フォト

« 世界を夢みて99 : サクダラ・ファミリア聖堂(夜も幻想的) | トップページ | 世界を夢みて 101 :ベネリクス三国への旅:直前のハプニング »

2018年11月 2日 (金)

世界を夢みて 100 : 初めてのベネリクス三国への旅

これまでヨーロッパの国々を中心に旅したことがあったのですが、ベネリクス三国(オランダ・ベルギー・ルクセンブルク)はまだ訪れたことがありませんでした。 2016年に旅行を計画していたのですが、出かける前にベルギーのブリュッセル空港や駅でテロ事件があり目的地を変更したことがありました。
 2018年のベネリクス三国への旅は飛行機やホテル、その他の移動手段なども全てネットを介して自分で手配しました
 
 飛行機は時間に無駄がなく、世界遺産なども可能なだけ多く含め、ホテルは昼も夜も出歩くことが出来る観光の中心部でリーゾナブルでありながら満足度の高いと思われる条件で選択、移動手段も鉄道(1等車と2等車も取り入れ)、トラム、バス、タクシー、個人の貸し切り車などを組み込みました。
 更にいつもの旅行スタイルと同じく、短い期間で、可能な限り朝から夜まで目一杯楽しめるような計画を立てました。実際に今回の旅行では毎日の歩行数が平均で2万歩を越えていました。
Th_
 
ベネリクス三国と言ってもあまりピンとこないかもしれません。私を含めてオランダと言えばチューリップ、ベルギーならワッフル、ルクセンブルグに至っては「?」という程度だと思います。でも知れば知るほど魅力溢れる国々です。
歴史的にもフランスやドイツなどの大国に囲まれた小さな国々で王様(ルクセンブルグは大公)を君主とす立憲君主制の国家で、関連性も深いためにベルギー(Belgium)・ネーデルランド(オランダ:Netherlands)・ルクセンブルク(Luxembourg)の頭文字を取ってベネルクス(Benelux)三国と呼んでいます。
 それぞれの国土は小さく(特にルクセンブルクは)、三国あわせてもドイツの1/5、フランスの1/9の程度だそうです。その代わり人口密度は高く三国で併せて2720万人の国民が住んでいます。非常に豊かな国々で1人あたりの名目国民所得も世界のトップレベルにあります(ルクセンブルクは世界第1位で1人あたり105.8ドル、オランダは12位で48.3ドル、ベルギーは18位で43.6ドルです。ちなみに日本は23位で38.4ドルとなっています)。
私は訪ねる前はベネリクス三国はそれぞれが国土も小さく、地勢学的にも歴史的にも非常に近いため、あまり変わりがないと考えていました。しかし今回旅をしてそれぞれの国に特色があり、国民性の違いがよく分かりました。  どれも魅力に溢れる国々でした。
私の健忘録としてこれから1年をかけて行った先々の美しい風景や美術館、宿泊した魅力的なホテル、街の人々の暮らしなどについても書いて行きたいと思います。どうぞこれからもお付き合いください。  
 
<オランダの旅>
Th_2018_2<ベルギーの旅>Th_2018_5<ルクセンブルグの旅>
Th_2018_4
私としては珍しく4ヶ月前から、緻密に計算をして旅行を計画したのですが、いきなりのハプニングもありました。次回このことのついて書いてみたいと思います。

« 世界を夢みて99 : サクダラ・ファミリア聖堂(夜も幻想的) | トップページ | 世界を夢みて 101 :ベネリクス三国への旅:直前のハプニング »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

院長先生
 こんばんは。
ベネルクスの旅は今年だったのですね?
私は2002年に行き、ホームページに再更新が
できないままでおります。
 楽しみにお待ちしております。

マコママさん、こんばんは。

マコママさんの方が先に行かれたのですね。私の方は今回が初めての旅となりました。 自分自身が今の状態で1番楽しめるような旅を企画しました。
順次、紹介したいと思いますので、マコママさんも2002年の旅を御見だしてご覧になって欲しいと願っています。

いつもありがとうございます。これからも宜しくお願い致します。

こんばんは、
今回の旅行記も楽しみにしています。
特に若い頃象徴派展を見て感動した
ベルギーに興味深々ですhappy01
オランダの旅編で先日オークションで
シュレッダーされた絵やフェルメールの作品も小さく出ているので、
その辺のエピソードも期待していますshine
ルクセンブルグはあまり、イメージはわかないのですが、
写真をみるかぎり、自然豊かな所ですね。
もちろん、旅先の美味しいものも聞きたいところですhappy01

monnaさん、こんばんは。

monnaさんの様な絵を描く方にとってはオランダ、ベルギーは絵画の宝庫でしたよ。
「オランダ旅」の写真にバンクシーの絵画も入れました。流石ですね。この小さな絵に気がついたのですね。後ほどBanksy作品についてもブログで紹介したいと思います。

ルクセンブルグは半日観光と夕食を取って終わった程度でしたが、緑と要塞のイメージが残った旅でした。

美味しいものは食べたのですが、何分味覚音痴で有名なビールやワインについても知識が皆無ですのでお伝え出来るかどうか心配ですが・・・・

余り期待せずに読んで頂くと嬉しいですcoldsweats01

院長先生
 こんにちは。
もうご存知でしたら、お許しくださいませ。
 明日、13:00よりBSプレミアムで「ルクセンブルク紀行」の
再放送ですがあります。
 私は残念ながら、明日は外出しますので、
観られませんが、前に観たような気もしています。

マコママさん、こんばんは。

このような情報を頂いてありがとうございます。私も以前観た気もしますが、念のために予約録画しておきたいと思います。

折角の文化の日ですが、沖縄は1日中雨でした。何時ものように午前中は病院に行って、その後は今回の旅行の写真をまとめながら旅行記を書いています。

これからも宜しくお願い致します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/67269110

この記事へのトラックバック一覧です: 世界を夢みて 100 : 初めてのベネリクス三国への旅:

« 世界を夢みて99 : サクダラ・ファミリア聖堂(夜も幻想的) | トップページ | 世界を夢みて 101 :ベネリクス三国への旅:直前のハプニング »