フォト

« 世界を夢みて 56 :杉原千畝(苦悩と決断) | トップページ | 今週の生け花(平成29年7月第1週) »

2017年7月 5日 (水)

乳がん検診はマンモグラフィーかエコー検査か

今日のFM放送は乳がんについて話をしました。

乳がんは女性が一生のうち罹る率が最も高い癌です。手術、ホルモン療法、抗がん剤、放射線療法を組み合わすことで比較的治療効果が出やすい癌(もちろん治療抵抗性のある場合もありますが)の一つで、癌による死亡数では、大腸がん、肺がん、胃がん、膵臓がんに次いで第5位となっています。
しかし、その他のがんと比べて、比較的若い年齢層から発症し、40代から50代でピークを迎えます。この若い世代の女性は、家庭でも職場でも1番中心となって頑張っている年代が多いのです。

乳がんは早期に発見できると90%の方が治癒する癌です。そのためには早期発見となる自己検診や検査が重要となります。特に乳がんは手で触れる場所、見える場所に発生しますので、自己で乳腺を触診することでしこりに気がつき、早期発見に繋がる可能性が高いのです。

最近、検診の精度が問題となっていると報道されるようになりました。これで医学界や行政も新たに動く可能性も高いと私個人としては有難いと思います。

乳がんは乳汁を出す、乳腺組織(乳管と小葉)から発生します。おっぱいの大きさは乳腺組織だけでなくその周りの脂肪組織と関係が大きく、この脂肪の付き方によっても大きさがだいぶ変わります。

日本人は欧米人と比べて乳房内に脂肪が少なく、乳腺組織の密度の高い方が多いのです。おおよそ40%の方が乳腺密度の高い高濃度乳腺と考えられていますし、若い人ほど濃度の高い方が多いのが現状です。

レントゲン(マンモグラフィー)ではがんは白く写ります。しかし高濃度乳腺は全体的に白く強く移るため、乳癌の発見が難しいのです。これが注意すべき所で、乳癌のマンモグラフィー(以下MMC)の診断基準では現在では「正常」としか書くことが出来ません。

そのため、私自身は以前から乳がんを専門にしている先生方に「早期発見にマンモグラフィー」という啓蒙活動と共にMMCで写らない早期癌も多いことも明記して欲しいと希望していたのですが、聞き入れてくれない状況もありました。

これは専門医が悪いわけではなくて、日本人が欧米と比べてMMCを含めて乳がん検診を受けない方が非常に多かったために、まず乳がん検診を受ける率を上げることが日本では第1番目に求められていたからなのです。

現在、乳がん検診で有効性が確認されているのがレントゲンを使い乳房を挟み込んで撮すMMC検査です。あんなに挟み込んで痛くしなくてもいいのにと思っている方が多いと思います。レントゲンで撮すために、厚みが均一でないと判定しにくいのです。そのため思い切り挟み込んで、ブヨ〜ンと伸ばして均一の厚さにしているのです・・・痛いと思いますが、悪気があってからではないのですcoldsweats01

現時点では検診を行って癌患者を見つける優位性が出ているのはMMCですので、これが第1に行われいますが、エコー検査も非常に有用な検査です。

Th_

ここでMMCとエコー検査のそれぞれの違いを話しておきたいと思います。

・MMCは均一に伸ばせば全体が写り、画像として正確に残すことが出来ます。エコー検査が乳腺組織を一回で移す訳にはいかない(最近この装置も出て来ましたがまだまだ普及には時間がかかりそうです)ので、何度か往復しながら乳腺をスキャンしてゆきます。そのために検査を行う医師や技師の技量により違いが出てしまいます。

それぞれに得意分野があり、MMCは微小石灰化を見つけやすく、エコーは小結節を見つけることに長けています。どちらも早期乳がんの検出には有効となります。

ここまで説明しましたので、現時点で検診はMMCが多いでしょうが、もちろん両方やればいいのですが・・・

検診でMMCを受けた場合に日本人で40%近くいる高濃度乳腺の方(多くは若年者〜中年)は癌の指摘を受けなくても、更にエコーを追加した方が良いと考えます。中年〜高齢者で乳腺が脂肪化している方はMMCで十分と思われます。

現在はMMCの判定基準で正常と思われても、私の方では先月より高濃度乳腺の場合は付記として「高濃度乳腺のためエコー検査の追加をお勧めします」と記載するようにしています。

« 世界を夢みて 56 :杉原千畝(苦悩と決断) | トップページ | 今週の生け花(平成29年7月第1週) »

医療」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

今回も大変ためになるお話、ありがとうございます。
わたしも乳がん健診は欠かさず受けるようにしていますが、
実は、乳がんによく似た石灰化したものが左にあり、
いつも検査で引っ掛ります(苦笑)

数年前に精密検査も受診済みで、問題ないとはわかっていても、
いつなんどき癌に変わるかわかりませんし、
最近の報道などを見ながら不安も少々甦っていたのですが、
先生のお話を伺って、「毎年きちんと(可能ならエコーとマンモ両方)
検査をしていけば大丈夫かな?」と思えました。

おっぱいの大きい・小さいがどのように関係しているかもわかり
勉強にもなりました(笑) ありがとうございますm(_ _)m

こんにちは。
乳がん検査、数年前から2年おきくらいに受けています。
ぎゅ~~~と挟まれるのは痛いですが、その後の結果を聞く時がやっぱり一番ドキドキします・・・。
エコーもしてもらってたような気がします。何せ結果が気になって、挟まれて痛いわーとしか覚えていないのです。
今度診察を受けたら、ちゃんと確認しておこうと思います。

玉木先生、初めまして。

いつも、FMを聴かせていだだいています。今回初めてブログに辿り着くことが出来ましたscissors
先週FMレキオに先生のYou tubeがリンクされていたためにやっとここが分かりました。

あの優しいお声を聴くにつれ、本当に心が優しい先生だと感じています。
NHKのニュースでも高濃度乳腺について話がありましたが、このブログを読んでやっと理解出来ました。
毎年私も検診にてマンモグラフィーを受けていますが、正常とのことで安心していましたが、高密度乳腺という可能性もあると言うことでしょうか? この場合、問い合わせすれば教えて頂けるのでしょうか?

先生に是非お願いがあるのですが、このブログをもっと多くの方に公表した方がいいと思います。このような有益なブログは沖縄では多くないと感じています。 もしFacebookやtwitterなどやっていたら教えて頂ければ凄く嬉しいです。

初回でこのような厚かましいお願いをして申し訳ありません。このような素敵なブログがもっと多くの沖縄の方に知って欲しいいつも思っているのです。お立場があることも承知していますが、みんなに読んで欲しいです

アケさん、おはようございます。

乳癌検診をちゃんと受けていらっしゃるのですね。マンモグラフィーで写る石灰化は沢山ありますが、拡大して見えるほどの微小で細かい石灰化は要注意ですが、肉眼で大きく見える程度で数も少ないのは良性が多いですね。

マンモグラフィーとエコーの利点欠点を抑えて置けば、問題ないと思いますよ。女性で1番罹りやすい癌ですので、対策をしっかりして下さいね。

ナニワさん、おはようございます。

乳癌検診をマンモグラフィーで受けたことのある方の第一声は「痛かった〜」と聞こえて来ます。

2年に1度程度行っていればまず進行がんと言うことにはならないと思います(もちろん例外はありますが)。

エコーもやったことがあればよかったと思いますよ。次回の検診では自分の乳房が高濃度乳腺でないかどうか確かめ、そうでない場合はマンモグラフィー単独でも多くの情報があると思いますよ。

今後も定期的に検診を受けて下さいね。

maki.90さん、こんばんは。

お返事遅れて済みませんでした。 
こちらこそFMのいきいきタイムをご覧頂き有り難うございます。FMレキオのスタッフが気を利かせてリンクを作成してくれたようです。有り難いことです。

maki.90さんもNHKのニュースご覧になったのですね。私もこれを聞いて今回のテーマにしました。私が日頃感じている高濃度乳腺についてレントゲン上分かりづらい点を説明されていて、心強く感じました。
これまでの検診でのマンモグラフィーについては調べてくれるかどうかは分かりませんが、外来などでやっている場合は主治医に聞いてみると答えてくれると思います。おそらく次回の検診ではこのことを希望した場合は答えてくれると思います(他の病院については明確にお答えできませんが・・)

最後のご要望については、私自身があまり目立ちたくないのと、放送などを行っている点の矛盾が自分の中にもあり、Facebook,
twitter等を駆使しようかと思っているのですが、対応能力を超えそうで自信がありません。 今暫く考えさせて下さいね。

今回はわざわざ、ブログにもコメントを寄せて頂き有り難うございます。

院長先生
 こんばんは。
今週も素敵な生け花拝見させて頂きました。

 乳がん検査、今までマンモを2回と超音波一度だけ経験がございます。
もう4,5年検査を受けておりません。予約したのに発作があってキャンセルでした。
今年はぜひ受けるつもりでおります。痛さを我慢して・・・。

 実は末妹は10年前の2月に乳がんで左を切除、その後お陰様で転移もなく過ごしております。母方の伯母、父方の従姉も乳がんでしたが、それぞれ10年以上は無事に過ごせておりますが、伯母は高齢となりもう他界しております。
末妹の乳がんは通りすがりの方のバッグが胸に当たり、痛さもあったので失礼な人と思ったそです。帰宅後、青あざとなっていてその後腫れて触ると固い!直感で乳がんと思いすぐに検査を受け、手術となったようなわけでした。ぶつかった方に感謝に変わったと言っておりましたが、本当にそう思いました。
何が幸いするかわかりませんね。長文お許しくださいませ。

マコママさん、おはようございます。

文面からするとマコママさんの家系は少し乳癌に罹りやすいのかもしれませんね。でも心配することはなく、検診を逆にしっかり受けるつもりでいれば大事には至らないと考えています。

どのがんも早期には症状は出ませんので、検診や違う理由で見つかることが殆どです。末妹さんはぶつかったお陰で見つかる原因ともなったのですね。ぶつけた方には起こってしまいますが、結果的にはよかったと言うことで許して上げましょうhappy01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/65484475

この記事へのトラックバック一覧です: 乳がん検診はマンモグラフィーかエコー検査か:

« 世界を夢みて 56 :杉原千畝(苦悩と決断) | トップページ | 今週の生け花(平成29年7月第1週) »