フォト

« 今週の生け花(平成29年3月第2週) | トップページ | 世界を夢みて 47 ; リトアニア:十字架の丘 »

2017年3月11日 (土)

3.11から6年:川の流れのように

あの日から6年目を迎えようとしています。 あの時、私は沖縄で地震が起こったことさえ気がつかないでいつものような朝を迎えていました。 朝の回診を終え医局で見たテレビに映し出された映像に凍り付いたことを今でも思い出します。あの場所で、あの様な経験をされた方は本当に大変だったと思います。

その痛みは6年経って薄れたもの、6年経っても変わらないものがあるのでしょう。6年前の風景、家族、友人を思い出す方も多いのでしょう。 私達は大きな自然の力に対して無力です。 多くを失いながらも少しずつ前を向いて歩いている方々がいらっしゃるはずです。 私などが想像が出来ない中で生きてこられた方々に本当に頭が下がる思いでいっぱいです。

Th_1 その中で今でも故郷に帰れない方々も多くいます。あの原発の事故で帰還出来ない多くの仲間がいます。避難された場所でいじめに遭った子供達のことも報道されています。 地震は残念ながら防ぎようはありません、しかし被害に遭った人々に手を差し伸べるべき優しさや責任は、その地に居合わせなくても持つ必要があると思うのです。 

私は生まれ育った故郷に戻り、医療を続けることが出来ています。このブログで何度も書いたようにこの小さな島は中央の大きな力で翻弄され続けています。地震や災害ではありません、今を生きる人々の無関心の中で、大きな津波にのみ込まれそうな気がしてなりません。 好きとか嫌いではなくて故郷はそれ自体が私自身の一部となっています。

東北大震災を始め地震や災難、自然環境の厳しさや美しさ、人々の優しさ、生活を含め、それぞれの皆様方の故郷を想いながら「川の流れのように」を唄ってみました。美空ひばりさんの代表曲でもあります。作詞が秋元康さんで作曲は見岳章さんです。この曲は私の中で東日本大震災とイメージがいつも重なってきた曲です。

人生は川の流れのようにどんなに抗っても流されてしまいます。決して立ち止まることはありません。それでもどうか穏やかな流れの中で暮らして行けたらと希望するのです。

">

被災された方々へ深い哀悼とお見舞い申し上げ、そしてこれからも共に歩んでいけることを願っています。被害を受けた地域の復興を心からお祈り申し上げます。

« 今週の生け花(平成29年3月第2週) | トップページ | 世界を夢みて 47 ; リトアニア:十字架の丘 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。そうですね。あれから6年、あの時私はスーパーの
駐車場にいました。車の中で「あ、目が回ってる!」と思いました
そしたら中から人が飛び出してきて、目の前の土蔵の壁が崩れる
のを見ました。大変なことがおきてる!と思いましたが、そこまで。
あとは停電で、3日間どこで何が起きたのかわかりませんでした。
津波の光景を見たのは3日か4日後でした。それにしても福島から
避難してる子供たちがいじめられるなんて・・・ゆるせません

フーミンさん、こんばんは。

あれから6年ですね。茨城も大きなひがいをうけられたでしょう。ふーみんさんは車の中にいて助かったかもしれませんね。改めて人間は大きな自然の猛威には太刀打ち出来ないことを痛感させられました。

ただれさえ大変な思いをして非難された人への非礼は許すことが出来ません。学校で子供が原発事故でいじめられるのは、その親の教育が悪いからにほかなりませんなりません。
また貰いたくて貰った訳でない保証でお金持ちだと揶揄する方がいるのは許せません。

どうか復興が進む事を願っております。


3.11は忘れることはできません。あの日を境に自分の中で価値観が変わったと思います。
沖縄の辺野古は、自分の中でも気になる問題です。沖縄だけに負担が掛かり他県民は痛みを共有することなく平和を享受している。
多くの国民は沖縄の事を親身に考えていないと思ってしまいます。

川の流れのように~イイ歌ですね。弾き語り~素敵でした(^。^)y-.。o○

シエーンさん、こんばんは。

あの大震災で人生が変わる方も多ったと思います。シエーンさんもその一人だったのですね。阪神淡路の時もそうですが現実とは思えませんでした。
私は沖縄で育ちましたのでこの様に感じるまま書かせていただきました。不快に思われる方いらっしゃると思いますが、お許し下さい。
今の世界の動静は理想や平等よりも多数の意見がまかり通る気がします。

美空ひばりさんの歌を聴くことは殆ど無いのですが、この曲は特別で、震災の記憶と共にあります。被災者に届いて欲しいと願っています。

『川の流れのように』、いい歌ですね。omoromathiさんの歌もまた格別です。歌えるって本当に羨ましいですね。音痴にとっては特に妬けますね~

あれから6年経ちました。しかし、今でもあの日から抜け出せない方も多くおられます。あれだけの大惨事ですから、悔やみっぱなしの方も、、、、。胸が痛みます。関連の記事や写真を見ても、やはり切ないです。せめて原発がなかったら、あの事故がなかったらと思います。人間は人間の作った原発にやられてしまいました。それでも、原発の再稼働も始まりました。恐ろしいです、政治は未来を作ってくれるのでしょうか❔

でんでん大将さん、こんばんは。

子供の頃より歌は好きでしたが、50半ばから始めたギターはなかなか上達しません。ただこの歌は大震災後、故郷に戻れない方々を見るにつけ「ふるさと」がとても意識させられるようになりました。震災後よりとても気になっている歌でした。

あれから6年経っても未だ行方不明者も多く、帰還困難な方も多くいます。帰還が伸びたり、帰還できないのは原発の事故があったからです。なにやら我が国の首相は今年の東日本大震災の追悼で、あえて「原発事故」について触れていません。都合の悪いことは隠蔽したり知らん振り、忘却の彼方のことのように思っているようです。

原発の再稼働については福島の原発事故の処理が終わってから、改めて問い直すべき問題だと思います。検証もしないうちに再稼働・・・私は理解出来ません。次に大事故が起きたら誰が責任を取るのでしょうか? 苦しんでいる多くの方がいるのに無視する姿は好きになれません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/64897040

この記事へのトラックバック一覧です: 3.11から6年:川の流れのように:

« 今週の生け花(平成29年3月第2週) | トップページ | 世界を夢みて 47 ; リトアニア:十字架の丘 »