フォト

« 今週の生け花(平成31年3月第3週) | トップページ | 世界を夢見て(121);  朝のデン・ハーグの風景 »

2019年3月17日 (日)

原発からの決別を

3.11から8年が過ぎました。震災に遭われた方々は大変な悲しみや苦労をなされたことだと思います。 東京電力福島原発の事故も、復旧の見通しもたっていません。復旧するまで後何十年あるいは溶け落ちたデブリの取り出しは未来永劫に不可能かも知れません。

Th_ 日本は地震国です。いつ自然災害で同じことが起こるかも知れません。 原発について費用が安いなんて全くの誤魔化しではないかと考えるのです。

 福島原発事故の被害補償、その後の復旧に費やす費用も全て原発の費用に入るはずです。 原発に伴う核廃棄物(使用済み核燃料)の処理費用も計算には載っていません。 これからも一体原発の維持にどれだけのコストがかかってゆくのでしょうか? 本当に安い電力なのでしょうか? 「原発=低コスト」・・・本当ですか?

原発を進める政府は、北朝鮮や中国の脅威論も同様に述べています。 もしも戦争になっても「原発には爆弾を落としません」なんて紳士協定があるのでしょうか? 逆です、原発が標的にされたら、日本は戦争を続けることさえ困難です。 戦争しながら、爆破された原発からどのように住民は避難することが出来るのでしょうか? 日本の危機管理の問題上でも原発は止めるべきだと思うのです。 原発推進と北朝鮮や中国脅威論は矛盾する論法です。

日本も先進ヨーロッパ諸国のように再生エネルギーを主エネルギーとする政策に舵を切るべきです。 再生可能エネルギーは気象条件で変動し、安定しません。だから使い物にならないのではありません。 発想の問題だけなのです。

Th__2 再生エネルギーをベースの電力源として普及させ、天候により電力不足になったら、天候に影響を受けない火力発電にて不足分の電力を補い、エネルギーの安定供給を図るべきだと思うのです。

 今日本ではおかしなことに、電力が余ったら再生エネルギーからの買い取りを中止するという訳の分からない方針です。これでは再生エネルギー事業が発展しません。 単に原発を進めるために再生エネルギーを抑制、あるいは電力会社の既得権を守る為に動いている政治家達の考えです。

未来永劫に処理が難しい原発から私達の世代で決別すべきだと思うのです。 このような問題で正解はないのかも知れません。ただ解決が難しい負の遺産は未来を生きる子供達に渡したくないと思うのです・・・そんなことを考えた日曜日の朝です。

« 今週の生け花(平成31年3月第3週) | トップページ | 世界を夢見て(121);  朝のデン・ハーグの風景 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

omoromachi様、こんばんは。

このように分かり安い解説でスカッとしました
福島原発事故が終息のめどが立たないうちに
原発の再稼働や輸出を積極的に進めている
ことに疑問を感じていました。

更に自然エネルギーを推進と言っている
のに、実際は自然エネルギーを制限する
ような政策が多く矛盾だらけです

ミサイルが飛んで欲しくはありませんが
原発が狙われたら怖いです。

10年あるいは50年後を見据えた政治を
行って欲しいですね。

胸のモヤモヤがスッキリしました

ツクシンボさん、こんばんは。

賛同して貰えて嬉しいです。このような記事はブルグでは書かない方がいいかも知れません。 ただ年を取ってくると自分が自由で平和な時代を生きただけあって、次世代の日本の子供達のことが心配になることが多くあります。

難しい問題は考えなくなったり、発言できなくなってはいけないのだろうと思うことがあります。 人を傷つけたりしなければ自由な表現をする必要があると思い、時々このようなことを書いたりしています。

色々な意見があり、現実離れしていると言われかねませんが、何かしらの問題提起になれたらいいなと考えています。

コメント頂き感謝致します。

おはようございます。

あの東日本大震災、その後の福島原発の水素爆発を観た時に
背中が凍り付いたことを思い出します。
あのようなことが起こったにも関わらす原発推進を進める
ことに憤りを覚えていました。

今回の記事も理解しやすい図もあり、日本国民がもう一度
考えて欲しい問題ですね。 日本人特有の問題の先送り
ではなく、未来の子供達のためにも電力事業の見直しを
計って欲しいです。 

