フォト

« 世界を夢見て 86: アルファンブラ宮殿:ヘネラリーフェ離宮 | トップページ | 今週の生け花(平成30年7月第2週) »

2018年7月11日 (水)

皮膚の経年変化と光老化

FM放送では日光が与える人体への影響について話をしました。
ブログでは「光老化」について記載したいと思います。私自身は外科医ですので皮膚に関しては専門外ですので、間違っていてもご了承下さいcoldsweats01                         
アンチエイジングというのがもてはやされていますが、Th_818e8b5b8e4fbf3318c273df71c4f089 私自身はあまり好きな言葉ではありませんので使うことはありません。人は皆老いるのですから、老いることに対抗しようとは思っていませんし、いずれ皆死に至る訳です。 ただ無駄なことはせずによりよく過ごすことには気を遣うべきだと考えるのです。                                      
一般的に年齢と共に変化する皮膚の状態の自然経過では、先ずは
①シワ(皺)を上げる人が多いと思います。これは皮膚の下の繊維の加齢的な変化で、皮下の直下の繊維が少なくなり皮下深部の繊維は荒くなることより、スムーズにお互いが結合しなくなる結果しわが出来てしまいます。           
②年と共に皮膚が薄くなります。更に皮下脂肪も減少し、弾力性にも欠けて来ます。ですから皮膚が薄くなって、少しの力でも皮膚が剥がれやすくなってしまいます。また弾力がなくなり緊張力がなくなるため、たるみ(弛み)も出現します。                          
③加齢と共に皮膚の光沢が少なくなり、色も黄色調となります。皮脂腺などの分泌も低下しますので、乾燥肌になってきます。 よく若い時に多汗症と言われた方も年齢と共に乾燥傾向に傾きます。 乾燥は体幹、四肢で目立ちますし、特に下腿の前面に起きやすく、痒みを伴うこともしばしばです。                                              
この様な生理的な老人性変化は避けることが出来ませんが、その進み方は個人差があり、遺伝的な因子や日光の照射量にも影響を受けると言われています。                
折角ですので、日光の照射による「光老化」について少し記載します。光老化とは主に紫外線による皮膚への影響で起こる変化で、自然の皮膚の老化と区別して用いられています。
そのことは良く分かるのは、長年、太陽光線を浴びて来た顔や首、前腕などと比べて、太陽光線の当たらない、臀部や太ももの内側などは年取ってもあまり皺や弛みが少ないはずです。                                                        
Th_343725 紫外線を浴びると、私達の皮膚は防御反応として皮膚が厚くなり色が濃く変化します。皮下組織の弾力を保つ繊維も柔らかを失うことでシワやシミ、皮膚のざらつきなどが目立って来ます。このことを光老化と表現しています。                                 
若い頃から無駄に(coldsweats02)紫外線を浴びることなく、乾燥を防ぐために保湿などを考えておく必要があるかも知れませんね。                                         
まあ私的には田舎のばあちゃん達のしわしわ顔も好きなのですがね! それだけの年齢を歩んで来たいい表情を見せてくれていますhappy01

« 世界を夢見て 86: アルファンブラ宮殿:ヘネラリーフェ離宮 | トップページ | 今週の生け花(平成30年7月第2週) »

医療」カテゴリの記事

コメント

院長先生
 こんばんは。
台風は少し逸れて大した被害もなくて良かったですね。

 わ~私の事をご覧になられているのでは?と
思うほどピッタリの現象ですよ。
年々、皺が増え、おまけに張り・艶も失せてきております。
いくら保湿しても追いつかず・・・です(´;ω;`)ウウ・・・
仕方ありませんね?加齢ですね?
カレーは大好きhappy01ですが、加齢は・・・?
紫外線は目にもよくないと聞いておりますので、
日差しが強い時にはサングラス使用しております。
それでも?白内障が・・・。加齢!加齢!!

マコママさん、こんばんは。

当初台風8号は那覇市を直撃だったのですが、南にずれたお陰で那覇市は良かったのですが、宮古・八重山地方は大変だったと思います。

マコママさんのことをよく観察しているのですよ・・と言うことはありませんが・・・・マコママさんの皮膚の変化も一般的な年齢の取り方でいらっしゃるのですね。

やはり、年齢と共に乾燥してきますので、保湿対策は重要です。目には嫌気止めクリームは塗れませんので、サングラスや日傘などで直射日光を避けて下さいね。 白内障は太陽光線も原因になりますが、それ以外にもあります。

加齢はこれ以上いりませんが、美味しいカレーはウェルカムですねcoldsweats01

はじめまして、Kamiyamaと申し上げます。

主人が沖縄生まれで、現在東京在住です。
先日の慰霊の日に「さとうきび畑」をyou-tubueで検索をしておりましたら、omoromachi様の動画に出会えました。とても感動して聞いていました。そこからこのブログのことを知ることが出来ました。

本当に素晴らしい記事が多くて、感激しています。私達も旅行が好きで、米国やイギリス、フランスに出かけてことがあります。

長々となりましたが、今回のブログの内容で本当に経年変化は確実に起こるのだと感じています。私も主人も60半ばを超え、主人は若い時には多汗症だったそうですが、今では乾燥肌になっていますし、私も同じ様に肌の変化を感じています。若い時に海が好きで沢山日光を浴びたせいでシミやシワが気になっています。

そろそろ私達も東京を離れて、沖縄で暮らすか、私の出身の長野で暮らすかを模索中です。沖縄移住になりましたら先生の病院の近くに住もうかとも思っています。その時にはよろしくお願い申し上げます。

最近はtwitterやinstagramなどの見た目の勝負の情報が多くて、このブログのようにじっくり読める内容が少なく、私に取ってはとても内容の深いこのブログをお気に入りに登録致しました。御多忙とおもいますが、どうかこれからも沖縄の情報を発信して下さいませ。( 主人はイラストの沖縄方言が分かると言っています。私には全く理解出来ませんでした・・・)

Kamiyamaさん、こんばんは。

ご主人が沖縄出身なのですね。Kamiyamaさんていう名字は沖縄にもいますね。
以前、慰霊の日にyou-tubeに私のギターの弾き語りの「さとうきび畑」をアップしたことがありました。それを聞いて頂いたのですね。ありがとうございます。

海外旅行にも行かれているのですね。イギリスの旅行記は私のブログにも以前記載しています。宜しければカテゴリーの「旅行・地域」をご覧になれればイギリスのことが書いていますので、Kamiyamaさんが行かれた場所とだぶるのかも知れませんよ。

六十代真ん中ですと肌の経年的変化を実感することが出てくると思います。私も若い頃は多汗症までは行きませんが、汗が多かったのですが、今では丁度良いぐらいやや乾燥気味といったところです。

沖縄もいいですが長野もいいですよね。私の場合は沖縄以外なら長野か福岡が住みやすいなと感じています。

今は若い人達の間では写真の投稿が中心だと思います。言葉よりも画像の方が気楽に伝わりやすいこともあるのだと思います。私の方は旅行記など老後の楽しみcoldsweats01のために書いているようなものでしょうか?

どうぞこれからも宜しくお願い致します。沖縄永住ならウェルカムですよscissors

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/66900487

この記事へのトラックバック一覧です: 皮膚の経年変化と光老化:

« 世界を夢見て 86: アルファンブラ宮殿:ヘネラリーフェ離宮 | トップページ | 今週の生け花(平成30年7月第2週) »