フォト

« 2017年3月 | トップページ

2017年4月

2017年4月23日 (日)

AIが出てきた以上、英語教育を根本的に見直す必要は

コンピューターが凄い勢いで発達し、更にAI(人工知能)が出てきて、人間の能力をも凌駕する時代がやって来ています。

私は英語が苦手で、受験したときも苦労しましたし、現在も不得意です(医学の論文ぐらいは読めますが・・・)。 旅行に行っても聞き取れるかどうかで不安になります。 英語が出来る方を尊敬しますし、神様のようにみえてしまいます。

外国を旅行する場合、英語だけではなく、沢山の言葉を使わなければ、個人旅行は難しいと思うことがあります。 私は旅行が好きですが、英語がメインの国以外はツアーで出かけています。それでも昔は「トラベル○○会話」などという本を持って、どうにか意志を伝えようとしたものですが、今やスマホで多くの言語の訳が可能となっています。 コンピューター上での言葉の変換も急速に正確性が増して来ています。おそらくAIの発達により近い将来(10年もかからないのでは)、ほぼ許容出来る範囲内で他言語への変換は可能となるはずです。

私が以前から英語にのめり込めない理由の1つに、英語を使う環境で育てば、幼稚園や小学生でさえ私以上に、聞くことも話すことも出来ます、しかし私より知的なことを考えているかと言えば、多くは私の方が知識も経験も上のはずです。 英語を学んで小学生と同程度の会話をするための時間がもったいないと考えていたのです。 英語を使って今の生活(仕事)以上のことを学ぶのであれば、本気で語学を学ぶべきだと思うのです。

Th__2

今、AIによる言語変換の現実味が出てきているのに関わらず、日本の英語教育の方向性を修正する気配が見受けられません。 政府や文部科学省は何を血眼になって英語教育を小学校から学ばせようとしているのでしょうか? 物事を深く考えてないといけないのは、まず母国語をしっかりと学ばせて、そこからより深く、社会のこと、もっと基本的な思考体系、あるいは哲学的なことを学ぶ必要が先ではないかと考えるのです。

小学生から日本語を学ぶ時間を割いて、英語を勉強するのはもう時代錯誤だと思うのです。コンピューターがやれることはコンピューターにさせればいいのです。 外国語を学んだり、そこで暮らして生活をするのであれば、本格的に学べばいいと思います。 日本国民全員が母国語を介して思考や哲学を追求することの方が、英語圏の幼稚園生のレベルの会話が出来るよりもっと有意義ではないかと思うのです。

もうAIが出てきた以上、単なる言葉の変換はコンピューターがやる時代が直ぐそこまで来ているのです。10代、20代で学ぶのは、言葉の変換ではなくて、言語を介して世界を見ること、思考することだと考えるのです。

これは、英語が苦手な私の考えですので、英語を頑張ってやっている方や習得され方が気に障ったら申し訳ありません。今でも外国語がしゃべれる方は凄いと尊敬しています。外国語を習得することで世界が広がっているのは素晴らしいことです。

2017年4月21日 (金)

今週の生け花(平成29年4月第3週)

4月も中旬が過ぎ、春の陽気を飛び越えて夏日になるなど気候がコロコロと変わりやすい時期を迎えています。皆様方も体調管理はお気を付けてお過ごし下さい。
Th_img_5276                                
今週も生け花クラブの皆様がいつもの2階の場所にお花を飾ってくれています。

今週のお花達、なんと元気で明るいのでしょうshine 寒く暗い冬(硬く黒い花器)から、ツツジもガーベラもスプレー菊も一斉に太陽に向かって咲きほこっています。まるで春の陽気に両手を思い切り広げた感じがします。

沢山の花をつけたピンク(赤い)のツツジが艶やかですね。春先に一斉に花を咲かせるツツジは各地の公園などで見かける春を代表する花木です。ツツジの名前は「花が筒(つつ)状」になっていることに由来することや、花が次々に連なった咲くことより「続き(つぐき)」からきているといわれています。

