フォト

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月31日 (水)

全国的なインフルエンザ大流行

厚生労働省の平成30年1月26日の発表によると、全国で推計患者数が283万人で、北海道や東北を覗いて全国一斉にインフルエンザの大流行が起こり、調査を始めた1999年以来最多になったことが報告されています。

Th_89c7549d198b3b8290377c5e79cab673 この原因として考えられているのが、インフルエンザのA型とB型が同時に流行したことがあるようです。 インフルエンザは表面の抗体によりA.B.Cがありますが、非常に感染力が強く症状も強く出るA型、喉の症状はありますが39度を超えるような高熱の症状を来さないB型、そして殆ど流行を起こさないC型があります。

例年の傾向ですと12月から1月にかけて感染力の強いA型が先に流行してピークを迎え、感染が鈍化した1月から3月にかけてB型の感染が増えるのですが、今期はB型の感染も同時に起こり大流行を全国的に引き起こしている様です。

昨年の11月頃のニュースにもなったのですが、昨年のインフルエンザワクチンの供給が遅れたことが原因の一端かも知れません(まだ統計が出ていませんので私の個人的な見解ですので鵜呑みにしないで下さいね)。

インフルエンザワクチンはその年に流況が予想される株を厚生労働省がWHOなどとも連携して決定してゆきます。 それが昨年秋からメーカーが製造する直前に「株」を変更したために、メーカーの製造開始が遅れて、結果的にワクチン不足を招きました。

特に小児の場合は免疫がつきにくいために2回の予防接種を行っていたのですが、供給不足で1回接種や打たない子供さんも例年より増加しました。 このこともあり、今年は大流行する可能性があると考えられていたのです。

ワクチンを打っても絶対インフルエンザにならない保証もありませんし、アレルギー反応などの副反応もあります。しかし子供を含めた集団でワクチンの接種率が上昇するとインフルエンザの流行は起こり難いことがこれまでの疫学調査で判っています。Th_b613a23550e6730c32b4a75018ae3c8e

特に、子供のワクチン接種が低いと保育園、学校での集団の中で大流行が起こります。するとその両親や両親に変わって面倒を看ている祖父母にも感染が広がります。それから周りの人々に感染が広がる悪循環が出来上がってしまうことがあるのです。

今年の大流行はこの様なことも重なって全国同時に大流行が起こったのではないかと思うのです。

インフルエンザではやはり基本的な手洗い、マスク、うがいなどで防ぐしかありませんし、B型インフルエンザは高熱を来さないこともありますので、周りにインフルエンザがいたり、微熱程度でも喉の痛みや咳などの風邪症状があれば、インフルエンザを疑い、周りにうつさない配慮も必要と考えます。 感染のリスクが高くない疾患なら風邪をひいても仕事を続けるのは日本人の美徳と考えられていましたが、他人にうつさないために仕事を休むのも重要です。

感染を蔓延を防ぐ為にインフルエンザのワクチンの集団接種や、罹った時に休みをとりやすい社会に変える必要が迫られている時代になっています。

皆様方もどうぞ、お大事にお過ごし下さいねheart04

2018年1月28日 (日)

世界を夢みて 71 : スペインの新幹線(ABE)1等車の乗り心地と駅ラウンジ

Th__4 今回三度目のスペインで始めてスペイン高速鉄道AVEを乗ることが出来ました。 移動時間の短縮もあり、また1度乗ってみたいこともありましたので楽しみにしていました。

今回はマドリッドから コルドバ間の約2時間の電車での旅となります。 マドリッドのアトーチャ駅が始発となります。 実は単にアトーチャ駅と名前がつくのは国鉄の駅でも2カ所、地下鉄駅で2カ所ありそれ以外にもあるそうです。 私達が向かうのは正式名称はマドリード・プエルタ・デ・アトーチャ駅(Estacion de Madrid Puerta de Atocha)となるとのことです。

こんな長たらしい駅名を紹介したのは、この駅舎がまた素晴らしいのです。1851年にマドリードの最初の駅として建築され、火災により延焼し1892年に再構築されます。セビリア万博にあわせせて改修工事が始まり1992年に新駅舎が落成、営業が始まります。

