フォト

« 今週の生け花(平成31年3月第2週) | トップページ | 咳喘息 »

2019年3月10日 (日)

世界を夢見て(120); 初めてのB&B宿泊(Bacán Bed & Breakfast)

このブログの記事をまとめたホームページを作りました。見て頂くと嬉しいです😃(ニライの夢:https://dreams-nirai.com )。
今回は「真珠の耳飾りの少女」のあるマウリッツハイス美術館を見るためにデン・ハーグの宿泊としました。 この美術館や国会などの観光施設も多いエリアに隣接する宿泊施設を捜していました。 今回の旅行は全て自分で予約しましたので、1番立地条件の良い場所を第1選択として考えていました。 外国の旅行では初めてのB&B(Bed and Breakfast)タイプの宿泊施設となりました。名前のとおり朝食付きで客室を提供する宿泊施設のことです。日本で言う民泊に近いのでしょうか?
今回選んだB&B(Bacan Bed & Breakfast)は顧客満足度も高く、デン・ハーグ中心の歴史的建造物が多い場所にあり、値段も手頃でした。
オーナが3階に住んでいて、2階には2室か3室(?)ほどの風呂洗面所が付いた部屋があるようでした(他の部屋は観ていませんので分かりません)。 そして通りに面した1階がブテックとなっている構造となっています。 ホテルのようにフロントがあるわけではありませんので、到着する時間を予めメールで連絡しておきます。
Th_dsc01134
綺麗な通りを進むと、両サイドとも同じ高さ、感じも似た建物が続くのですが、小さな看板を発見(写真は夕方のしかありませんでした)。 1階に入るもブテックの店舗となっています。もしも分からなければメールか電話を下さいとのことでした。 店舗の人に尋ねたら、その建物の外、通りの入り口に、3階のオーナー宅への呼び鈴がありました。ボタンを押すとすぐに店舗の中央にあるドアから、人の優しそうな40才ぐらいの男性オーナが降りてきてくれました。
エレベーターはありませんので、この中のドアから2階へと上がります。
Th_bacan_bed_breakfast

そこにはネットの予約時に見た真珠の耳飾りの少女のパネルがあるお部屋でした。 

お部屋が綺麗で、窓を開けると先ほど歩いた商店街も見えます。洗面所とトイレ、シャワールームが一緒になっていますが、そのオーナーの趣味がいいのでしょう、タオルや石けん、シャンプーに至るまでとても質のよい品を揃えていました。
そして共有のスペースには冷蔵庫やコーヒーメーカー、書斎などもあり、ベランダの外にはベンチもありゆったりと過ごせます。
 ホテルと違うのは民家みたいなものですから、1階に出る時には、それぞれ二カ所鍵を開けなければなりません。それもわざわざ2カ所とも鍵を持って実践して見せてくれました。夜など何時でも出て行っていいそうですが、鍵をかけて出入りするシステムとなっていました。
 お昼に着いて、デンハーグの街や美術館を見終わり、夕食を取って帰宅(?)。1階のブテックはしまっていましたので、まず入り口のドアを開けて、ブテック内から2階に上がるドアの鍵も開けて部屋に戻りました。
Th_bacan_bed_breakfast_2
これまでの旅では、それから22時頃までは外出するのですが、丁度帰室して、コーヒーでも飲もうかと思ったら、中央の応接間で宿泊しているオランダ人のご夫婦、そしてオーナーの2人が雑談中。 英語もあまり話せませんが、オーナーはじめ宿泊の方も一生懸命に分かりやすいようにゆっくりと英語で私達に伝えようとしているものですから、ついついソファーで一緒にくつろぐことに。               しばらくするとオーナーがワインやおつまみも出してくれて、楽しいひとときを過ごしました。貴重な体験でした。
 ここに宿泊した方々が自由に記帳できるノートが沢山あり、日本語で書いた文書も何通かありました。 オーナーから見せて貰いながら、日本語でなんて書いてあるのかと・・・辿々しい英語で説明。 上手く説明は出来ませんでしたが、なんとなく伝わりオーナーも安堵したようです。 良い書き込みが殆どでした。 私も記念に日本語で書きましたので、次ぎに訪れる日本人に尋ねるかも知れませんね。 私もとても良かったこと、オーナーのフレンドリーさに惹かれたことなどを記載しました。

 

Th_bacan_bed_breakfast_3
次の日の工程はハードで7時30分には出発予定のため、オーナーはわざわざ朝早く朝食の準備も整えてくれていました。 席に着くと「私達に卵焼きなども食べますか」とのことで、わざわざ暖かい卵焼きなどを3階の自宅から作って持って来てくれていました。
この様なB&Bは初めての経験でしたが、もちろん当たり外れはあるのかも知れませんが、口コミなどで評判が良ければホテル以外の選択肢もあると思った宿泊でした。本当にホスピタリティー溢れた宿泊でした。オーナーさんに乾杯

« 今週の生け花(平成31年3月第2週) | トップページ | 咳喘息 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

院長先生
 こんばんは。
なんと素敵なB&Bにお泊りだったことでしょう。
とても清潔でセンスが光っておりますね。
オーナーの方もフレンドリー
よく吟味なさってお探しになられた甲斐がございましたね。
 朝食も美味しそう~
さぁ、次はどこへ行かれたのか楽しみです。

こんばんは
ホテルだと、多少の違いは
あれど画一的な感じですが、
民泊風なこんなところに泊まると、
思い出もかけがえのないものになりますね。
朝早くから朝食を整えてくれるなんて
オーナーさんのおもてなしの心が伝わります。
こぢんまりとしていて、素敵なところですね。

マコママさん、こんばんは。

本当に素敵なB&Bでした。このタイプの宿泊は初めてでしたので少し緊張しましたが、全然問題ないばかりか、ホスピタリティ溢れる宿泊施設でした。

室内の雰囲気もいいですし、洗面台やシャンプーにタオルもオーナーの気配りやセンスの良さを感じさせるものでした。値段も通常のホテルの半額程度でした。

朝食も温かく美味しかったですよ。朝早い私達の要望にも親切に対応して頂きました。

まだまだベネルクス三国の旅は続きます。これからも宜しくお願い申し上げます。

monnaさん、こんばんは。

私も海外旅行でこのようなB&Bタイプの宿泊施設に泊まるのは初めてでした・・・・受付は? 連絡は? など最初は戸惑いましたが、メールのやり取りなどを見返すと「ああいうことだったのか」と理解できるようになりました。 
「着いたら連絡下さい」・・・などもどう言うこと? と心配しながら場所を捜したのですが、オーナーに会って建物を案内されて納得しました。

なんか若い頃に泊まったユースホステルを思い出しました

ラッキーなことに、同じ宿泊客のオランダ人夫婦も気さくな方で、ゆっくりとした英語で話しかけてくれて助かりました。 初めて夜の街の散策は出来ませんでしたが、それ以上に良い経験となりました。

アットホームな素敵な宿泊でした

omoromachi様、おはようございます

なんと素敵なB&Bなのでしょうか。舞子もこの様な旅行がしたいです
・・・まだちょっと怖くて出来そうにありませんが

omoromachi様でも緊張することがあるのですね
またomoromadhi様を身近に感じてしまいます

この様な所では宿泊代などはどのようにしているのでしょうか?

写真を見ているだけでもこのオーナー様のセンスが良いことが
伺え知れますね。舞子も泊まってみたいです

こんにちわ。

何と素敵な経験をなさったのでしょう。
先生にとっては深く印象に残る旅の思い出になりますね。
ホテルのおもてなし、清潔感のあるシックなお部屋。
時間もゆっくりと流れているようですね。
先生も癒されたのではないでしょうか。

舞子さん、こんばんは。

とても素敵なB&Bでした。舞子さんもご旅行に出てみてはどうですか? 近場でも良いと思いますよ。

私は語学力が乏しいのでいつも緊張します 今回はオーナーも宿泊されたご夫婦も私に分かるようにゆっくりと話をしてくれて助かりました。 後は身振り手振りでどうにか伝わるものです。

お花など観てもこのオーナーがセンスのある方だと分かると思います。とてもフレンドリーな方でした。

ぴえろさん、こんばんは。

ええ、本当に貴重な体験で、より旅が楽しい思い出となりました。

この様に接するB&Bは今回が初めてでしたが、ホテルより凄く楽しく過ごせました。 いつもなら夜まで出かけるのですが、この旅行で唯一宿泊施設でノンビリと過ごしました。

旅に出るだけでもストレスから解放され癒されるのですが、このB&Bのホスビタリティー溢れる対応にとても満足しました。 印象深い宿泊となりました

先生、こんばんは。

中々お邪魔出来ませんでした
オーナーのセンスが窺える、シックで清潔感溢れるB&Bですね。
リビング?に飾られたフラワーアレンジメントも素敵で、朝食のディスプレイもお洒落
それに大箱のホテルでは味わえない、オーナーやゲストととのアットホームな触れ合い。
個人的にホテルを選べる場合、こういった選択肢もありだなと思いました

sharonさん、こんばんは。

このようなタイプの宿泊は初めてでしたので、少しドキドキしました。本当にオーナーのセンスがピカイチのB&Bでした

リビングの飾り付け、ソファーや本棚なども素敵でしたよ。 部屋のベット、洗面所のタオルまで上質な製品を揃えていました。

朝食は見た目も、味も素晴らしかったです。オーナーも丁度宿泊していたオランダ人のご夫婦もとても親切でした。

もしもsharonさんが、このような機会がありましたら、予約の時の口コミなどを参考に選ばれたら素敵な宿泊になると思いますよ。

お忙しい中コメント頂きありがとうございます

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界を夢見て(120); 初めてのB&B宿泊(Bacán Bed & Breakfast):

« 今週の生け花(平成31年3月第2週) | トップページ | 咳喘息 »