フォト

« 世界を夢見て(128); ブレダ(Breda) | トップページ | 世界を夢見て(130); アントワープ早朝の散歩とルーベンスの家 »

2019年5月17日 (金)

今週の生け花(令和元年5月第3週)

例年より少し遅れて、昨日梅雨入りした沖縄地方です。 雨は鬱陶しくて嫌ですが、植物にとっては潤いが増し、花々も良く開花する時期となります。 梅雨の時期に似合う花としては紫陽花があります。私にとってはなんとなく、鎌倉などの寺のある光景を思い浮かべますが、沖縄本島北部にも紫陽花園があり、1万本以上の紫陽花が見頃を迎えると地元紙が報じていました。

Th_img_2479

今週もいつもの2階の場所に生け花クラブの皆様がお花を飾ってくれています😃

今週の生け花は白い花器が際立っています。不思議な形の花器ですね。花器が白いために、花の色がより浮かび上がって来ます。左上方に伸びた紫のデルフィニウムが鮮やかです。なんとなくグラジオラスにも似た印象を持ちますが、もう少し細い花々です。デルフィニウムはヨーロッパや北アメリカの涼しい高地に自生する多年草ですが、高温多湿の日本では1年で枯れてしまうそうです。そのため日本では1年草として流通しているそうです。 

名前の由来が面白いので記載します。 デルフィニウムの名前の由来はギリシャ語の「delhis(イルカ)」で、花の蕾がイルカのように見えるからだそうです。一方和名は「大飛燕草(ダイヒエンソウ)」で、英語では「Larkspur(ラークスパー):ラークはヒバリ」と呼ぶそうです。日本人も英国人もこの花をツバメやヒバリと同じ鳥に例えて呼んでいるのが面白いですね。

Th_53

この5月に映える赤とピンクのカーネーション、黄色い小さな花をつけたスターチスも可愛らしいですね。茶色の雲竜柳のあるお陰で膨張せずに引き締まった印象となっています。

<花材:雲竜柳、デルフィニウム、カーネーション、スターチス>

« 世界を夢見て(128); ブレダ(Breda) | トップページ | 世界を夢見て(130); アントワープ早朝の散歩とルーベンスの家 »

」カテゴリの記事

コメント

院長先生
 こんばんは。
御地も梅雨入りとなりましたね。
梅雨は鬱陶しいですが、植物には欠かせないけれど、
降り過ぎない事を願いましょう。

 今週の生け花も白い面白い形の花器がお花を
引き立てておりますね。
そしてお花の名前の由来、各国で面白いですね?
教えて頂きありがとうございます。

マコママさん、こんばんは。

本当ですね、梅雨は鬱陶しいのですが、植物にとっては恵みの雨かも知れませんし、この時期に雨が少ないと夏場の断水も気をつけなくてはなりません。 ただし被害が出るほどの雨にはなって欲しくありませんね。

花器が丸くて白いと、お花の色がより際立って美しく感じます。

花から受けるイメージが英語と日本語で一緒なのは不思議な気がします。イギリスとはユーラシア大陸を挟んで東と西の島国ですので、発想も近いのかも知れません。

いつもコメント頂きありがとうございます💖

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界を夢見て(128); ブレダ(Breda) | トップページ | 世界を夢見て(130); アントワープ早朝の散歩とルーベンスの家 »