フォト

« 2017年4月 | トップページ

2017年5月

2017年5月28日 (日)

世界を夢見て 53 :ヴィリニュスの街並みと教会群

リトアニアの首都ヴィリニュスを散策すると教会の数の多さそれもそれぞれが個性があり美しい教会の多さには驚嘆してしまいます。

歴史的にみると1323年からローマカットリックの影響が強い都市だったようで、熱心なカトリック教信者の多い町だったようです。何キロ四方の中に、ヴィルニュス大聖堂、ヴィルニュス大学の中の聖ヨハネ教会、聖イグナトス教会、聖キャサリーン教会、聖霊教会、フランシスコ教会、ペルナルディン教会、聖ミカエル教会、聖カジミエル教会、聖テレサ教会などなど沢山あります

そして街並みが美しく、ホテルに着いても何時もながら直ぐに、街の散策に出かけました。 昼と夜では印象も違いますが、本当に綺麗な街は昼も夜も美しく、楽しめます。これもバルト三国がヨーロッパの中では治安がいいからできることでしょうが・・・

今回は少し写真を多めに出してみます。まずは夜の街から

Th_dsc04746

Th_dsc04771

こんな所で飲むコーヒーは格別です

Th_dsc04784

昼は昼で美しい街並みです

Th_dsc05035_2

Th_dsc05030_2

街を歩きながら、この街の美しさへの配慮も分かって来ます。

Th_dsc05019_2

上の写真の中でパネルのような壁面にヴィルニスの綺麗な写真が飾られていました。

Th_dsc05023

観光案内図かと思いながら、歩き進め奥の広場に入ると、何とこれはボックス型の露店の壁に綺麗な写真が貼ってあることに気づきました。ちょうどこの四方形のボックスを広げて開店の準備をしている方がおり、10分程度でセッティングが終わり、可愛らしいお土産品店に早変わりしていました。閉店後はこのボックスが町の綺麗な写真の展示物となって、通り過ぎる人々の目を楽しませていましたheart04 こんな工夫もあり街が美しいわけです。

私が旅行に出る時に、多くの街をなるべく徒歩で歩くことにしています、歩きながら本当に楽しいですし、沢山の発見があります。風景も建物も人も観察するのに超多忙ですcoldsweats01

家々のドアや看板なども実に楽しいものがいっぱいです。

Th_dsc05036

Th_dsc05027

ユニークな看板が外に飛び出しています。

Th_dsc04775

バブ?のドアのオブジェ

街を歩くと沢山の教会があります。ここにも人のぬくもりを感じたり出来ます。

Th_dsc05047

この街では色々な年代の建築様式を同時に観察出来るのも魅力です。

Th_dsc05046

私が訪れたのは9月ですが、しばらくすると寒くなります。そんな折、ヴィルニスの人々の優しさなのか、ユーモアなのか木にマフラーが巻かれるそうです。木も暖かくなるばかりか、見ている私の方もホンワカとなってしまいましたthink

教会のことをもっと書こうとしたのですが、沢山の教会がありすぎて今回はこれまでいっぱいでした。まだ紹介したい教会もあるのですが・・・次回書けますでしょうか?

2017年5月26日 (金)

今週の生け花(平成29年5月第4週)

Th_img_5374 5月も後半へと移ってゆく中で、何故か妙に取り残された気分になってします(まあよくあることですが・・coldsweats01)。忙しく追い立てられていると余り感じないのだが、手術がなかったりして半日あくとどうも調子が出ないのですweep

そんな中でも、2階のいつもの場所で生け花クラブの皆様が飾ってくれたお花が迎えてくれました。

今回は花材の種類も多く全体としても大きいのですが、何となく穏やかで優しい感じです。左右対称な花器の上は次第に左側にシフトしていっていますが、決してバランスを崩してはいません。

