フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

« 風の中に答えが | トップページ | 今週の生け花(平成29年10月第4週) »

2017年10月25日 (水)

慢性腰痛症の85%は原因がつかめず

厚生労働省の国民生活基調調査の中で、自覚症状の統計があります。これは病名ではなくて、国民が日常生活や病気、怪我などで実際に感じている症状についてアンケートした結果です。                               Th_5faaa39901ced4ee5c32b49325c17c22

公表された最新のデーターは平成25年版で、それによると、男性の場合の自覚症状は多い順番に①腰痛 ②肩こり ③鼻がつまる・鼻汁が出る ④咳や痰が出る ⑤手足の関節が痛む となっています。女性では①肩こり ②腰痛 ③手足の関節が痛む ④体がだるい ⑤頭痛 となっています。いずれも関節に関しての訴えが多く、腰痛が全体で一番多いことがわかります。                               

上記アンケート調査での回答の腰痛は、いわゆる慢性腰痛をさしていることが殆どと思います。腰痛は多くの日本人が感じていることですが、実は正確な診断がつくのは15%程度で、残りの85%は明かな原因を絞れない状態で、深刻な病態ではないと考えられています。

私達の腰回りは 体を支える大黒柱の脊椎(腰の部分は腰椎)、周りの様々な筋肉、神経、結合組織、皮膚などからなっています。 上半身を支え、前後左右の運動をしなければいけません。 腰は姿勢を維持するだけでも沢山の努力をしないといけないので、絶えず緊張(ストレス)を強いられている組織でもあります。 

この腰回りだけでなく、例えば尿管結石などの泌尿器疾患、生理痛を含めた婦人科疾患、便秘や腸炎などの消化器疾患、大動脈瘤などによる神経の圧迫、さらには精神的な要因でも腰痛として出現することがあるのです。

多くの腰痛は原因が不明(対症療法や運動療法しかない)ですが、重篤な脊椎疾患(腫瘍、炎症、骨折など)の合併を疑うべき危険信号として,腰痛ガイドラインで示しているのは、①発症年齢は20歳以下または55歳以上の場合、②時間や活動性に関係ない腰痛、③胸部痛、④癌、ステロイド治療、HIV感染の既往、⑤栄養不良、⑥体重減少、⑦広範囲に及ぶ神経症状、⑧構築性脊柱変形、⑨発熱・・・を伴う場合は黄色信号としています。

Th_e4c3ccc34f5c9996c1c3c6b54c98aa40 慢性腰痛に対する痛み止めや湿布は有効であろうとしています。運動療法に関しては慢性期に対しては有効であろうとしていますが、具体的に飛び抜けた運動療法はないとされていますので、現時点では一般的な腰痛体操でいいと考えられています。

そのこともあり腰痛の診断、治療、予防などに関しても多岐にわたって賛否両論が出ているのが現状です。 それでも先ずは慢性の腰痛がある場合、整形外科、内科、精神科、泌尿器科、婦人科、外科など様々な分野での診察が必要となることもあります。その中で診断がつけば治療を優先し、はっきりしなければ対症療法でよいかと考えています。

 

« 風の中に答えが | トップページ | 今週の生け花(平成29年10月第4週) »

医療」カテゴリの記事

コメント

院長先生
 こんばんは。
また台風が・・・!被害が出ないことを祈ります。

 腰痛は国民病と言ってもいいかもしれませんね?
その一人が私です・・・。椎間板ヘルニアを発生してから、
かなりよくなりましたが、今でも月1回だけ整形外科で
お世話になっております。
ひどい痛みの時はシップを貼り、治まっております。
お陰様で今はもう「座薬」を使うこともなくなりましたし、
コルセットも不要になっております。
ただ中腰とか正座がつらいですね。

マコママさん、こんばんは。

今回の21号は那覇市の方は影響が殆どなかったのですが、次の22号の進路が気になります。那覇市直撃の可能性もあり心配です。
椎間板ヘルニアは原因が判ったいる腰痛の主な原因となる疾患ですね。椎骨と椎骨の間の軟骨(椎間板)が圧力に負けて飛び出してしまい、神経を圧迫してしまいます。ひどい場合は手術が必要になります。マコママさんは少し症状が良くなっているようですので安心しています。

中腰は腰に良くありませんので日頃から姿勢には気をつけておすごし下さいね。

はじめまして
いつもブログ見ておりますが初コメントです,宜しくお願いします

私も腰痛持ちで時々近くの整形外科にお世話になっています。
はっきりした原因を聞いても答えずにシップだけでしたのです
・・診断ぐらいつけてと思っていましたが・・・なんと腰痛の
85%ははっきりしないのですね
ヤブ医者(笑)と勘違いしていましたが次回整形外科受診時に
謝らないといけません。

ちなみに旅行が好きでリタイア後は年に2回ほど海外、2回は国内と
妻と出かけています。この年になると健康が一番です

これからも楽しい話題をご提供ください。先生のご活躍を期待して
おります。

aozorataichiさん、こんばんは。

こちらこそいつもブログを見て頂き感謝致します。
腰痛はおそらく日本人が一番多く自覚する症状のようです。腰痛のために診察に来られる方も多いと思います。統計上は腰痛の85%は原因がこれと断言できないようです。一番大切なことは重篤な病気を見逃さないことが大切です。 以前大学病院にいたときに腹部大動脈瘤破裂の方の症状が腰痛だけだったこともありました。

aozorataichiさんも旅行好きなのですね。リタイアされているようですので私より先輩なのでしょうか? 私もリタイア後は沢山旅行に行きたいです。仕事がらリタイアが何時になるのか、リタイアした時には旅行に行けない体になっているのかが不安ではありますが・・

コメント頂き有り難うございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 慢性腰痛症の85%は原因がつかめず:

« 風の中に答えが | トップページ | 今週の生け花(平成29年10月第4週) »