フォト

« 目黒虐待児の反省文:私達へのメッセージ | トップページ | サプリメントは万能薬ではありません »

2018年6月11日 (月)

世界を夢見て83 : フラメンコダンスの基本動作

これまで3回スペインに旅行で訪れました。おおよそ30年前、25年前、今回の三回でその3回ともフラメンコショーを見ることが出来ました。場所も舞台も、演出する方も皆違い、それぞれに特徴がありました。
Th_2私自身が全くフラメンコのことは知りませんし、やったこともありませんので、今回フラメンコショーの基本のところを調べてみました。
スペイン南部アンダルシア地方を中心の芸術としてフラメンコがあると思います。発祥の歴史も沢山のことが言われており、それを解説するだけでも凄い量の記事になりそうです。 兎も角、色々な民族、宗教、文化が融合した歴史の中からフラメンコも生まれたと考えられます。

 

フラメンコ舞踊をスペイン語で「バレル・フラメンコ:Barrel・Flamenco」と呼ぶそうです。単にバレルと呼んだりするようです。                      Th__4

フラメンコは幾つかの物語(形式)があってそれに従って踊るそうです。これまで私は各自がアドリブで自由に踊っていると思っていました。それについて今回の旅行の時に初めてその場面場面で基本的な踊りの要素が異なる事を教えてもらいました。

 

まず、床を叩く音の出し方でタップと違うことも初めて知りました。 下の図に書いて見ました。足の踵と先端に丸い鋲をその人の好みやスタイルに合わせて靴に鋲を打ち込んでいるのがフラメンコシューズです。それに対してタップダンスの靴は踵と先端に平面のプレートがはめ込まれています。そしてフラメンコでは足を床に打ちつけて音出しをします。タップダンスの場合は靴と床を擦り付けて音出しをする違いがあるようです。

 

Th__5

ただしタップダンスの原型ともなったアイリッシュダンスは多くは床に足を打ち付けて音を出すことが多いようですので、基本的にはフラメンコと同類なのでしょうか?

 

バレルの基本操作の一例を書いてみます(今回の旅行で教えてもらった通りに記載してみます)

 

Th_a0ebb02175e71fb1069d5c92f12203f2

 

①イントロダクション: ギターによる演奏が始まります。

 

②サリーダ : サリーダとは「出発」の意味で、唄い手が歌詞を歌う前に「ア〜イ」とか「ティリティリティリ」などの架け声で歌い出します。これからが本格的なショーの幕開けとなります。

 

Th__2_2③歌い出し(歌振り): サリーダが終わると、踊り手がギターのメロディ、フォルセータに合わせて踊り始めます。 ジャマーダ(合図)のサパテアードを打つと唄い手が歌いだします。それに合わせて踊りだし、身体全体で動きを見せて行き、ジャマーダを打って次第にテンポアップして見せ場を作ります。再びジャマーダを打って停止します。

 

④シレンシオ: シレンシオとは「静寂」の意味で、ギターも踊り子もゆったりとして踊ります。ギターの音色も短調の悲しげなメドリーとなります。踊り子は上体の美しさを見せ場とします。

 

⑤パセイージョ: パセオは「散歩、散歩道」の縮小形で、踊り自体が歩くようにして踊ることからそう呼ばれるようになっているそうです。バセイージョとは短いパセオと言った意味で、文字通りこのセッションでは短く、軽やかに踊られ、ジャマーダを打って一旦停止となります。

 

⑥エスコビージャ: サバテアード(足の技)によるリズムが中心となるパートとなります。この時は女性の場合はスカートを持ち上げ、足を見せながら踊りますし、男性の場合は上半身は余り動かさずに、足のステップを強調する様に踊ります。次第にテンポを上げて行きます。結構迫力があります。

 

⑦ブレリアス: ジャマーダが打たれて、歌が歌い始められます。明るい曲調のが多く、踊り子も曲に合わせて全身を使って踊り出して、最後の追い込みとなります。最後やジャマーダを打って静止して終わります。

 

この様な段階があることをこれまで知りませんでしたがこれを知るだけでもフラメンコショーがこれまで以上に楽しめました。 何事も知識がある方がより楽しめる様です

 

Th_dsc09820

 最後は出演者全員が一斉に踊りだしたり、ギター部門、唄い手部門の方がそれぞり挨拶をして終了しました。 今回のショーでは最後の5分間だけ写真撮影が許可されていました。最後は写真は撮らないといけないは、拍手はしないといけないわで忙しかったです。大満足のフラメンコダンスでした

(世界を夢みて83)

« 目黒虐待児の反省文:私達へのメッセージ | トップページ | サプリメントは万能薬ではありません »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

院長先生
 こんばんは。
フラメンコの知識はまったくございませんでしたので、
このように教えて頂き、ありがとうございます。
また鑑賞出来たら、一段と楽しめるのに、と思っておりますが?
ルーツはロマでしょかしら?

マコママさん、こんばんは。

3回目のスペインでフラメンコにも流れがあることを初めて知りました。
それぞれの動きにも意味があることが分かると更にフラメンコに魅了されました。知っていて見ることと知らないで見ることでは随分と意味合いが違って感じられました。

フラメンコには色々なルーツがあるようで有力なのはロマの人々の踊りからだと思います。それに多くの文化が混ざり合って今日の形になっているようですね。フラメンコ奥が深いです。

むかし、むかし、マドリードで本場のフラメンコを見たことがあります。

地元の日本人の紹介で、有名なダンサーの踊る店で、

情熱的な踊りに魅了された時間でした。

藤沢道場練習生さん、こんばんは。

藤沢道場練習生さんもマドリッドでフラメンコをご覧になったのですね。 色々な店がありますが、地元の日本人のご紹介なら、きっと素晴らしいステージだったと思います。

間近でみるとその迫力に圧倒されますよね。本当に感激なされたのではないでしょうか? 

藤沢道場練習生さん、これからもお寄り下さい。K&Kさんやモカラテさんにも宜しくお伝え下さい。

こんにちは。フラメンコね…10数年前に姿勢がよくなる
から、ダンスをと勧められ、我が身も顧みずフラメンコと
フラダンスを見に行きました。フラメンコはお、お、お、!
見ただけでノックアウト。フラダンスは衣装は笑われながら買いましたが
どうも私が踊ると、盆踊り感がぬぐえない。おまけにいっしょの
友達は美人、ドラえもん体系の人もいるにはいたのですが(笑い)
結局つづきませんでした。今頃やってれば、背筋がシャンとしてたかも…

フーミンさん、こんばんは。

そうでしたか、フーミンさんは2つの踊りに挑戦したのですね。両方とも難しいですよね。 それでも衣装まで買ったフラダンスは写真に残していますでしょうか? きっと記念になると思いますよ

続けていれば、きっと背筋もビシッとなっていたかもですね(笑)。

これからもチャレンジを続けてください(私の方は2例目の手術が終わったのですが、これから緊急手術があり、帰るのは夜中になりそうです)

先生、こんばんは。

先生の探究心は素晴らしいですね。
私は大抵口をぽかんと開けて見惚れているくらいですが・・
でもせっかく鑑賞するならこういった流れを把握していた方がより楽しめますよね。
フラメンコシューズとタップシューズの違いも全く知りませんでした。
またしても勉強になりました

sharonさん、こんばんは。

あまり勉強熱心ではないのですが、折角なので、ガイドさんに色々と聴いてみたらとても分かりやすく説明して貰えました。聴いたことを同じ様に書いたまでのことです

でも教えてもらうと、ただ綺麗だけでなく、今はこの演目の時間帯なのかなどと考えながらみることが出来ました。よりのめり込むことが出来ました。本当に有意義な時間となりました。

私もフラメンコとタップダンスの音出しの違いも調べて初めて判ったしだいです。アイリッシュダンスとの違いも今回ついでに学びました。 同じ様でいてそれぞれの音の出し方が違うのですね。 色々興味尽きないことがいっぱいですね

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界を夢見て83 : フラメンコダンスの基本動作:

« 目黒虐待児の反省文:私達へのメッセージ | トップページ | サプリメントは万能薬ではありません »