フォト

« 世界を夢みて96: サグラダ・ファミリア聖堂(昼:誕生のファザード外観) | トップページ | 今週の生け花(平成30年10月第2週) »

2018年10月10日 (水)

腰痛は温めるべき?冷やすべき?

厚生労働省の平成28年の国民生活基調調査の中で、自覚症状の統計があります。男性の場合の自覚症状は多い順番に①腰痛 ②肩こり ③咳や痰が出る となっています。女性では①肩こり ②腰痛 ③手足の関節が痛む となっています。いずれも関節に関しての訴えが多く、腰痛が全体で一番多いことがわかります。                          

私達の腰回りは 体を支える大黒柱の脊椎(腰の部分は腰椎)、周りの様々な筋肉、神経、結合組織、皮膚などからなっています。 上半身を支え、前後左右の運動をしなければいけません。 腰は姿勢を維持するだけでも沢山の努力をしないといけないので、絶えず緊張(ストレス)を強いられている組織でもあります。人類が進化の過程で二足脚歩行を選んだ結果、人間にとっては腰痛が持病となってしまったと言われています。

腰痛は内臓疾患や婦人科、泌尿器科の疾患によっても起こりますが、それはその病態を正確に診断して治療する必要があります。

<では一般的な腰痛(筋肉や神経、骨から来る整形外科的な腰痛)に対して、冷やした方がいいのか温めた方がいいのについて書いてみます>

以前の突き指の時にも書いたのですが(http://omoromachi.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-878d.html )、急性期や炎症があれば冷やすべきですし、慢性期には温めた方が良いことが多いです。

Th_

では、基本的に冷やすと温めるではどのような生理現象が起こるのでしょうか。

皆様方も経験上も分かると思うのですが、冷やすことによって、血管は収縮し血流は弱くなります。冬眠と同じで神経や細胞の活動も抑えられることになります。 この様なことから急激な炎症や打撲などでは止血効果や腫れを抑制しますし、炎症の波及を抑え、神経の感覚を鈍らすために痛みを取る効果が期待されるのです。→この様なことより、急性の腰痛(ギックリ腰、打撲)などでは2〜3日間は冷やす方が一般的です。

では「温める」とどうなるかと言うと、血管が広がり血流が増加します。神経や細胞も活発になり修復が早くなります。多くの慢性の腰痛など凝り固まった筋肉をほぐし、血流を良くすることで腰痛の改善をはかります。

・・・腰痛に限らず、この様に「冷やすこと」と「温める」ことのポイントを抑えておけば他の打撲や怪我や火傷、肩こりなどの際にも応用できるはずです。

« 世界を夢みて96: サグラダ・ファミリア聖堂(昼:誕生のファザード外観) | トップページ | 今週の生け花(平成30年10月第2週) »

医療」カテゴリの記事

コメント

なるほどなるほどと読ませて頂きました。痛みはいづれも冷湿布と俺はこの春の膝痛まで思っていました。痛みを和らげたりとったりするには、場所や痛みの状態等で適宜考えなければならないのですね…

omoromachi様、おはようございます。

私も急に腰が痛くなってしまい、ギックリ腰
と思いましたが、ただの腰痛だったようです
経験者の知人からはギックリ腰は私の
ような、比較的短時間の痛みではないとの
ことでした・・・(笑)

いつもながら分かりやすい解説有難う
ございます。私も冷やすことと、暖めること
のポイントを押さえながら対応したいと
考えています。情報有り難うございます。

でんでん大将さん、おはようございます。

今年は膝を痛めて大変でしたね。痛みに対しても単純に冷やした方がいい場合と暖めた方が良い場合もあります。 細かいことは抜きにして、急性期の炎症が強い場合には冷やすこと、慢性期になって次第に組織の修復が必要になれば暖めることに移行すればいいのかと考えていいと思います。

秋田は急速に秋へと変化していることでしょう。沖縄もだいぶ涼しくなりました。寒くなると膝の痛みが強くなる場合もありますので、膝のメンテナンスを行いながら作業をしてくださいね。

ツクシンボさん、おはようございます。

急な痛みだと、皆ギックリ腰と考えてしまいますよね。私も経験者ではないのですが、些細なことでも一瞬で痛みが出るそうです。「魔女の一撃」と言われるのも頷けます。

私はあまり難しいことが分かりませんので、単純化してお伝えするように心がけています。

いつも読んで頂き有り難うございます。今日とはこれからいい季節を迎えるでしょうね。紅葉の時期に行ってみたいですhappy01

今まで疑問だった点を
わかりやすくご説明いただきありがとうございます。
スッキリしました。

しげまるさん、こんばんは。

しげまるさんの疑問と今回のブログの内容が一致して良かったです。私自身が難しいことが分かりませんので、自分が覚えるためにもこのように考える様にしています。

基本を押さえておくと色々と応用が出来ると考えています。読んで頂きありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/67255412

この記事へのトラックバック一覧です: 腰痛は温めるべき?冷やすべき?:

« 世界を夢みて96: サグラダ・ファミリア聖堂(昼:誕生のファザード外観) | トップページ | 今週の生け花(平成30年10月第2週) »