フォト

« 今週の生け花(平成29年6月第3週) | トップページ | 世界を夢見て 55 : 聖ペテロ&パウロ教会 »

2017年6月18日 (日)

雨の物語

こんな雨の日は、雨の日に似合う曲かなどと思いながら、伊勢正三さんの「雨の物語」、ふきのとう「雨降り道玄坂」、吉田拓郎「ある雨の日の情景」、竹内まりや「駅」、小田和正「たしかなこと」、ハイファイセット「冷たい雨」、スピッツ「チェリー」、などを部屋で唄っていました。

Th_01 雨音を聞きながら自宅で伊勢正三さんの「雨の物語」を録音してみました。

伊勢正三さんは大好きなミュージシャンの1人で、歌詞が叙情的で心に染み込んで来ますし、曲も美しいです。雨の物語はイルカさんが唄っていますが、イルカさんも伊勢さんからの提供曲「なごり雪」「海岸通り」「雨の物語」などで一躍有名になった方と思います(もちろん自作の曲もいい曲はありますが)。

伊勢さんは恋愛、失恋に関しての歌詞は本当に切なく胸がキュンとなる詩が多いと感じます。この曲も愛し合う二人の切ない別れを唄っています。相手が憎くて別れるわけではありません、運命がそうさせたのだろうかと思える歌詞となっています。

皆様方へのこの曲のイメージを損ねたら申し訳ありません。その時はどうかオリジナルの曲をお聴き下さいねcoldsweats01

">

沖縄は梅雨空が続いています。梅雨前線も北上し本土の方も雨が多くなる季節となると思います。雨にも負けずお互い頑張ってゆきましょうheart04

« 今週の生け花(平成29年6月第3週) | トップページ | 世界を夢見て 55 : 聖ペテロ&パウロ教会 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

omoromachi様、こんばんはです。

京都はスッキリしない天気ですが、
まだ雨は降っていません。

雨の日に唄うにはビッタリな
曲です。私の方はイルカさんの
唄でこの曲を知っていました。
この曲も伊勢正三の作詞作曲
だったのですね。これまで
知りませんでした。

何時もながらomoromachi様の
歌声と綺麗な画像の動画は
何度聞いて・見ても飽きません。

今後とも宜しくお願い申し
あげます。

ツクシンボさん、こんばんは。

京都はまだ本格的な雨にはなっていないのでしょうか? 沖縄は少雨と思っていましたが梅雨の後半になって大雨が続いています。もう少しすると沖縄は梅雨明けになると思います。

この曲はイルカさんで聴いている方が殆どだと思います。しかし詩の書き方などはやはり伊勢さん独特ですね。雨の日は別れと重なるかも知れません。この辺りを巧みに捕らえた表現をしています。

私の唄だけだと皆様に失礼ですので、綺麗な画像を取り込むようにしています。見て楽しんで下さいね。

こちらこそ、これからもどうか宜しくお願い申し上げます。

こんばんわ!

沖縄は雨の日曜日だったようですね。
秋田は久しぶりに6月の天気に戻ったようで、気温もupしました。

たまに降る雨は、何だか心をも潤してくれますね。
omoromachi様の歌も久しぶりに聞いた気がします。きょうの『雨の物語』は、タイトルも物語になっていますが、歌詞もストーリーのある歌ですね♪俺はイルカさんが歌うこの曲が好きですね。車に乗れば、つい出だしのハミングとなって口から出ます。あのリズムにもひかれます。
あまり多い雨になりませんように。

でんでん大将さん、こんばんは。

しばらくお忙しいようでしたが、今日はのんびり出来ましたでしょうか?
秋田の方は良い天気だったのですね。稲もぐんぐん伸びて来たらいいですね。

やはり大将さんもイルカの唄で聞き覚えがあったのですね。短い曲ですが、この歌の中にしっかりとドラマが完済されている気がします。それに伊勢さんのメロディーも抜群ですよ。大将さんのハミング聴いてみたいですねhappy01

自然のことですのでコントロール出来ませんが、十分なぐらいほどほどに降って欲しいですcoldsweats01

お久しぶりです。

私にとっては子供の頃聴いたことのある曲でした。
私の音楽仲間(だいぶ先輩ですが・・)伊勢正三さんが好きな方がいらして
よくギターでの弾き語りを行ってくれています。

まだ(?)30代の私にとっても「胸がキュン」となる歌詞が多いと感じました。

omoromachi様の唄声がいつでも優しく心に響きます。

音楽をやっている私にとっても参考になります。私も肩肘張らずに
自然に唄ってみたいと思います。
前回の「赤いスイートピー」もよかったですよheart01

syiroyama.kさん、こんばんは。

お元気でしたか? お久しぶりですhappy01

音楽をなされている方からのコメントありがとうございます。ちょっと恥ずかしいですが・・
音楽仲間で伊勢さんが好きな方となるとやはりギターの弾き語りがメインの方でしょうか? 私に近い年代かもしれませんね。

いえいえ、きっとどの世代にも恋愛に関しては胸がキュンとするはずですよlovely

私はいつも適当に唄っていますので、ある意味で力が抜けているのでしょうか? 
赤いスイートピーも聴いて頂き恐縮です。これからも宜しくお願い申し上げます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/65369161

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の物語:

« 今週の生け花(平成29年6月第3週) | トップページ | 世界を夢見て 55 : 聖ペテロ&パウロ教会 »