フォト

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月26日 (日)

世界を夢みて45 :  グートゥマーニャの洞窟 マイヤの墓

Th_dsc04047 ラドビアのリガから車で1時間ぐらいの場所に、ラドビアのスイスと呼ばれる、小高い山並みと深い渓谷と緑が美しい場所があります。スィグルダと呼ばれる地域で、中央をガウヤ川が流れています。バスで眺めていても所々に木製で出来た階段やアスレチックが楽しめるようなロープが張り巡らされている箇所が何カ所かみえ、そこをスポーツウエアや山岳用の服を着た人達が歩いていたりしていました。ロープウェイや観覧車もあるようで、多くの方が自然を楽しみに訪れているようです。

Th_dsc04048 ガウヤ川はリーガのあるバルト海まで注いでいて、交通の要所でもあったようです。 先住民のリーヴ人が最初に住んで、13世紀にかけて帯剣騎士団によって占拠された後はこの川を挟んで、西側がリーガの僧正領となり、東側が騎士団領となったとのことです。その対岸に沢山の城が築かれて今は観光の名所となっています。

Th_dsc04069

スィグルダ城祉とトゥライダ城の間にグートゥマーニャの洞窟(Gutmana Ala) があります。

Th__6 高さが9m、奥行きが14mで、奥間で光が届きますので洞窟というよりは洞穴に近い感じでしょうか。この壁には一面、それこと上から下まで入り口から奥まで色々年代の沢山の恋人達の「寄せ書きが」書かれているのにびっくりします。その中には16世紀の恋人達の名前もあるそうなのです。

そこから少し離れた場所には、菩提樹の木の下にトゥライダ・ファザの墓(Turaidas Rozes Kaps) があり、週末になると式後の新婚さんが洞窟とこの墓を訪ねてお参りをするそうです。

Th_dsc04081 それは、トゥライダのバラといわれたマイヤさんのお墓なのですが、その悲劇の伝説があったのです。
年代は忘れましたが16世紀の恋人達の寄せ書きもありますので、それ以前の話と思います(間違っているかも知れませんが旅行中に聴いた話しです)。スエーデン軍がトゥラリア城を奪取した時の話です。トゥラリア城の庭師の若者と絶世の美女と呼ばれたマイヤが恋に落ち、結婚することになっていました。その二人の待ち合わせ場所が、グートゥマーニャの洞窟だったのです。彼はマイヤに愛の誓いとして自分の大切な短刀を渡します。 その美女をみていたトゥラリア城のスウェーデン兵が恋人の名前で嘘の手紙を出し、その洞窟に誘い出します。 そのスウェーデン兵がマイヤを襲おうとした時に、恋人から貰った短刀を差し出し、「愛の力で私は死にません」といいながら自分を刺すように嘆願します(これは操を守るために死を覚悟して嘘をついたとのこと)。 そしてその兵士はマイヤを刺して殺してしまうのです。始めその短刀から恋人が容疑者として捕まるのですが、その後真犯人が捕まり処刑されます。

この様な伝説のために、愛のために自分の命を捧げたマリヤの純白さを崇めるようになり、その後この場所は、恋人達の聖地となったとのことです。 今でも結婚式を挙げたカップルはこの洞窟を訪れて、お墓にお花を添える習慣が出来たそうです。

この洞窟の横には綺麗な湧き水が出ていて、今でも飲めます。この水を飲むと美しくなれるそうです。女性の方は飲まれていました。私は・・と言えば、これ以上美しくなると男性から襲われそうですので止めましたcoldsweats01

2017年2月24日 (金)

今週の生け花(平成29年2月第4週)

2月も後半になりました。今年の沖縄は寒いのか暑いのか分Th_img_5523からなくなってしまいます。 体は1年の季節のダイナミックな変動には順応出来ても、1日の単位で気温がコロコロと急激に変化するこの時期は体調を崩してしまう原因ともなります。

今週も生け花クラブの皆様が、2階のいつもの場所にも生け花を飾ってくれています。もちろん総合案内や外来の多くの方が目にすること出来る場所にも飾っているのですが、この2階のあまり目立たない場所にも生けてくれています。 恥ずかしがり屋な私としてはcoldsweats01、写真を撮るのを他の方にみられるのが恥ずかしいので、人通りの少ない時間帯を狙って撮っています。

