フォト

« クリスマスの頃に思う。貴方はそれだけで素晴らしい。 | トップページ | 永遠の贈り物 »

2017年12月22日 (金)

今週の生け花(平成29年12月第4週)

2017年も残すとこと8日となってしまいました。1年で1番慌ただしい時期を迎えている方も多
Th_img_6206_4いと思います。 この時期になると私の様に無宗教者から自称キリスト教徒()になり1週間後には自称仏教徒()に変身する忙しい時期を迎える人も多いかも知れません。

今週も2階のいつもの場所に生け花クラブの皆様がお花を飾ってくれていました。見た瞬間に今回のテーマは分かりますね

この時期ならではの飾り付けですね。楽しさやわくわく感と伝わって来ます。何となく、ファーションショーに出てくる貴婦人をイメージしてしまいます。そう思うと花器まで腰を捻って歩く姿に見えてしまいます。クリスマスにははやり赤が似合います。今回の生け花はグロリオーサの使い方がいいですね。花器の直ぐ上に赤が強いグロリオーサを配置し、上方には黄色から淡い赤に変化するグロリオサを使っています。それによりさつま杉の青さと白い小菊、赤い実のベリーに赤いカーネーション(写真では判りづらいですが・・)、そして赤いグロリオサがそれぞれ際だって光っています。
Th_29124

上方のグロリオサは空間に溶け込むような柔らかい色合いで素敵です。グロリオサは熱帯アジアやアフリカ原産のユリ科植物で、根には毒素が含まれていて、食べると危険です。実際日本でも誤ってこの球根を食べて死亡した例があるのです。綺麗な花には注意しましょう この燃えたぎるような赤い花から、英語ではGlory Lily(栄光の百合)、  Flame Liry(炎の百合)と呼ばれています。本当にそのように受け取れる花ですね。

2017年もあと僅か、このお花に元気をもらいながら乗り切ってゆきましょう。

<花材:加工ツツジ、さつま杉、グロリオサ、小菊、カーネーション、ベリー>

« クリスマスの頃に思う。貴方はそれだけで素晴らしい。 | トップページ | 永遠の贈り物 »

」カテゴリの記事

コメント

院長先生
 こんばんは。
本当に今年もあと10日足らずとなってしまいましたね。
 今週の生け花、季節感があふれておりますね。
金ラメのリボンもあしらわれて・・・。素敵です!
院長先生の花器の表現が面白い
なるほど・・・と感心しましたよ。

マコママさん、こんばんは。

今年もあっと言う間に終わってしまいますね。年齢と共に1年1年が速くなってしまいます。

今回の生け花は誰が観てもクリスマスのイメージですね
観ているだけでワクワクしてしまう明るい生け花です。

華道を知りませんので、本能に任せて思いついた通りを書かせてもらっています。生け花クラブに怒られるかも知れませんが、その時は

こんばんは!
今回の生け花も素敵ですね。
和風クリスマスって感じでモダンですね。
グロリオサをポインセチアに見立てるなんて
アイデアですね
オーナメントとリボンをはずすと、
お正月っぽく変身できそうな感じもしますね

monnaさん、こんばんは。

和風クリスマスですか?・・・言い得て妙です
クリスマス花のポインセチアの代役を見事にグロリオサがやってのけています。

monnaさんが書いてあるように、確かにオーナメントとリボンを外すと正月に使えるかも知れませんね。生け花もクリスチャンから仏教徒に変身しますね

ご無沙汰をしております
今日のお花は、クリスマスともお正月にもピッタリです
ユリ科の植物に毒性があるなんて知りませんでした

本当に1年あっという間でしたね。
来年もどうぞ宜しくお願い致します。

由津子さん、こんばんは。

ええ、本当にクリスマスにもお正月にも似合いそうですね。
グロリオサの根には毒がありますので、誤って食べたら大変です。ユリ科の植物の多くに毒があります。通常みる百合の根も毒があります。また同じユリ科の彼岸花に毒があるのも有名ですね。

色々とあって大変だと思いましたが、終わってみると1年が短く感じてしまいますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今週の生け花(平成29年12月第4週):

« クリスマスの頃に思う。貴方はそれだけで素晴らしい。 | トップページ | 永遠の贈り物 »