フォト

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月30日 (水)

増え続ける大腸癌に注意

戦後日本人の癌の種類も次第に変化して来ました。消化器官に関して顕著なのは胃癌が減ってきて、大腸癌が増えて来ていることです。今後ますますその差は開くものと考えます。
Th__2 男女とも大腸癌は増えているのですが、今では女性の癌の死亡の1位は大腸癌で、癌に罹る率においても乳癌に続いて第2位となっています。
戦後日本は先進国の中では胃癌の多発地帯でした。
その撲滅のため胃の検診は全国津々浦々まで行きわたり、多くの国民は仕事場の検診や住民検診で、胃カメラや胃のバリウム検査を受けたこと(ほぼ毎年の様に受ける方も多い方)があると思います。
では胃癌より多い大腸癌の検査は皆様果たして受けているでしょうか? ・・・・おそらく胃カメラは受けたことは何回もあるけど大腸カメラはね〜と言うのが本音ではないでしょうか?
出典は忘れてしまいましたが、昨年の米国の論文で5年に1度、大腸内視鏡検査を受けていれば大腸癌による死亡リスクは極端に低下すると書いてありました。40代から大腸癌が増加して来ます(特に60歳以上では急激に増加します)ので、どうか皆さん、大変かも知れませんが、40歳になったら切りのいい5年毎に受けて観ては如何でしょう・・・これでかなりの確率で大腸がんによる死亡が減ると思います。
では何故大腸がんが日本で増えて来たのでしょうか?
・癌の発生には遺伝的なこともありますが、これは短期間では変わらないですね。そうなると大腸癌は高齢になればなるほど高くなりますので、日本人の平均寿命が延びたことも一因かも知れません。 
日系のアメリカ人や同じ兄弟でも食生活が違う環境で育った方で癌のリスクが違っています。 ですから、食生活の面は重要となります。
生活習慣の面では、肥満、植物繊維不足などが上げられ、食事の面では赤肉(牛肉、豚肉、羊肉など)や加工肉(ベーコン、ソーセージ、ハムなど)の摂取量の増加が言われています。
一時日本でも有名になりましたが、2015年にWHOが「毎日50gの加工肉(およそベーコン2切れ)以上を食べ続けると大腸がんになる確率が18%上昇する」と見解を出したところ、加工肉が下落するのではないかとニュースにもなっていました。 赤肉に関しては世界がん研究基金などの発表では赤肉の摂取量は週500g以下を推奨しています。 いずれも多くの日本人はこれよりは少ないかも知れません。
Th_397913
ついでに予備知識として、肉が直接癌化物質かと言うとそうではありません。肉を食べると肝臓から消化液の1つとして胆汁(胆石の原因になったり、私達のウンチの色でもあります)が多く作られ、十二指腸へと流れ込みます。この状態の胆汁はまだ変化を受けていない1次胆汁酸と呼ばれる状態で、これも癌化物質ではありません。 しかしこの1次胆酸は腸内細菌により分解され、発癌物質を有する2次胆汁酸へと変化します。
この様に変化した発癌物質と毎日のように接する腸の細胞は次第に遺伝的な制御も効かなくなり、次第に癌化してゆき、がんが発生します。
一般的に大腸がんはゆっくりと時間をかけて大きくなります。最初の話題になりますが、5年に1度でも日本人が大腸カメラを受けているのであれば、もし大腸がんになったとしても大腸がんにより日本人の死亡率は最低レベルまで落ちるものと考えられているのです。

2018年5月27日 (日)

世界を夢みて 81:セビージャ観光No2 スペイン広場

前回のセビージャ観光の続きです。街のメルクマールとなるカテドラル・ヒラルダの塔を回り、アルカサル庭園の横を歩くとセビージャ大学があります。歳学にも沢山の庭園があるのですが、その横にも緑の生い茂ったマリア・ルイサ公園があります。その道を更に進むと目指すスペイン広場があります。 まあスペイン広場はイタリアにもありました、マドリッドにもあります。 

Th_dsc09698

木々に囲まれた公園ですので、熱い日差しを避けてはくれますが、8月に旅行した方から連日40度を超える暑さで、日中行動するのが辛かったと聞いています。真夏の旅行は気をつけないといけないかも知れません。日本のように湿度がないのでまだいいのでしょうが・・?

セビージャのスペイン広場はかつて宮殿の一部だった公園を、1929年開催のイベロ・アメリカ博覧会の会場として再開発された場所となります。

Th_dsc09695

公園を通り門をくくり抜けると、大きな装飾タイルが目を楽しませてくれます。その中に入ると本当に美しい広場だと確信します。

Th_dsc09640

Th_dsc09661 建築家のアニバル・ゴンサレスが手がけた、半円形の建物のが美しいです。

Th_dsc09675

Th_dsc09679

Th_dsc09683

この建物は沢山のアジュレージュ(絵タイル)に覆われ、本当のどれも美しいです。いくつもある区画はそれぞれにアンダルシア各州の紋章と歴史的な出来事や特徴を描いたタイルアートで構成され、観ているだけでも美しく飽きの来ない空間となっています。世界一美しい広場と言う方もいるほど本当に綺麗です(まあ、世界には沢山の「世界一美しい広場」というのがありますが・・coldsweats02・・まあどれも美しいですlovely)。

Th_dsc09671

Th_dsc09670

その広場にはボートも楽しめる池が巡らされ、ため息が出る程の美しい空間です。

Th_dsc09690

この美しい広場は映画のセットでも使用されて、「アラビアのローレンス」ではイギリス軍が駐屯するカイロのホテルとして使われていますし、「スター・ウォーズ:エピソード2」ではアナキンとパドメがナブーに到着したときにR2-D2を従えて歩いた回廊のシーンで使われています。

もし、これらの映画をご覧になることがありましたら、このスペイン広場を思い出して観て下さいね。

スペインまだまだ美しい場所が沢山ですheart04

2018年5月25日 (金)

今週の生け花(平成30年5月第4週)

梅雨に入って長いのですが、まだまとまった雨も降らない少雨傾向の沖縄県です。ダムの貯水率も49%で例年より25%以上低いとのこと・・・ただし昨年は梅雨の最後の方で豪雨となって一気に平年以上となっていました。果たして今年はどうなりますでしょうか?
Th_img_1027 今週も2階のいつもの場所に生け花クラブの皆様がお花を飾ってくれています。
 
今回は漆喰で塗られた城壁の上に飾られているようで、力強さを感じさせる生け花です。
白い花器から真っ直ぐに伸びる美人蕉(ビジンショウ)がこの茎の太さも相まってこちらを圧倒してしまいます。美人蕉(ビジンショウ)は別名、姫芭蕉とも言われそうです。中央の赤が目立つのが美人蕉なのですが、赤いのは庖で花ではないそうです。 庖(「ほう」と読むそうです)とは植物用語の一つで、花や花序の基部にあって、つぼみを包んでいた葉のことをいうそうです。
 では花はどこというと写真では見えづらいのですが赤い部分の先端の黄色いのが花だそうです。
鮮やかに連なる赤い庖がレッドジンジャーですが、なんとなく美人蕉と印象が似通っています。 こちらはショウガ科の多年草でニューカレドニアやソロモン諸島など太平洋諸島に分布しており、沖縄県でも植えられたのを時々みることができます。庖の中に小さな黄色の花を咲かせます。Th_3054
 
黄色の菊はまだ蕾の状態ですが、明日以降花が開くと印象もだいぶ違うかも知れません。ワタワタの霧がかかったような植物はスモーク・ツリー(けむりの木)です。けむりの木は「煙の木」とか「白熊(はぐま)の木」、「霞の木」とも呼ばれる、ウルシ科の落葉樹です。今回のもやもやとした部分は花が咲いた後の容姿です。
以前のブログを見ると青々としていましたが、今回は時間が経って枯れる前の状態なのでしょうか? 
このモヤモヤしたスモーク・ツリーの間からピンクと赤い色のスプレーカーネーションが顔を覗かしています。この部分だけ観れば優しげな感じがします。
今回は強固な要塞の様な生け花でしたcoldsweats01
<花材:美人蕉、レッド・ジンジャー、スモーク・ツリー、菊、スプレーカーネーション>

2018年5月23日 (水)

世界を夢見て 80:セビージャ(セビリア)観光No1 カテドラル

ジブラルタを後にして 海岸を西に北上すると、スペイン第4の都市セビリアに入ります。Sevilla を日本語でセビリアと書いたり、セビーリャ、セヴィージャと書いてあったりする場合もあり唯でさえ混乱するスペインの地名がこんがらかってしまいます。

おそらく日本ではビゼーのオペラ「セビリアの理髪師」が有名となり、その為「セビリア」と呼んでいる気がします(根拠はありませんが)。実際にスペイン人に聞くと「セビージャ」が一番近いとのことです。(日本でおなじみのパエリアPaella もスペイン語で「lla」はジャと呼ぶことが多ので「バエージャ」が近いのと同じ様です:スペイン語は全く知りませんが、ガイドさんが教えてくれました)

Th_dsc09791

 この都市は紀元前から港湾都市として栄え、アラブの支配、その後の大航海時代に貿易港として栄え、街並みの豪華さ、美しさでも特記すべき場所となっています。

Th_dsc09700 街はローマ時代に遡り西ゴート王国の首都として栄えますが、ジブラルタル海峡を渡ってきたモーロ人によって700年代から500年間イスラムの支配下となり、経済的にも文化的にも栄えます。この時代の建物が街を形作っています。

国土回復運動によってイスラム勢力が衰退する時期と相まって、コロンブスが新大陸を発見します。 コロンブスはアメリカ大陸を最初はインドと勘違いしていました。 これが新大陸だと証明したのはセビリアで船団を率いたのがアメリゴ・ベスプッチ(イタリア人)でした。当時良港として栄えていたセビリアから軍団を率いて、コロンブスが達したのはインドではなくて新大陸であることを証明します。 

コロンブスが初めて新大陸を発見したのでのに、彼はインドだと思ったまま、この世を去ります。コロンブスが航海して辿り着いたのはインドではないことを証明したのがアメリゴ・ベスプッチだったために、彼の名前を記して「アメリカ大陸」と呼バレるようになったのです。

まあ、名前はさておき、その為に新大陸との貿易独占権を確保します。この莫大な富によってセビリアはヨーロッパで最強の地位と財を手に入れるのです。 その為、新大陸発見後、さらに街自体が拡大し繁栄したのです。

Th_dsc09767_3

その富を象徴するのが、カテドラルです。なんたってその建築の発想が凄いです。勢いがあるのはこうしたことでしょうか。「後世の人々が我々を正気の沙汰ではないと思わせるほどの巨大な聖堂を建てよう」と1401年の教会参事会で決定しするのです。この基礎はイスラム時代に作られたモスクの跡地を利用して奥行き116m、幅76mの巨大な教会が出来上がります。 スペインで最大の教会で、ヨーロッパの聖堂としては、バチカンのサン・ビエトロ寺院、ロンドンのセント・ポール寺院に次ぐ大きさだそうです。

Th_dsc09737_2 確かに大きいです。周囲を歩くだけでも呆れる程大きいです。 ひときはそびえ立つのが高さ97mのヒラルダの塔です。 この様な形、アンダルシア地方でよく見かけます。 これも12世紀にモスクのミナレット(礼拝などの時間を告げる場所)を利用して造られたからなのです。 

Th_

塔に天辺に聳えるブロンズ像が風を受けて回転することより、ヒラルダ(風見)と呼ばれる所以だそうです。風見鶏ではなくて女神像です。 この大きさにもビックリします。 このブロンズ像は高さ4mでなんと重さは1288kgもあるそうです。 こんな重いのが風を受けて回るなんて信じがたいのですが、実際に回るようですcoldsweats01

今回の旅行では内部には入る時間がなかったので、24年前の内部の写真を載せて置きます。

Th__2 内部は天井が高くステンドクラスや王室の礼拝堂などが眼に止まります。

Th__3 ここカテドラルで有名なのが「コロンブスの墓」です。スペインに莫大な富をもたらしたコロンブスですのでここで丁重に葬られています。コロンブスの墓を担いでいるのは当時のスペインを構成した、レオン、カスティーリャ、アラゴン、ナバーラの国王達です。

カテドラルの展望台まで昇った記憶が全くなかったのですが、どうやら24年前には登ったようです(国会答弁とは違い、記憶より記録(写真)の方が正しいようですcoldsweats02) 

Th_

カテドラルの展望台(高さ70m)からはカテドラルの全体像やセビージャの街が見渡せます(24年前の写真をスキャナーで取り込んでみました)。

 

2018年5月20日 (日)

今年も無事メジロが巣立ちました

何故、都会のこんな小さな庭にメジロが巣を作るんだよと呆れながら、本当は嬉しいメジロの営巣なのですlovely

メジロは巣作りから巣立ちまで本当に音を立てませんし、子育て中の雛の糞も親鳥が口に加えて他の場所に捨てるために、巣があっても全く気がつきません。(以前の動画はここからご覧になれます→https://www.youtube.com/watch?v=H75Zj69Xktc  )

Th_dsc09679 今年も花壇に水をやろうとして、見上げた直ぐ近くに、真新しいメジロの巣が作られています。 そうなるともう我が家は大変(?)です。 巣立つまでの期間、カーテンは開けられないし、外灯もつけられません。 とにかく家の主は静かに過ごす3週間となるのです(普段通りしていても大丈夫と思うのですが、それでも折角の営巣を邪魔する訳にはいけません)

10年程前に初めてこの木でメジロが巣作りをしているのを発見し、その後毎年のように巣を構えていました。1度この木が大きくなりすぎて途中から切ってしまい、その年には巣を作りませんでした。しかしその後また毎年のように巣作りをしています。 メジロの寿命は3〜4年と言われていますので、違うペアか、この場所から巣立った子供達がここで巣を作ってくれたらいいなと想像しています。

