フォト

« 皮膚の経年変化と光老化 | トップページ | 世界を夢みて 87: アルファンブラ宮殿の中心 »

2018年7月13日 (金)

今週の生け花(平成30年7月第2週)

7月に入り、西日本豪雨により多数の人的、物的被害がでました。これ程沢山の方が犠牲になることを想像出来ませんでした。Th_img_1200
私の様に沖縄に住んでいると台風での風のことが気になり、雨の被害についてはあまり考えたことがありませんでした。 しかしながら東日本大震災の時に水の破壊力の凄まじいさを認識していたはずです。 地震よりも津波が、台風よりも豪雨の方が破壊力があることを再認識させられた1週間でした。 改めて被災された皆様方にお悔やみ、お見舞い申し上げます。                                                 
今週も生け花クラブの皆様が2階のいつもスペースにも生け花を飾ってくれていました。
今週の生け花は全体的にしっとりと柔らかな印象を与えてくれています。                          
茶色で上品な舟形の花器が落ち着いた印象を与えるのでしょうか? 大柄のピンクの鶏頭(ケイトウ)で、横から見ると刷毛の様にもみえます。 この様な形のケイトウは余り見たことがありませんでした。                                             
Th_3072 大きめな葉は姫水木です。春に花を楽しみ、この季節は新緑を伴い葉材としても重宝されています。 子供の頃私の周りには「水木」はなくて、最近になって、一青窈さんの「ハナミズキ」でその花の存在を知りました。 
何を隠そう、「水木」という言葉をみた時に、「すい・もく」と曜日と勘違いして恥ずかしい思いをしたことがありましたweep・・・皆様も間違えずに「すいもく」ではなく「ミズキ」と読んで下さいねcoldsweats02          
大柄な水木とケイトウの隙間から、可愛らしい黄色のオンシジュームと赤いスプレーバラが顔を覗かしています。この部分を見ているだけで優しい気分になってしまいます。          
これから長く暑い夏が訪れます。熱中症に注意しながらお過ごし下さい。
<花材:姫水木、鶏頭、オンシジューム、スプレーバラ>

« 皮膚の経年変化と光老化 | トップページ | 世界を夢みて 87: アルファンブラ宮殿の中心 »

」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。ご無沙汰しておりましたheart04
今週も素敵な生け花が飾られていますねgood omoromachi様の生け花の説明に、同じ気持ちになります。今週の生け花は黄色や赤など目立つ色ですが、しっとりと柔らかな印象を持ちました。それにしても東京は暑く、日中もバテそうですが、夜間もクーラのかけ方が難しいです。この時期沖縄の方が気温が低いなんて不思議な気がしますが、沖縄に行ってみたいですlovely
スペインの旅行記も参考にしていつもみていますよshine今年は駄目でも現在のところ海外旅行の第1候補になっています。これからも宜しくお願い申し上げます

miyuki.kiki さん、こんにちは

お元気でしたか? 東京は暑そうですね。位置関係からするとずっと南の沖縄が暑そうですが、真夏の時期は海に囲まれた沖縄は余り気温が上がらず、本土の方が気温が高くなることが多いですね。

生け花に関しては全くの素人ですので、意味不明な解説をしていますがご了承下さい。 まあ写真だけ観て貰えればそれで十分だと思います。私の解説は無視されて下さいね。

以前にもスペインに関してコメントを頂きましたが、スペインはヨーロッパの中でも特殊なところですが、西洋とイスラムの両方の良さが味わえますので、魅力的な場所です。 いつか行けたらいいですねscissors

こんにちは。お疲れさまです!
本当に西日本の大雨の被害は悲惨なもので、
何も手伝えることが出来ない私です。weep
東京の3連休も、かなり危ない暑さです。
ピンクのケイトウの花、私もこの形は
見たことがありませんが、可愛らしいですね!

お聞きしたいのですが、近くにある内科さんは
消化器が専門らしいのですが、
軽い睡眠導入剤などを出してもらえるのでしょうか?
本来は精神科でしょうが、なんか怖いものでcoldsweats01

由津子さん、こんばんは。

豪雨でこれ程の人的・物的被害が出るとは想像出来ませんでした。しかしながら、これからの地球はこのような異常気象が普通になるのかも知れません。そのように覚悟して対策を立てないといけないのでしょう。

今回のお花の中で、ケイトウは私のイメージするお花と違っていました。由津子さんもこの形はみたことがなかったのですね。

私は外科ですが、その種の薬を出していることは多いです。もちろん基本的に依存が起こりやすい薬や症状をみて精神科がいい場合はすすめています。 ある程度の診療を行っている先生ならば専門家に相談した方が良いかは区別が付くと思います。
軽度の睡眠導入剤などは短期間使用するのであれば内科で処方して貰えると思います。 多くの方はいきなり精神科となると辛いかも知れませんね。 余り気になさらずに担当医にお聞きになって下さいね。

早々に詳しく教えてくださり
ありがとうございましたconfident

由津子さん、こんばんは。

私の出来ることでしたら、お教えしたいと思います。
何かありましたら、遠慮なく質問して下さいね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/66935934

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の生け花(平成30年7月第2週):

« 皮膚の経年変化と光老化 | トップページ | 世界を夢みて 87: アルファンブラ宮殿の中心 »