Th_dsc08813

これにより駅内が作り替えられ、まるで植物園のような駅舎に変わっています。鉄とカラスを使ったドーム型の高い天井空間がひろがり、駅の中にいることされ忘れてしまします。
暫く散策したい気分にもなりますが、急いで改札を済ませなければなりません・・・と言うのも今回1等車ですので、駅の中のラウンジが使えることですので、初の駅ラウンジも観てみたかったのです。

Th_dsc08814_2

さて駅内に入るためには飛行機に乗り込むときのように大きな荷物はセキュリティーチェックがあるのです。 飛行機ほど厳しくはありませんが、荷物はそれぞれ放射線の透視台に乗せて安全のチェックが行われます。 感覚的には飛行機に乗り込む感じです。

Th_ave

駅中に入るとラウンジを見つけて入ることにしました。 受付で搭乗券を見せて入ると、思ったより広めのラウンジでした。 スナック菓子や飲み物を自由に貰えます。 AVEの出発時刻は11時でしたので、ラウンジには20程度の滞在でしたが、よい経験になりました。

Th_ave_2

ラウンジからエスカレーターでプラットホームへ移動。同形の車両が何両か止まっています。ワクワクしながら席に着きます。 列は1列と2列で中央が通路となります。 

Th_ave_3

食堂車もあるとのことですが今回はこのままじっと?待つことにします。 コルドバには12時45分着ですが、その間に乗務員が飲み物のサービスにやって来ます。ソフトドリンクやビール・ワインも無料です。 暫くするとパックに入った軽食が配られます。 少食の日本人に取っては軽めのお昼御飯程度の量があります(これが実際の昼食となりました)。コーヒー、紅茶も頂けます。

肝心の乗り心地も特段悪くありません。日本の新幹線より揺れるなどの評価もありますが、比較的外の景色が見れるので嬉しいです。

Th__5 スペインは日本の国土の4倍あります。全部を回るのは大変ですし、私は3度訪ねましたがバスクや巡礼で有名な 等の北スペインは行ったことがありません。 次回行く機会があれば北スペインからポルトガルか逆にフランス方向に抜ける旅もしてみたいです。 時間があれば巡礼の旅のように徒歩で回っても観たいです。あ〜!世界は広く、人生は短いですweep

これからスペインを旅行する方で時間が余りなければ、効率よく回るには一部は列車や飛行機を組み合わせるのはいいと考えいます。ご検討下さいねscissors

2018年1月26日 (金)

今週の生け花(平成30年1月第4週)

日本列島を大寒波が襲って、大雪になれた所でも除雪に苦労され、大都市では都市機能が麻痺るるような混乱が起こっていますね。 沖縄では健康祈願や子孫繁栄を祈って、旧暦の12月8日にサンニン(月桃)の葉で包んだ餅をお供えします。Th_img_0504 月桃の香りが移り、大好きなお餅です。 旧暦の12月8日は1年で一番寒い時期になるそうで、今年は新暦では1月24日になりました。昔から沖縄ではこの一番寒い時期をムーチーに例えてムーチービーサ(ビーサは寒い意味)と呼んでいます。まさしく大寒波となっています。

今週も生け花クラブの皆様がお花を飾ってくれていました。 ここは、もう春色で飾られて気持ちもワクワクとなりそうです。

春色って感じるのは、桜や桃などから連想する赤やピンク、そして菜の花を思い浮かべる黄色ではないでしょうか? 深緑の緑もそうかも知れませんね。

今日の生け花は春満載ですshineshine

Th_3014 今回の生け花は前方に丸いドーナツ様の赤い花器を使い、後方にもう1つ円筒状の赤い花器を使って奥行きをだしています。後方の花器から大胆に青い葉のカークリコ(オオキンバイザサ)を前方まで勢いよく延ばしています。後方にも葉を伸ばす頃よりこれも奥行きを出す効果があります。

前方の花器からは東海桜とピンクのカーネーションを揃え、左側には千年木の葉でアクセントとつけています。

後方の花器からは金魚草の連なった鮮やかな黄色の花が咲き誇り、私にとっては菜の花畑を想像させてくれています。上方に真っ直ぐに今にも咲こうとする東海桜を配置しています。

一番寒い時期に、この2階の空間は春満開となっています。寒い時期ですが、ここを耐えて春を迎えたいですねheart04

<花材:東海桜、金魚草、カーネーション、カークリコ、千年木>

2018年1月24日 (水)

