぜこの像が有名かとなると、「この像を触ると幸福になる」という言い伝えがあるためで、多くの観光客がその像に触れるために、ピカピカに輝いていました。 私はというと、はい、ちゃんと触ってきました・・・・しかし、後で説明を読むと、英雄・・・男性? 確かに銅像の胸を観ると男性でした・・・ 私はこの全体的な姿からして「女性」とばかり思っていました・・・女性と思って触っていたのがちょっとショック(→なに考えているんだよと怒られそうです)。
   
Th_dsc03113_2

気を取り戻して、今度は正真正銘な男性に会いに行きます。なんたって男根を見せびらかしていますので、男性としか疑いようもありません。           

グランプラスから賑やかなショップが並ぶエチューブ通りを歩くてするに小便小僧のある小さな一角に出ます。 沢山の人々が写真を撮っています。

Th__2世界3大がっかりの1つと言われている「ベルギーの小便小僧」の銅像です。1619年に作成されています。 ブリュッセルを破壊しようと仕掛けた導火線の火をジュリアン坊やが小便をかけて消したことが由来になっている説があります。本物の銅像は盗難防止のためブリュッセル市立博物館にあり、これはレプリカとなります。           
Th__3
Th_dsc03097

 

銅像はがっかりでも、この人気は凄いですし、遠い島国の人間でもこの坊やは知っています。                                            

この銅像よりも凄いのは街中に小便小僧が溢れいていることです。街の看板にも、それこそチョコレートにもその形が使用されていますし、町中でも沢山の小便小僧を見かけました。                                  

 

街の中のビルの壁面にもこのような巨大な小便小僧が書いてあります(←)。この坊やの破壊力は半端ではありませんでした。 500年も立ち続けている凄さが判ります                      

 

 

ちなみに世界「3大がっかり」となっているのは、シンガポールの「マーライオン」、コペンハーゲンの「人魚姫」そしてここブリュッセルの「小便小僧」だそうです。    
Th_dsc03175

順序は前後しますが、もっとがっかりするのに「小便少女」があります。小便小僧に対して1995年に制作されたそうですが、屈んで放尿する姿・・・可愛くないのです。人間にとっては大切な排尿行為で、男女差をつけることではありませんが、正面から写真に撮ることを遠慮してしまいました。 この銅像は南京錠がかけられた鉄格子の中に存在します。軟禁状態です・・・                         Th_dsc02929

少年少女を見終わった後はブリュッセルの街の散策に向かいます。グランプラスから東側へと歩いて行くと、街そのものが何となくパリの中を歩いている気にもなります。ブリュッセルがフランス語圏で街の案内などにもフランス語があったりしますが、街そのものの雰囲気もフランスに近いのでしょうか? 自分はいったい何処にいるのかと感じてしまいました・・

 

Th_dsc02888

しばらくすると、シンメトリックな2つの塔をもつ、サン・ミッシェル大聖堂(聖ミッショル エ ギュデュル大聖堂)が観ててきました。 公園の中に銅像があり、比較的現代の方ですが、忘れました

Th_dsc02904

1516年にカール5世が戴冠式をこの教会で行い、歴代王家が結婚式を挙げるベルギーで一番格式の高い教会だそうです。13世紀から300年の月日をかけて建築された壮大なゴシック様式の大聖堂です。1962年に大聖堂に昇格します。 

内部に入ると天井が高く、周囲のステンドグラスが目映いほどです。
内部を支える支柱には12使徒の彫刻があり、左側には1日2回のミサで弾かれるパイプオルガンがあります。
Th__4

右側には壮大な司教座があり、カトリックの教会であることが判ります(http://omoromachi.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/88-4e57.html )。

 

Th__5

教会の中に、金の銅像があります。左側は悪魔を踏んで武器と羽を持っていることより、大天使ミカエル(サン・ミッシェル)と判りますし、それを守護聖人とする教会としてサンミッシェル大聖堂と名が付いています。 右側の女神像は聖女ギュデュルです。伝説によると7世紀頃、この場所には小さな礼拝所があったそうですが、その中の蝋燭を吹き消しに来る悪魔がいたそうです。少女ギュデュルはその悪魔から火を守るために毎晩祈り続け、火を守ったそうです。 そのためブリュッセル市民はこの教会に名に「聖ギュデュル」を加えることを法王に申請したそうですが、許可は下りなかったとのことです。今でも市民は両方の名前で呼ぶこともあるそうです。

 

Th__6

ステンドグラスの色が茶系統も含まれているせいかとても落ち着いた色合いで、こことが落ち着きました。

長くなりましたので、次回もその続きを書いてみます。観て頂きありがとうございます。

2019年9月 6日 (金)

今週の生け花(令和元年9月第1週)

台風13号の影響で雨風が比較的強かったのですが、那覇市内は直撃を避けましたので余り影響はありませんでした。ただ引き続き九州地方は雨が強い時間帯が続くと思いますので、雨による被害が今後も心配です。また台風15号が来週には関東に近づくためこの台風も注意が必要です。

Th_img_2903

季節は移り9月に入りました。病院の2階にはいつものように生け花が飾られていました。今週の生け花はススキを大きくしたような😵パンパスグラスが存在感があります。花器から直線的に伸びる茎も力強さを伴い、今回の生け花からでる迫力を感じさせてくれます。

 

Th_91

 

この大きなパンパスグラスのお陰で、その他の花や実がとても小さくて愛らしく感じてしまいます。斜め方向から眺めることで花々の配置のよく考えて活けているなと感心してしまいます。

 

Th_91_20190906152401
小さな赤い花の集合するサンタンカはこの時期沖縄でもよく見かける庭木となります。何故か沖縄では「サンダンカ」と「タ」ではなくて「ダ」と濁音で呼んでいます。サンダンカは沖縄では「三段花」ということで、花梗が三段に重なっていることや年に3回花が咲くことから由来しているそうです。本土の方での呼び方は「山丹花(サンタンカ)」で、中国南部の山丹山から来たことからとなっているそうです。由来はだいぶ違っても、偶然なのか「タ」と「ダ」の違いだけです(ちょっと不思議に感じてしまいます👂)

黄色の小さな実がついているのが、ツルウメモドキです。落葉ツル性木本で、日本では北海道から沖縄まで分布するとのこと。 小菊の淡いピンクの色が優しいです💕

日本列島、不安定な天気となると思いますが、週末楽しまれ下さいね✨

<花材:パンパスグラス、サンタンカ、ツルウメモドキ、カーネーション、小菊>

2019年9月 4日 (水)

ピロリ菌の予防は可能かどうか?

今日のFM放送は胃がんについて説明しました。胃がんとピロリ菌の感染との関連は認められ、除菌することで胃がんの発生が低下することも明らかにされています。

ピロリ菌の除菌が重要なら、その前に予防の方がもっも大切ではないかと・・・(この様なことを患者さんからも何回か質問されたので記載します)

・・・結論から言うと「現時点で予防方法は分かっていません」となります。

ピロリ菌の感染に関しては、多くは下水道が十分に普及していなかった時代に飲み水から感染を起こしたことが考えられています。 次第に下水道が整備されたため、年代と共に日本人のピロリ菌感染者は減少しています。1970年代では国民の70%以上がピロリ菌に感染していましたが、2010年代になると高齢者では50%を越えるも、若い世代では10%以下の感染率となっています。

Th__20190903184901

もう1つの感染経路と考えられるのは、親や祖父母がピロリ菌感染者で、子や孫が幼児期に口移しで食事を与えることによる感染もあるようですが、具体的には小数であまり神経質にならなくて良いと考えます。 それよりスキンシップをとる方が子の精神面で良い影響があると思います。

・・・幼児期の期間(まだ免疫力が低い年代)でピロリ菌が口から入ってきて胃の中で感染が成立すると考えられています。大人になると感染は起こりにくく、一度ピロリ菌を完全に除菌した後は再発はないと考えられています。

ピロリ菌を完全に予防することは出来ませんが、若年者ほど感染率は低くなっています。このことより、もしピロリ菌感染が見つかった場合(内視鏡検査や抗体検査など)には、その時に除菌を考えたらいいと考えます。

・・・ということで完全な予防は出来ませんので、ピロリ菌の感染が確認された時点での、出た所勝負になります😅

2019年9月 1日 (日)

世界を夢みて(147); グラン・プラス宿泊を動画にしました

ベルギーのブリュッセルの街全体も美しいのですが、その中でも世界一美しい広場と称される「グラン・プラス」は本当に美しい広場でした。



Th__20190820110301
人気の観光スポットだけあり、21時過ぎにこの広場に到着した時も多くの観光客がその広場で写真を撮ったり、座って談笑していました。360度綺麗な写真が撮れます😃

この広場に面して客室数は多くないのですが、この広場を一望出来るホテルがあります。 この素晴らしい眺めはこの場所に泊まったことによって経験することが出来ました。ブログでお世話になっている皆様方にもみて欲しくて、時間帯によって移り変わる広場の景色の写真と動画も作ってみました。 ご一緒に宿泊気分を味わえたら嬉しく思います。

Th__20190820110001

Th__20190820110101

Th__20190820110201

Th__20190820110202
<続いてホテルの部屋からの動画をご覧下さい:You-tubeにすると大画面でもご覧頂けます>

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »