フォト

« 今週の生け花(平成28年11月第2週) | トップページ | ある朝の光景 »

2016年11月13日 (日)

世界を夢みて 37:いつの間にかマリメッコ

ブランド品などの疎い私ですが、最近ヘルシンキ経由で空港の待ち時間に周りの人がマルメッコなる商品を買って帰る方も多く、私もこの独特な花柄の模様を知ることになりました。まあ今回まで、 マメッコ? マルメッコ?、マーメッコ? などと曖昧でしたが、今回の旅行で覚えた単語の1つが「マルメッコ」でもありました(やっと覚えましたcoldsweats01)。

Th_dsc07252 フィンランドを含めて北欧の製品は飾り気よりも実用的で洗練されたシンプルな作品が多いと感じていました。もちろん今でもその様に感じます。余りごたごたしていなくて好きです。

これまで、比較的色も単調だったのが多いと思っていたのですが、この10年前ぐらいから私も知る機会があったマリメッコの大胆な花柄(ウニッコ)が目立つようになりました。このデザインそのものは50年前から使用されていますが、日本で人気が出たのはここ10年程度ではないでしょうか? 日本人にもクッキリした斬新さが受けるようになったのでしょうか。

この大胆な色合いなどは北欧の長い冬に備えた落ち着いた室内を明るくし、とても似合う柄だと感じました。日本の高温多湿な風景と合うのかどうか分かりませんが、素敵な品々です。

Th_dsc03049 ここ数年フィンランド航空内にもグッズコップ、さらには乗務員の制服にもマリメッコが採用されているようです。 Marimekko for Finnair として機内のぺーバーナプキンやコップなどの柄もマリメッコが採用され、斬新だけれど違和感もなく機内に温かみを与えてくれています。このような調和の取れたコレクションに接するのも旅の楽しみです。                         Th_dsc03161

今回、成田からの飛行機の塗装はこれまで通りでしたが、ヘルシンキ空港でフィンエアのウニッコ塗装の機体を見つけました。これも写真に収めました。航空ファンの友人から写真撮ってきてと頼まれたものです。

Th_dsc07366 ついでにヘルシンキ市内のマリメッコの商店も見つけましたのでこれも写真に収めました。マリメッコ期間限定にわかファンの私(coldsweats02)の作品です。 フィンランド市内のスーパーで自分用に買ったペーパーナプキンも北欧の香がしますheart04

この大胆なデザインや色の使い方、ブランドを立ち上げて半世紀以上たっても古さを感じさせないのはやはり北欧の人々のデザイン力の高さなのでしょうか・・confident

« 今週の生け花(平成28年11月第2週) | トップページ | ある朝の光景 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんにちはsun

北欧、いいですね~shine
一生のうち一度は行ってみたいですね。
マリメッコは昔、
友人の結婚式の引き出物でお皿をいただきましたが、
その当時は
マリメッコと知らず、
雑に普段使いにしていました。
が、10年くらい前にこの皿がマリメッコという
北欧ブランドのものと
わかり、友人のセンスの良さと
自分の見る目のなさに軽くショックを受けた
記憶がありますcoldsweats01

フィンランドには世界一不味い飴
「サルミアッキ」というものがあるらしいのですが、
これも、怖いもの見たさで
一度挑戦してみたいですね。

monnaさん、こんばんは。

友人の結婚式の引き出物にマリメッコのお皿が出てきたのですね。私の記憶では日本でマリメッコが流行りだしたのは10年程前からと思いますので、その友人は北欧通だったのかも知れませんね。

どんなに高級なお皿でもしまっては何の役にもたちませんので雑でもいいので日常で使われて初めて役割が果たせます。北欧の調度品は使って初めて良さが分かる気が致します(私自身はあまり持っていませんが・・)

サルミアッキは昔、1個だけ現地で頂いて食べたのですが、不気味な味と匂いでした? 北欧ではよく食べているそうですが日本人には合わないのかもです・・・でも一度挑戦してみて下さいね。

omoromachiさん、こんばんはnote
マリメッコ、大好きです!
定番のウニッコ柄は、年月を経ても変わらず新鮮ですね。
フィンエアには私も2年程前に乗りましたが、マリメッコとコラボした
機内のグッズはどれもデザインがよくて、馴染んでいますよね。
マリメッコの、斬新だけれど洗練された鮮明な色柄は、北欧の寒い冬と
長い夜を明るくしてくれることでしょうし、フィンランドの深い森や湖、
自然を感じさせるようなデザインも、とても魅力的ですね。
omoromachiさんが買ってこられたペーパーナプキンの柄はどれも本当に素敵ですshine
フィンランドを含む北欧デザインは、日本でもとても人気がありますね。
あらためて我が家を見てみると、やはり、北欧のものがいろいろありました。
マリメッコやイッタラは日常でよく使っています。アルネ・ヤコブセンや
フリッツハンセンのイスやテーブルもデンマークですね。
スウェーデンのリサ・ラーソンやクリッパンも可愛らしくて、私は好きです。
こうして見ると、本当に北欧のデザインは素敵なものが多いですねheart04

hananoさん、こんばんは。

マリメッコが大好きでしたか、本当に今でも新鮮で古くささを感じませんね。

機内のコップやブランケットなどもマリメッコ柄でしたが、温かみがあってよかったです。

私は旅先で余り土産を買ったことがないので、今回もヘルシンキのスーパーで見つけたペーパーナプキンなどを買って帰りました。

ブランドに疎い私ですので、やっとマリメッコが間違わずに言えるようになりました。コップなどが綺麗なイッタラはどうにか聞いたことはありますが・・それ以降のアルネ・ヤコブセン? フリッツハンセン?? リサ・ラーソン??? クリッパン???? ・・・見事なまでに初めて聞く名前でしたweep

流石にhananoさんは色々と知っていて改めて凄いなと感心していますhappy01

ブランドは分かりませんが、北欧の家具や調度品のお店を回るとシンプルで使い易い製品が多くてついつい買ってしまうことがあります。今度はゆっくりとマリメッコの店を眺めてみたいです。

omoromachi様、ご無沙汰しております。

音楽も聴きっぱなしでコメントせず済みませんでした
北欧に行かれたのですね、羨ましいですheart04

マリメッコの小物入れを友人から頂いて
重宝しています。あの柄は印象が強くて
目立ちますので、直ぐに見つけることが
出来る利点もありますよ(おっちょこちょい
のririkaはあちこちに置き忘れしますweep

PS:母より「冬が来る前に」懐かしく聴いたそうです
いつものように優しい歌声に感激していました・・
先生に宜しく伝えて下さいとのことでした。

ririkaさん、こんばんは。

こちらこそ、お元気でしたか?
マリメッコの小物入れ頂いたのですね。やはり鮮やかなデザインのウリッコのプリントでしょうか。 赤い色の花柄は目立ちますので、どこにおいてもなくすことはないのではないのでしょうか。それにしてもririkaさんはおっちょこちょいだったのですね(*^-^)

いつも音楽を聴いて頂きありがとうございます。同年代のお母様にも宜しくお伝え下さいねheart04

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/64221913

この記事へのトラックバック一覧です: 世界を夢みて 37:いつの間にかマリメッコ:

« 今週の生け花(平成28年11月第2週) | トップページ | ある朝の光景 »