おはようございます。

先生は私たちの思っていること代弁して下さっています。
原発は要りません。
悲惨な現実を目にしたにもかかわらず推進する発想は尋常ではありません。
また万が一のことがあったら日本に住む場所はなくなります。
戦争に紳士協定なんてあり得ません。
今の世界状況でみても物騒なニュースが多いです。
時間がかかっても原点に返って自然エネルギーの開発に目を向けてほしいと思います。
技術が進歩した今なら原発に頼らない方法も出てくるのではないでしょうか。

思わず力が入ってしまいました。
原発反対の人は大勢いらっしゃると思います。

信州の隠居老人、こんばんは。

返事遅れて済みません。今しがた帰って来た所です。
あの地震、その後の原発事故は日本中の方が凍り付いたと思います。 
私は日本のトップが五輪誘致の時に「福島原発はコントロールされている」と言った言葉が忘れられません。 汚染水が垂れ流されている状況下で、平気で嘘を言う姿勢が許せないのです。

私が原発の危険だと思うことは図に書いた通りです。日本の防衛の意味からも狭い国土、地震大国の日本での原発は見直すべきだと考えているのです。

コメント頂きありがとうございます。

びえろさん、こんばんは。

お返事遅れて済みませんでした。
ぴえろさんからこのように仰って頂いて正直ホッとしています。余りこのような内容はブルグに書かない方がいいのかも知れませんが、私自身が自由に生きてゆけた日本をこれからも大切にして欲しいと思って書いているのです。

もしも、南海トラフの大地震や、某国が追い詰められてやけになってミサイルを日本の原発に撃ち込んだらと考えるとぞっとするのです。国民は逃げ場を失ってしまいます。 それどころか処理が出来なくなると住む場所され永久に無くなってしまう危険さえあると考えるのです。

自然エネルギー開発にはお金がかかりますが、それは未来への投資となります。大規模なものは必要ないと思うのです。各地で小さな水力発電や太陽光発電などを沢山作ればいいと考えるのです。 本気で原発に頼らない自然エネルギー開発をする時期だと思うのです。

ぴえろさんからもこのようなコメント頂き感謝しています。

omoromachi様、初めましてmosaと申します。
たまたまココログインターポットからこちらのブログを目にいたしました。
3.11の福島原発事故により多くの方々が亡くなられまた多くの被災者の方々が故郷を離れなければならなって早8年経った今も汚染水は溜まる一方です。
先生のご説明のように人が短時間でも近づくことも出来ない高いレベルの放射能汚染物質のデブリも未だ取り出すことも出来ない状況です。
核は現代の人類そして科学で制御することは不可能だと私は思います。
戦争にいたらなくとも自爆テロが横行する世の中で原発が攻撃されない保証などどこにも無いです。
今回の地震ように「想定外の津波だった」で済む事では無いと思います。
未来ある子供達に思い切り深呼吸の出来る場所を残してあげなければいけないと強く思います。

先生の優しい歌声とギターも拝聴いたしました。私は長年ギターの治療(修理)に携わる仕事をしてきました。なのでギターは大好きです。
これからもどうかお体にお気を付けてお仕事、ラジオパーソナリティー、弾き語りと多岐にわたってのご活躍をお祈り申し上げます。

有難うございました。


mosaさん、おはようございます。

病院の方は4/30、5/1,5/2は通常通り開けることになっています。私もいつものように朝の回診を終わって戻ってきた所です。

日本は戦後、核兵器は駄目だけど、核の平和利用(原発)は良しと政策を進めています。 資源のない国での低コストで電力を供給できることが利点だと強調して来ました。 しかしながら濃縮した核燃料の半減期はとてつもなく長く、一度制御を失うとその処置には膨大な犠牲を払わなければなりません。 制御出来ないモンスターに手を出してはいけないと考えます。

残念ながら世界情勢は協調よりも、自己利益だけを優先してきており、国家的にも個人的にも戦争やテロの脅威は増していると考えます。そのような中で原発施設が標的になったら恐ろしいのです。

私達の一時代の利益のために制御出来ないモンスターをこのままにしては、未来の子供達が可哀想です。

mosaさんはギターの修理に携わってこられたのですね。 私はふとしたきっかけで50半ばからギターを弾くようになりました。 レベルが低い私のギターの弾き語りも聞いて頂き本当に嬉しく思います。

mosaさんから、この様なコメントを頂き嬉しいです。これからもどうぞよろしくお願い致します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原発からの決別を:

« 今週の生け花(平成31年3月第3週) | トップページ | 世界を夢見て(121);  朝のデン・ハーグの風景 »