フォト

« 今週の生け花(平成30年9月第4週) | トップページ | 糖質制限ダイエットの注意点 »

2018年9月30日 (日)

時差ボケの解消法&機内便利グッズ

日本とヨーロッパの時差はおおよそ7〜8時間ですので、毎回飛行機の中で時差を調整しています。私はいつも飛行機に乗り込んだ時点で時計を訪問先の時間に合わせます。体は日本時間の体内時計のために、現地時間の24時ぐらいまでは眠くなっても、頑張って起きて過ごします。その後休みます。寝付かれなくても今度は現地の朝の時間に合わせて起きるようします。 初日の夕方頃に眠くなる場合もありますが、現地の夜までもつと、おおよそ次の時間からは時差ボケはありません。私の場合ずっと外科をしていますし、3年前までは当直もしていましたし、今でも夜間呼び出しも多く日頃から時差ボケに慣れているのかも知れませんが・・・Th_dsc01804

今回のスペインの旅は関空からフランクフルト間をビジネスクラスを利用しました(那覇ー関空間、フランクフルトースペイン間はエコノミークラス)。  全てが至れり尽くせりで快適な空の旅でした。フルフラットに出来ますので、時間を決めて横になり休めます。また飛行機に乗り込む前から、ラウンジも使えますので快適な旅行となりました。

長距離のエコノミー利用では、とにかく機内で少しでも楽になるグッズを選んで持ち込みます。

まずは 足回り:ずっと足を下げている姿勢は苦しいです。以前は空気枕のように空気を入れることで足台になるものをもっていました。今は座席のテーブルに吊すタイプのフットレストニットホルダーなどが便利です。高さも調節出来ますし、足がベタッとなる時には本など硬いのを入れると足の部分が結構真っ直ぐになれます。 静脈血栓予防のための加圧タイプの靴下があるとむくみが起こりくいので、旅行前に試してみては如何でしょう。 スリッパもいいと思いますが、それよりもかかとまで入るタイプの部屋履き用のスリッポンが使いやすいです。 スリッパのように抜けにくいし保温性もあります。ヨーロッパに着いても多くのホテルは日本みたいに使い捨てのスリッパをおいていませんので、ホテル滞在時も重宝します。

Th__2 首周り:空気式の首を取り巻くような枕は便利で必需品?ですが、これも様々なものが売られています。 私の様に横向きに寝る方でも特殊な形状のものもありますので試してみえては

アイマスク・耳栓:これも機内の必須グッズでしょうが、最近は耳栓も色々あります。完全に音をシャットアウトするのもありますが、機内での雑音を低減して通常のアナウンスは聞こえるものもありますので試してみて下さい。気圧変動を押さえる耳栓もあるようですが、私は耳抜きが出来るので使用したことがありません。

機内は低温で乾燥しています。軽くて上から羽織れるのは一枚必ずもって行きますリップクリーム、のど飴や目薬やマスクなどもあると良いです。 機内の温度は航空会社によってかなり差があります。快適な温度もありますが、だいたいは寒いのが多いです。 昔はこんなにクーラーをかけなくても良いのにと思ったのですが、上空はマイナス50度ぐらいの外気温ですので空調を効かせなければ寒いのです。エンジンの熱源でヒーティングしていると思いますが、燃料消費節減の為にも出力以外ではヒーターはかけないのでしょう。  

また日本人と欧米人では寒さの感覚も違いますので、おおよそ日本人では寒く感じるのが23度前後ですし、おそらく欧米人なら21度前後ではないかと思います。 機内が暑く・湿気が高いと不快に感じますので、基本的に低温・乾燥を保ってのフライトが多いと思います。

今では機内でのエンタメも充実していますが、やはり退屈の場合もあります。私はiPhoneなどに好きな映画(特にシリーズものがあれが吉)を6本程度入れています。 前後のフライトで3本ぐらい熱心に見るとあっという間に時間が経っていることもあり、この時には実にラッキーと思えることもしばしばですcoldsweats01 1度イヤホンを忘れてしまい、折角の映画が見れず後悔したことがありますので、イヤホンやモバイルバッテリーなども忘れずに・・・(最近はUSBや電源も供給できる飛行機も多いですが)・・・まあ、バッテリーなどは預けるトランクには入れられません。手荷物にして下さいね。

機内での過ごし方は重要ですので、その為の前準備をしっかりして乗り込みたいものですheart04

(台風24号が沖縄本島を直撃、近年にないほどの大型でしたので、今後日本列島を縦断する中で、被害が大きくならない心配です。皆様方の所は大丈夫ですか?)

« 今週の生け花(平成30年9月第4週) | トップページ | 糖質制限ダイエットの注意点 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

omoromachi様、こんばんは。

旅行は好きですが、長時間の
飛行機の中は苦手です。
機内グッズは参考になりました

スリッポンいいですね。私も
以前出張でホテルにスリッパが
なくて困ったことがありました。
スリッポンなら機内でもホテルでも
使えそうですgood

京都市内も強い風と雨になっています
早く通り過ぎて欲しいです。
今年は本当に台風が多く
嫌になってしまいますweep

omoromachi様、台風は大丈夫でしたか? 
東京はこれから備えをしないといけません。
 旅慣れたomoromachi様の旅行のやり方
参考になりました。海外に出かける時は
この内容を参考に準備したいと思いました
 私は寒さには弱くはないのですが
機内はいつも寒いと感じていました
その疑問も今回の内容で解けました
 日本人と欧米人の寒さの感覚の違いも
あるのですね。この冬のスペインで
防弾対策バッチリの私達の側に
長袖だけの方もいてビックリでした。
 またまた色々な謎も解けて楽しい
ブログの内容でしたheart04

ツクシンボさん、こんばんは。

私も旅行は好きですが、長距離を狭い空間で過ごすのは苦手です。ビジネスクラスは別ですが、旅行を楽しむための修行と思って機内に乗り込んでいますweep

日本では小さなホテルでも無料のスリッパが備え付けていますが、ヨーロッパのホテルでは結構有名どころでも室内履きがない場合もあります。この時には日本から持って来ればよかったと思うのもしばしばです。

京都は今頃台風が通過している時間帯でしょうか? 被害がなければいいのですが・・・

SmidareQueenさん、こんばんは。

今回の台風は勢力が強いので、本土の方でも雨だけでなく風にも注意が必要になると思います。十分に備えをしてくださいね。

準備したつもりでも、トランクの中に入れてしまい肝心な機内で使えなかったこともあります(←私ですweep)ので、ちゃんと機内持ち込みのチェックもトランクを預ける前にしていた方がいいですね。

SmidareQueenさんは1月のスペインでしたので、ヨーロッパの南と言ってもその時期は寒いと思います。 特に南国生まれの私は寒さに弱いので、長袖でジャケットとつけている横で半袖でいる白人の方をよく見かけます。寒そうにしていないのですね。やはり寒さに強い民族だと感じます。

東京もこれから雨風が強くなると思います。気をつけてお過ごし下さい。

院長先生
 こんにちは。
台風は列島を縦断して大きな被害を残して去りました。
拙宅では0時ころから凄い風でしたが、幸い被害がなく
済みました。昨日は一日、動悸と胸痛がちょっとあり、
モーツァルトnotesを聴いて静かに過ごしておりました。

 旅行グッズ、大変参考になりますが、
もう海外旅行は無理です。行っていた頃はフットレストが
ない時期もあり、簡単な足乗せと空気枕・耳栓、スリッパを
持参しておりました。
機内で履き替えて大変な思いをしてから(足が象のようになり靴を履くのに四苦八苦)
履き替えない事にしておりましたよ。
憬れのビジネスクラスにはとうとう一度も体験できず・・・。

 また台風が向かっておりますね。
穏やかな10月であって欲しいです。

マコママさん、こんばんは。

台風24号は各地で大きな被害を出しましたが、マコママさん宅はあまり被害がでなかったようで良かったです。
久々に動機を感じたのですね。この様な時には無理をなさらずに、もしも病院から頓服のお薬が出ていましたら、お飲みになって休まれて下さい。

ご病気以来、海外旅行が出来なくなって本当に残念に思えます。もしも私のブログがマコママさんがかつて行かれた場所なら思い出して一緒に楽しんで頂ければ嬉しいです。

旅行グッズも進化していて、昔と比べて耳栓なども改善されています。私の場合は、仕事をギリギリまでして、飛行機に飛び乗り、帰りも帰ったその日に飛行場から仕事場に向かうことが殆どです。ビジネスクラスは値段が高いのですが、飛行機で寝れる為、ありがたいです。 しばらくはこの様な旅のスタイルになりそうです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/65953560

この記事へのトラックバック一覧です: 時差ボケの解消法&機内便利グッズ:

« 今週の生け花(平成30年9月第4週) | トップページ | 糖質制限ダイエットの注意点 »