フォト

« 人間の持つ表現の力 | トップページ | 世界を夢みて 66: ヴィエリチカ岩塩坑(世界遺産) »

2017年11月17日 (金)

今週の生け花(平成29年11月第3週)

11月も中旬を迎え、日本列島にも寒波が押し寄せていよいよTh_img_6122_2 本格的な冬のシーズンとなりそうです。ここ南国の沖縄もだいぶ涼しくなりました。朝晩は少し寒い感じとなっています。それでも北の地方から比べると暑いぐらいかも知れませんが・・・

今週も生け花クラブの皆様が2階のいつもの場所にも生け花を飾ってくれていました。今週の生け花はしっとりと奥ゆかしい感じを受けます。

今回は丸い茶褐色の花器とそれと色を合わせたかのようなドラセナの葉を上手く使うことで落ち着いた雰囲気をだしています。その為に単独では目立つ、赤いカーネーションや黄色のガーベラも調和を保って飾られています。

Th_29113_2

赤く細い枝はレッドウイローです、日本では赤柳と呼ばれています。丈夫で曲げても折れにくい性質があり生け花ではよく用いられています。単独で観ると人口的な色彩ですが、今回は赤いカーネーションがあるお陰で浮き足立っていない感じを受けます。

生け花の花の組み合わせ、色の組み合わせを見事に行える生け花クラブの皆様のセンスの良さが覗える作品となっています。

<花材:レッドウイロー、ガーベラ、カーネーション>

« 人間の持つ表現の力 | トップページ | 世界を夢みて 66: ヴィエリチカ岩塩坑(世界遺産) »

」カテゴリの記事

コメント

奥ゆかしいお花ですね。でも
今の私には寂しく見えてしまいます。

実は、先日、従妹が肺高血圧症で永眠しました。
肺移植しかないと言われたようです。
難しい病気なのですね…まだ41歳でした。
彼女はどんなお花が好きだったのかな


由津子さん、こんばんは。

従姉さんが若くしてお亡くなりになったのですね。本当に悲しいことです。
肺高血圧症は国の難病に指定されている、稀な疾患で治療が難しいのが現状です。

若くしてお亡くなりになった従姉さんは生前どんなお花が好きだったのでしょう? 好きな花があったら飾ってあげたいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今週の生け花(平成29年11月第3週):

« 人間の持つ表現の力 | トップページ | 世界を夢みて 66: ヴィエリチカ岩塩坑(世界遺産) »