Th_ 如何せん、低い位置にありますので、2階から見下ろすと丸見えですが、巣作り以降はこちらのカーテンは開けれません。なるべく遠くの窓より、カメラだけ出して望遠で撮影です。 10日ほどすると雛が孵ったようで、少し慌ただしくなります。しばらくすると雛が首を伸ばしてエサを貰うために、確認出来ます。 例年3(〜4)羽なのですが、今年は2羽のようです。

Th__3 最初は羽が生えずに真っ赤な皮膚で、目も開いていません。その後は日に日に羽が生えて来、親からの食べ物も最初は水様の液を吐き出して与えているようですが、その後は次第に大きな昆虫や実などを一気に飲み込んでしまいます。

Th__4

思ったよりもメジロの巣立ちは早く孵化から12から14日程度では巣から飛び出るようです。毎日観察したいのですが、仕事もあるので、何時もは巣立った後のもぬけの殻をみて、無事巣立ったということを気づくことが殆どでした。

Th__5

今回は何と、朝起きたら1羽が飛び出し、もう一匹が飛び出す直前の写真が取れました。出かける示度をおえ、仕事場に向かおうとしたら、何と隣とのフェンスに小さなメジロ達が・・・慌ててカメラを取り出して、撮影に成功。親鳥と比べると毬のような感じですが、精悍な面構えhappy02ですのでこれから試練を乗り越えてくれるでしょう。

メジロの親子の懸命さを感じながら命の大切さを教えて貰えるひとときでしたheart04

2018年5月18日 (金)

今週の生け花(平成30年5月第3週)

急に夏のような日差しになった沖縄県です。照りつける太陽の下、海では梅雨時らしからぬ強烈な日焼け対策が必要だとニュースなどでも報じられていました。Th_img_0991
いつものように2階の目立たない場所にも、生け花クラブの皆様がお花をいけてくれています。
元々は公衆電話の設置場所だったため、外から見えづらく、飾ったことも気が付かないこともありこのブログでお花を紹介しています。生け花のことを全く知りませんので、毎回訳の分からない解説をしていますがご了承下さい。
Th_3053 今週の生け花は真っ赤な花器とスプレーカーネーションがシンクロして鮮やかです。そこから葉材として使われている深緑のユーカリとカーネーションやギガンジュームの茎がスッキリした感じを与えています。今週のガーベラはあまり目立たずにそっと1輪咲いています。
更に上方では、細かい天空の星を散りばめたかのようなギガンジュームの花が輝きいています。その高さまで伸ばした赤いカーネーションを添えることでより一層ギガンジュームが紫が光っているように感じてしまいます。
梅雨に入り雨の降らない沖縄、急に気温が変わったり、落雷が各地で起きたりと、不安定な天気が続きますが、ここの2階は穏やかな天気に恵まれていますheart04
<花材;ギガンジューム、ユーカリ、スプレーカーネーション、ガーベラ>

2018年5月16日 (水)

世界を夢みて79: ジブラルタル観光

Th__3 3度目のスペインで初めて訪れるジブラルタル、いったいどんな感じだろう? 中学の教科書から時々出てくるジブラルタル海峡、スペインの南の先端に飛び出したイギリスの海外領土・・・初めて訪ねる地にワクワクとしてします。

対岸はアフリカ大陸となる6.5キロ平米の小さな土地に3万人のイギリス国民が暮らしていいる街。経済的にはイギリス軍の駐屯地として成り立ち、ジブラルタル港が中継地として使用されたり、船舶の給油や造船業も盛んな土地、それでも自立するほどの経済圏ではないとのことをガイドさんが話していました。

Th__2

Th__google 今回私の方はロンダから小高い丘が繋がるスペイン南部アンダルシアの地方の山道を眺めながら進むと、途中からは次第に下って行きました。暫くすると、ジブラルタルのシンボルとなる高さ426mの巨大な一枚岩のザ・ロックが見えて来ました。 

ヤシ並みが両サイドに植えてある如何にも南国の雰囲気のスペイン側でバスを降り、横断道路を渡るとジブラルタルとの国境に近づきます。 国境の近くは撮影が禁止となるため、残念ながら国境の通過は写真に収めることが出来ませんでしたweep

国境ですので、スペイン側とイギリス側にそれぞれ各々のパスポートチェックがあります。その対応の違いが実におかしいです。 スペイン側はジブラルタは我々の領土であるので「自分のところに入るのになんでチェックするの」という感じです。ですので一応パスポートは提示しますが、ほぼチェック無しです。
その小さな建物を出ると、直ぐにイギリス側のパスポートチェックと、荷物のチェックがありますが、ここはイギリスに入国とのことでちゃんとパスポートをみて通してくれます。アングロ・サクソンとラテンの気質の違いではなさそうですcoldsweats02

それでも時間もかかりません。外に出ると、ここはイギリスとなります。

ヨーロッパの最南端イベリア半島のほんの僅かの場所ですので、イギリス領だとしても、車は他のヨーロッパ諸国と同じ様に左通行となっています。これは事故の防止のようです。この辺りは冷静です。

ここまで来るとやはりロックの岩肌が間近に迫って来ます。凄い迫力です。 小さなバスに乗り市内を走り、展望台に昇るロープウェイに向かいます。窓の外に小学生や高校生が歩いていたりしています。ここは高校までしかないため大学に進む場合はイギリス本土に渡らなければならないそうです。

Th__4

これまで意味が読み取れないスペイン語からここでは英語表記となっていますので判りやすいです。止まっていた救急車も英語表記で英国と同じ仕様となっているとのことです。

Th__5

ロープウェイは往復で大人で14.5ユーロ(約1900円)ですのでやや高い気もしますが、ここまで来たら乗るしかありませんcoldsweats01  殆ど待たずに乗れました。 結構急なロープウェイですが、眼下に広がる街並みやジブラルタル湾の展望が素晴らしいです。 面白いのは小さなチケットの裏に山頂で使えるWi−Fiのパスワードが書いてありました。余り長居しないので必要ありませんが・・・

Th_dsc09464

Th_dsc09535

展望台に着くと有名なザ・ロックの風景のある北向きに進みます。この日は天気も良く素晴らしいです。ここまで来た価値がありました。ここからはジブラルタル湾、スペイン方面、右は地中海と眺望が開けています。もう一つのジブラルタルの名物のお猿さん達も出迎えてくれています。 何処の国も猿もそうですが、エサなどを持っていると追いかけられます。食べ物を持たない、バックなどは前にちゃんと持ちさえすれば危険は少なくなると思います。

Th_dsc09487

南側の展望台に移ると、今度はジブラルタル海峡を挟んでアフリカ大陸が見えて来ます。何となく地の果てまで来た気がして来ました。 素晴らしい景色です。海峡には大きな船舶が何隻も列をなして走行しています。この地が軍事的な意味合いもあってイギリスとスペインの領土問題になっているのも肌で感じることが出来ました。

Th_dsc09592 ジブラルタルのロック周辺の多くは自然保護区となっていて貴重な動植物や渡り鳥などが暮らしているそうです。その中で1番目立っているのが猿になるのですが、ヨーロッパには猿は住んでいませんので、ヨーロッパで唯一猿が住む場所となっています。元々はアフリカから持ち込まれた猿が繁殖して現在250頭ほどが生息しているようです。いつしか「猿がいる限りイギリスの統治は続く」という伝説が生まれたために手厚く保護されているようです・・・・そう言えばイギリスを旅行した時にロンドン塔とカラスの関係を思い出しました。ロンドン塔では大切にカラスが飼育されています。これは「カラスがいなくなると、ロンドン塔もなくなり、英国も滅びてしまう」という伝説に基づいてだそうです。ジブラルタルとお猿の関係を似ています。イギリス人はこの様な言い伝えが好きなのでしょうか?

Th_dsc09552

ザ・ロックを下りてジブラル半島を南下すると南端の岬の灯台がみえて来ます。この先はジブラルタル海峡で向こうはアフリカ大陸です。

Th_dsc09560

壮大な景色の中で、教科書の中にあったジブラルタル海峡をみながら、感慨にふけってしまいました。旅行ってやっぱりいいいな!heart04

2018年5月13日 (日)

青い夏(山本潤子&伊勢正三)

最近ギター弾いていないなと思いながら、ギターの弦を替えました。 5月の季節にて、ブログの方の写真の中に「みかんの花」が載っていました。                               

私にとっては「みかんの花」が出てくる、この時期にびったりの綺麗な曲があります。「青い夏」という曲です。作詞・作曲は伊勢正三さんで、唄は山本潤子と伊勢正三さんで、両方とも私の大好きな方です。         

Th_1


1999年の作品で、伊勢正三さんが山本潤子さんのために作った歌だそうです。

伊勢正三さんは大分県の生まれで、おそらくその詩の中にある「みかんの花」と眼下に広がる海を見て育ったのだと思います。伊勢さんの原風景がその詩に含まれていると考えています。            

この歌は伊勢正三さんが山本潤子さんを自身の初恋の転校生に見立てて作詞をしたと書いてありました。 伊勢さんはこの様な甘酸っぱい青春の別れの唄を書かせたらピカいちですし、彼の歌は瞼を閉じて聞けば、そこにある情景も浮かんでくるような繊細でノスタルジックなな唄が多いです。 「君と歩いた青春」「なごり雪」「海岸通り」「二十二歳の別れ」の曲もこのように感じました。                                    

