フォト

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月31日 (金)

今週の生け花(平成29年3月第5週)

Th_img_5621 平成29年3月31日と年度末最後の日を迎えています。新人職員だけではなくて多くの方が新年度の準備などで忙しいと思います。特に明日から出勤の職員はドキドキしながら準備を進めているのではないでしょうか? 

明日は土曜日ですので、私達の所では4月3日から10名程度の新採用の職員達が約2週間のオリエンテーションを受けることになっています。
私の方も何か喋らないといけないようですので、「私の様な大人にならないように努力をして下さい」・・・とでも話をしようかと考えていますが・・coldsweats01                    Th_2935

今週もいつもの2階に場所に生け花クラブの皆様がお花を飾ってくれていましたheart04

もうすぐ4月を迎える季節にぴったりの温かみのある生け花です。チューリップがあるだけでとても華やいで春を感じさせてくれます。ずっと以前、この時期に長崎のハウステンボスでみたチューリップは素敵だったなどと思い出している所です。

Th_2935_2 今回は丸い茶色の花器と合わせるようにサンゴ水木の枝がすくすくと上方に伸びて、その先に新緑の若葉が顔を覗かせているのも春を感じさせてくれています。花器を包み込み様なハランの葉もアクセントをつけてくれますし、小さな黄色の花をつけた小菊も控えめながら春を演出しています。

さあ、明日から新年度がスタートします。この生け花のように明るく輝きたいものです(頭頂部は既に輝いていますが・・・crying)。

<花材:サンゴ水木、ハラン、チューリップ、小菊>

2017年3月29日 (水)

骨の強さは骨密度だけでなく骨質も重要

先週に引き続きFM放送では私達の骨に関わる話し、今週は特に骨粗鬆症について話をしました。主に整形外科で扱う疾患ですので、私の専門分野の外科ではありませんので詳しくはありませんが・・・coldsweats01

高齢化社会と共に問題になっているのが骨粗鬆症による骨折リスクの増大です。骨の強さ(骨強度)は実際の骨の量(骨量、骨密度)と骨の質(骨質)によって決まります。骨の量はレントゲンやMRIなどで数値化され、一般的に骨密度検査と言われ、多くの医療機関で行われています。 一方、骨質は捉えらづらいもので、骨密度以外の骨の微細構造や代謝などが骨質としてまとめられて表現されています。

以前は骨密度の低下が骨折リスクの全てだと思われていましたが、骨密度が低くなくても骨折する方も多く認められたことより、より現実に骨折リスクを判断する為に骨強度という表現が使われています。 

Th_303722 おおよそ骨折リスクは骨密度が7割、骨質が3割関わっていると推測されています。

骨密度の検査はいくつかの方法があり、よく行われている検査です。成人の骨密度の平均値で表す場合が多く、おおよそ80%以上なら正常、70〜80%未満は骨量減少、70%以下になると骨粗鬆症と判断しています。

骨質の検査はまだ確率はされていませんが、主に骨代謝マーカーを血液や尿検査で調べて判定しています。骨代謝のマーカーは骨形成マーカーと骨吸収マーカーに分類されます。簡単に言ったら前者は骨を作る方の値で後者は骨を破壊(脆く)する値となります。

そのために骨密度が正常でも、骨吸収マーカーが相対的に骨形成マーカーより高い場合は骨折の危険が高いと判断しています。

今回は骨の強さは骨密度だけでなく骨質も影響していることを説明しました。

2017年3月26日 (日)

五番街のマリーへ

テレビを見ていたら、阿久悠さんが作詞した曲の特集をしていました。広告代理店でコピーライター・CM作成を手がけながら、放送作家となり、その後作詞家として数多くの作品を世に送り出した方です。

日本レコード大賞での大賞受賞曲を最多の5曲を作詞しています。1971年(昭和46年)の「また逢う日まで:尾崎紀世彦」、1976年(昭和51年)「北の宿から:都はるみ」、1977年「勝手にしやがれ:沢田研二」、1978年「UFO:ピンク・レディー」、1980年「雨の慕情:八代亜紀」・・・どれも昭和の有名な曲です。

