フォト

« 世界を夢みて(145): ベルギー人のフリッツ(Fritz)へのこだわり | トップページ | 世界を夢みて(146): グラン・プラス宿泊記(Résidence Le Quinze Grand Place Brussels) »

2019年8月23日 (金)

今週の生け花(令和元年8月第4週)

本土の方ではお盆を過ぎた辺りから秋の気配を感じるのだと思ったのですが、8月後半になっても残暑の所も多いようです。沖縄も今日の朝は突然の大雨でした。

先週はお盆のために生け花クラブもお休みだったようで、いつもの場所はガランと空いた状態でした。今週は久々にお花が飾られていました😃😃

Th_iifaykc7t6claqjklecqtg_thumb_a97b


今週の生け花は赤い花器と、上方に伸びたレッドジンジャーと白いチーゼルが目を引きました。

Th__20190823151801

チーゼルは初めて見ました。真っ白い花穂が目立っていますが、実際の色はこの様ではなさそうです。これは生け花用に白くお化粧をされた状態のようなのです。チーゼルは学名を「ディプサクム・サティウス」という難しい名前です、近縁の種類をあわせて「チーゼル」と呼ばれているようです。マツムシソウ科の多年草で4月に種をまくと翌年の6〜7月に花穂の先端から小さな花を咲かせ、その後9〜10月頃には果穂(実)が乾燥するそうです。この果穂がギザギザに曲がっているので、織物の起毛材として使われたそうです。 私はなんとなく実験で使っていたビーカーを洗うブラシを思い出したしまいました😅

Th__20190823152101

この二つでは寂しく、大きな葉はいつもは花の部分が尖ったゴクラクチョウ花として使われているストレリチアです。赤いカーネーションと黄緑色のスプレー菊が優しげに咲いています。

Th_img_2843

いつもの2階の場所は日中は上からライトが当たっています。今回はこの方の写真も追加してみます。光に吸い込まれそうですね。

8月も後半へと進みますが、まだまだ暑さが続くようですので体調管理もしっかり行って下さいね💖

<花材:レッドジンジャー、チーゼル、ストレリチア、カーネーション、スプレー菊

« 世界を夢みて(145): ベルギー人のフリッツ(Fritz)へのこだわり | トップページ | 世界を夢みて(146): グラン・プラス宿泊記(Résidence Le Quinze Grand Place Brussels) »

」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
 今週は生け花が飾られて良かったですね。
赤い花器に真っ白なチーゼルが目に飛びこんできましたよ。
茶色のチーゼルは私は存じておりました。
起毛剤として使われていましたね。
 今週も彩が素晴らしですね。
ありがとうございました。

マコママさん、こんばんは。

先週はお盆の週で、生け花クラブも休みだったようです。花を観るのが久しぶりのような気分です。やはり生け花があるとホッと致します。

流石にマコママさんはチーゼルについてご存じだったのですね。ネットで調べたら起毛材として使われるのですね。

私は大学時代の研究室でのビーカーを洗うブラシを思いだしてしまいました(発想が貧弱です😢)

いつもコメント頂き、本当に感謝致します💖

いつも素敵な生け花を見せて頂きありがとうございます。
お花に合った花器が、使われいて、中々心憎いですね~(*^-^*)
センスの良さがうかがえます。
前回のブリュッセルの話ですが、レストランでメインディッシュを頼んだ時に
フライドポテトが山のごとく出てきてびっくりしました。
先生のお話で納得いたしました。あちらではフリッツと云うのですね。
私一人では食べきれませんでした。
又次回のお話に写真を楽しみにしております。

ガルボさん、こんにちは。

今週は生け花クラブがあったようで、綺麗な花が飾られていました。花器の色との組み合わせが絶妙ですね。

ベルギーの各都市でフリッツが沢山売られていて、開店前など多量の原材料が店に運ばれていたのですが、夕方までには皆売れきれるとのことでした。それ程消費が多いのだと感じました。