赤い(ピンク)ツツジの花言葉は「恋の喜び」だそうです。春に目映く咲く花々からイメージされたのかもしれませんね。前回ブログでギターの弾き語りの赤いスイートピーも初恋や恋の喜びをイメージするお花でした。春先に咲く赤い花は私達にとって恋愛と結び付くのかもしれませんね。
Th_2943

黄色のガーベラも赤紫のスプレー菊も花弁が真っ直ぐ伸びていて、春の力強さをも感じさせてくれます。

冬眠していた体を夏に向けて始動しないといけませんね。頑張ってゆきましょうscissors

<花材:ツツジ、ガーベラ、スプレー菊、ドラセナ>

2017年4月19日 (水)

世界を夢見て49 : ヴィリニュスのホテルは最高でした

今日は私の旅行記事としては珍しく、滞在したホテルについて書いてみたいと思っています。私自身の旅行スタイル(こんなたいそうなことではありませんが・・coldsweats01)は、とにかく時間があるだけ町歩きをしたい、街の雰囲気を味わいたく、歩き回ることが殆どでした。

特に若い時はそうでした。食事の時間がもったいなくて、マックを片手に食べながら街を歩いたことも何度もありましたし、時間がなければ昼食無しでも美術館周りを行っていました。食事を楽しみたいとかショッピングをしたい、高級なホテルに泊まりたいとも考えたこともありませんでした。

Th__4 20代30代は年に1回の旅行のために1年中日曜日もなしに毎日仕事をしていました。40代から50代半ばまでは、更に忙しくなり、とうとう年に1回の旅行も出かける事ができませんでした。ずっと仲間のことが気になり、自分が休んだらいけないだろうと思ったのです。しかし仲間からも大好きな旅行に行って来て下さいと背中を押されて、年に1回の旅行を再開することが出来たのです(・・感謝ですheart04)。

Th__5 今でも旅の基本的なスタイルは若い頃と同じなのですが、帰路の生涯を歩むなかで、体力差をカバーしたり、肩肘張らずに色々な旅の楽しみも味わってみたいと考えるようになってきたのが大きな変化です。 例えば郊外の高級ホテルより、中心部のホテルが夜まで遊べること、値段は高くなってもビジネスクラスなどを利用することで帰国後直ぐに十分働くことが可能であること、ちゃんと写真を撮って記録として残すことなどの変化がありました。

これまで、ホテルはただ寝るだけの場所としか考えていませんでしたが、今回のヴィリニュスではとてもロケーションが良く豪華なホテルでしたので、このブログを読んで貰っている皆様にもご紹介したいと思います。Th__6

リトアニアの首都ヴィリニュスの中心のヴィリニュス大聖堂に面して宿泊先のホテルはありました。いわゆる3星ホテルです。重厚なドアを開けて入ると広々とした大理石張りのロビーがあります。 なんと入ると直ぐに、宿泊の手続きを行っている間にウェルカムシャンパンのサービスがありました。 柔らかなソファーに腰を降ろし、シャンパンを飲み干します。しばらくして、部屋に案内されましたが、すでに荷物は部屋にいれられたいました。

Th_dsc05355 このホテルの最上階のため、この部屋の天井は途中から斜めになり、大きな窓がついています。室内もとてもシックで落ち着いた雰囲気で、バスタブもついた綺麗な部屋でした。

特にビックリしたのは、この部屋からの眺めでした。斜めになった大きな窓は上方に開放できるようになっています。その窓を大きく開くと、何と目の前にあのヴィリニュス大聖堂が見え、遠くには 展望台を始め旧市街が見渡せます。

この窓から夕暮れが迫り、次第に街の明かりが灯してゆき、Th_ 刻々と違う雰囲気となります。家路を急ぐ人々を眺めながらホッとした時間を過ごしました。その後ホテル内のレストランで夕食。レストランも素敵でワインや食事も美しくておいしかったですheart04

私にとっては日常を離れたこのようなホテルの窓から、この地で暮らす人々の日常の姿を見ることはとても楽しく、時間帯で変わってゆく美しい景色に心が洗われました。なかなかこの様な部屋に泊まることはないと思いますが、ホテルが泊まるだけの場所でないことにこの年になってようやく気づくことができた宿泊経験でした。

まあ、私の方はこのようなホテルに泊まることは余りないでしょうから、今回ご紹介させて頂きましたlovely

2017年4月16日 (日)

