フォト

« 台北101のカウントダウン花火を動画にしました | トップページ | 今週の生け花(平成31年1月第3週) »

2019年1月16日 (水)

世界を夢見て(112): ウォーターランド観光 (アムステルダム近郊)

このブログの記事をまとめたホームページを作りました。見て頂くと嬉しいです😃(ニライの夢:https://dreams-nirai.com )。
オランダの中心地のアムステルダムは大きな街で人口密度も高い活気溢れる大都市です。アムステルダム在住の方に旅行先を色々と訪ねる中で、時間があれば郊外の「ブルック・イン・ウォーターランド(Broek in Waterland)観光」はお勧めとのことでした。
オランダの美しい村5選にも選ばれた村は17世紀オランダ黄金時代の裕福な商人達が住んでいた街並みが今でも残っていてまるで絵はがきのようと書いてありました。
Th_dsc00639

その方にタクシーを手配して貰いました。レンブラントの家の近くに配車して貰い。そこから20分程度で「ウォーターランド」に到着し、そこで20〜30分程度待って貰い、そこから市内のアダムタワー展望台まで送って貰うことになりました。往復で70€(約9000円)でお願いしました。

Th_dsc00646

一路、北東に向かうと次第に土地が開けて来ます。あっという間に景色が放牧地帯へと移って行きます。更に進むと湿地帯へと繫がる1本道を進んで行きました。小さな橋を渡り小さな街の中へ。まるでおとぎ話に出てくるような街並みです。

 

Th__9

まず9月までは開館しているというプロテスタント教会へ。街の昔の写真なども飾れていました。

 

Th_img_1587

小さな階段をグルグルとまわって屋上に出ました。最高の天気です。赤い屋根の可愛らしい街並みです。

 

Th_dsc00674

反対側の南側にはアムステルダムの建物が見てています。しばらく教会の屋上からこの美しい景色を堪能。しばらく居たいですが、時間も限られていますので、降りて村の散策を。

 

Th_dsc00696

至る所に川があって、沼の上に街が出来ている感じがします。

 

Th_dsc00690

天気が良い日に湖面に家並みが映ると、更にこの景色の美しさが倍増します(今回の旅行の中でのお気に入りの1枚になりました)。本当はもう少しゆっくりしたいのですが・・・一軒あるカフェで休んでいた運転手さんも顔を覗かせたので、またアムステルダム市内へ戻ることに。 このような場所が大都会のアムステルダム市内の近くに在るのは羨ましい限りでした

« 台北101のカウントダウン花火を動画にしました | トップページ | 今週の生け花(平成31年1月第3週) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

院長先生
 こんばんは。
まぁ、このような素敵な所があったのですね?
お気に入りの1枚
お天気にも恵まれて湖面に映りこむ雲と家並・・・。
ため息が出ました!
ありがとうございます。
 続きを楽しみにお待ちしております。

マコママさん、こんばんは。

アムステルダムはかなり大きな街ですが、そこから直ぐの場所にこのような田園風景が広がる世界があるのにはビックリです。オランダの美しい村にも上るような場所になっていて、その景観もちゃんと管理されているようです。

教会の上から見た風景や、湖面から家や木々が反射する景色はウットリとする景色でした。

これからもしばらくオランダが続くと思いますが、宜しくお願い申し上げます。

おはようございます。
いつも夢のような旅行記ありがとうございます。
兼高かおるさんもお亡くなりになりましたね。
私は未だ井の中の蛙大海を知らずで、多分このまま日ノ本を一歩も出ずに終わるかもしれません。
若い頃から世界旅行を紹介された「兼高かおる 世界の旅」?は欠かさず見たものでした。
折しも、こちらでお知り合いになれたomoromachiさんの生の旅行記はまさに自分が旅行した気分にさせていただける素晴らしいブログです。
医療・話題・音楽・時事そして旅行とこれからも楽しませてくださいませ。
いや~アムステルダムは行ってみたいです。

omoromachi様、こんばんは

アムステルダム近郊にこんなに静かな場所が
あるなんて不思議ですね。

それにしても写真が美しいです
私も旅に行った気分になります、実際
観て歩いてみたいです

いつも素敵な旅のお話ありがとうございます

EOSのパパさん、こんばんは。

私が(パパさんもでしたね)子供の頃に影響を受けた「世界の旅」の兼高かおるさんがお亡くなりになりましたね。とても悲しいです。 高校を卒業するまで小さな沖縄しか知らなかった私に世界の扉を開いた番組でした。 私の旅行好きもこの番組のせいだと思います。

私はお陰さまで多くの国を旅行させて貰っています。 沢山の素晴らしい国々、人々がいます。 少しでも旅行に行った責任として皆様方に伝えたいと考えています。 文書も写真も未熟ですが微力でも世界の魅力を発信したいと考えています。

どうかこらからも読んで頂けたら嬉しいです。

SmidareQueenさん、こんばんは。

大都会のアムステルダムからタクシーで僅かの距離にこの様な場所があるなんて知りませんでした。 訪ねて大正解でした。

写真がもっと上手ければ良いのですが、それでも多くの写真を撮ってきていますので、そのうちから何枚か選んで載せています。 実際はもっと画素数が大きくクリアなのですが、ネットで公開するために圧縮しています。

私自身の健忘録として、書いていますが、後で読み返すと既に忘れていた部分もあり、記憶の整理に役立っています。

SmidareQueenもスペインに行かれてヨーロッパの魅力に取り付かれたのではないでしょうか?

これからも宜しくお願い致します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 台北101のカウントダウン花火を動画にしました | トップページ | 今週の生け花(平成31年1月第3週) »