左上方には手毬のような紫のギガンジュームTh_2954咲き、その下方に同色のアルストロメリアが咲いています。橙のスプレー菊も可愛らしく咲いています。本来それらは単独でも目立つ花々ですが、黄色のスターチスをそれぞれの花の間に置くことで緩衝剤の役割を果たして全体をじょうずにまとめています。ドラセラも上手く花器に併せて配置しています。

沖縄は梅雨空が続いているのですが、この2階の場所は春の穏やかな光が射しているようです。

<花材;ギガンジューム、スターチス、アルストロメリア、スプレー菊、ドラセナ>

2017年5月24日 (水)

大腸検査を受けよう

今日のFM「いきいきタイム」は大腸癌について話をしました。
それに関連してブログは「大腸癌の検診」について書いてみます。

日本は世界的に見ても胃癌の多発地帯でした。そのため多くの医療機関や国の政策にて、住民健診を始め企業や個人の人間ドックにも、多くの場合胃カメラかバリウムによる上部消化管検査が組まれていると思います。

しかし、今や男女合計すると部位別にがんになる場所では大腸、胃、肺、乳房、前立腺(男性なら胃、大腸、肺、前立腺、肝臓の順、女性なら乳房、大腸、胃、肺、子宮)となり、日本人で1番罹りやすい癌は大腸癌となっているのです。死亡率では、女性の第1位、男性で肺がんに次いで2位なのです。

この様な状況をみると、少なくとも胃カメラと大腸カメラの検査数は同数程度ないといけないと思うのですが、実際は胃カメラと比べて1/3程度としか行われていません。

内視鏡メーカーのアンケートで大腸内視鏡検査を受けない理由を聞いたところ、「自覚症状がない」「つらそうだから」「必要性を感じていない」が上位で、その他としては「他の検査を受けているから」「検査の対象年齢(40歳以下)でないから」になっています。

Th_ 大腸内視鏡検査は下剤をかけた後に、肛門から内視鏡を挿入しますので、胃カメラと違い「恥ずかしいから」を受けない理由に上げる場合もあります。 これに関して私が考えたよりも男女間にそれ程の差が無かったこと、女性に関しては年齢別に大きな差が無いのも、私の偏見だったと反省しました。男性では恥ずかしいからが5.6%で女性では9.0% 女性の年齢別では20代、30代、40代、50代、60代以上で、6.6、8.3、11,2、10.9、9.3%となっていました。

実際やった経験者では胃カメラと大腸カメラでは53%、48%はつらくなかったと答えています。私自身の経験では90%以上の方はきつくなかったと答えています。

大腸がん検診で大きな流れとして、便潜血検査と大腸内視鏡検査があります。日本で多く行われている1日法による便潜血免疫法検診を毎年受診することで大腸癌死亡が60%減ると報告されています。ただ1回の検査においてはがんがあっても便潜血陽性となるのは30〜90%とまちまちであることに注意が必要です。 それと比べて大腸内視鏡検査のがん発見率は95%以上となり、極めて有効な検査法です。

このブログを読んで頂いた皆様方に対して、是非40歳以上では最低5年に1回以上大腸内視鏡検査を行って欲しいと思います(もちろん何か所見があれば医師の指示に従って毎年がいい場合もあります)。

大腸癌は日本人で1番急速に増えているがんの1つです。ただ他のがんと比べて予後がよく、早期発見では95%以上が治癒します。 しかしまだ進行して初めて検査を受けた方が多く、既に全身に転移していることも多いのです。 臨床医の私としては、どうか自分のため、家族のために怖がらず、恥ずかしがらずに検査を受けて下さいますよう是非お願い致します。

2017年5月21日 (日)

Far away (ギター弾き語り)

久々にギターを弾いてみました。5月前半は休みもありのんびり出来るはずなのですが、時間があると余り調子が出ない私なのです(仕事病でしょうかcoldsweats01)。

以前アリス(谷村新司)の唄っていた「遠くで汽笛を聞きながら」をアップしました(http://omoromachi.cocolog-nifty.com/blog/2017/02/post-58a7.html )。谷村さんの唄った曲の中で私が好きな曲に「Far Away」があります。 何となく壮大な感じの愛の唄ですので、てっきり「昴」と同じ谷村さんの作詞・作曲だと思っていました。 調べてみると、作詞・作曲とも伊藤薫さんだったのです。 伊藤薫さんは作詞家、作曲家として沢山の方に唄を提供しているだけでなく、ご自身でも唄われている方でした。 

Th_51 恥ずかしながら伊藤薫さんについて全く存じ上げませんでしが、欧陽菲菲が唄っていた「ラヴ・イズ・オーヴァー」を作詞作曲された方だったのです(←これぐらいは私も知っていますhappy01

ネットでこの名前を調べたら最初に「女子プロレスラー」の名前が出て来て、ビックリしました。その方ではなくて1953年東京生まれの男性の方でした。

調べていると色々と出て来ました。私の記憶の中では曲名が「Far away」ではなくて 「Too far away」と「Too」がついていたように思っていたのです。 何とその疑問も解けました。

実は伊藤さんは水越けいこさんの「ほほにキスして」の作詞・作曲をされていて、谷村新司さんが「Far away」を唄う前から、水越けいこさんが同じ曲を「 「Too far away」」として唄っていたそうです。知りませんでしたweep ですから「Too」が付く場合と付かない曲名があったのですね(スッキリhappy01)。

高校卒業して50過ぎるまで全く音楽を聴かなかった私としては大きな空白期間があります。色々と唄う中で新しい発見があり、楽しいですshineshine 

今回も何時ものように、綺麗な写真でギターのミスタッチを誤魔化しながら動画にしてみました。宜しければお聴き下さいheart04

">

2017年5月19日 (金)

今週の生け花(平成29年5月第3週)

沖縄は梅雨入りしていますが、今日は太陽が覗いたりしています。何となく例年より気温が上がらず、蒸し暑く無いのはTh_img_5357 救われています。

今週も2階のいつもの場所にも生け花が飾られていました。生け花はどんなに綺麗でも何日か経つと萎れていきます。それが造花との違いですが、その儚さのためにより愛おしく感じるのかもしれません。 今日もこの場所に新しく飾られているのをみると何となくホッとしながら眺めているのです。

今週の生け花は中央にある淡いピンクのシャクヤクが目立っています。芍薬の根は昔から漢方として使われていて、中国から生薬として輸入していたことより「生薬」から「芍薬」となったという説と姿が「しなやかで優しい」ことを意味する「綽約(シャクヤク)」に由来する説があるそうです。

Th_2953 芍薬の花言葉は「恥じらい」「はにかみ」などがありますが、今度は中国ではなくてイギリスで「恥ずかしがり屋の妖精が芍薬の花に隠れたら、その妖精と一緒に芍薬の花も照れたように赤らんだ」という民話から来たそうですよ。 芍薬は牡丹に似ていますが、薔薇のような甘く爽やかな香りがしますので匂いで見分けることは可能です。 皆様方も試してみて下さいね。

そう言えば女性の美しさを現す諺に「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」というのがありましたね。

芍薬が目立ちますが、実は青い葉につぶらな花をつけたサラサドウダンの花も可愛らしいです。青い葉も花材としてはいいのですが、穂先につけた花序が下垂し下向きに花が開いています。この形より、昔の油で燃やす灯りの灯台を意味するドウダンと似ていることよりこの名前がつけられました。また花冠が更紗染めのような模様になることよりサラサ(更紗)がついています。サラサドウダンは漢字をあてると「更紗灯台」となります。なんか美しい名前ですね。

正面の写真では分かりづらいのですが、花器の後ろには黄色のスプレー菊があります。少し斜めからの写真も添えておきますね。

今日は優しい感じでお花を眺めることが出来ていますheart04

<花材:サラサドウダン、芍薬、スプレー菊>

2017年5月17日 (水)

世界を夢みて 52 : トラカイ城

リトアニアのヴィルニスの郊外に、30以上の湖と森に囲まれた景勝地があります。そのなかで北側に突出した半島が昔からの中心地で、その半島を橋で渡り一番奥にある島に有名な赤煉瓦作りのトラカイ(トゥラカイ)城が建っています。今ではリトアニアの有名な観光地となっています。