Th_01_2 私にとって阿久悠さんの作詞で印象に残っているのは、ペトロ&カプリシャスが歌った「ジョニィへの伝言」と「五番街のマリーへ」でした。いずれもペトロ&カプリシャスの二代目ボーカルの高橋まり(後の高橋真梨子)さんの伸びやかな歌声と共に記憶に残っています。

この2曲とも阿久悠さんの米国への憧れやロマンを感じさせる作風です。唄いながらもアメリカの広大な土地や五番街で暮らす人々の情景が浮かんでくる曲です。

自宅の小さなデジタルレコーダーで私の弾き語りを録音して、綺麗な画像をつけて編集しました。宜しければお聴きください。

">

2017年3月24日 (金)

今週の生け花(平成29年3月第4週)

Th_img_5597 年度末になると慌ただしく、時間だけが空回りするように働いている自分がいます。皆様方も忙しくしているのではないでしょうか?        

この様な中で、いつもの2階の場所に、生け花クラブの皆様がお花を飾ってくれていました。

春は明るく陽気でないと・・・ではなくて、この様に落ち着いた雰囲気の生け花も好きですheart04

カゴのような花器が、落ち着きを醸し出しています。この様に竹で出来たものには柔らかさと温かさがあるように感じられます。

落ち着いただけでなく、その直上に目立つ黄色の小菊が咲きほこり、その延長上にストレリチアの花が自ら光を放ったように輝いています。ストレリチアはTh_2934 ゴクラクチョウ属の単子葉植物で南アフリカを中心に5種類ほどが分布しているとのことです。 ストレリチアの花はあの派手な色の極楽鳥のようでもあることより、極楽鳥花とも呼ばれています。

花器の色に合わせて落ち着いた黒目柳を両サイドに飾りつけることで、より中心の千年木の葉、菊、ストレリチアが更に際立って見えて来ます。

明と暗、光と影の様な今回の生け花・・素敵です。慌ただしい年度末にもホッと心が休まる気が致しました。

<花材;黒目柳、ストレリチア、小菊、千年木>

2017年3月22日 (水)

健康寿命を目指すために

日本人の平均寿命は年々延びています。それは非常に良いことですが、晩年まで健康でいられるかどうかで人生が大きく変わるのも確かです。

いわゆる健康寿命と平均寿命との差が長いほど、不健康な状態で過ごす期間が長いこととなります。健康寿命とは健康で日常的に「介護を必要としない」で「自立した生活ができる」生存期間のことで、日本人の健康寿命は男性71.19歳、女性で74.21歳となっています。対して平均寿命は男性で80.21歳、女性で 86.61です(いずれも厚生労働省「平成25年簡易生命表」より)・・・・と言うことは、男性で9年、女性で12年余り不健康で晩年を過ごすことになるのです。

Th_ 健康寿命を阻害する大きな要因として、内臓脂肪症候群・運動器症候群・認知症が上げられています。
日本で介護保険制度が出来て、その中で要介護や要支援の原因をみていくことで、これらを改善する必要があることも見えて来ます。

(平成16年度厚生労働省国民生活基礎調査より)要介護の要因;脳卒中(29%)、老衰(15%)、認知症(13%)、転倒・骨折(11%)、関節疾患(9%)
要支援の原因;老衰(15%)、関節疾患(18%)、脳卒中(12%)、転倒・骨折(11%)、心臓病(7%)

これから見ても要介護や要支援の原因となるのが、動脈硬化を基礎とする生活習慣病、認知症の他に、骨・関節・筋肉などの運動器の働きが衰えることによることが原因と判ると思います。

私の外科の範囲ではありませんが、整形外科学会では運動器の障害による移動機能の低下した状態を「運動器症候群:ロコモティブシンドローム」と定義し、健康寿命促進のためにロコモ対策として運動指導などを推奨しています。

今回はメタボリック対策や認知症は有名ですが、この運動器症候群も健康長寿には重要であることを説明しました。

2017年3月19日 (日)

誰のために働いているのか

最近の日本の出来事において、情報が隠蔽されたり、重要な資料が破棄されたりと、本来なら守秘義務と共に重要書類の保管など基本的なことが出来ていないことに気づかされます。