脳卒中の病態、罹患率、予防法など

今日のFM放送は冬場に多くなる脳卒中について話をしました。日本循環器学会の発表によると年間29万人(新規22万人、再発7万人)が脳卒中になっています。病院搬送後、退院までに17%の方がなくなり、介護は必要となった患者さんは46%に及び、寝たきりの一番の原因となっています。

昭和25年から昭和55年までは脳血管疾患(脳卒中)が死因トップでした。 脳出血も脳梗塞も高血圧と関連が深く、国民運動として減塩に取り組んだことも功を奏していますが、やはり早期診断、早期治療が可能になったために、脳卒中による死因は現在では第4位となっています。  しかし脳出血は減少傾向にありますが、脳梗塞は増加の一途を辿っています

今後ともメタボ対策、不整脈対策などが重要となる疾患なのです。

脳卒中にも異なる3つの病態に分かれることを以前に書きましたが、その部分を再度記載しておきます(日本では脳卒中のうち、脳梗塞が64%、脳出血が25%、クモ膜下出血が9%)。

当然、脳卒中は昔からありましたが、最近までその病態は全く不明でした。 これまで特に何もなかった人が、急に倒れて意識がなくなったり、半身に麻痺が起こったり、呂律が回らなくなるようなことを、多くの方が見てきたわけです。 当然以前はこれが脳の中の出血や梗塞で起きたことなど分かりませんでした。

Th_ この様な病態も見て、昔の方は「脳卒中」と名付けました。「脳」は名前の通り脳みそ(脳実質)のことで、「卒」は「にわかに」という意味です。また「中」は命中とか適中などと同じ意味で「あたる」とのことになります。

ですから、今まで一緒に過ごしていた方が急に麻痺や意識消失を起こしたため「脳がにわかに(邪気に)あたった病気」として捉えたのです。

医学の進歩する以前は、それこそ悪霊が取り付いたとして、邪気を払うために荒治療や拷問に近いようなことも行われたと記録には残っているそうです。

Th__2 やっとルネサンス期になり、解剖が行われるなかで、同じ様な脳卒中を起こす病態(症状が似ていいる場合)でも、血管が破けた場合、血管が詰まって起こる場合もあるのが判ってきました。 更に脳の出血でも脳実質の中に出血する場合(脳出血)とくも膜下のスペースに出血する場合(くも膜下出血)があること、脳の血管が詰まる場合にも血管そのものが動脈硬化が強くなり血管が狭くなっている場合(アテローム性脳梗塞)と心臓でできた血の塊(塞栓物質)が飛んできた脳の血管を詰まらせて起こる場合(脳塞栓症:心原性脳塞栓症)も分かるようになりました。

現代のように画像器機が進歩するまで、死んだ後に解剖で判って来たことで、治療には簡単には結び付きませんでした。 出血と梗塞では同じ様な症状でも治療は全く異なることになります。

単純にいえば、出血していれば血を固めて出血を止めたいですし、詰まっているのであれば血をさらさらにして固まらないようにしないといけません。 もしもこの病態と違う治療をすれば、何もしないより更に悪化させることになります。

脳卒中の治療に福音をもたらしたのは、頭部CTの開発で、その後MRIなどの医療器機も開発されました。それらのお陰で、硬い頭蓋骨の中で起こった病態を短時間に把握出来て、早期治療が可能となったのです。しかしながら日本循環器学会の発表によると、血管内治療を含めた脳外科的手術は9%とまだまだ少ないのが現状とのことで、全国各地に集中治療ができる施設の拡充が必要とも考えられているのです。

私達にできることは、いつも言われているメタボ対策、不整脈などの循環器疾患、脳ドックなどでの動脈瘤の有無などのチェックでしょうか。 寒い時に脱衣所が寒い場合などはヒートショックを起こしますので、周りの環境の対策も重要ですね。

2018年1月21日 (日)

愛燦燦:ギター弾き語り

年末年始はのんびりでしたが、年が明けると手術や会議、週末は新年会の連続と時間に追われる日々が続いています。
昨日は久々にギターの弦も替えて自宅で弾き語りをしました。しばらく弾いていないと弦を押さえる指が痛いですweep