Th_2924 今週の生け花は、撮っている私と違って威風堂々としています。茶色の口が広い花器の延長上の左右に石化柳の頑丈な枝が伸びていて、力強さを感じます。枯れ枝に見えるのですがその先に青い葉が芽吹いています。春の力強さを感じさせてくれます。

まだ蕾の状態の椿の濃い緑も全体を引き締める効果があります。その上方に柔らかいガーベラ孔雀草の花が添えられ、温かみも与えています。 

今週の生け花は剛柔を混ぜながら、冬から春に向かう意志を感じる生け花達ですshine

<石化柳、くじゃく草、ガーベラ、椿>

2017年2月22日 (水)

冬場の溺死

今日のFM放送は冬場の寒い時期に起こる病気について話をしました。冬の時期と言えば、インフルエンザやノロウイルスなどのウイルス感染症が増加しますし、寒いために血圧の変動も強くなるため、脳卒中や虚血性心疾患、寒さのため厚着や雪などでの転倒・骨折も増える時期となります。

Th_704705 唐突ですが、水に溺れて死んでしまう状態を溺死と呼んでいます。何となく夏の海水浴シーズンにみられると思いがちですが、溺死は冬場に多いのです。

今や交通事故による死亡者は年間5000人を切るようになったのですが、入浴中の死亡事故は年間1万4000人と言われ、交通事故死よりもずっと多く、その原因の一つが溺死と言われてもいます・・・少しビックリではないでしょうか? 家庭の風呂場で溺れて死亡した人数は統計上年間4000人から5000人に及び、ほぼ交通事故死亡者数と同じ程度となっているのです。

寒さは私達の体に刺激を与え、交感神経が緊張状態となります。急に寒い場所に出たときなどは血圧が30から50mmHgも上昇すると言われています。例えば普段から150/90と血圧が高い方が寒さの刺激を受けると、急に180から200まで最高血圧が上がることになります。それにより、心筋梗塞や脳卒中が増えると言われています。

寒いとやはり暑い湯に浸かりたいと思うでしょう。ここにも落とし穴があります。寒い寒いと思いながら脱衣所で服を脱ぎます(血圧が一気に上がります)。 今度は暑い湯の中に入り込みます(すると急激に血管が拡張し、血圧が一気に低下します)。湯船に浸かりながれ急激な血圧の上昇、低下で意識がなくなる方もいます。 お風呂場は家族でも目に付かないところです。 湯船に入り意識を失い、湯の中で溺死しても誰も気づきません。 家族がお風呂から上がってくるのが遅いと風呂場に行ったら、水の中の沈んでいたということも多いのです。

このような血圧の変動を最小限にするためには、脱衣所の温度をTh_9d755dd57dff77dbdf4281cf2db0a717 上げておくこと、湯に入る前にかけ湯をして暑い温度にならしながら、湯船に入る、出るときもゆっくりを腰掛けたあとに出るなどの工夫が必要かもしれません。

家庭風呂での死亡者の90%は65歳以上が占めていますので、基礎疾患に加えて、高齢やはこの様な温度差に気をつけながら対策を練る必要があると考えています。

2017年2月19日 (日)

心に蓋をして生きているのは何故

心に蓋をして生きている・・・大げさではなくて皆それぞれが持ち合わせている感情かも知れません。

Th_04 生きて行く中で辛いことや思い出したくない,自分を許せないことを経験します。 それを書いたとしても何だこんなこと・・と言われだけだと思っています。 その苦しみの中で、勝手にもがく自分がいます。 

何故許せないのか今もって分かりません。結論を出して、この亡霊から逃れた瞬間に身が軽くなる代わりに、自分の一部が消滅するのではないかと恐れているのです。

本当は単純なことかも知れません。自分でことを複雑化して追い詰めてしまう、人間って不思議です。 悩むべきか悩まざるべきか・・・結局は悩んでしまっていますcoldsweats01

こんなことを考えていたら、昔聞いたことのある、アリスの「遠くで汽笛を聞きながら」という曲を思い出し、唄ってみました。 何時ものように動画にしてみました、宜しければお聴き下さい。

">

2017年2月17日 (金)

今週の生け花(平成29年2月第3週)

2月も中旬になり、沖縄は最高が24度と先週と比べて寒さがだいぶTh_img_5485 和らいだ様に思えます。寒い地方の方からはお叱りを受けるのかもしれませんが、私の場合、最高気温が20度を切ると寒さのため活動が鈍くなってしまいます(まるで爬虫類のようですweep)。 そろそろ私も活動を活発化させねばなりません・・・happy01

今週も生け花クラブの皆さんが3階のいつもの場所に生け花を飾ってくれていました。今週のは大作で豪華です。

まず目に付くのが左右から伸びたコデマリのアーケードです。その間を今度は左右からクロスするように金魚草を配置しています。 

Th_292 この様に大きく左右を使い分けることが出来たのが、ユニークな形の花器を2個使用したことによります。 それぞれの花器より、清々しいキキョウランの葉と同系色の月桃の葉がリンクしています。蒲色に近い落ち着いた小菊が咲きほこり、その上に白色を基調としたアリストロメリアが可憐な花を咲かせています。

花器の色が黄色の膨張色ですが、全体が華やかなために花器の色が際立って来ないのも素敵です。

なんか大きくて伸び伸びしていて、もうすぐ春が訪れそうな気分ですheart04

<花材:コデマリ、金魚草、小菊、月桃、アルストロメリア、キキョウラン>

2017年2月12日 (日)

世界を夢みて44 : スィグルダ城 トゥライダ城

Th_2016 ラドビアのリガから車で1時間ぐらいの場所に、ラドビアのスイスと呼ばれる、小高い山並みと深い渓谷と緑が美しい場所があります。スィグルダと呼ばれる地域で、中央をガウヤ川が流れています。向かう途中のバスで眺めていても森の中に木製の階段やアスレチックが楽しめるようにロープが張り巡らされている箇所が何カ所かみえました。そこをスポーツウエアや山岳用の服を着た人達が歩いいる様子も見て取れました。ロープウェイや観覧車もあるようで、多くの方が自然を楽しみに訪れているようです。

Th_dsc04005 ガウヤ川はリーガのあるバルト海まで注いでいて、交通の要所でもあったようです。 先住民のリーヴ人が最初に住んで、13世紀にかけて帯剣騎士団によって占拠された後はこの川を挟んで、西側がリーガの僧正領となり、東側が騎士団領となったとのことです。その対岸に幾つかの城が築かれて今では観光の名所となっています。

この日は昼頃より雨模様となり、傘をさしながらの観光となりました。

スィグルダ城祉の駐車場を降りると、公園のように整備された歩道を歩いてゆきます。小鳥のさえずりも聞こえのどかな雰囲気です。ニューキャッスルの石造りの建物が見えて来ました。これがスィグルダ城祉かと思いましたが、この中にはレストランや市庁舎の一部の機能が入った新しい建物のでした。

Th__4

ここを超えて少しなだらかな谷を挟むようにスィグルダ城祉が見えて来ました。Th_dsc04033

スィグルダ城は帯剣騎士団によってリガ城に次いで建てられた城で1207年に建築が始まりますが、戦乱で幾度も破壊、再建され、最後は大北方戦争で破壊されています。今では外壁しか残っていません。

その後ガウヤ川を挟んだ対岸にある、トゥライダ城に向かいました。何かのゲームにでも登場しそうな名前ですが、トゥライダとはリーヴ語で「神の庭」という意味だそうです。この城は元々リーヴ人の王のカウボ城でした。そこをスィグルダ城を造った帯剣騎士団が13世紀に攻め入って破壊した後地に建てられました。その時の司教アルベルトの夏の城として再建されています。

Th_dsc04151

赤い煉瓦の塔が目立つお城で、周りの緑や空の色にとても映える城跡です。

Th__5 司教の夏の城として造られたそうですので、当時教会の権力が如何に強かったが分かる気がしました。奥行きもあり、本丸は現在博物館となっていて、この城の歴史について展示されています。

正面に見えた見張り塔ドンジョンにも昇ることが出来ます。折角でしたので、木の階段や煉瓦造りの螺旋階段を登ることにしました。途中の階段でいったんいろい部屋があり、見晴らしがよく周りが見渡せます。更に頂上まで昇って行きます。そこから城全体や周りの山々やガウヤ川が見渡すことが出来ます。

