フォト

« 雨(森高千里)を唄ってみた | トップページ | 今週の生け花(平成29年7月第3週) »

2017年7月19日 (水)

レモンに対する日本人と欧米人での違い

ずっと以前、ビタミンC欠乏症による壊血病について話をした時に、イギリス海軍は海賊よりも当時恐れられていた壊血病の克服に、長期航海で多量のレモンを積んで船員に与えたことで、壊血病を克服し世界の覇者となった記事を書いたことがありました(http://omoromachi.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/font.html )。

そのためにイギリス海軍のことをレイミーと呼ぶ場合があることを知りましたが、それはスラングとしてもあまりいい意味ではないので使わない方がいいと教えられたのですが、理由は分かりませんでした。

Th_ 英語力のない私はその疑問を思い出したので調べてみました。

どうもレモンに関するイメージは日本と欧米ではかなり違うようです。特にアメリカ英語ではイギリス英語よりも厳しいようです。

私達日本人にとって多くは、レモンは「爽やか」「清々しい」イメージ、そして「青春」と重なります。しかし欧米ではレモンの皮は厚く硬く、また味も酸っぱくて印象はよくないらしく、レモンを目の敵にした表現が多いですcoldsweats02

「lemon」はバカバカしい人や物をさして表現します。主にアメリカ英語では故障ばかりする電化製品や車のことを「a lemon(不良品、欠陥車)」と呼んだりするようです。イギリス英語では物よりも人に対して「バカ」「ふざけた奴」として扱われるようです。like a lemon だと「出来損ない」「役立たず」を意味するようです。

私達日本人は頭に来るような上司がいても、反論出来ないことが多いので、その時はそっと「部長さんはレモンの様ですね」などと言いましょう。どういう意味?と聞かれたら、英語の意味は言わずに「爽やかですものね」と言えば怒られないでしょうか?(・・冗談ですよ、上司が英語が堪能なら左遷されますcoldsweats01)。

「do me a lemon」は「まさか」、「嘘だろう?」であり、「suck a lemon」は「失せろ!」「どこかで言ってしまえ」の意味となります。・・・・等とあまり言い表現ではありません。

ついでに「lemon」 と違い良い意味で使われることが多いのが「peach:モモ」です。

ですのでShe is a lemon.「彼女は嫌な奴(魅力的ではない)」となりますが She is a peach.なら「彼女はとても魅力的な女性」となります。 日本人男性諸君、レモンとピーチを使い分けないと欧米では痛い目にあいますので注意です。

壊血病のことは知っていましたが、英語力のない私はこの様な「lemon」の使い方は知りませんでしたweep

« 雨(森高千里)を唄ってみた | トップページ | 今週の生け花(平成29年7月第3週) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんはmoon1

レモンには
そんな意味があったんですね、
知らなかったですsweat01

アメリカのドラマなんかでは
飲み物といえばレモネードが頻繁に出てきますし、
何年も前ですが
小児がんに侵された女の子が
闘病生活を送りながら、同じ病の友達の死を悼み、
新薬開発資金を病院に寄付するため
「レモネード・スタンド」をやりたいと両親に懇願し
「Alex's Lemonade Stand」がアメリカ中に広まった
という話もあり、
アメリカ人はレモンには良いイメージを持っているのかと
思いました。
所変わればですねcoldsweats01

monnaさん、こんばんは。

以前、イギリス海軍の蔑称としてレイミーと言うことを聞いたことがあり、疑問に思っていたので調べたらこのような意味があったのです。

逆にmonnaさんが書いてある様に使われていることは意外でした。レモンにもこの様に良い意味で用いることがあるのかも知れませんね。教えてもらってためになりました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/65474995

この記事へのトラックバック一覧です: レモンに対する日本人と欧米人での違い:

« 雨(森高千里)を唄ってみた | トップページ | 今週の生け花(平成29年7月第3週) »