フォト

« 君といつまでも | トップページ | 今週の生け花(令和元年6月第2週) »

2019年6月12日 (水)

腎蔵の働き

今日のFM放送は「腎臓の働きや尿検査の異常」ついて話をしました。このブログでは腎蔵の機能について簡単に説明したいと思います。

腎蔵は後腹膜というお腹の袋(腹膜)より背中側にある左右一対の、そら豆型をした握りこぶし程の大きさの組織です。

腎蔵についてはよく知っている名前だけど具体的には何をする所なのでしょうか?・・・オシッコを作る所、悪くなったら透析になる程度は判っていると思います・・・皆様方(私の😰)も知識のまとめとして簡単に書いてみたいと思います。

Photo_1

腎蔵には大きく次の5つの役割があります ①体の老廃物を処理する ②血圧を調整する ③赤血球を作る調整役 ④体液量・PH(ペーハー)・イオン濃度を調整する ⑤骨を強くする・・・多くの方は①は思いついてもその他は?ではないでしょうか。今日のブログはこれで十分ですが、少しだけ追記します😊

Th__32

①老廃物を処理する

腎臓は 左右あわせても200〜300g程度しかありません。しかしこの小さな組織に血液の1/4(25%)が流入します。 私達が生きて行く過程で分解されたり、余分に余った物質が血液の中に貯まってしまいます。 この血液の中の不要な物質を濾過して、必要なものは血液に戻して、不要なものはオシッコとして体外に排出する役目が腎臓がになっていることより、この小さな血液濾過装置の中を体の1/4の量が順繰り順繰り回っているのです。 ですから腎臓の中で血液は99%が戻され、1%(おおよそ1.5リットル)がオシッコとして処理されているのです。

②血圧を調整する

②−1:腎蔵には水分と塩分の排出量を調整することで、血管の中の水分の量と塩分の量(浸透圧)を変化させ、血圧を調整する役割があります。血圧が高い場合には、水分と塩分をオシッコに多く出すことで血圧を下げます。逆に血圧が低い場合には水分と塩分の排出量を減らして、血圧を高くするようにしています。 

②−2:また腎臓に入る動脈の部分には血圧のセンサーがあり、低い場合には腎臓から血圧を上げるエリスロポエチンというホルモンを出して血圧を上げるようにしています。

③血液を作る調整役

・血液成分(赤血球、赤血球、血小板)は骨髄のなかの細胞から作られるのはご存じかと思います。この中で赤血球の産生をコントロールするエリスロポエチンというホルモンは腎臓から作られます。貧血があると腎臓はこのエリスロポエチンというホルモン出すことで骨髄での赤血球を増やすようにして、貧血を是正してゆきます。 貧血などで一番多いのは鉄欠乏性貧血で鉄分の摂取が足りなかったり、女性で生理などで血液成分が失われる場合によく見かけますが、鉄分を摂取すれば比較的簡単に貧血は改善しますが、腎臓が悪くなると、エリスロポエチン産生されなくなり、腎性貧血になる場合もあります。

 

④体液量・PH(ペーハー)・イオン濃度を調整する役目

私達は普段水分を何リットル飲むかどうか、決めずに喉が渇いたら飲んだり、時には飲み過ぎになるほど摂ることがあります。しかし腎臓が正常ならとった水分の量の合わせて尿の量をコントロールして体の水分量を調整しています。また体の酸性・アルカリ性のバランスやナトリウム・カリウム、カルシウムなどのイオン濃度も調整してくれています。

 

⑤骨を強くする作用

カルシウムの体内への吸収を促す、活性型ビタミンDは腎臓で作られます。ですので腎臓が悪くなると、骨粗鬆症にもなりやすくなってしまうのです。

 

腎臓って小さいけど沢山の機能を担っている大切な臓器です。普段から水分をとる塩分を控えるなど腎臓に負担をかけないように意識していきましょう✌️

« 君といつまでも | トップページ | 今週の生け花(令和元年6月第2週) »

医療」カテゴリの記事

コメント

ハイサイ、先生(^_^)/ うたいみそーちーやいびーん

今日は年齢を重ねるとごとに気になる臓器、腎臓を中心とした内容のupを有難うございます。
腎臓1つの重さが100~150gということを初めて知りましたが、その大きさの割に人間にとって多くの役割を担っている事に驚きです。
血液の濾過、血圧調整や血液を作るのに必要なホルモンの分泌、体液のp/h値、特に骨粗鬆症にも関わっているとは全く知りませんでした。
そう考えると腎臓に負担をかけないよう大事にしなくてはいけないと強く考えさせられました。尿検査の結果なども「ナンクルナイサー」なんて放っておかない様にしなければいけませんね。