Th_ 小椋佳さんの「愛燦燦」の歌詞が目に止まりました。この曲は余り弾いたことがないのですが、小椋さんの歌詞がいいです。 おそらく小椋さんの曲に最初に触れたのは井上陽水さんが唄っていた「白い一日」で、やけに難しい歌詞を書く人だと覚えていますcoldsweats01

小椋さんの歌詞を観ると、日本語って美しいなと思えますし、とても味わい深い曲が多いです。「愛燦燦」は1986年リリースで美空ひばりさんが歌っていたと思いますが、私の方は小椋佳さんのCDで覚えました。 当時の小椋さんは40歳前後と思うのですが、還暦を過ぎた私からするともうすでに人生を達観出来た人のように思えてしまいます(私が幼稚なのかも知れませんが・・)

私の方はまだまだ人生の壁にぶち当たりながら、この歌のように「人生って嬉しいものです」と言えるように歩みたいです。

宜しければ何時ものように、動画にしてみました。聴いて頂けると嬉しいですhappy01

">

2018年1月19日 (金)

今週の生け花(平成30年1月第3週)

1月も中旬になりました。今年の日本列島は気候がジェットコースターのように大きく変動しているようです。 直ぐに次の寒波が押し寄せるようです。Th_img_0475_2
今朝の朝のニュースで先週のセンター試験の時に列車が雪で立ち往生の件で、そこに何時間も閉じ込められた受験生や家族の話がありました。 試験だけでも大変なプレッシャーなのに、試験会場まで辿りつけるかどうかの不安も克服しないといけないのは本当に厳しい状況だったと想像しました。

セキュリティーの問題も多いのでしょうが、ネット環境も充実しているので、端末で試験が受けられたり、各自の学校で印刷出来るなら、子供達が普段通っている学校や予備校で受験できたらと思うのです(将来的には自宅でできたらいいと思えるのですが・・・)。

Th_3013 改めて雪が降らない沖縄はこの時期は有り難いなと感じています。
今週も2階のいつもの場所に生け花クラブの皆様がお花を飾ってくれています。あまり目立たない場所ですが、健診を受けた方やリハビリを終えた方などが熱心に観ていたりしていました。

今週の生け花も本当に素敵ですheart04 重く黒い花器を使い、モンステラの大きな葉を配置することで、その横にあるピンク系のカーネーションや白い小菊が際立って来ます。

この部分が一塊になり下層の部分を作り上げ、その上の空間へと赤いヘリコニアが力強く真っ直ぐに伸び、更にサンゴ水木の枝を右上方に伸ばすことでより太陽の光を受けて温かさまで感じることができています。

まだまだ寒い日が続くと思いますが、自然はまた新しい芽吹きを迎えてくれるはずです、それまで頑張って行きましょうscissors

<花材:サンゴ水木、ヘリコニア、カーネーション、小菊、モンステラ>

2018年1月14日 (日)

世界を夢みて 70 : スペイン・セゴビア観光。

マドリッドから日帰りでセゴビアに向かいました。これまで3度のスペインですが1回目はバルセロナとマドリッドだけでしたので、セコビアは2回目となります。 24年ぶりですが殆ど変わらない佇まいです。
マドリッドから北西95Kmに位置し、マドリッドから1回のトイレ休憩を挟んでもあっという間に到着です。標高が1002メートルありますので、幾分ひんやりした感じを受けます。 そう言えば、マドリッドから高い場所に上ってきた感じを受けなかったのですが、マドリッドはヨーロッパの首都で一番標高が高い所(海抜655m)にあるので、セゴビアもあまり高いと感じなかったのかも知れません。

セコビアを訪れる観光客の目当ては、保存状態のよいローマ水道橋、ディズニーの「白雪姫」の城のモデルとなったアルカサル(城)、カテドラルの貴婦人と呼ばれるカテドラルの見学だと思います。

Th_dsc08174

セコビアに着いてバスの駐車場を下りると・・ドドンと目の前に水道橋がみえます。ローマ時代にタイムスリップした感じになります。 ヨーロッパ各地でローマ時代の建造物、特に水道橋を観ることがあります。その都度ローマ人の土木建設の水準の高さに圧倒されます。

古代ローマの人々の街づくりの基礎を作っているのが、道路、水道橋、大浴場かと思うほどヨーロッパ各地で今でもこの痕跡を観ることが出来ます。

Th_dsc08159

セゴビアの水道橋は15Km以上離れたアセベダ川の水を町まで引くために、ローマ人により紀元前1世紀頃から建築されたそうです。この様な建造物を釘などの接合剤を全く使用せずに石を組み合わせるだけで造っていることは驚きです。

水道橋の下を通り向こう側の広場で見上げると、凄く高いです。高さ、長さともに圧倒されます。橋の袂から階段を登ると水道橋の上層まで上ることが出来、そこからの眺めも素晴らしいです。

Th_dsc08242 丁度広場の向こうには雰囲気のあるレストランがあり、時々歓声が上がっていました。セコビアの名物料理に子豚の丸焼きがあります(ちょっと残酷な気もしますが、脂ものっておらず、外がバリッと仕上がって中がジューシーだそうです)。 この出てきた子豚をナイフで切るのではなくて皿を押しつけて切るそうです(それだけ柔らかいということを見せてくれるようです・・)。その切った皿はどうするかというと、地面に叩き付けて割ってしまうそうで、時々歓声が上がっていたのは、皿を割る瞬間に盛り上がるためのようでした。一種の魔除けのような風習が残っているためとのことです。

Th_dsc08191

水道橋から雰囲気のある通りを歩いて行くと、マヨール広場に出ます。

Th_dsc08218

正面にゴシック様式の巨大なカテドラルが眼に入ってきます。今回は中には入らずにカテドラルの横の通りを下りながら白雪姫の城のモデルとなったアルカサルに向かいます。

Th_dsc08300

アルカサルはローマ時代の要塞の後に13世紀ほどに築かれたお城で城の両サイドをエレスマ川とクラモレス川がながれその合流地点が城の先端となっています。 お城の先が尖っているのはその地形の為なのです。

Th_dsc08258

深い谷底に架かった橋を渡り内部に入ることが出来ます。 王が結婚式を挙げた「王座の間」など美しい部屋を観ることが出来ますし、この部屋から眺める風景も綺麗です。

一通り城を散策後、今度は城の先端を観ることができるビューポイントへ移動します。日本語の看板もあり、なだらかな散歩道を20分ほど下って行くと、少し開けた芝で被われた公園に出ます。

Th_dsc08314

それまで城を背にして歩いていたのですが、ここで振り返ると城が正面に見えました。本当に美しい場所です。白雪姫のお城のモデルになったのも頷けます。先端細くなっているのは、上記の川がここで合流した地形のためだったのです。

帰り道をブラブラと歩き駐車場へ。来た道を今度はマドリッドに戻り、レストランで食事。

Th__7

タパス、ポテトサラダ、スーフードマリネサラダ、チョリソー(ピリ辛ソーセージ)、スペインオムレツ、生ハム入りコロッケ、イカリング揚げ、マッシュルームニンニク炒め、アイスクリーム・・どれも美味しく完食ですheart04

他の人はホテルに戻りましたが、私はいつものように夜の街を散策後ホテルに戻りバタンキューで睡眠ですscissors(二万二千歩以上歩いたようです)

2018年1月12日 (金)

今週の生け花(平成30年1月第2週)

1月の2週になり、日本列島が冷え込んで来ているようです。Th_img_6355 温かい沖縄でもそれなりにcoldsweats01寒くなっています。もう少しで私は冬眠に入りそうな気温となっていますcoldsweats02

今年初の生け花クラブの活動が開始となったようです。寂しかった2階のいつものスペースに生け花クラブの皆様がお花を飾ってくれていましたhappy01up

丸く黒い花器と深緑色のユーカリの葉が全体を落ち着いた感じに保っています。この落ち着きがあるお陰で、真っ赤なアンスリウムと真っ黄色のフリージアの花が目に飛び込んで来ますが、それでも浮いていません。

 
Th_3012 左側に斜めにすっと伸びた避寒桜のピンクの花も初々しく感じられます。沖縄では一番寒い時期を迎えて、避寒桜の蕾が開いてきます。 寒くてもいずれ来る春を予感させてくれる桜です。

今回はやはり花器の選択、ユーカリの枝をループ状にしたために、花器の後ろにある黒いワイヤーともマッチしています。これに対して直線的な桜の枝を左上方に向けてることでより大きな空間が広がりました。 
生け花クラブの皆様方のセンスの良さが覗えました。今年も宜しくお願い申し上げます。

<花材:避寒桜、ユーカリ、アンスリウム、フリージア>

2018年1月10日 (水)

睡眠障害は長期的視点で治療を

今日のFMは、睡眠のパターンと睡眠障害について話をしました。私は外科を担当していますので、1番苦手な分野かも知れませんので、余り気にせず適当に流して読んで下さい・・coldsweats01

不眠症は非常に多くの国民が経験する睡眠障害の一つです。Th_917872 日本人成人の30%以上が入眠困難(寝つきにくい)、中途覚醒(途中で目がさめてしまう)、早朝覚醒(朝早く目が覚めてしまう)、熟眠困難(十分に寝た気がしない)などの不眠症状を有しています。国民の5〜10%が睡眠薬(抗不安薬を含む)の処方を受けているそうで、年齢と共に増加してゆきます。

不眠は単に眠れないと言うだけでなく、精神・身体に大きな影響をもたらします。不眠は個人的には眠気、倦怠感、集中力低下、抑うつや不安感を増し、社会的には長期欠勤や生産性の低下、交通事故などを含めた産業事故の増加を招く病態となっています。

私自身が余り詳しくないのですが、長期的な視点で睡眠障害を考えないといけないとされています。

まず、不眠が治療レベルかどうか、不眠のパターンはどの種類なのか、うつや更年期障害、認知症などの他の疾病から来ていないかどうかを考えて治療にあたります。生活などを見直して、治癒の方向に持って行けるかどうかを考えて、経過をみてゆく必要があります。 

不眠症に対する治療薬には様々な種類が開発されて来ました。1950年代から色々な眠剤が開発され、現在でも一番多く使われているのはGABA(ガンマアミノ酪酸)受容体作動薬と呼ばれる種類です(沢山の種類があります)。脳の興奮を抑えるGABAという神経伝達物質を促して脳の活動を抑えて眠りへと導く薬剤です。その後2010年代にはメラトニンという物質が体内時計のスイッチになることより、より自然な眠りをもたらす「メラトニン受容体作動薬」が開発され臨床に使われてきました。 2014年には今度は覚醒に関わる脳内物質を抑えて、睡眠を促す「オレキシン受容体拮抗薬」が使われるようになりました。

それぞれに、効果の強さや依存や副作用の問題もありますので、色々な側面から不眠の治療は選ばれています。 眠剤の流れとしては、強力な薬よりマイルドなもの、不眠のタイプにあったより依存が少ない治療薬が選ばれ、またより自然の眠りに近い薬を選択することが多くなりました。

大切なことは漫然と内服を続けないこと、効かないからと違う種類の眠剤を加える多剤併用や安易に増量しないことも重要です。 少量の眠剤で効果が得られない場合などは、より専門的な精神科や不眠外来などの受診を勧めます。上手く主治医の先生と相談して治療をすべきと思えます。

私達が自分で行える環境面の整理については以下のことが報告されていますので、不眠症ならご自身で検討して見て下さい。

Th_797269 ①定期的な運動:適度な有酸素運動すると寝つきやすくなり、睡眠も深くなります。

②寝室環境:遮光カーテンなどで明るくない室内環境、音対策として絨毯を敷いたり、ドアをきちっと閉めた状態にします。 

③規則正しい食生活:空腹で寝ると睡眠は妨げられます。睡眠前には軽く炭水化物などをとるといい場合もありますが、脂っこいものは胃もたれや逆流生食道炎などを引き起こすので避けましょう。 

④就眠前の水分:適度の水分を摂取しますが、飲み過ぎると夜間のトイレが増えます(この辺りは難しいですがコップ一杯程度でしょうか?) 