赤いスイートピー

松田聖子さんの曲に「赤いスイートピー」があります。作詞が松本隆さん、作曲は呉田軽穂(くれだかるほ)そうあのユーミン(松任谷由実)さんです。

この歌詞の中には本当に沢山の煌やかな言葉はあります。それぞれを抜き出しても本当に素敵な歌詞です。作詞家の松本さんを改めて凄いと思う曲の1つです。

いきなり、「春色の汽車に乗って」で始まります・・・春色の汽車って・・・思い巡らすのです。

Th_ 私が1番大好きなフレーズは「何故 あなたが 時計をチラッと見るたび 泣きそうな 気分になるの」 の部分です。 私よがりの解釈かもしれませんが(皆それぞれが色々な解釈をすればいいのかと思いますが・・)、若く愛し合っている2人にとっては、学校や家庭など様々な制約があります。ずっとずっと一緒にいたくても、彼も家に帰らないといけないし、私も帰らないといけないのは分かっているのです。でも一秒でも長く一緒にいたいのです。 別れないといけない時間を彼の時計が告げているのです。 時間が止まって欲しい・・・そのような感じがこの歌詞の部分に感じ取られるのです。

この曲は松本さんのまさに青春を唄った歌詞ではないかと感じています。その当時はスイートピーは白が殆どでした。この曲が流行った後に改良されて赤いスイートピーが販売されるようになったそうです。この唄がなければ赤色のスイートピーは花屋さんに並んでいないのかも知れません。

松本さんは淡い青春の恋を「赤い」色と柔らかく繊細なスイートピーに託したのかもしれない・・・などと禿げたオヤジ(私weep)は考えながらギターの弾き語りをしました。

ブログを書いた始めの頃に、この曲を1番だけアップしましたが、今回はちゃんと最後まで録音しました。皆様方のイメージを崩してしまうかも知れませんが、よろしければお聴き下さい。

">

2017年4月14日 (金)

今週の生け花(平成29年4月第2週)

4月も第2週となりました。朝出勤時に体より大きく感じる真新しいランドセルを背負ったぴかぴかの一年生を見る時期となりました。小学校の近くではお巡りさんも横断歩道に立って誘導しています。日々の業務以外にもこの時期は大変かもしれませんね(お疲れ様です)。

Th_img_5255 当院の新入職員も少し緊張から解放されてきましたでしょうか? 私の方も何となく慌ただしく感じた年度初めも過ぎて落ち着いた感があります。

今週も2階のいつもの場所に生け花クラブがお花を飾ってくれていました。今週の生け花は春にびったりなイメージです。 赤くシャープな花器とガーベラのオレンジの大輪が目立っています。 見た瞬間ガーベラが目に着いたのですが、赤い花器とオレンジのガーベラの暴走を防いでくれているのが、名脇役のユーカリの葉と感じてしまいました。細く白みがかった葉が花器とガーベラの間にあることで随分落ち着いた雰囲気になっています。そのお陰で黄色い金魚草も柔らかい感じを受けます。

生け花を知らない私ですが、生け花の凄いところは前後左右、それこそ上方から見ても美しいことに驚嘆することが多くあります。今週の生け花は正面から見ると、大きなモンステラの葉もどこにあるかさえ判りませんし、スプレー菊も分かり難い状態でした。

Th_294

2階のスペースは元々、公衆電話の設置を予定していた場所ですので、三方が囲まれた場所で、生け花の魅力を最大限に出せない場所となっています。 今回は誰もいないのを確認して、生け花を真横にして撮影してみました。どうでしょうか正面とはまた違う雰囲気ではないでしょうか? (生け花クラブの皆様には内緒でしたが、撮影後はちゃんと元の位置に戻しましたcoldsweats01

本土の方では染井吉野の桜前線が北上を続けていると思います。私もこの時期は染井吉野の咲く花道を歩きたくなります。この季節の表現する言葉に「花冷え」があります。素敵な言葉ですね。この言葉の通り春先は気候が安定せず、急に冷え込んだりしますので体調管理は十分行って下さいね。

<花材:ユーカリ、金魚草、ガーベラ、スプレー菊、モンステラ>

2017年4月12日 (水)

健康管理は日々の体重測定から

日頃、余りダイエットなどを考えていない私ですが、日本医師会報に「健康長寿を延ばすためには適正な体重管理は日本型食生活と運動で」というパンフレットが入っていました。普段は外科的なこと以外はスルーするのですが、前々回に健康長寿の話をブログに書いたので(http://omoromachi.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/post-7925.html )読んでみました。なるほどと思える点も多かったので要点を書いてみます。

体重管理や生活習慣病予防のためには、食事の管理を運動が重要であることは皆様方もよくご存じだと思います。

これまで食事の摂取カロリーの基準は性別・年齢・身体活動にあわせて、1日の摂取カロリーは○○○カロリーから○○○カロリーとしてエネルギー量の基準値を用いていました。 しかし毎日の食事の取り分をいちいち計算して食べたり、どれぐらいのカロリーを消費したのかなどを小まめに計算して栄養管理を行っている方は殆どいないと考えます。

Th_552dace8b668d3a874a464c5947bde0b これを読まれている殆どの方は成長期を終えたでしょうから、エネルギーの摂取量と消費量のバランスで体重の増減が決まります。国は2015年から食事摂取基準のエネルギー管理をBMIを基準とした指標に変えました

私達は肥っているか肥ってないかを単純に体重だけで考えがちですが、60Kgの方が肥っているのか痩せているのか判断出来ません。その人の身長が180Cmならやせ形でしょうし、150Cmなら小太りなはずです。
そこで登場するのがBMI(ボディー・マス・インデックス)という指数で、身長と体重から肥満度を表しています。 体重(これはKgの単位)÷身長(これはメートル単位)÷身長で計算します。 (160Cmで60Kgなら BMI=60÷1.6÷1.6で23.4となります)

日本人の体重の望ましい値をどの程度にするかを、多量のデーターを元に判定しています。総死亡率がもっとも低かったBMIを基に、疾患別の発症率・死因などを総合的に判断して、分かり易いように単純化して示しています。

具体的なBMIの目標値はとなると:18〜49歳のBMI基準値は(18.5〜24.9)、50から69歳までは(20.0〜24.9)、70歳以上では(21.5〜24.9)となっています。 どの年代でもBMIで25以上なら肥りすぎとなります。 この値のもう一つは、「肥りすぎはよくない」けど「痩せすぎもよくないよね」ということを暗に示しています。 年齢と共にBMIの下の基準値(低体重)が高くなっているのは、高齢者では衰弱による体重減少などもありますので、低体重により厳しい基準を設けているのです。

平成27年度の国民健康・栄養調査においては、BMIが25以上の肥満は男性で29.5%、女性で19.2%です。日本人の肥満者は年々増加を辿っています。その原因は過食、特に脂肪が多い欧米型の食生活と運動不足によるものと考えられています。日本人のライフスタイルは戦前は低栄養・高活動性から戦後は高栄養・低活動に急速に変化したことによるといわれています。

BMIの増加に伴い内臓脂肪が増加します。内臓脂肪の増加は糖尿病、脂質異常症、高血圧などの生活習慣病の悪化を招き、心筋梗塞や脳卒中などのリスクを高め,ひいては健康寿命を短くしてしまいます。

ダイエットなどの知識は殆ど持ち合わせていませんが、ダイエットの為には食事と運動という習慣を長期で見直さなければいけません。それこそライフスタイル変える程のことが必要ですので、巷で沢山ささやかれている○○ダイエットなどで急速に痩せるようなことは決していいことではないと考えています。ローマは1日で成らずですが、ダイエットも1日で成らずなのです。                                       

肥満の治療の基本は食事療法で、6ヶ月かけて3%の体重減をTh_587854 目指す程度がよいとされています。極端なダイエットはカロリーだけでなく必要な栄養素不足を招き、不健康状態にしてしまいます。偏った食事や極端なカロリー制限による結果はまだ人間の歴史の中で経験出来ていませんので、子供の頃から死ぬまでそのような食生活をしてよかったという証拠もないのです。

具体的な減量を計算してみますと、脂肪組織の1Kgは7200Kcalとなります。これまで食べていた1日量のうち、1日あたり300Kcalを制限すれば、1ヶ月で体脂肪が1Kg減量可能となります。食事を制限すればもちろん体重は減るでしょうが、運動もあわせて行わないと筋力の低下も起こりますので注意が必要です。これまでの身体活動に加えて10分だけ毎日体を動かす「+10(プラス・テン)運動も提案されています。

書店に行けば永遠のベストセラーとなっれいるダイエット本が並んでいるわけですから、簡単ではないと理解しています。 一緒に頑張って行きましょうscissors

2017年4月 8日 (土)

世界を夢みて 50 : リトアニアの新学期は素敵な光景に出会えます

日本では桜の開花の時期に新学期が始まり、今の季節はランドセルを背負った可愛い子供達の登校を見ることができます。

Th_dsc05006 私がリトアニアを訪ねた9月1日は丁度、リトアニアの新学期の開始の日となります。その日の観光に出かけながら、昨日とは違う町の光景がありました。 小学校・中学校の子供さんは、綺麗に着飾った服(制服?)を着て、それぞれが花束を抱えています。そして生徒だけでなく両親も正装して一緒に歩いています。花束を抱えた可愛らしい子供達を見ていると私もつい嬉しくて笑みがこぼれてしまいました。

9月1日はリトアニアの新学期ですが、授業はなく午前中は学校に行き先生に挨拶をして午後からは家族や友人達と遊園地などに出かけるそうです。なぜ子供達は皆が花を持っているの?・・・と思っていたのですが・・・それは学校の先生にプレゼントするリトアニアの習慣のようです。花束を家族で持ってゆく教育環境はいいなと純粋に思いながらこの光景を見ていました。

ちなみにリトアニアの教育制度は、小学校(1〜4年)、中学(5〜10年)、高校(11〜12年)の4−6−2制の場合、9〜12学年をギムナジウムという人文学、科学、技術、芸術などの専門化した教育施設で学ぶ生徒もいるそうです(この場合は4−4−4制)。それ以外に11学年から職業訓練学校に進む制度もあります。大学進学については一般入試試験はなく、上記の最終学年に実地される全国統一試験の結果によって決まるそうです。Th_dsc05016

街を観光して、午後になると今度は沢山の花束を抱えた方を見かけました・・・そう彼らは学校の先生の様です。明日からは子供達の為に懸命に教育をしてくれるのでしょう・・未来の子供達の為に頑張って欲しいものです。

その夜はヴィルニュス市内のレストランで夕食となっていました。入るとレストランは超満員の状態でした。新学期を迎えた子供や両親だけでなく、祖母や祖父と思われる方々を含めての夕食会が開かれ、幾つもの家族が子供達を囲んで賑やかに新学期を祝っていたからなのでした。

日本でもこのような習慣があれば素敵だろうなと思いながら過ごしたリトアニアでの9月1日でした。

2017年4月 5日 (水)

ウンチの状態のチェック

今日のFM放送は「過敏性腸症候群」について説明しました。この病態については以前ブログに書きましたので(http://omoromachi.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/post-221e.html )、今日は私達のウンチについてのうんちく(蘊蓄coldsweats02)を話したいと思います。

Th__6 よく便は「健康のバロメーター」と言われています(まあ、沢山のバロメーターが言われていますが・・・)。
・・・排便後、直ぐに証拠隠滅を謀りたいと思うかも知れませんが、流す前に自分の便の状態をチェックしましょう。

<回数>排便の回数は人によりまちまちです。便通は毎日ある方が多いと思いますが、1日おきあるいは2日おきでも、特に腹痛などもなく日常生活に支障なければ便秘とは言いませんし、逆に1日に数回あっても下痢とは呼んでいません。

<量>便の量はもちろん食べる量にもよりますが、1日辺りで平均して150〜200gといわれています。日本人の方が一般的には欧米人より多めと言われていますが、多くは食事の繊維質の量が関係しています。

<形状>便の中に含まれる水分量は70〜80%で、残りの固形成分の中で多いのは私達の食事成分よりも、大腸菌などの菌と菌が死んだ残渣が多いのです。 便の形を決めるのは主に便の水分量によることになります。便の中の水分量が増えて、80%以上では「泥状」となり、90%以上になると「水様便」となります。70〜80%はバナナ状の便となり、70%以下の水分なら硬いウンチ、更に水分が減ると山羊やウサギのようなコロコロ便になってしまいます。 病的なものとしては上部消化管の出血で起こるネットリとした黒色便、腸の慢性炎症で起こる「粘液便」などは早めに医療機関を受診する必要があります。

<色>一般的な便の色の表現としては黄茶色の便ということですが、これは肝臓から排出される胆汁による色となっています。胆汁が排泄されないような閉塞性黄疸などは便の色が白くなるため「白色便」と表現されます。同じ正常便でも、便の通過時間が短ければ黄色に傾き、長ければ茶色が強くなります。 緑っぽい便はこの胆汁酸の回収が上手くいかない場合や細菌性腸炎などの感染を伴うと起こります。 血液は最初は赤いですが暫く経つと酸化されて黒っぽくなります。 ですので、肛門に近い部位での出血は赤い色が強く(イボ痔などや直腸からの出血など)なります。それに対して、胃や十二指腸などからの出血は便になるまでに酸化を受けて黒っぽくなります。

・・・便からも色々なことが分かるわけです。短い間ですが共に過ごした仲ですので流す前にチェックをする習慣をつけたらいいのではないでしょうかhappy01

2017年4月 2日 (日)

世界を夢みて 48 :リトアニアの首都ヴィリニュス(1)

Th_ フィンランドのヘルシンキからバルト三国を南下し、ラドビアの国境を超え、リトアニアの精神的な聖地である十字架の丘を通り、リトアニアの首都ヴィリニュスに入りました。同国の最大の都市で人口は56万人程度だそうです。バルト三国で唯一の海に面していない首都ですが、ヴィルネ川とネリス川沿いに位置し、かつては船による交通の要所でありました。

多くの首都は国の中心部にあるのですが、ヴィリニュスは国の東南の外れに位置しています。ただこれは現在の国境が変わったからで、かつてはリトアニア大公国の時代にはやはり国の中央にあったとのことです。各国が国境を接するヨーロッパ、特にバルト三国を始めかつての東ヨーロッパ諸国の運命は複雑です。

さてこのヴィリニュスも見るべき場所が沢山でした。1994年に旧市街はTh_dsc04934 ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録され、2009年には欧州文化首都にも選ばれた美しく文化に溢れた都市でした。見所も満載で2日間滞在しましたが、それでも全然足りませんでした。

街の外れの小高い丘にはかつてのヴィリニュス城の城壁と西の見張りの塔(ゲディミナス塔)が残っていてます。小さなケーブルカーで昇って行けますが、高くありませんので徒歩でも大丈夫です。 ここは特に旧市街を一望できる絶景ポイントでもあり、後Th__3方には新市街も見渡すことが出来るため、初日の観光では街全体を把握するためにも先に訪れる方がいいと考えます。

城壁から旧市街を見渡すと、木々の緑と赤い瓦の屋根、教会の尖塔があり、他のバルト三国の景色に近いと感じられました。しかしタリンやリガのようなハンザ同盟の影響は受けていない文化圏であるとされています。

旧市街地にはゴシック、ルネッサンス、その後のバロック建築の様式の建物が所狭しと建っています。 そこから東側の山の斜面に大きな十字架が立っている、「3つの十字架の丘」があります。昔フランチェスコ修道会の僧侶が殉職したことに対して17世紀に建てられたそうですが、この十字架もスターリンによって破壊されてしままいます。しかし独立後1989年に祈念碑が再建されています。

Th_dsc05005 ゲディミナス塔の眼下にある大きな教会が、街の中心のヴィリニュス大聖堂です。13世紀に当時の王様がキリスト教を受け入れた時に最初に建造された主教座教会だそうです。かなり大きな建物で、広場も大きく尖塔も建っています。内部も美しい装飾があり見学か可能です。

ヴィリニュスには沢山の教会があり、有名な大学や博物館もあります。今日はまとめることが出来ませんでしたので、何度かに分けてブログに記載したいと思います。

« 2017年3月 | トップページ