フォト

« カレーと食中毒:ウェルシュ菌 | トップページ | 世界を夢見て 89: 国内線にてグラナダからバロセロナへ »

2018年8月 3日 (金)

今週の生け花(平成30年8月第1週)

8月に入りました。今週も日本各地で高温注意報が出る猛暑が続いていると思います。ニュースでは名古屋でも40度を超えたとか。逆に南国沖縄Th_img_1312 の方が避暑地になりそうな気配です。 若い頃にエジプトに旅行に行った時に砂漠の中で43度ほどを経験しましたが、湿度が極端に低いせいが刺すような太陽光線は感じましたが、極端に暑いとは思いませんでした。体感では湿度の高い名古屋の方が高温に感じるのかも知れません。      
今週も生け花クラブの皆さんが、2階のいつもの場所にお花を飾ってくれていましたshine
今週の生け花は、真っ赤な花器が目立ちますし、レッドウイローの赤い直線的な茎が花器の直線とも相まって、全体的にシャープに感じさせてくれます。
Th_3081 以前の生け花でピンクのケイトウがいつもと違う刷毛のような形だったのを覚えていましたが、今週の生け花の中央にある黄色の花もケイトウです。なんとなく鳥の鶏冠の様な形がケイトウと思うのですが色も形も違う種類があるようです。       
青い大きな葉はクルクマの葉のようです。いつもはお花(苞)を楽しんでいますので、葉材として使用される場合は生け花クラブの方に聞かなければどの葉なのか分かりません。      
今回の生け花は全体的に大柄な花材、花器が使われ、その中スプレーバラが唯一優しい色合いと形でなごましてくれています。 このお花があることで気持ちが落ち着くような気になります。                                                       
もう暫く日本列島はヒートアイランドの状況が続くと思いますが、熱中症に気をつけてお過ごし下さいね。
<花材:レッドウイロー、ケイトウ、スプレーバラ、グルクマの葉>

« カレーと食中毒:ウェルシュ菌 | トップページ | 世界を夢見て 89: 国内線にてグラナダからバロセロナへ »

」カテゴリの記事

コメント

院長先生
 こんばんは。
もう御地の方が遥かに気温が低いですね?
うんざりの毎日でエアコン漬けとなっております。
そのせいか?だるさもあり、腰痛も・・・。
もう暫くと思うことにして熱中症には気を付けたいと思います。

 今週の生け花ですが、まぁ、初めて拝見eye黄色の鶏頭です・・・。
真っ赤な花器と大柄?なクルクマの葉との
バランスが素晴らしいですね?

マコママさん、こんばんは。

昨日東京から帰った来た知り合いが沖縄が涼しいと話していました。今年の日本は異常気象でこの暑さはしばらく続きそうですので大変だと思います。
今度は台風13号が発生し、前回同様に北西に進む異例のコースを辿り関東に向かいそうで心配です。

今週の生け花のケイトウは私が書かなければおそらく誰もケイトウとは思わないかも知れませんね。本当に生け花クラブの皆様のバランス感覚は素晴らしいです。

こんにちわ。
私もケイトウの花はピンクしか知りませんでした。
好きな花です。黄色は南国の沖縄を感じさせますね。

本当に今年の夏は地球規模で酷暑で、大変な被害が出ています。
年々暑すぎて、外へ出れずに楽しめない夏に変わってきていますね。
子どもの頃、夏、夕方になると、風鈴のチリン♪という音を聞いて、
風情がありましたね~。この頃は、積乱雲や雷もなくなってしまいました。
どうしたことでしょうね。
本当に、何でも変わっていってしまいますweep

由津子さん、こんばんは。

ケイトウは何となく赤くてもじゃもじゃ?した感じを受ける花と思っていましたが、今回の黄色のケイトウはイメージがだいぶ違いますね。本当に南国らしい鮮やかな色ですね。

本土にお住まいの皆様方はこの暑さには参っているのではないでしょうか? 沖縄より暑いなんて考えられませんよね。
今後は毎年のようにこのように変わってしまうのでしょうか? 夏の風鈴の音は良いですよね。 あの音を聴きながらスイカを食べるなんて昭和の風情になってしまうのでしょうか? 
これから何年も経つと、日本も昔はこうだったと子や孫に伝えることになるのでしょうかね。心配ですweep

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/67017030

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の生け花(平成30年8月第1週):

« カレーと食中毒:ウェルシュ菌 | トップページ | 世界を夢見て 89: 国内線にてグラナダからバロセロナへ »