周りには近代的な建物もなく森や川が見渡せ、周りから小鳥のさえずりも聞こえてきます。当時の司教や騎士団も同じ景色を眺めていたのだろう、どんな生活をしていたのだろうかと想像しながら眺めていました。

スィグルダ城祉とトゥライダ城の間にグートゥマーニャの洞窟(Gutmana Ala) があります。色々な中世の物語りもありますので、それは次回書いてみたいです。

2017年2月10日 (金)

今週の生け花(平成29年2月第2週)

今日の沖縄は寒いです。今年1番の寒さかもしれません。Th_img_5461 最高温度が14度で最低が12度のようです。本土のお住まいの方からは,暖かいと思うのかも知れませんが、風が強かったせいで体感温度はもっと低く感じました。今日大阪から来られた方が、こんなに寒いとは思わなかったと仰っていましたので、沖縄にしては寒いと思います。 寒さに弱い私は冬眠状態で、活動が低下してしまいますcoldsweats01

こんな中いつもの2階に生け花クラブの皆様が生け花を飾ってくれていましたheart04 外来に行きながらこのお花をみて気持ちが温かくなりましたhappy01

ピンク色のスイートピー千年木の葉がとても温かみを与えてくれています。また大柄な黄色い菊とその後ろに暗紫の小菊が咲いています。
おそらくピンク色がとても目立ったのは、花器の色が落ち着いていたのと、青い菊の葉と白がまだら模様に加わった星千年木の葉、上方に目を移すと満作Th_2922 枝と茶黄色の小さな花の間に挟まれたからかもしれません。そのためにピンク色の柔らかいスイートピーと帯状にピンクの色が付いた千年木の葉が鮮やかに浮かんできたのかもしれません。心も少しホンワカとなります。

まんさく(満作、万作、金縷梅)は日本の本州の太平洋側から九州に分布する落葉小高木で、2〜3月に葉に先駆けて花が咲くそうです。いくつかの亜種があり花の色も黄色の花と赤い花があるそうです。マンサクの語源には諸説あるそうですが、枝いっぱいに花を咲かせることより、豊年満作の意味から取ったものと、春一番に咲くことより、「まず咲く」「まんずさく」が東北地方でなまったものとも考えられるそうです・・・これが咲くと言うことは春も近いと言うことなのでしょうか? 寒くても先ずは咲いてみせると頑張ってくれているのでしょうかshine・・・私達もマンサクに負けてはなりませんね。

<花材:マンサク、菊、小菊、スイートピー、千年木、星千年木>

2017年2月 8日 (水)

膝の痛みにサプリメントは?

今日のFMは膝の関節の痛み、主に膝関節の軟骨の経年的使用で摩耗した軟骨により起こる変形性膝関節症について話をしました(整形外科が専門ではありませんので一般論ですが・・)

Th_174949 膝の痛みに対して余りにも多くのサプリメントが販売されています。これを飲めば症状が直ぐに改善するような謳い文句を書いてあるものも見受けられます。では実際はどうかとなると、現時点では効果の判定は不十分ということしか言えません。
おそらく膝の痛みなどに効くと広告されているサプリメントとしては「ヒアルロン酸」「コンドロイチン硫酸」「グルコサミン」「プロテオグリカン」「コラーゲン」・・・などではないでしょうか? ・・・何故これらが消耗した軟骨による痛みに効くと宣伝されるようになったのでしょうか?

一つは如何にもらしい根拠です。実はこれらの成分は関節の軟骨や関節液の主成分なのです。 だからそれを補充すれば関節の軟骨が正常化して症状が改善するとうたいたいのでしょう・・・何となく科学的で理路整然している様にも思えます。

人間は食べ物から色々な体の成分を作ります。例えば栄養素として炭水化物、脂肪、タンパク質として体に入ってきても、それがそのまま私達の体の炭水化物、脂肪、タンパクになるわけではありません。 まずそれらを消化吸収し、最小の単位まで分解処理して(炭水化物→ブドウ糖、脂肪→カイロミクロンなど、タンパク質→アミノ酸)、それを材料として主に肝臓で、私達1人1人のDNAの設計図に沿って、私達自身の体の成分が作られていきます。 

当然ですが、例えば脚の速い馬の肉を食べても私達の筋肉は私達の筋肉にしかなり得ません・・・それと同じですcoldsweats01。 

なぜこの様なことを長々と書いたかというと、外から例えばヒアルロン酸を沢山取ったとしても、あるいは軟骨の付いたソテーを沢山食べたからといっても、これが私達のヒアルロン酸にはなりませんし、すぐに血液の中に入り私達の関節の成分にはならないのです(分子レベルで言うとヒアルロン酸はアセチルグルコサミンとグルクロン酸が結合したムコ多糖類で、消化されてブドウ糖としてし小腸から吸収されています)。

Th_105996 関節の痛み→関節軟骨の消耗→関節成分を食べる→すり減った軟骨が正常化・・・なんて頭で考えるような単純なことは起こらないのです。 まあヒアルロン酸をとって、巡り巡って関節の成分になるかもcoldsweats01しれませんが・・・あまり理論的ではありません。

関節炎などで関節に水が貯まることで更に関節炎の症状が悪化する悪循環がある場合は、炎症のある関節液を抜いた後に、正常なヒアルロン酸を関節内に直接注入するのであれば効果は期待されますが・・・それを飲んでも直ぐに関節に移行するとは思わない方がいいと考えます。

私は全てのサプリメントを否定するほどの知識は持っていませんので、関節の痛みに関しては安易にサプリメントではなくて、整形外科などの専門の医師と御相談されて治療を始める方が痛みの解決への近道と思えるのです。

2017年2月 5日 (日)

夢をあきらめないで;皆の応援歌

岡村孝子さんの代表曲の1つでもあります「夢をあきらめないで」Th_1_2 の発表から今年で30年となります(1987年発表)。

この曲を聴くと、背中を押されて頑張れるような気持ちになれます。この時期は寒い中で受験に臨んでいる方も多いと思います。 その様な彼らの応援歌にも聞こえてきます。

受験生だけでなく、今を生きている私達全てに対する応援歌なのかも知れません。

「夢」って憧れです。これがあるから私達は苦しいときに歯を食いしばって頑張れるのだと思います。あることを始める根源になります。

意識するしないに関わらず、私達は夢の実現、夢に向かい行動を起こしている気がします。

漠然とした夢があって、それを為すために具体的な方向を探って行きます。1つ1つを積み重ねて道筋、希望の光がみてきます。夢が生んだ希望は具体的に私達を動かす力となります。夢を現実の希望へと変えてチャンスを掴むのです。

Th_46_2 時には夢やぶれてしまうことをも経験します。私達の人生はその繰り返しかも知れません。夢破れて傷ついても「夢」は有り続けるのです。破れた夢は苦しさと共存しながら心の奥でひっそりと眠るのです。それでも私達は新たに夢を見続けるのです。

これから受験を向かえている皆さん、卒業、就職、進学と新しい人生を迎えている若い人達・・・いや私を含めたどの年代の人に対しても夢は人生の応援歌なのかも知れません。

自宅で岡村さんの曲を唄ってみました。私の唄はいつものようにゆったりとした唄い方になってしまっています(自宅でノンビリと歌うとテンポも次第に遅くなってしまいますcoldsweats01)・・・動画にしました、よろしければ聴いて下さいheart04

">

2017年2月 3日 (金)

今週の生け花(平成29年2月第1週)

2月に入ると沖縄は球春を迎え、各チームがキャンプを張って基礎作りを行ってゆきます。プロで活躍する方々は、ぎりぎりの所まで体を鍛えあげ、怪我と紙一重まで体を酷使します。Th_img_5425 そこが素人とプロとの大きな違いと思いますが、どうか怪我が無く1年間頑張って活躍して欲しいと願っています。

今週も生け花クラブの皆様が、2階のいつもの場所にお花を飾ってくれていました。元は電話ボックスのつもりで設置したスペースでしたので、生け花を飾っていても外らは気づかないことも多い場所です。しかしながら最近はドックの後やリハビリの後の方がご覧になっていることが多くなりました。今日も2名の女性の方が熱心にご覧になっていました。私もちょっと嬉しい気分ですhappy01

今回の生け花は、赤く直線的な花器に柔らかい緑の花材が対比され面白い構造となっています。 正面から花器を見ると縦長なのですが、それでも安定性があるように感じるのは花器の色合いのせいなのでしょうか? 正面で見るのと斜めではだいぶ印象も違いましたので、斜め横からの写真も載せてみました。

Th_2921 枝分かれした先に緑のつぶつぶの蕾が付いているのが青文字です。 これと共に玉シダの葉が同じ様な緑色で青文字と共に花材の中心として左右上下に広がりを見せてくれています。 下段には余り目立ちませんが紺色の小菊が花を咲かせています。 透かし百合の花はまだ開いていませんので、この花が開くと随分と印象が違って来るのかも知れません。百合の花は大輪ですし、花が咲くと匂いと共に存在感が出ると思います。

日本列島まだまだ寒い日が続くと思いますが、皆様方もお風邪を引かないように体調管理を行って下さいね。

<花材:青文字、透かし百合、小菊、玉シダ>

(追加:百合の花が開きましたので2月4日の開花した姿を追加しました。お花が開くとやはり違った印象となりますheart04Th_img_5445

2017年2月 1日 (水)

体の柔軟性

今日のFMラジオは私達の関節について話をしました。骨と骨の間をつなぐ部分を関節と呼んでいます。人間の体にはおおよそ265個あります。 骨格を支える骨に関節がなければ人間は自由に動けません。 Th_ この骨と骨の間に複数の筋肉が付いていて、その始点と終点を筋肉が収縮することで骨が動き、付随して体が動くことが出来るのです。

この関節の可動域が広いといわゆる、「体が柔らかい」と言う状態になります。
立って前屈をしても手が全く床に届かない方もいますし、手の甲まで届く方もいます(もう長い間運動はしていませんが私もまだ手の甲が着きますscissors)。

人間の関節には色々なタイプがあります。肩関節などは、上腕骨と肩の関節が丸い球状となっているため、左右上下あらゆる方向に回すことが出来ます。
肘や膝などは一方向に曲げることは出来ても反対方向には曲がらないような、蝶つがいのような構造になっています(車軸関節と呼んでいます)し、手首や足首などは鞍馬のような形になっているため「鞍関節」と呼んでいます。

体が柔らかいのは、骨が硬い訳でも、関節が硬いわけでもありません。関節自体が私達の骨格を支えて動かしているわけではありません。関節の前後を支える靱帯と筋肉の問題なのです。
関節の付着部の骨には筋肉と筋肉の延長上にある靱帯があります。実は関節が柔らかいのはそれに着いている筋肉の伸びがよい状態なのです。

基本的に関節の骨と骨の間に付着した筋肉が収縮することで体が動いてゆきます。 筋肉は縮む方へと自然に流れてゆきます。 例えば寝たきりになって、何もしなければ、関節は拘縮し、筋肉も弾力を失って、縮む方向に向かいます。そのため、手や足は体の方に縮む状態となって固まってしまうのです。

体を柔らかくするためには、この筋肉をゆっくりとストレッチして、十分に伸びるようにしてゆきます。これで人間の生活上は十分な可動域が得られます。

Th_3bfc1042b896efe7f566d1b82f2d33a1 これ以上に伸ばそうとすると、今度は関節周囲を被っている強靱な靱帯まで伸ばす必要があります。靱帯は関節の移動を必要以上にならないように抑えています。この靱帯が必要以上に伸びてしまう場合は、脱臼が起こりやすい状態となります。習慣性の肩関節の脱臼やチョッとした欠伸などでも顎の骨が脱臼したりしてしまう状態となってしまいます。

日常の動作では筋肉の弾力を保つことで十分な可動域が保てます。これ以上なると例えばバレリーナのような通常を越えた可動域となります。ほぼ180度に近い股関節の開きとなるのですが、これは筋肉の伸展性に加えて、更に股関節を固めている靱帯も伸びる程の訓練した結果なのです。

・・・と言うわけで、私達並の人間が脚が必要以上に広がった瞬間は股関節の脱臼や骨折などの緊急事態となりますので、無理はしないでおきましょう・・・bleah

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »