フォト

« 人間の価値と生産性 | トップページ | カレーと食中毒:ウェルシュ菌 »

2018年7月31日 (火)

世界を夢みて 88: 教会の呼び名で混乱

スペインの旅行をしていると、カテドラルとか大聖堂と名のつくのが幾つかあって、こんがらかってしまいますcoldsweats01  例えばトレドのカテドラル、セビリアのカテドラル、バルセロナのカテドラルがあり、それぞれ大聖堂とカテドラルを置き換えてガイドブックなどでは説明されています。

スペインはレコンキスタによりイスラム教をイベリア半島から追い出したのはキリスト教によるもので、今でも熱心なカトリック信者の多い国です。 日々の生活の中でキリスト教の文化があり、祭日や様々なお祭りがあります。教会はもちろん色々な建物にしろ、宗教が影響を与えています。

Th_ スペインでは何処に行ってもバルと教会はあると言われています。 スペインを旅行して混乱するのが「・・・教会」なのか「・・・大聖堂」なのか「カテドラル」と名がつくのか分からなくなします。どれも私にとっては大きなキリスト教の教会なのですがcoldsweats02

私はキリスト教徒ではありませんので、ヨーロッパで沢山見かける祈りをする場所はみな「教会」としか思っていません。キリスト教の宗派によっても呼び名は変わるようです。

Th__2

私が考えている、いわゆる「教会」も大きさや重要度によって名称が異なるようです。1番大きく重要なのがカテドラル Catedral(大聖堂)、次ぎに大きいのがイグレシア Iglesia(教会)、次のがエルミータ Ermita(礼拝堂) と呼ばれるようです。

Photo

Th__3

重要な教会でも東方正教会では「カテドラル」とは言わずに「大聖堂」と言うようですし、カトリックでは「カテドラル=大聖堂」と呼ぶようです。英国国教会では「聖公会」または「大聖堂」と呼ぶようです(カンタベリー聖公会(大聖堂)と呼んでいます)。

主にカトリックにおいては「カテドラル(大聖堂)」と呼ぶことが多いようです。そもそもカテドラルは司教座(ラテン語でcathedra)が置かれた聖堂を司教座聖堂(=大聖堂)と呼んでいたことが由来となっています。司教座とはその教区を治める教区長(司教とか大司教と呼んでいます)が説法などを行うときの椅子「着座椅子」のことを指しています。

ですので教区の1番偉い方が座る椅子が置いてある教会のことですので、この教区の中心で大きな建物が司教座聖堂(=カテドラル=大聖堂)と言うわけになるようです。

Th__4

Th__5

ではプロテスタントはどうなるのでしょうか? プロテスタントは基本的に主教(司教)が存在しないために、主教座聖堂も存在しません。カテドラルという名称は使わずに、メインの教会は「大聖堂」と呼んでいます。(ヘルシンキ大聖堂、ベルリン大聖堂など・・・)

まあ無宗教家の私にとってはヨーロッパでやたら大聖堂やらカテドラルやら教会やら礼拝堂などとつく建物を見学したあと、名前がこんがらかってしまいます。 名称は兎も角としてヨーロッパの教会群は見応えあり素晴らしいです。

私にとっては豪華絢爛なカトリックの教会は凄いと思いますし、プロテスタントの教会に入ると静寂さを感じ取れるようになります。 

Th__7

外国を観光なされる方でカトリックの教会なのかプロテスタのの教会なのかは入って直ぐに分かります。 細かいことは抜きにして豪華であればカトリック教会、柱なども質素で堅固な作りならプロテスタント教会と思ってみたら9割はあたるはずです(信者からは怒られそうですが・・・)。

Th_dsc08314_2

もう1つスペインを旅行してカタカタの名前でこんがらがるのが「アルカサル」と言う名前がいくつか出てきます。これはスペイン語で「城」のことですので、いわゆる教会「カテドラル」ではありません。有名なだけでも、セコビアやセビリア、コルドバなどでその地の「アルカサル」が存在します。私にとってはセコビア城、セビリア城、コルドバ城と書いて貰った方が混乱しないですむのですが・・・・ガイドブックなどでも多くは「アルカサル」と書いてあるのがあって、後でややこしくなってしまうのですweep

今回はガイドブックなどを見てもこんがらかってしまう「教会」の呼び方に関して記載してみました・・・信者さんや専門家からみたら間違いだらけかも知れませんがご容赦を!

« 人間の価値と生産性 | トップページ | カレーと食中毒:ウェルシュ菌 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

院長先生
 こんにちは。
私もこんがらがっていましたが、
ご説明でよく分かりました。
ありがとうございます。
 ヨーロッパの教会などは本当に
見ごたえがございますよね?
芸術作品と思えるような・・・?
 プロテスタントは偶像廃止ですので、
中が質素でしょうか?

こんばんは。
スペイン、行ってみたいです。
寺院巡り、多分時間がいくらあっても足りないでしょう。
無宗教の私ですが、文化や建築・歴史は大好きです。
いつも紀行文ありがとうございます。
楽しませていただきました。

omoromachi様、こんばんは。

スペインに行った時にガイドブックを見ながら
私も迷っていたナゾが解けました。
私も疑問に思ったことはomoromachi様と
同じ様に調べなければ知識が貯まって
行きませんね・・・反省ですweep

ブログの写真の場所は全て旅行されたの
でしょうか? 私もこれから沢山行ってみたいです

いつも勉強になりますheart04

マコママさん、こんばんは。

プロテスタントの偶像廃止にしても、ユダヤ教、イスラム教も基本的にはキリスト教と一緒で唯一神のそれぞれの神以外の偶像を廃止しています。ただ像そのものを礼拝対象にするのかどうかで意見が分かれていて、ユダヤ教やイスラム教は偶像そのものを禁止し、キリスト教は偶像を象徴とみて認めています。

そのことから同じキリスト教のカトリックもプロテスタントも偶像を象徴とみなして、イコン画、マリア像、ロザリオなどを認めています。カトリックとプロテスタントではざくっと言えば、教会そのもに貢ぐかどうかに因っての違いがあり、カトリック教会は豪華絢爛でその分プロテスタントの教会は地味に思えるのです・・・キリスト教徒でない私が言っても間違っているかも知れませんが・・・

EOSのパパさん、こんばんは。

写真家のパパさんがスペインへ行かれたら大変だと思いますよ。きっとツアーで次々を回ろうとしても、ひとつひとつの教会や建物の写真を撮るために時間を擁して置いてけぼりになると思いますcoldsweats02

私はスナップ写真しか撮れませんが、沢山写真を撮っていますので、このブログで紹介出来たら良いなと思っています。

いつも読んで頂きありがとうございます。

SmidareQueenさん、こんばんは。

私もガイドブックなどを見てもこんがらかってしまい、写真をまとめる時にも名前を間違えたりしてしまいました。それで折角ですので調べてみたら、やはり難しかったですcoldsweats01

ボケないためにも時々このようにまとめるのも良いのかも知れません。

私の旅行は主にヨーロッパでしたので、ある程度のヨーロッパの国々は回りました。ブログの写真の大聖堂などは皆観て回りましたよ。どれも素晴らしかったのですが、だいぶ記憶が髪の毛と同様(crying)薄れて来ている場所も多いです。 残りの人生で行けるところはまた行って確認したいと思います。

SmidareQueenはマドリッドとバルセロナでしたので、次回はアンダルシア地方も行かれて下さいね。

こんばんは。

スペインのお城もお寺も、ひとつひとつゆっくり巡ってみてみたくなりますね。
「アルカサル」って地名かしら?と思ったらお城のことだったのですね。
国それぞれにいろいろなことがあって、興味は尽きません。

ナニワさん、こんばんは。

スペインはイスラム文明とキリスト文明が文字通り交差した世界観を持っています。いわゆる西洋とは違う印象があります。

スペインのお寺もお城も素晴らしいですよ。私もいつかはゆっくりと回ってみたいと考えています。

確かに「アルカサル」って地名がありそうですね。旅行本はやたらと横文字が多くて、みな○○教会とか○○城で統一して貰えたら覚えやすいと思うのですが・・・

しばらくはスペインが続きますが、どうかお付き合い下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/65994329

この記事へのトラックバック一覧です: 世界を夢みて 88: 教会の呼び名で混乱:

« 人間の価値と生産性 | トップページ | カレーと食中毒:ウェルシュ菌 »