⑤就眠前のカフェイン:就眠4時間前のカフェインは摂らないようにします。カフェインは覚醒作用もありますので、寝つきにくく睡眠が浅くなる場合もあります。 

⑥就眠前のお酒:寝るための飲酒は逆効果です。アルコールを飲むと一時的には寝付きがよくなりますが、徐々に効果が弱まり、夜中に目が覚めやすく深い眠りが減ります。 

⑥就眠前の喫煙:ニコチンには精神刺激作用がありますので、夜は喫煙を避けましょう。 

⑦寝床での考え事: 考え事を寝床に持ち込まないで起きましょう。 就眠時の心配ごとは寝付きを悪くし、睡眠も浅くなります。

睡眠障害は難しいことがありますので、私の様な単細胞の頭では解決出来ないことも多いのですが、固着しないことも大切なのかも知れませんねconfident

2018年1月 8日 (月)

若者たちへ: 時間とお金と幸せ

時間は作るものだが、お金はついてくるものだ思うのです。

夢や理想を実現することは容易ではありません。時々夢を実現できないことに運や時間を言い訳にしてしまいます。運がなかった、時間がなかったと。 

Th_2 やはりその夢を実現させるためには時間を作らないといけません。運を近づけるための努力も我慢もしないといけません。

お金は作るものではなく、お金が目標でもありません。目標が実現した時にお金は後でついてくるものなのです。ただし夢の実現にお金を伴わないことだって確かにあります。

それはそれで夢を実現させたのですから幸せなのです。全てが満足出来る結果なんてないと思うのです。

若者たちにはスマートに生きようなどと思って欲しくない。いま自分が重要だと思えることに愚直に全力でぶつかって欲しい。はね返されてもまた立ち上がればいい。悩み・苦しみ・もがき・恥をかきながら生き抜いて欲しい。それが心の栄養になり未来で成長した自分が待ち受けているはず。

今日は成人の日、若い君らを暖かく見守りたい。しかし明日からはがむしゃらに生きて欲しい。君らが思っているより青春は短いのだ。頑張れ!

2018年1月 6日 (土)

人の温もり

人の温もりっていいなと思う。

この時代は遠く離れていても、直接話しが出来るし、画面を見ながらリアルタイムで話すことも可能となっている。
確かに昔と比べてはるかに、お互いの音信がとりやすくなった。

Th_img_5350_4 今はどんなに離れていても、瞬時にお互いの気持ちが確かめあうことが出来る。では昔はどうだったのだろう

会いたくて会いたくて、必死に相手の元に出て行ったのかもしれないし、死をも覚悟して遠い世界に捜しに行った人もいたかもかもしれない。ひたすら相手を思い続けながら。

手紙でのやり取りでも、想いの丈を書いて送って、その返事を待つ時間、何日も何日も胸が裂ける思いで、頼りを待ち続けたに違いない。

でも、はやり同じ場所にいたいと欲する。そこにはふれあう感覚が存在し、相手の温もりも感じることが出来る。 この温かみが人を幸せにしてくれる。

2018年1月 2日 (火)

1泊2日の台湾旅行・台北101花火

これまで、ヨーロッパを中心に旅行をしていた私は未だアジアを始めとする近隣諸国には行ったことがありませんでした。今回、沖縄から一番違い台湾を急遽旅行しました。

Th__20180102_153424_2 ここ5〜6年は年末に手術をしたり重症患者さんがいたりと、正月も殆ど病院で過ごしていました。今年の年始・年末は落ち着いた状態となりました。2〜3日病院へ行かなくても済みそうです。そうなると即行動開始ですwink
以前旅行の本で台北101という高層ビルにおいて年明け0時のカウントダウンと共にど派手な花火の催しが行われることを知りました。You-tubeでみたら凄いです。 それと年始年間に入っても台湾は旧正月を祝うため、殆どの観光地や旅行関連は通常通りやっています。

それではと急遽思いつき、ダメ元でネットで検索。中華航空翼下のLCCのタイガーエアが沖縄ー台北間で空きがありましたが、今度は台北中心部のホテルが色々な旅行検索サイトをみても空きがなくキャンセル待ちの状態。 飛行機代はキャンセル料を取られてもそれ程高くないため、直ぐに購入。その後暫くして比較的安いホテルをとることが出来、台湾行きが決定。

Th_ 60を過ぎて初めて年明けを海外で経験するワクワク感ですheart04 朝早く那覇空港国際ターミナルへ到着。着替えとカメラのみで、小さなリックもガラガラでの海外旅行。あまりにも身軽すぎて自分でもこれでいいのかと思える程coldsweats02(帰りの入国審査の税関で「荷物はこれだけですか」と尋ねられた程でした)。

那覇から台北桃園空港までは1時間チョッとのフライト。到着後、日本のSuicaと似た「Easy card(悠遊卡)」を空港で購入。これでほぼ全ての交通機関やコンビニなどでも使用できます。台北市内のホテルで手続きのみ行い、夜は101の花火をみて帰るためにチェックインは夜中の2時か3時頃になることを告げると、goodと言われ、いざ出発。ほぼ有名どころは2日間で回りきる計画。大晦日の夕方からは千と千尋の神隠しで有名となった九扮(きゅうふん)観光し、士林夜市を散策後、台北101の近くへ。台北の年始の大イベントで30万人ほどが集まるそうです。

見学の場所としてネットで確認したら、いくつかの候補地がありました。迷ったのですが九扮観光の時の地元ガイドに聴いた所、どうせみるなら一番近い101の近くで見たらとのこと。 ただし24時に近づくと101の駅は満員で駅から出られなくなることもあるので早めに場所を確保した方がいいとのことでした。

22時30分に101ビルの近くの道路に座り、時間を待つことに、次第に超満員状態。ただ近すぎて街灯の明かりがもろに入るという撮影条件の悪い場所となってしまいました。今更動くわけにも行かず。次第に0時に近づくと周りはざわつき、いよいよカウントダウン。 0時と共にビルから直接、花火が上がります。 

Th_101
まるでビルが炎上してしまうかのような大イベント。なんとこの花火に費やす費用は2億とか3億円と言われています。

Th__2

約五分間の大花火大会を満喫してため息。・・・その後も人・人・人です。

Th_1013 101から台北中心部の國文記念館へ移動するも、ここも夜通しのコンサートなどで人で埋め尽くされています。この方向から観た方が良かったのかも知れません(上の写真の下段左と中央の写真)。 人混みに押されながら、駅の方に向かいます。駅内も凄い人波です(下段右)。 それでも地下鉄はフル稼働で対応。地下鉄に乗れるまで2時間ぐらいかかるかと心配しました、2時に乗れてホテルには2時半到着。シャワーを浴びてバタンキューです。朝もゆっくししたいのですが、夕方には沖縄に戻るため、元旦も朝から行動開始でした。

Th_2018  
夜に無事帰国し、2日には病院へ。何となく久しぶりに感じますcoldsweats01。1月2日は病棟はもちろんですが、透析やリハビリ、薬局や材料部門などは出勤していますので、皆に新年の挨拶を済ませてきました。 今年も頑張って一緒に働きたい仲間達です。

1番近い外国、台湾は魅力に溢れ、活気のある街でしたheart04

2018年1月 1日 (月)

2018年明けましておめでとうございます

Th_img_6273 2018年(平成30年)、明けましておめでとうございます。 旧年中は色々とお声かけて頂き有難うございました。

年末に通常の生け花クラブはなかったようですが、2階のいつものスペースに正月用の生け花が飾られていました。

新年らしい華やかな雰囲気です。新しい年を迎えた喜びが伝わって来ます。 

医療界はますます厳しくなって行きます。人口構成が急激に高齢化して、病気になる方、治療や入院をしなければならない人口は爆発的に増える一方です。 無駄な医療をする必要はありませんが、医療を必要する方々は急速に増えるのですから医療費が増大するのは、既に30年40年前から判っていたことなのです。 急に起こってきた変化ではないのです。 

日本においては医療を必要とする人が増えるのが問題ではなくて、若者たちが将来に希望を持てず、子供を産める環境を整備して来なかったことが問題なのです。 子供達は私達の未来の宝だと改めて感じます。 子供や若い世代が希望を持てる、そしてお年寄りが安心できる社会になって欲しいと希望します。 偏見や差別がなくて皆が自由に生きてゆける社会であって欲しいと願っています。
Th_201830

新年早々、難しい話しになりましたが、私達医療人に課せられた使命は、今ある病める人を救うしかありません。 私達が下を向いては患者さんも不安が増すだけです。 この生け花のように、元気に前を向いて行かねばなりませんねheart04 2018年も新たな気持ちで頑張って行きますscissors

どうか、今年も宜しくお願い申し上げます。

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »