フォト

« 心に蓋をして生きているのは何故 | トップページ | 今週の生け花(平成29年2月第4週) »

2017年2月22日 (水)

冬場の溺死

今日のFM放送は冬場の寒い時期に起こる病気について話をしました。冬の時期と言えば、インフルエンザやノロウイルスなどのウイルス感染症が増加しますし、寒いために血圧の変動も強くなるため、脳卒中や虚血性心疾患、寒さのため厚着や雪などでの転倒・骨折も増える時期となります。

Th_704705 唐突ですが、水に溺れて死んでしまう状態を溺死と呼んでいます。何となく夏の海水浴シーズンにみられると思いがちですが、溺死は冬場に多いのです。

今や交通事故による死亡者は年間5000人を切るようになったのですが、入浴中の死亡事故は年間1万4000人と言われ、交通事故死よりもずっと多く、その原因の一つが溺死と言われてもいます・・・少しビックリではないでしょうか? 家庭の風呂場で溺れて死亡した人数は統計上年間4000人から5000人に及び、ほぼ交通事故死亡者数と同じ程度となっているのです。

寒さは私達の体に刺激を与え、交感神経が緊張状態となります。急に寒い場所に出たときなどは血圧が30から50mmHgも上昇すると言われています。例えば普段から150/90と血圧が高い方が寒さの刺激を受けると、急に180から200まで最高血圧が上がることになります。それにより、心筋梗塞や脳卒中が増えると言われています。

寒いとやはり暑い湯に浸かりたいと思うでしょう。ここにも落とし穴があります。寒い寒いと思いながら脱衣所で服を脱ぎます(血圧が一気に上がります)。 今度は暑い湯の中に入り込みます(すると急激に血管が拡張し、血圧が一気に低下します)。湯船に浸かりながれ急激な血圧の上昇、低下で意識がなくなる方もいます。 お風呂場は家族でも目に付かないところです。 湯船に入り意識を失い、湯の中で溺死しても誰も気づきません。 家族がお風呂から上がってくるのが遅いと風呂場に行ったら、水の中の沈んでいたということも多いのです。

このような血圧の変動を最小限にするためには、脱衣所の温度をTh_9d755dd57dff77dbdf4281cf2db0a717 上げておくこと、湯に入る前にかけ湯をして暑い温度にならしながら、湯船に入る、出るときもゆっくりを腰掛けたあとに出るなどの工夫が必要かもしれません。

家庭風呂での死亡者の90%は65歳以上が占めていますので、基礎疾患に加えて、高齢やはこの様な温度差に気をつけながら対策を練る必要があると考えています。

« 心に蓋をして生きているのは何故 | トップページ | 今週の生け花(平成29年2月第4週) »

医療」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

家庭の風呂での溺死というのが交通事故死と同じくらいというのでビックリです。

私も最近は湯舟で眠ってしまうことが多くなりました。
気持ちが良くて眠るのだ思っていましたが血圧の低下が関係しているのですね。

そういえば以前テレビでも風呂で眠ってしまうのは危険だと言うのを見たことがあります。
眠ると言うより気を失っているのに近い状態だと言っていました。

入浴時はちょっと気を付けないといけないですね。

omoromachi様
私はシャワーがほとんどで
湯船に入ることがありません。
それでも、溺死がこんなに多いとは
知りませんでした。温泉にいく機会が
あったら、気をつけたいと思います。
いつも大切なことを教えていただき
ありがとうございます。

いちろさん、こんばんは。

家庭でのお風呂で溺死というと、何となく事件などのことが多いように感じるのですが、統計上は交通事故と同じ程度の方が、自宅のお風呂でなくなっていることになります。 ビックリです。

寒い時に湯槽につかるのは気持ちいいのですが、眠ってしまうのは怖いことも多いですし、お風呂でのぼせる状況もあまりいいことではありません。

40度ぐらいの湯加減で10から15分程度がいいといわれています。余り温度差がないようにしなければなりませんね。

nadoyamaさん、こんばんは。

私達沖縄の方は気候のせいもあるのでしょうが、あまり湯船につからない方も多いですよね。
おそらく浴槽で溺死は、私達が考えている以上に多い状況です。もちろんその原因が、脳卒中や心筋梗塞も含まれるのでしょうが、家族がお風呂上がりが遅いと覗いたらお湯の中に沈んでいたというケースが多いのです。

寒い時のお風呂や温泉なども気をつけないといけませんね。

こんにちは🌸

お風呂場での溺死が交通事故死亡者より多いことに驚いております。
私自身、年齢とともに血圧が上がり投薬治療中なのでお風呂には注意してます。
日本の家屋はリビングが暖かいのに、お風呂、トイレは北に作られる家が多いので冬は寒いですね。
お風呂は入る前にストーブをつけて脱衣所、お風呂場まであたため、湯温は40度以上にしません(;^_^A 実際ぬるいですsweat01

夫は基礎疾患はないのですが、とにかく長風呂で困ります。
1時間は出てこないので何回も生きてるか見に行きますdash
夫の入浴のほうが心配で私の血圧がさらに上がりそうですup
今回の先生のお話を夫にも伝え、お風呂で死亡しないよう注意したいと思います。
今回も有意義なお話、ありがとうございましたconfident

らるごさん、こんばんは。

年齢とともの血圧は上昇傾向にありますので、気をつけながら管理をして下さいね。
仰るように、お風呂とトイレは北の寒い場所、居住区より寒い場所が多いですね。 脱衣所などが寒いと急激に血圧が上昇しますので、日頃から血圧の高い方は特に気をつける必要があります。

ご主人の長風呂は困ったもので・・・ついつい気持ちがいいものですから長く浸かりたくなります。1時間も浸かっているとのぼせてしまいますし、逆に体力も消耗しますので、長風呂なら半身浴とかを組み合わせることが必要だと思います。 家庭風呂なら、脱衣所まで少し空けておいて暖めていたほうが、着替えの時の温度差をなくすと思います。 出た後は水分の補給も行って下さいね。

ご参考になれれば、ご主人にも身近に潜む危険についても説明してください。

こんばんは

たまの飲み会のあった夜、
生活を変えたくない私は
無理にお風呂に入り、
気が付いた時には
湯船で寝ていることが・・・sweat01
ひ~っあぶない、あぶないshock
今のところ大丈夫ですが
気を付けなければ
iいけませんね。

monnaさん、こんばんは。

飲み会後の危険な状況ですねcoldsweats02
飲んでいても身体は脱水のこともありますし、酩酊状態ならお風呂の中で気分が悪くなってもとっさの行動が出来ない場合もあります・・・気をつけて下さいね。
私も病院の当直後の湯船の中で寝込んで気づいたらお湯もぬるくなった状況がありました。流石にこんな時には「こりゃいかん」と思いましたねcoldsweats01

お互いに気をつけてゆきましょうscissors

こんにちは。この通りのことが先日近所で起こりました。78歳
のおばあさんでした。家族が「遅い」と思ってお風呂にいったら
沈んでたそうです。ところで私5~6年ぶりに大風邪を引きました。風邪を
引かないことを自慢してた矢先でした。weep周りは
「鬼のカクラン」とばかにするし…で、気が付いたことがあります
人間ホントに具合が悪いと医者にいけませんネ。熱はあるし
車には乗りたくないし、かといって救急車ほどでもないし。往診は問題外だし…
そして少し落ち着いてから行きました。いまは、ほぼ元通りです
この時ほどomoromachi先生の丸焼きが食べたいと思った事ありません
でしたhappy01

フーミンさん、こんばんは。

この時期には特に湯船の中での溺死は気をつけないといけませんね。

あらまぁ!フーミンさんも普通の人と同じ様に風邪をひいてしまいましたか。確かに余りにきついと動くことも大変ですので、家族が無理に連れ出さないと病院へは行けませんね。 

私の方は昔は赤みの多い肉でしたが、今では霜降り肉のように脂がのっていますので、フーミンさんに食べられないように気をつけて行動しておきますcoldsweats02

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/64925531

この記事へのトラックバック一覧です: 冬場の溺死:

« 心に蓋をして生きているのは何故 | トップページ | 今週の生け花(平成29年2月第4週) »