フォト

« 今週の生け花(平成31年2月第1週) | トップページ | 息苦しい(呼吸困難)の定義は? »

2019年2月10日 (日)

世界を夢みて(116); アムステルダムからハーグへ

このブログの記事をまとめたホームページを作りました。見て頂くと嬉しいです😃(ニライの夢:https://dreams-nirai.com )。
楽しかったアムステルダムから政治の中心デン・ハーグへ移動しました。
アムステルダム中央駅はかなり大きな駅で、外観は古い佇まいですが、内部は近代的です。オランダはもちろんベネリクス三国はともに鉄道網が発達して乗り入れしやすく、三カ国共通で使えるユーレイルベネルクスパスなど多彩な切符が売られています。これらを利用する方法も考えたのですが、急な変更もあり得たので今回は1回ずつ買うことにしました。

 

Th_dsc00798

切符は中央駅内に自動販売機にてカードで購入しました(残念ながら写真を撮っていませんでした)。  先ずは販売機の画面をタッチし、画面下に言語が選べますので、英語にしました。 色々なチケットがありそうですが、先ずは紙チケット(Paper tickets)を選びました。割引(Discount)と書いてあるものありますが、分かりませんので取りあえず上の「Single Full fare」を選んで、行き先の画面のアルファベット欄が表示されます。 今回行き先がデン・ハーグですので、「DEN」と選ぶと・・画面にいくつかの駅名が出て「Den Haag」がありましたので、これをタッチします。 間違えればリターンを押せばいいです。 続いて「1st.class特等」か「2nd.class普通」が選べますので、今回は普通車を選びました。

 

 カード支払いにしますが、ヨーロッパの多くでまず使えるのは「VISA」で続いて「MasterCard」となります。「Amex」はホテル等では使えますが、一般的な駅の切符売り場では使えませんし、残念ながら「JCB」も駄目です・・・・・如何、切符の売り方の解説ではありませんね・・・さっさと旅行記に戻りましょう  

 

Th_dsc00924駅構内もゆっくり見たかったのですが、次のデン・ハーグ行きのIC(Intercity:急行列車)の時間まで間もなくでしたので、ホームの番号を確かめてホームに入りました。 間もなく黄色の車両のICが入ってきました。面白いのは車両の番号は「1」か「2」しか書いてありません。日本のように1号車、2号車、3号車・・・・・ではなくて「1」または「2」だけです。今回は普通席ですので「2」と書いてある車両に乗り込みました。昼だからでしょうか席も空いていますので「スーツケース」に隣に入れることが出来ました。人が多いと迷惑と心配しましたが、最後まで空いていました。   

 

長閑な田園風景を電車は走ります。途中のライデンでは学生の街らしく多くの若者が乗り込んできました・・・・嬉しかったのは学生同士がよく話をしていることでした。日本の様に直ぐにスマホに目を通して黙っている学生はいませんでした。 この旅行の色々な場面でスマホだけに目を向けている方の少ない光景には安堵しました。
約1時間ほどでデン・ハーグに到着です。           
オランダは場所によって機能が分かれています。1番大きな街はアムステルダムですが、政治の中心はデン・ハーグにあり、王宮や国会、国際司法裁判所などの国際機関もあります。商業・貿易の中心はロッテルダムとなっています。

 

Th_dsc00937

デン・ハーグの駅を降りて、どの交通機関を利用するのか分かりませんでしたので、駅内の案内所に設置されていた自販機で、デン・ハーグの市内の交通機関が使える「1日乗車券」を購入しました。ここではマウリッツハイス美術館や国会に近い便利な場所の宿泊を選びました。この旅で唯一の「B&B」タイプ(まあ日本で言う民宿みたいなもの)にしていましたので、メールで到着時間も予め通知しておきました。駅からトラムを利用して、先ずは重いスーツケースを預けて行動開始です。

わざわざ、デン・ハーグを一泊選んだのは「真珠の耳飾りの少女」を見るためですので、時間もここに標準を合わせます

 

Th__20181101_121517

時間的にはギリギリですが、トラムに乗って色々な国際裁判が行われる「国際司法裁判所」を写真撮影のためにだけ見に行きました。 中を見れるツアーもありそうですが、すぐに乗り換えて戻り、マウリッツハイス美術館の前に「エッシャー美術館」を見学へ。

 

Th_dsc01125

公園の中を進むと広場があり、近代的なビルリングも聳える、古い物と新しいものが混ざり合う街のようです。

エッシャー美術館とマウリッツハイツ美術館についてはそれぞれ記載したいと思います。

« 今週の生け花(平成31年2月第1週) | トップページ | 息苦しい(呼吸困難)の定義は? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

院長先生
 こんばんは。
アムステルダム中央駅はバスの中から見ただけでした!
行動力が流石でいらっしゃいますね?
英語がご堪能なのも羨ましです!
そして、いよいよデンハーグですね?

エッシャー美術館は行きませんでしたが、
だまし絵のような絵を描かれた方でしょうか?
楽しみにお待ちしております。

マコママさん、こんばんは。

今日は会合があって遅くに帰って来たので、この時間からの返事となりました。すみませんでした。

アムステルダム中央駅は大きく、内部は近代的でした。私は今でも語学が苦手ですので、旅行では聞き取りやとっさに表現できなくて往生しています。 最近の券売機はタッチパネル式で大きいので、慌てなければどうにかなりそうです。 英語表示にすれば細かいことは判りませんが進めることができました。 駄目なら窓口に並ぼうかと思いましたが、どうにか買うことが出来ました

デン・ハーグではエッシャー美術館も行きましたので、後ほど紹介致しますね。いつもありがとうございます。

こんにちは!
カードですね、カードリーダーによっては
VISAは使えるけど、JCBやAMEXは・・という事、ありますね。
うっかり国内でもJCBだけもって出かけて使えない事がありました。
JCBは海外ではまだまだってことでしょうか、頑張ってほしいですね。
昔、札幌でエッシャー展を見に行った事があります。
想像力もあり、図形に優れ、ち密さに気が遠くなった記憶があります。
いよいよ、次回はいよいよ、真珠の耳飾りの少女とご対面ですね

monnaさん、こんばんは。

現在では多くの観光地でカードが使えますので、海外でも昔みたいに現金を多めに持ち歩くことはなくなりました。
やはりヨーロッパ旅行で観ると、世界的に使えるVISAが圧倒的に便利です。続いてMasterCardでしょうか。以外にヨーロッパでは手数料が高い点もあり、AMEXは使えない場合もあります。北米や南米では違うと思いますが・・・
世界的に使える日本のカードのJCBですが、ハワイや近隣アジア諸国では頑張っていますが、遠方ではやはり使えないことが多いですね。 
海外では基本にVISAを持って行き、サブとしてもう1枚持つ方が良いと思います。

monnaさんは絵が描けますのでエッシャー展は刺激を受けたことと思います。次回エッシャー美術館について書いて見たいと思います。観て頂きありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界を夢みて(116); アムステルダムからハーグへ:

« 今週の生け花(平成31年2月第1週) | トップページ | 息苦しい(呼吸困難)の定義は? »