フォト

« 今週の生け花(平成29年1月第3週) | トップページ | 脳卒中とリハビリ »

2017年1月22日 (日)

トランプ大統領就任演説

いよいよ45代米国大統領トランプ氏が誕生しました。その大統領就任演説を読みました。まあ在り来たりな文章で、これまでの大統領就任演説にみられた人類に対する崇高な理念や呼びかけを垣間見ることは出来ませんでした。

偉大なアメリカって何なのでしょう?

トランプ大統領は選挙を通して、鬱積した国民の不満を利用し、国民を分断し、相手を罵倒する戦術で、大統領になった方だと考えます。 

Th_dsc07560 大統領演説を読む限り、それぞれの段落を抜き出すと問題ないのですが、全体を観ると矛盾だらけの文章です。「何を言いたいの」と思えてしまいます。

彼は選挙戦で自分の発した言葉の重さを理解していない様です。1つの企業のトップならワンマンでも成り立つこともあるでしょう。
多様な民族、宗教、思想を持っている国民を分断し罵りあうことで勝ち抜いた方が、今度は和解し一つの理想に向かって全ての米国民が希望に向かって出発しようと演説しています。分断は簡単でも和解は難しい思ってしまいます。

米国は大国ですが、経済を始めあらゆる分野で世界と繋がっています。保護主義的なことで一時的に米国が潤うことが出来るでしょう。しかし世界経済が悪化すればいずれ米国の経済に跳ね返って来ると考えるのです。

ただ厄介なのは、取り返しのつかない政策を行っても取り返しがつかない結果が出るまでに時間差があることです。米国(世界)が取り返しがつかない事態になる前に、もう一度私達の理性が負の感情を乗り越えて、理想に向かって修正して欲しいと願うのです(・・・また偉そうなことを書いてしまいました、お許し下さい)。

« 今週の生け花(平成29年1月第3週) | トップページ | 脳卒中とリハビリ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

omoromachi様、こんばんは。

私も就任演説を新聞で見ましたが、
私もomoromachi様と同じ意見です
日本人の多くも米国の保護主義的
な考えを危惧していると思います。

確かに言葉を操って分断しても
その後のしこりが残ってしまい
今後の米国が心配です。

グローバル化が進み米国のみ
が世界の唯一の超大国では
もうないと思いますね。
見守るしかありませんが
私もomoromachi様と同じ様に
願っています。

こんばんは トランプ大統領が考えていること、
極端すぎて、そこからこぼれ落ちている人々を
どのようにすくい上げるかが見えてきません。
私は出来るだけ穏やかで地道な足跡を残す
政策をしてほしいです。

ツクシンボさん、こんばんは。

おそらく多くの日本の国民も何となく昔の貿易摩擦などが生じてしまうのではないか、日本の経済にとってプラスに働かないのではないかと想像していると考えています。

トランプさんはあのような過激な発言をしても最初はまさが大統領になろうとは実は思っていなかったのではと考えていました。大統領選を通して売名行為になるために大統領選で負けても、損はしないと考えていたのかも知れません。

ここまで米国民を分断してしまったので、今後はその修復が大変だと感じます。
確かに見守るしか世界各国は手の撃ちようがありませんが、良い方向に少しでも進んで貰いたいと思います。

nadoyamaさん、こんばんは。

この大統領は極端すぎて泡沫候補と思っていたのですが、鬱積した不満の白人層を中心に支持を広げていったと思います。
今回の大統領演説を読んでみて、これまで世界や民主主義に対するメッセージ性の高い内容や歴代政権に対する敬意を表すことに多くをさいている印象がありました。しかし今回は米国大統領演説ではなくて、支持者演説でしかありませんでした。

nadoyamaさんが仰るように、政策から漏れた人々に対して、どのように接するかが政治の問題ですね。今後は是非とも過激な発言を控えて、地道に国民のための政治をして欲しいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/64790417

この記事へのトラックバック一覧です: トランプ大統領就任演説:

« 今週の生け花(平成29年1月第3週) | トップページ | 脳卒中とリハビリ »