このトラカイはヴィリニュスに首都が移る前はリトアニアの首都がおかれた場所で、ヴィルニュスから車で40〜50分ぐらいの距離があり、多くの観光客で賑わっていました。バスを降りて、真っ直ぐに伸びた道を歩くと、綺麗な湖と対岸の美しい森の緑が飛び込んできます。心なしか空気も美味しく感じられます。

Th_dsc05076

観光案内所や教会、湖を眺めながら食事が取れる飲食店や観光客相手の露天などが並ぶ場所を通ってゆくと、奥に湖を挟んで、青い水面から浮かんでくる赤煉瓦づくりのトラカイ城が見えてきます。 湖と空とこのお城の眺めは心が震えるほどの絶景でした。暫く岸辺からこの景色を眺めていました。透き通る水の中で睡蓮が咲いて、水鳥が楽しそうに泳いでします。ヴィリニュスの旧市街地とはまるで違うリトアニアの魅力です。

Th_dsc05211

トラカイ城は14世紀後半にチュートン騎士団の侵略から守るために立てられた城でしたが、その後この城の権力がポーランド側に移ると廃墟となってしまったそうです。その後1961年から本格的な修復が始まり27年程かけて、元の15世紀当時の姿に復元されています。

半島から湖にかかった橋を渡り、更に小さな島を通り、更にトラカイ城のある島へ橋を渡って到着します。今回はこの部分の橋が工事中で、ガイドブックに載っているような、橋を入れたトラカイ城の正面の写真は撮れませんでした。それでも十分美しいお城です。

Th_dsc05077

Th_dsc05202

ゲートをくぐり城の内部に入ると、広い広場が広がり,奥に本丸、横に二層の建物が連なっていて、現在は博物館となっています。 本丸の間には堀があり、跳ね橋でわたれるように出来ていて、城壁には沢山の小窓が開いていました。昔はそこから重火器を出して城を防御していたのかもしれません。

Th_dsc05191

Th_dsc05105

お城の展示室では、この地域にかつて傭兵として当地に迎えられたトルコ系の住民の暮らしが再現されていました。彼らはリトアニアに忠誠を誓いながらも、独自の文化を継承してこの地で暮らしていたとのことです。今でもリトアニアでは彼らの民族料理がキビナイなどを食べることが出来るそうです。 お互いに尊敬しあえば、違う民族でも共存出来るのだと妙に関心してしまいました。

Th_dsc05145

この日は天気も良くて最高の観光日よりでした。どうでしょうか綺麗な景色ではないでしょうか? また行ってみたい景気でしたheart04

2017年5月15日 (月)

沖縄でよかった と 思う人々

「沖縄でよかった」と言うタイトルをつけると、何かいいことのように聞こえるかもしれません。しかし今日は良いことではありません(不快に感じる方もいるかも知れませんがご了承下さい)。            

復興大臣が東北大震災・福島原発事故に関して「東北でよかった」などと馬鹿げた発言を行い、多くの国民が怒りを感じたと思います。私も怒り心頭でした。何でこんな人が大臣なのと思えたのです。                             Th_48b203384890a443aa8db121124db4f2

今日(5月15日)で沖縄の復帰45年目を迎えました。

日米同盟を基軸とする国の安全保障に関して80%の国民は了承しています。しかしそれを維持するために、0.6%の面積しかない沖縄に米軍基地が集中させることに、国民の多くは「沖縄でよかった」との思いが強いはずです。 そんなことはないとお叱りを受けるかも知れませんが、おそらく「東北でよかった」への怒りと「沖縄でよかった」への怒りに温度差があると考えています。 

先日のNHKの世論調査で、「沖縄の経済の基地依存度の質問に」沖縄県に住む方は「基地が沖縄県の経済を支えていることに対し60%の方は否定的でした。逆に沖縄県以外の方は「60%」がそうだと答えたそうです。

そこにはおそらく、沖縄県は基地があるお陰で発展し、そのための補助を貰って生活が出来ているから仕方ないと思いたいと考えるのです。 何か理由をつけなければ、自己矛盾から目をそらすことが出来ない(日米安保は重要だが、自分の所は御免だ)、ある種の弱みを抱えることになるからではないかと考えるのです。

沖縄県の基地経済依存度は昭和47年の復帰直後の15.5%から昨年度は5.7%と低下し、実際に沖縄に住んでいる私達は、巨大な基地が返還されれば跡地が発展することを経験しているのです。 私達の病院のある那覇新都心地区も以前は米軍の住宅地でした。 それが返還され巨大な商業地や巨大マンションなどの住宅地に生まれ変わって経済効果は何十倍になったと言われているのです。

Th_758954 日頃、人は平等でなければならない、人種、地域、言語などで差別をしてはならないと説いている多くの国民が、沖縄の矛盾を「基地があるお陰で沖縄県は成り立っている」とのことで心の均衡を保とうとしているのではないかと考えるのです。

本土復帰当時、中学生だった私も歳を取って来ました。 こんなことを書くお前は復帰しなった方がよかったと言っているのかと・・・そんな単純なことを問うているのではないのです。 

あんなに悲惨な戦争を乗り越えて来た先人達の苦労のお陰で、私は戦後ぬくぬくと自由を謳歌し好きなことが出来ているのです。なによりも感謝したいのです。沖縄で生まれた私は次の世代にも、相手の立場を想像し尊敬し、自分を高めることが必要であることを常に問いたいのです。

2017年5月12日 (金)

今週の生け花(平成29年5月第2週)

大型連休も終えて、暫く連休はありませんので気合いを入れて(ちょっとため息混じりにcoldsweats01)働かないといけませんね。
Th_img_5332 沖縄地方は曇り空が増えましたので、そろそろ梅雨入りが近いかもしれません。

生け花クラブも連休中はお休みのようで、いつもの2階の場所が寂しかったのですが、今日はまたこの場所にお花がいけられていました。

今回の生け花は、2本のアレカヤシの葉を斜めにカットし、長い方を湾曲させ固定し、短い方は直線的に配置しています。花器の色合いと形、そしてこのアレカヤシの葉で全体の構図が決まっています。 大胆ですがカットの仕方や曲げ方などは繊細です。

横や側面に開いた花器の穴から、紫のトルコキキョウ、ピンクと白が混ざったカーネーションに真っ赤なスプレーカーネーションが花を咲かせ、緑と黄色が斑点状となったゴットセフィアナの葉がアクセントをつけてくれています。                       Th_img_5339

今回は真上からも撮影できたため、写真を載せて見ます。2本と思っていたアレカヤシの葉が後ろにも配置されていました。綺麗な生け花はどこから見ても美しいです。

日本列島も春、そして夏に向かって季節が移り変わってゆきます。さあ!ガンバルゾ〜ってかcoldsweats01

<花材:アレカヤシ、カーネーション、ゴッドセフィアナ、トルコキキョウ、スプレーカーネーション>

2017年5月10日 (水)

ストレスとは?

今日のFMは毎年この時期に話をする「5月病あるいは6月病」といわれるアパシー症候群について説明しました。 その中でもストレスに対する反応などと言ったのですが、果たしてストレスとはいったい何なの? となったのです。

Th_633a024e0b2ac33cfc38c7c48df64d0a 最近、「ストレスがたまってさ」となにげに会話で出てくると思うのですが、この「ストレス」って以外と正体が分からないのが現状です。

ストレスの研究は、心理学的、生理学的な側面からの研究に、最近では脳科学の分野の研究も入ってきて、精神的なもの以外に実態の究明にも乗り出す研究が始まっています。現時点ではまだ説明しきれていないのが現実です。

ストレスは外からあるいは内からの変化に対応した反応です。 ストレスのない状態なんてあり得ません。 仕事上でのトラブルや人間関係などもストレスになりますし、怪我などの外傷もストレスとなります。一般的なストレスのイメージは悪いことだと考えている方も多いと思いますが、恋をしてキューントなったり、宝くじに当たって舞い上がったりもストレスですし、あるいは仕事を続けた方が、退職し仕事のストレスがなくなったのもストレスと感じて負担となったりします。

ストレスって実態が掴みにくいものなのです

ストレス理論で分かり易い1つにカナダのハンセ・セリエ博士が説明している「ストレスの定義」は分かりやすいでしょうか? 

①ストレッサー(生活や仕事上の変化など:良いものも悪いものも含めて)によって ②脳内で色々な反応が惹起され、自律神経やホルモン、免疫などに変化をもたらし、それによって③ストレス反応(気分の落ち込み、不眠、頭痛、無気力、胃痛など精神的肉体的変化をもたらす)  ストレスとは①→②→③の変化が起きることを定義としました。Th_e5b59696f1c441e3a20529ac1ae240e3  

ストレッサーがインプットされると、私達の脳は色々な変化をもたらし、それに対する症状(アウトプット)が起こります。 色々なことが②の部分で行われているのでしょうが、まだまだ医学の研究では解明できないブラックボックスです。 同じストレスを受けてもこの反応(症状)は個人個人で異なります。 ストレスに強い人も弱い人もいるし、症状も多様で人それぞれです。

この②の研究・解明も少しずつ進められています。脳科学の分野での研究で、ストレスを過剰にあるいは繰り返し起こると、脳内の神経伝達物質の1つであるセロトニンの量が不足してしまい、脳の活動性の低下を招きます。その結果、うつやパニック障害が起こりやすくなると考えられています。それ以外にも、脳内の様々な物質、ドーパミン、ノルアドレナリン、それに関連して副腎でのステロイドホルモンなどの変化による行動パターンの変化も研究されています。

Th_1c846e7a900e6ea9c0ad21dfc29ec8_2 「ストレス」と言う言葉は日常でも溢れている状況ですが、本当の解明は入り口に入ったぐらいかもしれません。 ストレスが過剰に入ってきたり、同じストレスでも貯め込むと反応が強くなります。

ストレスの過剰を受け流したり、貯めすぎないように、自分自身あるいは医療者を含めた他者に判断して貰う必要も多いと感じます。

これを読んでストレスになってしまった方には申し訳ありません。まだまだ分からないことがいっぱいある分野です。

2017年5月 7日 (日)

飛行機内の無礼な態度

先日、東京の出張の帰りに、プレミアムクラスで帰りました(このような時には当然、職場持ちではなくて自腹での支払いとなります)。

Th_ このクラスは、食事もつきますので至れり尽くせりです。2−3−2の並びで席も広々としています。優先搭乗もあり、早めに機内に乗り込みました。客室乗務員さんから御丁寧な挨拶も受けて嬉しいと感じながら、窓際の席に着きました。

しばらくすると、隣の席の方が大きな荷物を抱えながら、凄い勢いで荷物を棚に入れて、座席に着きました。 その方にも客室乗務員さんは笑みを浮かべて挨拶。「何か新聞でもお持ちしましょうか?」との答えに「○○新聞、持ってこい」と・・・・その後も「水を持ってこい」「ビールくれ}などの礼儀のない言葉が続くのです。 最初は無視していたのですが・・いったいこの方は何か勘違いしているのではないかと考えてしまうのです。 お金を払っているからいいと言う訳ではないと思うのです。 何を威張りたいのでしょう? 自分は偉いと勘違いしているのでしょうか?    

小さな弁当箱の食事がこのクラスでは出されます。 Th__2 私の夕食でもあり、ボリュームは少ないのですが美味しく頂けました。まあその時でもお隣の方、左手で雑誌を読みながら、行儀悪く食事を取っているのです。

時々世の中には勘違いさんを見かけることがあります。礼節がない態度しか取れない方は見苦しいです。 威張っても誰もそんな方が偉いなんて思っていません。こんなことを知らないなんである意味不幸な方でもいらっしゃるわけです。

知崇礼卑(ちすうれいひ)という言葉を思い出しました。相手がどの人であっても接する態度は自分自身の表れでしかありません。他者に対する態度は自分に跳ね返って来るのです。私ももう少し謙虚でありたいと願うフライトでありました。

2017年5月 4日 (木)

博士が愛した数式

今日はのんびりと映画を観ていました。10年以上前に映画化されていますので、映画や小山洋子さん原著で読まれた方かも多いと思います。

Th_6082f3393d93671ffee6b9e242735671 映画の内容や評判に関してはすでに多くの方が書かれていると思いますが、80分しか記憶が持たない天才数学者とその家政婦と家政婦の子供(博士がルート√と呼んでいます)との関わりのなかで、数式の美しさが表現されています。 (まあ、家政婦さんが次々と交換するほどの博士の状態ではないとか、家政婦さんが余りにチャーミングで、シングルマザーと一人息子関係も良好すぎるほどななど・・多少問題もありますが、こんなものどうでもよいことでした)

数学者が家政婦さんやその息子さんに説明する数式を聞きながら、こちらもその美しさにはまり込みそうになります。次々と数式や公式などが出てきます。素数、完全数、友愛数、π、√、など懐かしい数式ですが、これが美しいとは感じたことが今までなかっただけに、この映画で数学者の頭の中を少し理解できた気がしました。

映画のなかで博士が説明します。「素数とは」;素数の素は素直な素、何も加えない、本来の自分と言う意味、潔く、美しいではないか。つまり1と自分自身以外では割り切れない数字のこと。 例えば2.3.5.7.11.13.17,19.23.29・・・・この素数は夜空に光る星のように無限に存在しますと・・・

「完全数とは」;28の約数を足すと、28になるんです。完全数だ、デカルトは完全な人間が滅多にいないように、完全な数も稀だといっている。 この数千年の間に見つかった完全数の数は30個に満たないんだよ・・・<参考までに28の数字は割れる数字は、1.2.3.4.7.14となります。それを合計すると28となります。6=1+2+3となり6も完全数です、それ以上なら486となるそうです>・・・なるほど凄い数値だと思わず映画を見ながら納得するわけですcoldsweats01

「友愛数とは」;見てご覧、この素晴らしい一続きの数字の連なりを。 284の約数の和は220。220の約数の和は284・・・・友愛数だ(未だ世界で5つしか発見されていない組み合わせ)。 神の計らいを受けた、絆で結ばれた数字なんだ、美しいと思わないかい?  君(家政婦さん)の誕生日(2月20日)と、僕の手首の時計に刻まれた文字(284)が、これほどまでに見事なチェーンで繋がり合っているなんて・・・<参考までに;220の約数の和 1+2+4+5+10+11+20+22+44+55+110=284となり、284の約数の和、1+2+4+71+142=220となります>・・・そうかこんなに少ないのかなどと思いなが映画を進めていましたhappy01

Th_3b84053f54d4907b1fa25fa54ddc02cb 私達はおそらく、先天的に美しいものを感じ取ることが出来ると思います。朝日や夕日、花々、恋人、音楽などなど・・・それは生命を維持するために先天的にDNAに組み込まれたものかも知れません。これに反し「数式の美しさ」は、それを理解して初めて成り立つもので、完全に後天的な捉え方だと考えます。 

私達はこの先天的の持っているものと、後天的に獲得したものが複雑に絡み合って美しいと感じるのだと思うのです。 生涯を通して学ばなければ美しいものを見逃してしまうのかも知れません・・・実にもったいないことですcoldsweats02

この映画のなかで、もう一つ(明日が子供の日だからではありませんが)博士が子供を通して「小さいもの、弱いもの」への愛情を示します。 少子化が進む日本で、どうか「小さいもの、弱いもの」が美しく感じられる社会になって欲しいと思いながら映画を見終わりました。

« 2017年4月 | トップページ