フォト

« 健康寿命を目指すために | トップページ | 五番街のマリーへ »

2017年3月24日 (金)

今週の生け花(平成29年3月第4週)

Th_img_5597 年度末になると慌ただしく、時間だけが空回りするように働いている自分がいます。皆様方も忙しくしているのではないでしょうか?        

この様な中で、いつもの2階の場所に、生け花クラブの皆様がお花を飾ってくれていました。

春は明るく陽気でないと・・・ではなくて、この様に落ち着いた雰囲気の生け花も好きですheart04

カゴのような花器が、落ち着きを醸し出しています。この様に竹で出来たものには柔らかさと温かさがあるように感じられます。

落ち着いただけでなく、その直上に目立つ黄色の小菊が咲きほこり、その延長上にストレリチアの花が自ら光を放ったように輝いています。ストレリチアはTh_2934 ゴクラクチョウ属の単子葉植物で南アフリカを中心に5種類ほどが分布しているとのことです。 ストレリチアの花はあの派手な色の極楽鳥のようでもあることより、極楽鳥花とも呼ばれています。

花器の色に合わせて落ち着いた黒目柳を両サイドに飾りつけることで、より中心の千年木の葉、菊、ストレリチアが更に際立って見えて来ます。

明と暗、光と影の様な今回の生け花・・素敵です。慌ただしい年度末にもホッと心が休まる気が致しました。

<花材;黒目柳、ストレリチア、小菊、千年木>

« 健康寿命を目指すために | トップページ | 五番街のマリーへ »

」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。今回のストレリチアきれいです。何年か前
八丈島にいったとき、ストレチアの小さい鉢をかったのですが
あ、という間に枯れました。それにしてもomoromachiさん花の
解説うまいです。音声だったら目をつぶってても情景がうかびますよ
かくれたもう一つの才能ですよhappy01

フーミンさん、こんばんは。

今回のストレリチアは特に綺麗く感じられます。八丈島はストレリチアの産地なのでしょうか? 植物を育てるのは難しいですよね。

美的センスのない私がお花の解説をしていますので、全く意味不明なこともあると思いますし、華道をやっている方々からは非難を浴びているものと考えています。 

唄は歌詞に乗せて情景が浮かんでくれたらいいですね。
今、歌の録音と編集をしようとしていますので、編集が終えたらブログでも紹介しようと思っています・・・上手くいけばいいのですが・・

omoromachiさん、こんにちはnote
本州では梅の季節から桜の季節に代わろうとしていますが、
沖縄ではもう桜の花が咲いていることでしょうか。
今週の生け花も、とても落ち着いていて、綺麗ですね。
「明と暗、光と影の様」というomoromachiさんの表現が素敵です。
ブログで交流させていただいている方の中に、竹細工を
していらっしゃる方がいますが、細かく編まれた竹の器は
手仕事の温かさと洗練された味わいがあって魅力的ですねshine

hananoさん、こんにちは。お元気でしたか?

沖縄で桜といえば緋寒桜といって梅の花のようなピンク色をした桜です。一番寒い時期の1月後半から2月にかけて咲きますが、染井吉野のようなものの哀れ的な風情はなく南国らしい明るい花見となります。

竹細工には手仕事による温かみと力を加えたら折れてしまうのではないかという繊細さがあって、私も好きです。

ちょうど今、収録した唄を編集し終えたばかりで、ブログにアップしようと思っていた所です。宜しければ次のブログの唄もご覧下さいね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/65060805

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の生け花(平成29年3月第4週):

« 健康寿命を目指すために | トップページ | 五番街のマリーへ »