ガルボさんもレストランでフリッツが山のように出てきたのにはビックリなさてたのかも知れませんね。

いつもありがとうございます。これからも一緒に花を観たり旅をして頂けたら嬉しいです💖

こんにちは。
こんなところで、チーゼルに出会うとは!!
チーゼルは、大阪泉州の毛織物工場で、
特に高級なものについてだけ、
今でも使われているようです。
熟練の職人が、機械にセットします。
扱える人は限られているようです。
マフラーをためしましたが、
肌触りは、さすがに普通の毛織物と違います。

ふうちゃん組さん、こんばんは。

チーゼルについては、私はこれまで全く知りませんでした。ふうちゃん組さんにとっても珍しいことだったのでしょうか?

チーゼルが今でも高級な毛織物の作業工程で使われているのですね。 きっとかなり繊細なのでしょう、今では扱う職人さんも少なくなったのですね。

ふうちゃん組さんもマフラーでその肌触りの良さを実感されたこと。やはり自然界のものを使うとよりきめ細かなことが出来るのでしょう。

お話が聞けて嬉しいです。お陰でこのような使われ方があることを知ることが出来ました。

これからも宜しくお願い致します💖

おはようございます。
今週の生け花、インパクトありますね。
私、生け花のことは分かりませんが「お~っ!」って思いました。
トップライトがとても効いているでしょう。
病院のオアシスですね。

先生、今週もお疲れさまでした。
チーゼルは強そうな感じですね。見たことあるような感じもします。
その手前には、優しいカーネーションの組み合わせです。
こういうところが凄いなーっていつも感じています☆。
何流なのでしょうか?是非クラブの方に聞いておいてくださいね。


ところで、またお聞きしたいのですが…
今回の主人の健診に、胸膜肥厚癒着とありました。
もしかして5年前に胸膜に水が溜まっていたことがありました。
でも1年後には無くなっていて、健診の先生も大丈夫ですよ、と
言っていました。その痕なのかな?
今回から会社指定のクリニックに変わってしまったので、診断した医師の
見方なのかわからないのですが、どんなものなのか教えてくださいますか?
簡単で大丈夫です。いつもすみませんm(_ _)m

EOSのパパさん、おはようございます。

日曜日の朝の回診(ただお顔を見るだけですが・・・)も終えて戻ってきました。

私もパパさん同様に生け花のことは知りませんが「お~っ!」って思いましたよ😊

トップライトが当たるとまた雰囲気も違いますね。花の命は短いのでもう今日は生け花は撤去されていました。 限りがあるから尊いのかも知れませんね✨️

由津子さん、おはようございます。

チーゼルは今回の生け花で知りました。乾燥後着色しているようで、他の色もあるかも知れません。 少し荒々しい白いチーゼルと赤く柔らかいカーネーションの対比も良いかもしれません。

以前、生け花クラブの方に何流か聞いたことがありますが、忘れました😅
・・・と言うのも、私の様な「でたらめの解説」ではその流派に迷惑になりますので、あえて載せていないのです。

ご主人の検診の結果については、胸膜肥厚癒着とのことであれば一般的に心配はないと思います。これはこれまでに、胸膜炎や胸水など貯留や炎症などが治癒後にその名残として残ってしまう現象です。 5年前に胸水が貯まった既往がありますので、これとの関連でよろしいと考えます。

健診の結果で2次検診を受けるように書いてなければ、次回の検診の写真で変化がないかどうかを確かめれば良いと思います。

・・・私の返答も間違いがある場合もあると考えますが、出来る範囲内でお答えしますので、心配なことがあったらお尋ね下さいね。

いつもありがとうございます!m(_ _)m
早々に教えてくださり、安心したようです。

由津子さん、こんにちは。

参考にされて、経過をみて下さいね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界を夢みて(145): ベルギー人のフリッツ(Fritz)へのこだわり | トップページ | 世界を夢みて(146): グラン・プラス宿泊記(Résidence Le Quinze Grand Place Brussels) »