フォト

« 時差ボケの解消法&機内便利グッズ | トップページ | 今週の生け花(平成30年10月第1週) »

2018年10月 3日 (水)

糖質制限ダイエットの注意点

今日のFM放送は中性脂肪について話をしました。中性脂肪と聞いて思い浮かべるのは肥満との関連ではないかと思います。
その為、ブログではダイエット特に、最近よく耳にする「糖質制限ダイエット」について記載したいと思います(専門ではないので間違っている所もあるかも知れません・・・ご容赦をcoldsweats01)。 私の基本的な考えは「何でも楽して手に入るものはない」とのことです。
 人間の体やエネルギーを作り出す大きな栄養素は 炭水化物、脂質、蛋白質で三大栄養素と言われています。それにビタミンとミネラルを加えると5大栄養素となり、全て私達の体になくてはならに栄養素です。
851996_2  ダイエットに重要なのはエネルギーを消費する運動と全体的なエネルギー制限を上手く組み合わせて痩せてゆくこと(特に内臓脂肪)にあります。
 人間のエネルギーを作り出すのは、炭水化物(=糖質)、脂肪、蛋白質であり、特に主食であるコメ・パン・麺類などは量的にも多く摂り、エネルギー量の大きな部分を占めます。
 そのことより、カロリーを簡単に減らそうとしたい場合はこの糖質(炭水化物)を制限すれば簡単に制限できて、より短期間にダイエット出来ます。 その為巷ではこの「糖質制限ダイエット」が人気があるのかも知れません(あまり詳しいことは分かりません)。                                  
しかしながら、ただ単に糖分を制限していいのでしょうか? 主食(炭水化物)を食べるのと砂糖などの糖分を摂るのと一緒になっていませんか? もっとも重要なエネルギー源を無駄にしていませんか? ・・・など私に取っては疑問が残るのです。                    
・主食を食べない等の極端な食事制限は短期間にダイエットは可能かもしれません。しかし主食には糖分以外におおくの繊維質、ビタミンも含まれています。そのことは排便の量の確保、腸内細菌巣の維持にも繋がります。便秘を防ぎ、コロコロ便意なるのも防いでくれます。ですので主食を減らす前に、甘いケーキや、お酒などをまず減らすべきです。           
・人間は基本的に雑食です。人間の生命の維持に必要なエネルギー源として炭水化物は非常に重要で、糖分がなければ短期エネルギーとし体を動かせませんし、脳は糖分しか受け入れてくれません。  ですので人間が炭水化物を摂らずに、脂肪や蛋白質のみから食事を摂って生命を維持するためには、体は無理をしますし、世界の食糧はすぐに枯渇するはずです。            
894839 ・さらに体の中で蛋白質と脂肪だけからエネルギーを確保すると、血中の中性脂肪やコレステロール値も上昇します。欧米を中心に糖質制限ダイエットによる死亡率の上昇を認める論文も多く出ています。  普通食と糖質ダイエット食で死亡率で1.3〜1.4倍、冠動脈疾患(心筋梗塞)で1.3〜1.5倍、癌に対しても1.3〜1.5倍多くなったと報告しています。
・この様な報告は色々ありますので、この報告が全てではありませんし、結論が出た問題ではありません。しかしながら糖質制限ダイエットにはこの様な側面もあることを知ることも大切です。                                                       
・私個人としては常々思うのは、人類は長年の間、色々な食事を摂り進化してきたのです。現代の飽食の時期は人間にとってもの凄く稀な時代、これまでにない環境で現代人は生きていることになります。  更にある偏った食生活や制限は短期間では良いデーターを出すのかも知れませんが、これから先何世代にも渡って経験しないと分からないことも多いと思うのです。    
・簡単に出来ることって余りないと思うのです。ダイエットも本来は時間をかけて全部のカロリーやビタミンなどのも考え、運動による消費を加えながら解決しないといけないと思うのです。
・様々なダイエット方法が出ていますが、ブームになったとしても多くはそのうち消えてしまいます。飽食の時期を私達人類がまだ経験不足だと言うことに他ならないのと考えてしまうのです。

« 時差ボケの解消法&機内便利グッズ | トップページ | 今週の生け花(平成30年10月第1週) »

医療」カテゴリの記事

コメント

院長先生
 こんばんは。
また台風が来ておりますね?
少しでも逸れて欲しいです!