私の大好きな山本潤子さんの唄には遠く及びませんが聞いて頂けたら嬉しいです。 綺麗な写真も添えていますので、こちらの方でご勘弁下さい。

">

2018年5月11日 (金)

今週の生け花(平成30年5月第2週)

ゴールデンウィーク後の1週間はとても長く感じながら仕事をされている方も多かったのではないでしょうか? やっと週末ですね(私達の方は土曜日は午前中は診療ですが・・)。
                                Th_img_0971
今週も生け花クラブの皆様が2階のいつもの場所にお花を飾ってくれていました。
今週のお花が、無骨な石に見える花器に大柄な3枚の葉が目立っています。 
これが何の葉かどうか分かる人は余程のこの花に精通している方かも知れません。形からしてバショウに近い葉だとは思うのですが・・? 
Th__2 葉だけでは分かりませんが花を含める判ると思います。さてなんでしょうか?・・・・ヒントとして私のスケッチを載せてみます(更に分からなくなったらどうしましょう・・crying)。
この葉はストレリチア(極楽鳥花)の葉だったのですね。お花と一緒でなければ皆目見当も付きませんでしたweep
今回の生け花は花器と大胆な大きな葉で全体が構図され、その間にピンクのスプレー菊、スプレー薔薇と赤いカーネーションを配置しています。
 
Th_3052 相対的なものかも知れませんが、今回は特にスプレーバラやスプレー菊が可愛く感じてしまいます。
梅雨に入った沖縄地方ですが、今のところ大きな雨はありません。鬱陶しい梅雨時ですが雨が降らないと夏場の断水が気にもなってしまいます。
天気って私達人間の思うようになりませんね・・・っいうか人間のために温暖化が起こっていることを考えたら自然に対して怒ったら神様から怒られそうですがね。
<花材:ストレリチアの葉、カーネーション、スプレー薔薇、スプレー菊>

2018年5月 9日 (水)

胸郭出口症候群

きょうのFM放送は首や肩、手の痛みについて話をしました。
ブログでは「胸郭出口症候群」について記載します。私が学生の頃に重いリュックを担いで山に登ることがありました。その時に1度、2〜3日目から左手のしびれ感が出てきた、おかしいなと思いながらもそれ程ひどくもなく2〜3ヶ月で消失しました。 Th_6a31186a9c83841a079041ef63e8a0_2  

整形外科の臨床講義で、この「胸郭出口症候群」が出た時に、リュックサック麻痺とも呼ばれる病態を習い、初めて昔経験した左手の違和感はこれだったのだと学んだことを思い出しました。

長い間同じ姿勢でキーボードを叩いたり、猫背の姿勢でスマホをずっと見ていたり、あるいは長い間つり革に捕まったり、物干しの時など、あるいは私のようにリックサックを腰で支えるのではなくて、肩だけで背負ったため、肩当により鎖骨が押し下げられ、上肢のしびれや肩や腕、肩甲骨周囲の痛みを生じることがあります。

症状としてはしびれ感だけでなく、鋭い痛みの時もあります。しびれ、ピリピリ感などの知覚障害、手の握力低下や筋肉の萎縮などや細かい動作がしにくいなどの運動麻痺の症状が出るときもあるのです。

Th_ 腕にいく神経(運動神経、知覚神経)や血管(動脈、静脈)の主なルートは鎖骨の後ろ側と胸の肋骨の前面の僅かな隙間の部分を通ります。左の図を見て欲しいのですが、要は鎖骨と肋骨の間を通るために、その間で押されるような状況になれば、神経も血管も圧迫されて異常が現れるのです。

そのように胸郭から出るところで神経や血管が圧迫されて様々な症状が出るために「胸郭出口症候群」と名前が付いたのです。

なで肩の女性、重いものを持ち運ぶ労働者、1日中スマホ姿勢で操作をしている肩やキーパンチャーなどで、手のしびれや違和感、運動障害などが出ればこの病気を頭の隅に置いていた方がいいと思います。

同じ症状を起こす病気は沢山あります(頸椎椎間板ヘルニア、頸椎症など)ので、このような症状があれば1度整形外科を受診されて、診断をつけて貰った方が良いかも知れません。

2018年5月 6日 (日)

備瀬の福木並木を散策

私の場合はこれまで自宅と病院の行き帰りが殆どの生活。思い切って休みを取る時には、ヨーロッパに出かけることが多いため、足元の沖縄のことを殆ど知らないで過ごしています。
Th_img_5500 この連休中に朝7時前に家を出て沖縄本島北部に向かいました。高速に乗るのも1年ぶりです。車にETCが付いているのですが、1年に1回程度しか使いませんので、毎回ちゃんと開くかどうかが不安にもなってしまいますcoldsweats01

連休中は北部へ向かう車で昼前には大渋滞となります。今回出かけたのは沖縄本島北部の備瀬という集落です。福木の街路樹が繁茂する昔の面影を残す集落で、海洋博会場の近くにあり、対岸には伊江島がみえる綺麗な所です。

この場所を訪ねるのはおそらく20年ぶりだと記憶しています。 いまでは随分と整理されて、水牛が牽く観光牛車やレンタサイクルもあり、だいぶ変わっていました。素朴さは無くなりましたが、その分整理が行き届いていました。

Th__6

この集落はサンゴ質の石垣や暴風対策として防風林として福木が家の周りに植えられ、白い砂地の道路を木々の葉が覆い被さるような自然なトンネルとなっています。 福木は常緑高木で樹皮は黄色染料として使われています。 昔の沖縄や離島の島々の面影を残しています。 まだ暑くはありませんが、真夏だとこの木陰はとても爽やかな風を運んでくれるのだろうかと想像しました。

その細い道には、食事が出来たり、コーヒーを楽しんだり、小さな貝の細工などを売っているお店もありました。 直ぐに綺麗な海岸もあることよりペンション風のリゾート宿泊施設も何軒か点在していました。 何処も同じなのですが、私が子供の頃から訪ねた、慶良間諸島、石垣や西表も本土からの移住者が沢山いて、島や地域の魅力を発信しています。 この備瀬地区も道で会った方と会話しても、その方を含めて「本土から移り住んだ方々が沢山いますよ」とのことでした。 都会の喧噪から逃れてリタイヤ後はこのような場所で過ごすのもいいのかも知れません。

Th_img_5518

緑の小道を散策し海岸沿いに向かいます。急に目の前に海が広がります。対岸には尖った岩山が象徴的な伊江島が見えます。 なんと言っても海が透き通って綺麗です。 この日はやや曇り気味で、太陽の日差しは強くないのですが、それでも海の色が光の強さや海の深さによって違いが鮮やかです。遠くでは海と空が1つに溶け合うような景色です。

Th__7

子供の頃に見た海の色がここにはまだあります。沖縄も次第に美しい沿岸が埋め立てられています。 開発(あるいは基地建設)で美しい自然が消えてゆくのは寂しく思えてしまいます。 これからもこの豊かな海が残ってくれることを希望しながら、12時には那覇へと帰りました。もう一般道路も高速も北に向かう道路は大渋滞でした。

今日で5月の連休も終わりです。鈍った身体を鍛え直して明日から頑張りましょうscissors

2018年5月 4日 (金)

今週の生け花(平成30年5月第1週)

ゴールデンウィークも後半となり、沖縄地方は天気が回復してきました。行楽地は一杯となり子供達の歓声も聞こえていると思います。Th_img_0947_2 一方病院の方は未だ麻疹の終息が出ていませんので、面会者などの制限を続けている状況となっています。

今週は生け花クラブがないかと思っていたのですが、いつもの2階にお花が飾られていましたheart04

黒い花器に、圧倒的な大きさのシャクヤクの花が目立っています。
そういえば「立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花」ていう言葉を聞いたことがありましたね。 それぞれが1番綺麗に見える状態を指しているのでしょうが、女性の美しさにたとえる場合もありようですね。

Th_3051_2 確かに、芍薬は多年草で枝がすっと伸びて花が咲きますので、立ち姿がいいでしょうし、一方牡丹は花木で枝分かれして横に伸びて綺麗なことより座る姿勢にたとえたのかも知れませんね。 百合は屋外で咲きほこる姿が美しいのでそのようにたとえたのでしょうか? 関連が在りそうでないような組み合わせが気になってしまいますが・・・coldsweats01

小手毬の枝が前方に伸ばすことで、芍薬の花だけが目立つことを抑える効果がありそうです。それによってバランスが良くなっていると感じます。そしてす〜と伸びた菖蒲が愛らしいです。

花器の上に乗った小菊や後方の背景を作っている千年木は脇役に徹しているようです。

残りのゴールデンウィークも皆様、楽しんで下さいねgood

<花材:芍薬、菖蒲、小手毬、小菊、千年木>

2018年5月 3日 (木)

改憲の必要性が判らない

あの大戦で、多くの国民が亡くなり、国土が焦土となることを経験した私達日本。日本だけでなく世界中の人々が戦争はもうこりごりで、世界の恒久平和を希望したはずです。

Th_762737 日本は戦後、戦前の反省から世界的にも画期的な積極的平和主義を打ち出し、憲法にも盛り込まれました。

私は沖縄に生まれ、戦争を生き抜いた両親や祖母などを通し、戦後の米国支配下での経験を介して平和とはどれ程貴重であり、それを維持するのは戦争より困難であることを肌を通して分かっているつもりでいます。

第二次世界大戦を経験した世界中の殆どの人々は敗戦国であれ、戦勝国であれ、もう2度と戦争はしたくないと考えたはずです。

しかし、人間はまだまだ未熟です。記憶が薄れ、自分で経験しなくなると、悲惨な戦争を想像できずに、少しでも他者が自分の意に反すれば力ずくでねじ伏せようと考える人が出てくるのです。 

世界が混沌とする中で、政治家が他国と比べて自国の優越性を訴えると、私達も優越感に浸って引きつけられてしまうのです。次第に冷静さを失い、盲目的にそのような訴えを信じてしまうのです。

戦争は為政者同士の交渉の失敗によって起こります(もちろん狂人的な支配者に因っても起こりますが)。 憲法は偽政者が勝手な判断が出来ないための大きな足かせとなります。 自衛隊についても多くの国民に認知されていますし、存在を否定する方は少ないと思います。 自衛隊を明記するために憲法改正が必要なのでしょうか?

変える必要もない憲法に対して、戦後他国から押し付けられたからとか、制定後時間が経っているとかで「変えないといけないような雰囲気(空気)」に飲み込まれている気がしています。 

何故いま憲法を変えないといけないのでしょうか? 本当に変えないと不都合があるのでしょうか? この憲法のお陰で、私達の生活で何か不自由なことがあったのでしょうか? 

新しく取り入れたいことがあれば立法で足したら十分成り立つのだと思うのです。

政治家にとっては不自由さはあっても国民からこの憲法は不自由なのでしょうか? 政治家のための改憲なら必要ないと思うのです。 改憲よりもっとやることが山積している日本の現状だと思えるのです。

今一度、改憲の議論の前に、憲法の重要性を考えないといけないと思う「憲法記念日」です。

2018年5月 2日 (水)

アオバアリガタハネカクシ(蛍光灯虫:やけど虫)による皮膚炎

今日のFM放送はゴールデンウィークにお出かけの機会も多いと思いますので、虫刺されについて話をしました。軽いものから重篤なものまで様々な状態を引き起こしますが、多くは痛みと痒みが主の症状となるようです。

虫刺されによる分類としては①刺されると痒みを引き起こす場合:蚊、ダニ、ノミ ②刺されると痛みと痒みが起こる場合:アブ、ブヨ ③刺されると痛み、ショック症状を引き起こす可能性がある場合:蜂、ムカデ ④触れると皮膚炎を起こす場合:毛虫など

沢山ありますので、それぞれの対処法を調べて置くことがこれからの屋外で楽しく凄くことが出来ると思いますので、お出かけの前にネットなどでチェックして下さいね。

250pxpaederus_littoralis01_3 さてさて、今日のブログは何を書こうかと思ったのですが、子供の頃を思い出したので、少しローカル色が強いのかも知れませんが、「蛍光灯虫」について書いてみたいと思います。

田舎に住んでいると色々な虫がいて何らかの原因で虫刺されになることがありました。
特に、朝起きたら顔などに線状の火傷のような痛がゆい水疱を造ることがあり、私の田舎では「蛍光灯虫」と呼んでいました。地方によっては「やけど虫」と呼んでいる所もあるとのことです。

この「蛍光灯虫」の正体が分かったのは医学部に入ってからでした。これは「アオバアリガタハネカクシ」と言う小さな昆虫によるものだったのです。
体長7mmほどの小さな虫で、体の上をはっても問題ないのですが、夜中に体の上で動くと無意識に手で叩いたりして潰してしまったりしてしまいます。この虫の体液は有毒物質のペデリンを含んでいます。 

Th_ ペデリンは直後に痛みが来るのではなくて、数時間して(朝起きたあたりから)から火ぶくれのような炎症を起こします。大体は掻いて引きずってしまうために、この体液も線を引いたように体に残ります。 ですので朝起きたら顔や体部に線状にミミズ腫れになっていることに気が付くのです。何が原因で起こったのか分からないままなのです かなり痛いです。

今思えば、昔「蛍光灯虫」と言われていたのは「アオバアリガタハネカクシ」が原因だったのです。 決してヤモリの尿で起こるわけではありません。

アフリカ大陸以外には生息しているとのことですので、この虫による線状の水ぶくれを経験した方もいらっしゃるかも知れませんね。 上のような虫が皮膚に止まっても叩いたりしないで、そっと逃がして下さいね。

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »