フォト

« 今週の生け花(平成30年3月第5週) | トップページ | エコノミークラス症候群を防ぐ下肢運動の重要性:筋肉のポンプ作用 »

2018年4月 1日 (日)

木蘭の涙 (スターダスト・レビュー)

前回の生け花クラブのお花の木蓮の花を眺めていました。

私の子供の頃に「木蓮」が近くになかったせいか、この花の記憶もありませんでした。

この名前を初めて知ったのはスターダスト・レビューが唄った「木蘭の涙」という曲の中だったと思います。 この歌詞の中にある木蓮の花って、どんなお花なのだろうかと想像したものでした。

「木蓮」という字から受ける印象からか、何となく東洋的で仏教と関連があるように考えてしまっていました。 最初の頃は蘭に似ていることより「木蘭(もくらん)」と呼ばれていたのが蘭よりもハスの花に似ているとのことで「木蓮(もくれん)」との呼び名になったそうです。

Th_4a4579cf1b1efcc0b7f2514c5ab5863b 1993年にスターダスト・レビューが「木蘭の涙」として唄ってヒットします。面白いのは「木蓮」ではなくて「木蘭の涙」と書いていますが、読みは「もくれんのなみだ」となっているいて、いつもこんがらがってしまします

作詞は山田ひろしさん、作曲は柿沼清史さんです。この歌は最愛の方(男性でも女性でもいいのかな?)が自分の残して死別したようにも受け止めています。だだ死別だけではなくて「木蓮(蘭)の花」そのものの意味合いも含蓄さえるかも知れません。 

毎年春先に咲いてくれる木蓮、人の輪廻転生を現しているのかも知れませんね。そう感じるのはやはりその漢字から受ける印象なのでしょうか?

今回も自宅のICレコーダーでの1発録りの録音です。ミスタッチも多いのですがお許し下さい。

">

(動画にて、いきなりのミスを発見、スターダスト・デビューになっていました、スターダスト・レビューの誤りです

« 今週の生け花(平成30年3月第5週) | トップページ | エコノミークラス症候群を防ぐ下肢運動の重要性:筋肉のポンプ作用 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

院長先生
 こんにちは。
甘い歌声と画像がマッチして素晴らしいですね。
私は初めてお聴きする曲です。
 いつかまた会える、寂しさを胸に抱き、白木蓮や紫木蓮
の咲くころの思い出を歌詞になさったのでしょうか?

マコママさん、こんばんは。

早速聴いて頂きありがとうございます。

素敵な歌詞ですね。私には余り馴染みのない木蓮でしたが、木蓮の花を眺めながら一年の移り変わりを感じていらっしゃる方も多いと思います。

木蓮は桜とは違う印象を持ってしまいます。またいつの日か人は出会えるのかも知れません。別れの曲ですが不思議と悲しさを余り感じないのは、また逢えると信じているのかも知れませんね。

omoromachi様、初めまして。

いつも楽しくブログを読み聞かせて頂いております。
音楽に関しても同年代(私は60代前半です)の音楽を
楽しませて貰っております。

スタレビが好きで何度かこれまでにもコンサートを出かけて
おります。
要さんも高いのですがomoromachi様のお声も高い領域が
無理なく出ていますので、更にこの上でも大丈夫のように
思えます。私も唄を唄うのですが高い声が全然出ません

私の地方ではもう木蓮は咲き終わりました。この花が咲くと
桜より先に春の訪れを感じます。
沖縄県では余り咲かないのでしょうか?

omoromachi先生、こんばんは。

スタ・レビの名曲ですね。
わたしは、恥ずかしいんですけど…、
この歌で木蓮のことをきちんと知ったのです。
歌詞の木蓮から導かれるように生の尊さをおぼえます。
先生に唄っていただき本当にありがとうございます。

PM_MIYAGIさん、こんばんは。

同世代なのですね。私は最近の唄は分かりませんので一緒に唄えたらいいですね。

スタレビのコンサートはとても愉しいと友人より聴いたことはありますが、私自身は行ったことはありません。いつかいってみたいですね。

木蓮の花はもう終わったのですね。三月の初旬頃なのでしょうか?
沖縄県でも稀に見かけるそうですので、染井吉野のように開花しないわけではなさそうです。

これからも時々お立ち寄り下さいね。

サウスジャンプさん、こんばんは。

おそらく木蓮の花はよく見かけていたのかも知れませんが、馴染みがありすぎて余り具体的なことを知らないこともあったからではないでしょうか?

私もこの曲の中で初めて「木蓮(木蘭?)」の花が咲く頃ってどんな季節でどんなお花なのだろうかと想像したものでした。

本当ですね、木蓮と連想させるように私達の命も季節のようも巡ってゆくのでしょうか。 美しい歌詞ですね

omoromachi先生、こんばんは。
二度目の訪問です。
東京出身で退職後那覇市に引っ越しております
いつもFMレキオで先生のお声を拝聴しており
様々な病気のことを勉強させて貰っています

私も家内もスタレビのファンで東京で
何度かコンサートも出かけました。
根本さんの話は面白く、それにあの歌声ですから
コンサートはいつも満足して帰ってきました。

スタレビの曲の中でも「木蘭の涙」は好きな曲です
それですのに、先生から指摘されるまで木蓮と
思っていました・・・ファンとして情けないですね

外科医の先生がこんなに歌が上手いことに
感動しています。これからもよろしくお願いします。

T.Kさん、こんばんは。

確か以前にもコメントを寄せて頂きありがとうございました。退職後当院近くにお住まいとのことでしたね。

T.Kさんは奥さん共々スタレビのファンだったのですね。なおさら私の弾き語りを聴いて頂いて恐縮です。怒らないで下さいね。

沖縄に引っ越してしまうと、木蓮の花を観る機会は無くなったのではないでしょうか? 名護かどちらかにはあると聞いたことがありますが、私の田舎の南部にも咲いている記憶がありません。

いつもラジオも聴いて頂きありがとうございます。これからも宜しくお願い申し上げます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木蘭の涙 (スターダスト・レビュー):

« 今週の生け花(平成30年3月第5週) | トップページ | エコノミークラス症候群を防ぐ下肢運動の重要性:筋肉のポンプ作用 »