フォト

« 世界を夢みて75: トレド観光N02:カテドラル | トップページ | 木蘭の涙 (スターダスト・レビュー) »

2018年3月30日 (金)

今週の生け花(平成30年3月第5週)

三月も最後となりました。日本では年度末にも当たり、企業では年度の処理が大変でしょうし、新年度に向けて新入職や、進学・進級など学生さんも大変な時期だと思います。                                 Th_img_0735                              病院の方も保険の切り替えやその対応に追われています。
この様な落ち着かない中で、いつもの2階のスペースに生け花クラブの皆様がお花を飾ってくれていました・・慌ただしさのなかでホッとする瞬間です

今週の生け花は、鮮やかな緑色の花器が目に飛び込んで来ます。それと同時に紫木蓮(シモクレン)?の花が鮮やかに目に飛び込んで来ます。 

Th_3035 木蓮の花は赤いシモクレンと白木蓮(ハクモクレン)があるのですが、今回の木蓮の花はどちらにも近い感じが致します。 赤と白の交配で出来た沙羅木蓮(サラモクレン)に近い色合いです。

中国原産ですが、日本にはかなり以前から入って来てているため、春を告げる花の1つとして定着しているのかも知れませんね。

中央に千年木の黒茶色の葉に黄色と赤のカーネーションが映えています。千年木のお陰で、遠目にみると赤いカーネーションの花が椿のようにも見えるのは、全体的なイメージが日本的だからなのでしょうか?

三角の花器の中に木蓮の花が1輪浮かんでいるのもとても素敵でした

<花材:紫(沙羅?)木蓮、カーネーション、千年木>

« 世界を夢みて75: トレド観光N02:カテドラル | トップページ | 木蘭の涙 (スターダスト・レビュー) »

」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております
うす紫色のモクレンがあるのですね!
しっとりとした色合いです。
先生は、お忙しいでしょうに、でもずっと更新してらして凄いですね。
今月3月はバタバタでしょう。
私も子供関係の仕事なので、学期末は別れの季節でもあります
来週から新学期で新たな出会いがあることでしょう!
東京の桜もこの土日でお別れになりそうです。
新学期に桜が終わってしまう温暖化の時代になってしまい
ちょっと悲しいですね。

由津子さん、こんばんは。

由津子さんも忙しい中、いつも綺麗な水彩画のイラストを載せて頂き私もほっこりとさせて貰っています。

特に今年は医療保険等の改定もありますので、何となく慌ただしく過ごしています。
由津子さんの場合は新年度に向けてまだまだ忙しい日々が続きそうですね。

東京も今週で桜の見納めとなりそうですね。桜の開花も次第に早くなりますし、温暖化の影響で桜が満開にならない地域も今度出てくるのかも知れませんね。

由津子さんもお忙しいと思いますが、体調を整えながら多忙な時期を乗り越えて下さいね。私は来週は外科学会で東京です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今週の生け花(平成30年3月第5週):

« 世界を夢みて75: トレド観光N02:カテドラル | トップページ | 木蘭の涙 (スターダスト・レビュー) »