 糖質制限ダイエットはよく聞きますし、
放映もされたり・・・先日は日経新聞にも載っておりました。
私はもう少し減量したいのですが、その糖質大好きなので
困ったものです。毎朝、体組成計に乗り、血圧手帳に
記入!ところが100g減ったと喜んでいると翌日増えていたりの
いたちごっこです。運動がまったくできていませんから・・・。
それでも少しでも減量に努めたいと思います。
(高血圧症・高脂血症あり)

マコママさん、こんばんは。

先週大きな台風が過ぎたと思ったらもう次の台風です。毎回病院を閉めるかどうかで悩んでしまいますので、眠らない日が続きそうです。

あまりダイエットのことは詳しくありませんが、糖質制限ダイエットなるものを聴く機会がありましたので、私の偏見(coldsweats02)に満ちた考えで書いてしまいました。

1番多く摂取しカロリー的にも多い主食を全く取らなければ、世界中で一気に食糧難になると考えます。この種のダイエットは非常に短期間のそれも1代限りの実証しかありません。 これがその後子々孫々まで続いた場合にどのような影響があるのかも誰も証明していないのです。 

得やすいものは失いやすいと言われています。ダイエットもそうだと考えます。ゆっくりゆっくりと時間をかけて挑戦した方がいいでしょう。マコママさんも頑張って下さいね。

omoromachi様、おはようございます。

私も気になるダイエット法でした。私も若い頃はスマート(笑)でしたが
次第に横幅に成長して、運動などを行っています。
糖質制限ダイエットも気になりましたが、全てがいいことではないのですね
やはり何事も楽して達成できるものはないのでしょう。
色々なダイエット情報が飛び回る中で先生のブログは分かりやすく
とても参考になります。 いつもありがたいと読ませて貰っています

沖縄はまた台風が近づいていますが、ご被害がないことをお祈りしております

Kamiyamammさん、こんばんは。

Kamiyamammも若い頃はナイスプロポーションだったのですねcoldsweats02・・・本当に縦には伸びなくても横に伸びてしまう方が多いですねweep

ダイエット法や健康食品などもある側面だけで有用であると宣伝していることが多いと日頃感じています。もちろん否定出来ないことも多いのですが、科学的な根拠に基づいて長い目で検討しないといけない分野でもあると感じています。 このように書いてくれると私の偏見だけではないと意を強くもちます。

とうとう台風25号にて病院の方は午後3時より休診となりました。これから更に風速が強まりそうです。私にとっては明日の午前中の外来を開けるかどうかで、眠らない夜になりそうです。

omoromachiさま

沖縄は台風で大雨注意報が出ていますが、
omoromachiさまの所は大丈夫でしょうか? 
被害のないことをお祈りします。

このブログを「なるほど!」と思いながら読ませていただきました。
実はかかりつけ医の勧めで、春頃から「炭水化物を今までの半量にして、
菓子類をなるべく食べないように」していました。
私は血糖値もFbA1cも正常値ですが、やや高め。
体重はやや重め。(身長ー100+3)
降圧剤と高脂血症の薬を服用しています。

確かに初めは体重が3㎏減りました。 が、段々戻り500g減で止まりました。
元々炭水化物の摂取量が少なめなのに半量にすると
1日にご飯1/2膳、パン5枚切り1/2枚のみ。時々ドカ食いしたくなる。
お肉等蛋白質の量がやたらに増える。

何より不都合なのは便通が非常に悪いこと。
繊維の多い野菜で何とかしようとするとなおお腹が張る。
とうとう緩下剤を服用する羽目になってしまいました。

先生のブログを読ませていただき、原因がわかった気がしました。
かかりつけ医に私の食事の習慣や量をお伝えしていなかったのも
いけなかったかもしれませんね。

お黒ちゃんさん、おはようございます。

今日は5時前までに起きて台風情報や公共交通機関などの再開などの確認作業を行い、6時過ぎに病院を開院するか閉院にするかを決めています。これから那覇市より台風は次第に遠ざかると考えて、9時より通常開院決定としました。職員や患者さんのためにホームページ上に公開することが台風時の私の仕事でもあります(毎回台風の時には1時過ぎに寝て、5時前に起きるので寝不足ですweep)。

糖質制限ダイエットはダイエット方法としては簡単な部類に入ると思いますが、お黒さんのように元々炭水化物が少ない人では、全体の量のバランスをチェックするのも良いと考えます。このあたりはもし病院の管理栄養士さんなどがいらっしゃれば、相談するとより細かな指導がなされると考えます。
また日本人は欧米人と比べて大腸も長く、特に高齢の女性は便秘に傾く傾向もありますので、食事の見直しや上手く緩下剤を使いながらコントロールすることも必要ですね。 単にダイエットといっても多方面からチェックする必要があると考えています(素人の私の意見ですので参考までに)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/67230858

この記事へのトラックバック一覧です: 糖質制限ダイエットの注意点:

« 時差ボケの解消法&機内便利グッズ | トップページ | 今週の生け花(平成30年10月第1週) »