フォト

« 安田純平さんに対する自己責任論は見当違いでは? | トップページ | 世界を夢みて 100 : 初めてのベネリクス三国への旅 »

2018年10月31日 (水)

世界を夢みて99 : サクダラ・ファミリア聖堂(夜も幻想的)

今回でスペインの旅行記も終わることになります。3度目のバルセロナ、是非とも最後に見てみたい1つがサグラダ・ファミリアの池越の夜景でした。
何時ものことながら、夜もタイトなスケジュールで旅行をするのですが、2泊のうち最終日はカタルーニャ音楽堂での夜のコンサートの予約を取っていますので、日中動き回っても、この日の夜しかありません。ここに標準を合わせたと言っても過言でないほど、見たかった風景です。

夕食をとり、ホテルまで戻ってから、そこからタクシーにてサクダラ・ファミリアに向かいました。スペインのタクシーは非常に使い勝手のある移動手段ですので時間のない時には利用します(明瞭会計、ぼったくりもありません)。

Th_dsc00840

まずは受難のファザードの西側でおりました。22時前ぐらいに着いて、全体を観ます。やはり凄い迫力です。次第に多くの窓に電気が付いて来るのを見ることが出来ました。 そして22時丁度になると、あちこちから車のクラクションや鍋を叩くような音が聞こえてきました。前2回のバルセロナでもこのような音を聞いたことがなかったため、祭りでもあるのかと思ったのですが・・・・後で聞いたら「バルセロナの独立に賛成する意思表示のために15分間程度、それぞれの方が音を鳴らしている」とのことでした。 その1週間後が2017年のカタルーニャの独立を問う住民投票だったのです・・・1週間後にバロセロナに旅行した私の知人は治安上の問題で殆どホテルから出ることが出来なかったと言っていました。

しばらくすると音も消え、静寂の中での夜のサグラダ・ファミリアです。

Th_dsc00892

それから南側を通り東の誕生のファザード側へ、早く池越しの姿を見たいのですが、やはり近くで誕生のファザードの彫刻を見ることに、繊細な彫刻の凹凸が浮かび上がってきます。

そして横断歩道を渡り、池の奥に向かいました。

Th_dsc00924

私はサグラダ・ファミリアを背にして歩き、そして池を左に回り込み、池の縁に立ちました。下を向きながら歩いていましたので、私の目には本来なら大きな池が見えているはずです。 しかし私の目にはこの巨大な池をキャンバスして逆さに映ったサグラダ・ファミリアしか見えません。

あまりにも幻想的で、巨大で、美しく、私はこの池に引き込まれる衝動に駆られました。 私の頭の中はこの光景が理解出来ずバニックな状況となったのですcoldsweats02

Th__2

あっと思い正面を見るとこれがサグラダ・ファミリアの実像だと認識、その池の鏡に写ったサグラダ・ファミリアは虚像であることをやっと理解出来た程でした。 久々に毛穴が開くほどの感動を覚えました。

Th_sagrada_familia_2017

昼も素晴らしいのですが、もしお時間が取れれば夜の池越しのサグラダ・ファミリアも是非みて欲しい思います。

世界は美しい景色に満ちあふれています。今回のブログで「スペイン旅行記」は終了です。来月からは新たな旅行記が始まります。これからも宜しくお願い致しますheart04

« 安田純平さんに対する自己責任論は見当違いでは? | トップページ | 世界を夢みて 100 : 初めてのベネリクス三国への旅 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございました。思い出しながら見させていただきました。

最後にサクラダファミリアですが、池を後ろから眺めたのですが、生憎池が濁っていました。ちょっと残念な思いででした。それにしても夜間が綺麗ですね。感嘆です。

次のシリーズも楽しみにいたしております。

院長先生
 こんばんは。
まぁ、なんと素晴らしい夜のサグラダファミリアでしょう!
そして池に映る逆さサグラダファミリアに感動された
お気持ちが十分に伝わって参りました!
よいご経験をなさってお幸せclover
十分に楽しませて頂いた「スペイン旅行記」
次の旅行記が待ち遠しいです!

ひでさん、こんばんは。

ひでさんにとってもスペインは懐かしいのではないでしょうか?以前スペインの旅行記を書かれていましたね。

ひでさんが出かけた時には池が濁っていたのですね。折角の風景がもったいなかったかも知れません。 今回は夜に池に映るサクダラ・ファミリアが見たくて、計画を立てていました。 風もなく池が鏡のようになって美しい景色を堪能出来ました。

今年出かけた旅行記を書き始めていますので、また読んで頂ければ嬉しいです。

マコママさん、こんばんは。

本当に素晴らしい体験でした。私が想像していたよりも遙かに巨大で美しく、このまま池に吸い込まれるようでした。本当に落ちたらそれはそれで後で笑える体験になったかも知れませんが・・・coldsweats01

次の旅行記も少しずつ書きだしていますので、これからも宜しくお願い致します。

omoromachi様、こんばんはheart01

夜は全く違う感じになるのですね
私も行けばよかったです・・・
しかし1月のツアーでホテルの
場所も離れていて夜出ることは
不可能でしたweep

omoromachi様の興奮が伝わって
来ましたが、3枚目の写真を観ただけ
でも私も吸い付けられた気持ちに
なりましたよcoldsweats02

最後に書いてありますように
「世界は美しい景色に満ちあふれて」
・・・世界を旅しているから言える
言葉でしょうね。

次の旅行先は何処でしょう?
わくわくしながら私も旅をした
気分でいます。これからも宜しくお願い
致します。

SmidareQueenさん、こんばんは。

ヨーロッパの街並みは昼と夜では感じが違うことも多く、特に観光地などはライトアップも凝っていますのでより美しく見えることも多い気がします。

私は寒さに弱いので1月に訪れたなら、きっと夜は布団に入って寝ているかも知れませんcoldsweats01

まだまだ多くの街は行っていませんが、世界は美しい景色に満ちあふれています。もちろんこの日本も美しい場所が多いですね。いつか身体が動かなくなる前に世界を旅して観たいです。これは我が儘かも知れませんが、出来ることならばですscissors

こんいちわ。

なんと素晴らしく神々しい景色なのでしょう。
出来れば直ぐにでも訪ねたい衝動にかられます。
残念ながらもう無理があり行けません。

スペイン旅行記は楽しませていただきました。
素敵な写真や詳細な記述であたかも自分も旅している
気分でした。
ありがとうございました。

次はどちらのお国のお話か楽しみにしております。

びえろさん、こんばんは。

本当に素敵な場所でした。他の方の旅行記や写真などで見ていて、この池越しの風景を見たかったのです。 前もって写真で見ていたのに実際に見た瞬間は鳥肌が立ちました。 ブログにも書いた様に私の頭の中でこの景色がどうなっているのか理解するのに数秒かかりました。 本当に貴重な体験をさせて貰ったと考えています。

ヨーロッパは遠いですのでなかなか出かけることは出来ませんよね。私も何時まで出かけることが出来るかは分かりませんが、皆様の分まで沢山見てきて、写真も撮ってきたいと思っています。 

もう次の旅行記を書いていますので、数日中に何処に行ったのかもお知らせしたいと思います。こらからもよろしくお願いします。

先生、こんばんは。

1枚目の画像のオレンジ色に燃えるようなサグラダ・ファミリアは、大迫力で圧倒される美しさですねheart04
そして逆さサグラダ・ファミリアは、ライトアップされた実像と漆黒の池に写る虚像に錯覚を起こすと言うのも分かるような気がします。
これ程生き写しと言うのは、池に漣の一つも立っていなかったという事で、先生は幸運の持ち主。
先生の贅沢な経験を全てなぞる事は不可能なので、ブログで楽しませて頂いてますnote

sharonさん、こんばんは。

サクダラ・ファミリアは夜のライトアップも荘厳で美しいですよ。この大きさに圧倒されますね。

池に映ったこのような風景を見れたのは本当に有難かったです。折角出かけても雨が降っていたり、風が強ければこれ程綺麗には観れなかったかも知れません。

私は逆にsharonさんの街の案内、私には出来ない食事の解説やホテルの案内などを参考にして楽しんでいますよ。何時もありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/66043368

この記事へのトラックバック一覧です: 世界を夢みて99 : サクダラ・ファミリア聖堂(夜も幻想的):

« 安田純平さんに対する自己責任論は見当違いでは? | トップページ | 世界を夢みて 100 : 初めてのベネリクス三国への旅 »