フォト

« 今週の生け花(平成30年5月第2週) | トップページ | 世界を夢みて79: ジブラルタル観光 »

2018年5月13日 (日)

青い夏(山本潤子&伊勢正三)

最近ギター弾いていないなと思いながら、ギターの弦を替えました。 5月の季節にて、ブログの方の写真の中に「みかんの花」が載っていました。                               

私にとっては「みかんの花」が出てくる、この時期にびったりの綺麗な曲があります。「青い夏」という曲です。作詞・作曲は伊勢正三さんで、唄は山本潤子と伊勢正三さんで、両方とも私の大好きな方です。         

Th_1


1999年の作品で、伊勢正三さんが山本潤子さんのために作った歌だそうです。

伊勢正三さんは大分県の生まれで、おそらくその詩の中にある「みかんの花」と眼下に広がる海を見て育ったのだと思います。伊勢さんの原風景がその詩に含まれていると考えています。            

この歌は伊勢正三さんが山本潤子さんを自身の初恋の転校生に見立てて作詞をしたと書いてありました。 伊勢さんはこの様な甘酸っぱい青春の別れの唄を書かせたらピカいちですし、彼の歌は瞼を閉じて聞けば、そこにある情景も浮かんでくるような繊細でノスタルジックなな唄が多いです。 「君と歩いた青春」「なごり雪」「海岸通り」「二十二歳の別れ」の曲もこのように感じました。                                    

私の大好きな山本潤子さんの唄には遠く及びませんが聞いて頂けたら嬉しいです。 綺麗な写真も添えていますので、こちらの方でご勘弁下さい。

">

« 今週の生け花(平成30年5月第2週) | トップページ | 世界を夢みて79: ジブラルタル観光 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

院長先生
 こんばんは。
久々に甘い歌声をありがとうございます。
画像も素晴らしいですね?
歌詞にピッタリでよく探されるものと
いつも感心致しておりますよ。
また楽しみにお待ちしております。

マコママさん、こんばんは。

最近あまりギターを弾いていませんでしたので、弾いたついでに録音しました。

今回の写真は私自身で撮った写真は少なく、買ってきた素材集の写真や私的利用可能な方々の写真を利用してまとめて見ました。

私の唄だけでは聞くに堪えませんので綺麗な写真を貼り付けることで聴いて頂けたらと思っています。

いつも本当にありがとうございます。

omoromachi様、こんばんは。ご無沙汰しております。

今、私の方は友人のライブに行って来た所でした。
東京は気候が一定になりません。今日は寒く、明日は暑くなり一気に夏になりそうですよ

本当に何時もながらomoromachi先生の唄い方や
優しく、心に染みてきます。
ギターのイントロも素敵です

山本潤子さんと伊勢正三でしたら「緑の季節」
はご存じかと思いますが、この曲も素敵ですので
いつかアップして頂ければ嬉しいです。

何時もながら映像も美しく何度も聞き直して
しまいました。ありがとうございます

syiroyama.kさん、こんばんは。

ライブの帰りでしたか、楽しかったですか。 ところでsyiroyama.k さんは唄わなかったのですか?

東京の今年は気温の寒暖差が激しくて大変そうですね。ニュースでも伝えていましたが、明日はまた気温が上昇しそうですね。

私の弾き語りをお褒め頂き光栄です

ええ、私も「緑の季節」も大好きな曲の1つです。いつか練習して弾ける様になったらアップを試みたいと思います。

おはようございます

伊勢正三さん
懐かしいですね!
かぐや姫は「僕の胸でおやすみ」という
曲が好きでした。
朝から癒しボイスで
一息つけましたありがとうございます。

monnaさん、こんばんは。

伊勢正三さんはかぐや姫、風で活躍して、その後も沢山の素晴らしい曲を発表しています。伊勢さんが山本潤子さんのために作った曲ですが、伊勢さんの青春時代そのものかも知れませんね。

monnaさんはかぐや姫の「僕の胸でおやすみ」が好きだったのですね。私達の年代では、多くの方が聞いた名曲の1つですね。

こちらこそ聴いて頂き有り難うございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青い夏(山本潤子&伊勢正三):

« 今週の生け花(平成30年5月第2週) | トップページ | 世界を夢みて79: ジブラルタル観光 »