本日のFM放送での「谷村新司特集」4曲も聴かせて頂きました。
1曲目「昴」は壮大さを感じる曲でいい曲ですね。
2曲目「いい日旅立ち」は百恵さんとはまた雰囲気が違って谷村さんらしい優しい歌声
    ですね。
3曲目「Far away」素敵な曲ですよね。私の場合は同じ曲ですが「水越けいこ」さんの
    「Too far away」を一番よく聴きますし自分でもたまに弾き語りする大好きな曲です。
4曲目「涙の誓い」もいい曲ですね。アリスというと個人的には「帰らざる日々」が好きで
    よく聴きます。

沖縄はそろそろ梅雨明けかと思いますが体調崩されません様ご自愛くぃみそーれ。
再来週26日のオンエアを楽しみにしてます。
いっぺー にふぇーでーびる。。。♪

mosaさん、こんばんは。

今日は日本でも高齢化に伴い慢性腎機能障害の方が増加し、更に透析へと移行する方も増加することが予想されています。

腎臓は決して大きくはないのですが、尿を作るだけでなく様々な役目を担っています。 ですので日頃から気をつけたい臓器ですね。

今日の音楽は谷村新司さんの曲でアリスの時代からソロとして活躍した代表曲の中から選んでかけました。 
mosaさんはアリスと言えば「帰らざる日々」が好きなのですね。これもよい曲ですね。

今日の沖縄は天気もよく暑かったです。もうそろそろ梅雨明けも近いかも知れません。

来週は運営会議で私がでれませんので、再来週また聴いて貰えたら嬉しいです。 いつもありがとうございます。

こんばんは。
 大切な腎臓の働きをよくわかるように解説頂き
ありがとうございます。
単におしっこだけの問題ではない事がよく分かりました。
夫は腎臓癌で右を摘出しております。
片方だけですので本当は大切にしてもらいたいのですが、
濃い味が好き!タバコがやめられない!でどうしようもありません。
もう諦めておりますよ。

 ジュリアン君、懐かしいです!

マコママさん、こんばんは。

腎臓は何となく尿を作る組織とだけ頭にありますが、それ以外にも沢山の役目があります。腎不全になると透析だけでなく様々な問題もクリアしないといけなくなるのです。

ご主人さんはなかなかスンナリとは聞いてくれそうもないですよね。マコママさんも余りストレスがかからないようにして下さい。

ジュリアン君はマコママさんも以前の旅行でご覧なったことでしょう、懐かしい思いでですね。 世界中にレプリカがあり世界一有名な子供かも知れませんね。

omoromachiさま

いつも解りやすい医学情報を有難うございます。

私は腎臓の働きの中の「血圧の調整」が気になります。
17年位降圧剤を服用しています。
始まりは介護のストレスが激しい時期があり、安定剤では収まらず、
降圧剤に移行しました。 
介護の方法がわかるまで、しばらくは乱高下していました。
今は落ち着いています。
ご近所に高血圧から人工透析に移行してしまった方がいらっしゃるので
心配になります。
このブログを読ませて頂き、塩分摂取を控えなきゃとか水分を多めに取らなきゃ
と思っています。

便秘は先生のアドバイス通り、かかりつけ医に緩下剤を処方していただき、
快調です。 お礼申し上げます。
胃も潰瘍跡有、毎年1~2月にはびらん性胃炎だの逆流性食道炎だのと
診断されますが今年は大丈夫でした。
年を重ねる毎、多少の不調は仕方ないと思っています。

歌声で癒していただいたり、医学的なアドバイスを受けたりで
本当に有難うございます。

お黒ちゃんさん、こんばんは。

腎臓はおそらく多くの方が思っている以上に色々な働きがあります。もちろん血圧は色々なことで変化しますが、ストレスや心機能さらには腎臓も関与しています。

お黒ちゃんさんは、しばらくの間介護のことで大変だったと思います。自分ことより他の方の世話をする方がストレスになることも多かったと想像致します。

年齢と共に色々な不具合が出てきますね。それでも少しずつ調整しながら使い続けて行きましょう😊

このようにコメントが頂ける方々いるだけでも嬉しく思います。いつもありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 君といつまでも | トップページ | 今週の生け花(令和元年6月第2週) »