Th__2 全てにおいて共通するのは何か?・・・人は皆誰かの為に働いています。更に少しずつ役職が着くとその仲間のために気を遣い働きます。今の日本の多くの問題で、自分の仕事・地位が誰のためにあるのかが見失われていることが原因のように思えてしまいます。

防衛省における日誌の隠蔽。スーダンに送り込まれた若者たちは日本の為にと危険な任務に就いています。もしもの時には彼らの命が危ぶまれることもあります。その現場から危険な戦闘行為があると報告されたら、真っ先に隊員の命を考えるのが上層部の役割です。国会議員への忖度で自分の部下を危険にさらすならもってのほかです。

今、世間を騒がしている森○学園の問題。 与党は火の粉が自身に罹ることを心配して、国会招致に応じないとしていたのが、親分がバカにされたと一転証人喚問を承諾。真相解明のためでなく、親分がバカにされたから招致などと言う・・・ヤクザの世界でもあるまいしangry。 

野党も野党で情けない。色々な問題がでる度に、与党の攻撃材料としか考えていない。いったい何が問題なのでしょうか? 国有地を破格の値段で売り払った経緯や理由、重要書類の消去などが大きな問題なのです。国有地は国民の財産であって財務局などの役所や政治家のものではありません。そこにも誰のために働いているのかの問題意識が欠如しています。

もう一つこの学園で行われている教育内容です。この様な極端な思想を持って子供達を育てたら戦前と同じです? 教育勅語がいい?・・なかには当たり前の常識的なことも書いてあります。だからいいのではなくて戦争へと繋がった役割を考えないといません。まさに木を見て森を見ずです。 なぜこの様な学園が認可されているのか・・・これも重要な問題です。

いったいこの国のお偉いさん方は誰のために働いているのでしょう。 日曜日にそのようなことを考えながら仕事場に向かっています。

2017年3月17日 (金)

今週の生け花(平成29年3月第3週)

はや3月も中旬となりました。少しずつ温かくなってきましたが、年と共に私自身の耐寒性が落ちているせいで寒く感じてしまいますcoldsweats01             Th_img_5584

この時期になると、桜(染井吉野)の開花予想が発表され、皆が春の訪れを待ちわびている状況かもしれません。 染井吉野のあの美しさ、儚さは何とも言えません。 ここ沖縄では寒さが厳しくないために染井吉野は花を咲かすことはありません。 沖縄の桜と言えば避寒桜で、1番寒い1月の下旬から2月にかけて開花しますが、桃のようなピンクの花で、花弁ごと散るので染井吉野の「風に舞う」様な風情はありません。

今週もいつもの2階の場所に生け花クラブがお花を活けてくれていました。見た瞬間に・・「おう!桜だ」と思ったのですが、染井吉野より少しピンクが入った白の可憐な花で、違う品種の桜です。
Th_2933 この花は「啓翁桜」という品種で、1月から2月にかけて花を咲かせます。お正月やこの季節の卒業式などにフラワーアレンジとしても重宝されているようです。啓翁桜は昭和5年頃、良永啓太郎さんが、中国系のミザクラを台木にして、ヒガンザクラ(彼岸桜)の枝変わりとして誕生させたそうで、この啓太郎さんの「啓」を取って啓翁桜と命名されたようです。 

今回は花器の白さとこの啓翁桜の白がマッチしています。花器の上に葉形が美しい千年木の葉を並べ、その上に紫の小菊を配置しています。更に、すっと一筆書きしたようなシャープなヘリコニアがアクセントをつけてくれています。

あと少しすると本土の方では染井吉野の開花が始まるのでしょう。私も花弁の舞う景色に身を置いてみたいです。

<花材:啓翁桜、ヘリコニア、小菊、千年木>

2017年3月15日 (水)

世界を夢みて 47 ; リトアニア:十字架の丘

ラドビアの首都リガから南下し、バルトのベルサイユとも言われる、格式のあるルンダーレ宮殿を見学後、かつてのラドビアとリトアニアの国境線もこのまま通過してしまいます。

Th_

のどかな田園地帯が続きますが、国境の近くに、リトアニア人にとっては象徴的な聖地となっている「十字架の丘」があります。ラドビアの首都リガから、リトアニアの首都ヴィルニュスを繋ぐメイン街道の近くにあり、リガやヴィルニュス辺りから日帰りでバスに乗って来る観光客も沢山いるようです。時間のある方は近隣のシャウレイと言う街に宿泊するのもいいかもしれません。

Th_dsc04664 この国道に、十字架で出来た看板があり、そこを左折して暫く平坦な畑の中を進んでゆきます。考えて見たらバルト三国の多くは東ヨーロッパからの堆積で出来た様な場所で、高い山はなく平坦な道が続いているのです。

間もなく駐車場に着き、バスを降りると、観光案内所や売店があります。そこには大小様々な十字架も売られています。ここで買って十字架の丘に捧げることも可能です。

売店の横の階段を上り、後は整備された歩道を進むと奥に僅かに隆起した丘に沢山の十字架が立っている光景が見えてきます。

Th__2

無数の十字架がランダムにおかれた印象で、その数に圧倒されてしまいます。無Th_dsc04662宗教家の私としては十字架が並ぶ風景は欧米では墓地をイメージしますが、ここはお墓ではなくて人々の祈りの場所です。5万以上とも言われる形も年代も異なる大小様々な十字架があり、それを奉納した人々の想いが私の胸に迫って来る感じがしました。

感動していた私の横で「何だこんなものか、綺麗でも何ともないじゃないの」という日本人のつぶやきが聞こえて来ました。 確かにこの十字架の意味した歴史を知らないと十字架置き場、瓦礫の山に見えてしまうのかも知れません。

ここリトアニア十字架の丘リトアニア人の信仰と圧制への抵抗のモニュメントなのです。 たんなる十字架置き場と見るか抑制からの人々の自由の闘いの象徴として捉えるかでこの景色の重さに個人個人の思いの違いが出てくと感じました。宗教にかかわらず自由への渇望は人間が持っている本質の部分で、このモニュメントに共鳴するのだと感じました。

Th__3

この場所での十字架の建立の発祥ははっきりはしていないそうですが、1831年のロシアに対する11月蜂起の後と考えられるようです。その時に処刑されたり、シベリア流刑となったリトアニア人を悼んで、人々が十字架を持ち込むようになったそうです。その後ソビエト連邦に支配され、共産主義の名の下の宗教弾圧も始まります。何度もこの場所をソビエト軍はブルドーザーで破壊します。その状況下でもリトアニアの人々は自分達の宗教や文化に忠誠と抵抗を尽くす表現として、この場所に何度も十字架を立て続けたのです。

Th_dsc04659

旅行者の私には計り知れない民族の独立と自由の象徴がこの場所だったのでしょう。2001年に「リトアニアの十字架の手工芸とその象徴」の一つとして無形文化遺産に登録されています。美しい景色ではありませんが、訪ねる価値のある場所かもしれません。

2017年3月11日 (土)

3.11から6年:川の流れのように

あの日から6年目を迎えようとしています。 あの時、私は沖縄で地震が起こったことさえ気がつかないでいつものような朝を迎えていました。 朝の回診を終え医局で見たテレビに映し出された映像に凍り付いたことを今でも思い出します。あの場所で、あの様な経験をされた方は本当に大変だったと思います。

その痛みは6年経って薄れたもの、6年経っても変わらないものがあるのでしょう。6年前の風景、家族、友人を思い出す方も多いのでしょう。 私達は大きな自然の力に対して無力です。 多くを失いながらも少しずつ前を向いて歩いている方々がいらっしゃるはずです。 私などが想像が出来ない中で生きてこられた方々に本当に頭が下がる思いでいっぱいです。

Th_1 その中で今でも故郷に帰れない方々も多くいます。あの原発の事故で帰還出来ない多くの仲間がいます。避難された場所でいじめに遭った子供達のことも報道されています。 地震は残念ながら防ぎようはありません、しかし被害に遭った人々に手を差し伸べるべき優しさや責任は、その地に居合わせなくても持つ必要があると思うのです。 

私は生まれ育った故郷に戻り、医療を続けることが出来ています。このブログで何度も書いたようにこの小さな島は中央の大きな力で翻弄され続けています。地震や災害ではありません、今を生きる人々の無関心の中で、大きな津波にのみ込まれそうな気がしてなりません。 好きとか嫌いではなくて故郷はそれ自体が私自身の一部となっています。

東北大震災を始め地震や災難、自然環境の厳しさや美しさ、人々の優しさ、生活を含め、それぞれの皆様方の故郷を想いながら「川の流れのように」を唄ってみました。美空ひばりさんの代表曲でもあります。作詞が秋元康さんで作曲は見岳章さんです。この曲は私の中で東日本大震災とイメージがいつも重なってきた曲です。

人生は川の流れのようにどんなに抗っても流されてしまいます。決して立ち止まることはありません。それでもどうか穏やかな流れの中で暮らして行けたらと希望するのです。

">

被災された方々へ深い哀悼とお見舞い申し上げ、そしてこれからも共に歩んでいけることを願っています。被害を受けた地域の復興を心からお祈り申し上げます。

2017年3月10日 (金)

今週の生け花(平成29年3月第2週)

南国の沖縄でもなかなか温かくならない3月が続いています。Th_img_5551 皆様方の地方はどのようなのでしょうか?

今週も2階のいつもの場所に生け花クラブの皆様がお花を飾ってくれていましたhospital

今週の生け花は温かみを感じさせくれます。春の温かな光を浴びて優しく咲いています。ちょっとうたた寝したくなる気分です(この様なことを書いたら院長まじめに働けと職員から言われそうですcoldsweats01
Th_2932 光を浴びて黄色に輝くサンシュユ、対称に活けられた金魚草も柔らかく光を発しています。落ち着いた花器の前面に三輪のマーガレットが元気に咲いています。 その後ろに斑点状に広がっている葉がドラセナ・ゴッドセフィアナです。花器とドラセナの落ち着いた色合いのため白色のマーガレットは特に目立っています。

きっと花々も私達のように春を待ちわびているのでしょう。

今週の花材はどれも早春を飾る花々です。季節は巡りまた春がやって来ますheart04


<花材:サンシュユ、金魚草、マーガレット、ドラセナ・ゴッドセフィアナ>

2017年3月 8日 (水)

震災時の緊急搬送法

今日のFM放送は災害時の応急処置について話をしました。以前外傷や骨折、クラシュ症候群についてはブログで書いたことがありましたので(http://omoromachi.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/post-3959.html )、今回は災害救出時の搬送法について書いてみます。当然救急処置の必要な場合は心臓マッサージなどは行った後あるいは行いながらになる場合もあります。

意識のない人間は非常に重いです。訓練時などで、毛布などでくるんで搬送する場合や、担ぐ場合も抱っこするにしても意識がある人は自然に頭や手を保持しながら運び易いようにするのですが、実際に意識のない人の場合はダラリとして運び難くなります。人間はこんなに重いと実感します。

Th_ 1人で1人を運び出すのは、余程小さな子供でなければ抱っこで運ぶことは出来ませんので、引きずりながらでも、安全な場所まで移動することが必要となります。 

下手な絵ですが左に書いてみました。意識レベルが比較的保たれている場合に背負うことが出来れば、長距離の移動も可能です。その場合に途中で急変する場合もありますので、傷病者の両腕を握り締めておくことにします。急に意識が消失しても後ろに転倒することを防ぐことが出来ます。

意識がなくて余震が続く中で危険な場所から移動する場合は、最悪の場合は両手や両足を引きずって移動することもありますが、可能なら左の下段の絵の様に相手の後面に廻って上体をひい上げるようにしながら移動すると相手の二次損傷も防ぐことが可能と考えます。

二人いれば、左の下段の前方をあと一人の方が抱えて持ち上げ、図とは逆に足の方向に進めば持っている二人の視界も保つことができます。交換ずつ行えば、長い距離を移動することが可能となります。この場合も傷病者の胸や腹部を圧迫してしまうため、担架のような平坦な状態で移動できればもっといいと考えますので、ネットなどでも簡易の担架などの作り方もありますので参考にされて下さい。                      Th_365815

あの未曾有の東北大震災からもうすぐ6年です。私達は、巨大地震が何時でも起こりうる日本に住んでいることを改めて自覚しなければいけません。

もう一度身の安全のために日頃から出来ることを確認しておく必要がありますね。私自身も気をつけなければいけません。

2017年3月 5日 (日)

世界を夢見て 46: ルンダーレ宮殿 (ラドビア)

ラドビアからリトアニアに向かう途中(ラドビアの南端)場所に バルトのベルサイユと呼ばれるハンダーレ宮殿があります。リーガを離れて行くとのどかな田園風景が続きます。そんなところにベルサイユを言われても、世界中に「○○のベルサイユ」と称する場所をみることがありましたので、余り期待はしていませんでした。そこに入ると自分の認識を恥じるほどの壮大な建物と広く整理の行き届いた庭園が美しい宮殿でした。

ルンダーレ宮殿はロシアの女帝アンナに愛されたクールランド大公にまでなったロビン公の夏の宮殿として建てられました。建築したのはサンクトペテルブルグの冬宮などを手がけたイタリア人のラストゥレリです。1736年に建築が始まり1768年に完成します。この歳月の中で歴史は動いており、女帝アンナは死亡し、公爵はシベリア流刑になったりしましたが、完成をみます。

Th__8 駐車場から長く続くマロニエの並木道を歩いてやっと宮殿の入口が見えて来ます。時間が早かったのと地理的なことが要因でしょうが、ベルサイユと違い人影も疎らでゆっくりと写真が撮れます。 Th_dsc04582

バロック形式の中庭を通り、入口に向かいます。

チケットを購入し、床を痛めないために入口で靴カバーを履いて、専属のガイドさんと共に見学となります。現在はまだ修復中の段階で、修復の済んでいる2階を見学出来ます。2階に上がる階段は、以前いったことのあるサンクトベルクのエルミタージュ美術館の雰囲気と似ています。

2階に上がり待合室のような部屋を抜けると、公式な戴冠式なども行われた、黄金の広場に入りました。

Th_dsc04387 宮殿の中でも一番豪華な広場かも知れません。ドイツなどから1500人以上の職人が雇われたと言う事です。金箔の漆喰彫刻が四方に散りばめられ、天井画はイタリア人のバロック画家のF. マルティーニとC.ツッキを呼び寄せて書かせたそうです。

Th_dsc04348

奥の青の間、グランドギャラリーを通り抜けると、今度は舞踏会場となる白い広間に入ります。

Th_dsc04360 白は女性の美しいドレスを引き立たせる為に、天井を含めて白で統一されていま す。ここは黄金の間に負けないほど細かな漆喰彫刻が施された空間です。当時の上流階級はこのような場所で優雅に踊っていたのでしょう。

Th_dsc04374_2 白い広間の奥に小さな小部屋の楕円形の磁器の間があります。覗き込むと45個の東洋の磁器が壁に飾られ、滝をイメージして配置しているとのことです。

Th__9 この後も沢山の部屋を回ることが出来ます。その1つ1つにテーマがあり素晴らしい装飾がそれぞれなされています。(全てを紹介したら写真だけで何十枚となりそうです)。この2階から美しい庭園が見えます。広大な敷地に整然と花々が植えられています。宮殿を出て裏手の庭園を散策です。

Th_dsc04540 平坦な土地に細かな舎利の道、その間にバラの花や葡萄のアーチ、植物園、休憩室が広がっています。

Th_dsc04503 隅々まで手入れが行き届いています。庭職人さんがが何名か整備をしていたのですが、広い庭園のため彼らの移動手段は自転車でした。

Th_dsc04557 私もベンチでのんびりと貴族になった気分で、動乱の時代にここだけは異質の空間だったのだろうかと当時のことを想像していました。

今回は何と、この宮殿内のレストランで昼食を取ることが出来ました。宮殿の中の一角で綺麗で華やかな食事を満喫出来ました。

2017年3月 3日 (金)

今週の生け花(平成29年3月第1週)

Th_img_5529 いよいよ3月に入りました。もう春だというのに、何となく寒い日が続いている沖縄です。例年より寒く感じるのですが、直ぐに暑くなると「暑いのは嫌だ」と我が儘を言ってしまう私でしょうが・・・coldsweats01

今週も生け花クラブの皆様が2階のいつもの場所にお花をいけてくれていました。今週の生け花は「はっきりくっきり」という印象を持ちました。それぞれが妥協せず自己主張をしていますが、バランスが良いせいかまとまっています。

桃の節句の時期だけあって、眩しいピンク色のの花が暖かく輝いています。中央部に紫が艶やかなスイートピーの花が咲いていますが、花弁の柔らかさできつい印象は与えません。緑の葉に小さな黄色い花が咲いている菜の花もこの時期ならではですし、これと同色の玉シダの葉の広がりもピンクの桃の花とも対をなしているように感じられます。Th_2931

正面から見るとシャープな花器も横から見るとだいぶ印象が違っています。違いが分かるように斜めからも写真を撮ってみました。随分と違う印象を持たれるのではないでしょうか? 三次元の構図を考えている生け花クラブの皆様の美的センスは凄いです。 私が生けたらそれこそ前後左右バラバラで「芸術は爆発だ」的なお花になりそうですcoldsweats02

これ以上余計なことを書くと生け花クラブの皆様から怒られそうですので退散しますrunrunrun

<花材:桃、菜の花、スイートピー、玉シダ>

2017年3月 1日 (水)

座骨神経痛

今日のFM放送は間歇性跛行について話をしました。以前間歇性跛行を発生する2大疾患の脊柱管狭窄と閉塞性動脈硬化症についてはブログに記載しました(http://omoromachi.cocolog-nifty.com/blog/2014/02/post-9e10.html )。

今回は間歇性跛行とも関連のある座骨神経痛について書いてみます。
座骨神経痛を患ったことのある方は成人の40%近くおり、20%近い方が現在も症状を有しているとのこの報告もあります。その数のみならず実に多彩な症状を出す病態です。

Th_ 少し長くなるのですが、急がば回れで、座骨神経の解剖からお話しします。座骨神経は末梢神経の中で一番太く長い神経です。座骨神経の始まりは、左右それぞれの腰椎の一番下の第4.5番目とそれに続く仙骨の第1〜3番めの神経から出てきます。骨盤の後面を通り、骨盤の後面の筋肉の梨状筋の前面あるいはその中を通り、お尻から大腿後面に出てきます。大殿筋と大腿二頭筋の間を下降して、大腿後面の屈筋群などに枝をだし、膝の後ろを更に下降して、下腿、足部へと繋がって行きます・・・足の短い私でも、きっと座骨神経が私の中でも一番長い末梢神経なのですhappy01 

またこの神経の特徴として、運動神経、知覚神経、自律神経を含んだ複雑な神経であることも症状が多岐にわたる理由です。単純にすると運動神経の異常では筋力の低下や麻痺になりますし、知覚異常なら痛みが出たり、感覚の異常が出たりしますし、自律神経の異常は温感や血流、発汗などにも関与してきます。

これだけ長く、腰部からお尻、大腿部、下腿部、足部まで支配している神経ですので、それが圧迫されたり、炎症を起こすとその領域で多彩な症状を起こすことも、この解剖を知ればご理解頂けるのかも知れません。座骨と付いてもお尻だけの症状ではないのです。

これは腰痛と同様に痛みの状態を指しているのであって病名そのものではありません。腰痛も腰椎椎間板ヘルニアだったり 筋肉の緊張などのよって起こる症状をさしています。
座骨神経痛とは、座骨神経に沿った部分に痛みを感じるために、この神経が何らかの原因で異常を来して痛みとして感じる状態を指しています。

座骨神経痛を来す疾患として、腰椎椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄が上げららますが、神経の走行の異常や圧迫などがあればその部位部位で多彩な症状が出ます。 座骨神経痛の診断や治療は難渋することもあるのですが、まずは整形外科やペインクリニックの先生などに相談して、ヘルニアや脊柱管狭窄などの器質的な疾患がないかを調べて貰うのがよいと考えています。

治療は保存療法が主ですが、保存療法が効果がなく、3ヶ月以上持続する神経痛、進行性の筋力低下が認められる場合、馬尾障害(跛行、疼痛、排尿・排便障害)を伴う座骨神経痛などでは手術療法が選択されるようです。

まあ、何時もの通り私の専門外のことですので、難しいことは分かりませんのでご了承下さいcoldsweats01

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »