フォト

« 世界を夢みて 47 ; リトアニア:十字架の丘 | トップページ | 誰のために働いているのか »

2017年3月17日 (金)

今週の生け花(平成29年3月第3週)

はや3月も中旬となりました。少しずつ温かくなってきましたが、年と共に私自身の耐寒性が落ちているせいで寒く感じてしまいますcoldsweats01             Th_img_5584

この時期になると、桜(染井吉野)の開花予想が発表され、皆が春の訪れを待ちわびている状況かもしれません。 染井吉野のあの美しさ、儚さは何とも言えません。 ここ沖縄では寒さが厳しくないために染井吉野は花を咲かすことはありません。 沖縄の桜と言えば避寒桜で、1番寒い1月の下旬から2月にかけて開花しますが、桃のようなピンクの花で、花弁ごと散るので染井吉野の「風に舞う」様な風情はありません。

今週もいつもの2階の場所に生け花クラブがお花を活けてくれていました。見た瞬間に・・「おう!桜だ」と思ったのですが、染井吉野より少しピンクが入った白の可憐な花で、違う品種の桜です。
Th_2933 この花は「啓翁桜」という品種で、1月から2月にかけて花を咲かせます。お正月やこの季節の卒業式などにフラワーアレンジとしても重宝されているようです。啓翁桜は昭和5年頃、良永啓太郎さんが、中国系のミザクラを台木にして、ヒガンザクラ(彼岸桜)の枝変わりとして誕生させたそうで、この啓太郎さんの「啓」を取って啓翁桜と命名されたようです。 

今回は花器の白さとこの啓翁桜の白がマッチしています。花器の上に葉形が美しい千年木の葉を並べ、その上に紫の小菊を配置しています。更に、すっと一筆書きしたようなシャープなヘリコニアがアクセントをつけてくれています。

あと少しすると本土の方では染井吉野の開花が始まるのでしょう。私も花弁の舞う景色に身を置いてみたいです。

<花材:啓翁桜、ヘリコニア、小菊、千年木>

« 世界を夢みて 47 ; リトアニア:十字架の丘 | トップページ | 誰のために働いているのか »

コメント

院長先生
 こんばんは。
お彼岸に入り、暖かくなってきました。
 今週の生け花「cherryblossomもう、春だよ!」って言ってるように感じましたよ。
啓翁桜とヘリコニアが手をいっぱい広げ、千年木と小菊が白い花器を
引き立てておりますね。
勝手な解釈でお許しくださいませ。

マコママさん、こんばんは。

寒いながらも少しずつ春の足音が聞こえて来るのでしょうか。
2階のこの場所はお花達のせいで、一足先に春のような気配です。

マコママさんの生け花の表現いいですね。私も真似して書いてみたいものです。私の方は何時も変なコメントを書いていますので、生け花クラブの皆様方からは怒られそうですcoldsweats01

早く春が訪れて欲しいですねheart04

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/65023406

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の生け花(平成29年3月第3週):

« 世界を夢みて 47 ; リトアニア:十字架の丘 | トップページ | 誰のために働いているのか »