フォト

« 今週の生け花(平成28年10月第4週) | トップページ | 宇宙酔い(眩暈) »

2016年10月30日 (日)

世界を夢みて 36 : 久々のヘルシンキ

フィンランド航空AY74便は成田を11時に発って、ヘルシンキ到着は定刻通り同日の15時20分到着となりました(日本とは時差が7時間)。 ヘルシンキ空港は北欧らしくとてもシンプルで機能性に溢れた空港で、バブ空港としても脚光を浴びています。 入国審査もスムーズで荷物も直ぐに出てきました。

今回はヘルシンキ駅の近くのホテルでしたので、ホテルに着いてチェックインした直後から行動開始ですrun・・run

以前ヘルシンキに来た時に市内の主要な場所は歩いていける距離だったのと、この時期は日没までに時間があること、夜中歩いても歩行者も多く治安もよかったことの記憶がありました。ヘルシンキは1日で主な観光地が歩いて回れるコンパクトにまとまった街です。

ヘルシンキの滞在はこの日だけでしたので、寸暇を惜しんで歩くことにしました。8月の後半ですが既に気温は20度を切って涼しい風が頬を通り過ぎます。歩くにはとても気持ちのよい気温で久々に北欧の香がしますhappy01

Th_ ホテルの近くにトラムの駅があり、使ってみることにしました。駅近くの券売機から2.2ユーロでシングルチケットを購入出来ます(他にも色々なチィケットがありますが、今回は1回限りですのでこのチケットで十分です)。これは乗り継いでも1時間有効です。ここから5駅ほどでヘルシンキの中心地のヘルシンキ大聖堂に到着しました。 

今回は子供達の催しのため賑やかに飾られた元老院広場があり、長い階段の上に立つヘルシンキ大聖堂の威風堂々とした姿が見えて来ます。市の中央にあるランドマーク的な白亜の教会で、1812年にロシアよって首都がヘルシンキに移った後に建築が始まったそうです。眺めもよく広大なこの階段は市民の憩いの場として多くの方が腰を下ろしてのんびりとしていました。

Th_1990 内部も綺麗なステンドグラスやパイプオルガンがあり、26年前と殆ど変わらない状態でした。丁度外壁工事中で網が張られていましたので、以前の写真も載せておきたいと思います。

この階段を降りてこのまま正面の通りを真っ直ぐ向かうと、Th__3 次第に塩の香りと共に海鳥の鳴き声が聞こえて来ます。 そこは、色々な新鮮食材から民芸品まで揃う青空市場が建ち並ぶ港の広場でヘルシンキでも有名な観光スポットです。私が到着した時には店じまいの方が多かったです。前回は朝早く起きて朝市を訪ねました。北欧の見慣れない魚や色々な魚のキャビア(?)の缶詰などが売られていました。チョウザメではなくて、違う魚の安いキャビアの缶詰を買って帰った記憶があります。今も売られているのでしょうか?

Th__4 マーケット広場から直ぐに西側にはエスプラナディ通りが伸びています。幅広い通りはまるで公園の中を歩いているような雰囲気で、ベンチもありのんびり出来ます。その両サイドには高級ブテックやカフェやレストラン、ライブ会場などが軒を連ねます。

通りの端から北へ向かうと直ぐにヘルシンキ中央駅が見えて来ました。こちらも外観が素敵です。

人の出入りの多い駅の入り口ですので殆どの国ではドアはTh__5 解放されているのでしょうが、ヘルシンキ中央駅の入り口には木製の大きな扉があります。 そのドアを開け閉めして出入りしている人々がいるお陰で駅と判るほどです。 折角なので駅の中やプラットホームを散策。 駅内にウインナーを挟んだホットドッグのような(食事に疎い私は説明出来ませんcoldsweats01)お店がありましたのそこで夕食。食事より街歩きの好きな私は食べたら、またまた街歩きrun・・run

この時期でフィンランドの街歩きで楽しみなのが、市場や道端でベリーやイチゴなど新鮮で色鮮やかな果物が売られている風景です。 色が綺麗で街に溶け込み絵になります。 生ものですので沢山は買えないのですがホテルに帰ってからの楽しみです。

Th_tenppeliaukio_kirkko 流石のヘルシンキも22時頃になると薄暗くなって来ました。街歩きの最後に、閉まっているのは判っていたのですがヘルシンキの観光スポットにもなっている「石の教会(Tenppeliaukio  Kirkko)」まで歩いてきました。ここも26年ぶりの再会です(26年前の内部の写真も載せておきます)。

短時間のヘルシンキ滞在でしたが思い出が蘇ってきました。地図を何度が見ているうちに昔こんな感じで歩いたななどと想いを寄せながら、遠い異国の空気を胸いっぱいに吸うのでした。

« 今週の生け花(平成28年10月第4週) | トップページ | 宇宙酔い(眩暈) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

院長先生
 こんばんは。
御地はもう冷房はいらなくなりましたかしら?
こちらでは今日初めてホットカーペットを入れましたよ。
秋深し・・・初冬ですね。
 ヘルシンキへ2度も行ってらっしゃるのですね。
私は北欧は一度も・・・。
トランジットでコペンハーゲンに数時間(空港内)滞在??
続きを楽しみにしております。

マコママさん、こんばんは。

沖縄もだいぶ?涼しくなり、やっと自宅ではクーラーが必要ありませんでした。ただ車の中や病院はクーラーをつけた状態です。

ホットカーペット暖かくで気持ちよさそうですね。沖縄は余り季節感がないのですが、御地では秋の味覚や紅葉が始まる素敵な時期を迎えているのでしょうね。

今回のヘルシンキはバルト三国に行くための経由でしたが、日没までに数時間ありましたので、ホテルに荷物を預けた後は直ぐに行動開始。そのおかけで半日観光をやった気分になりました。これも前回に歩いた記憶があったから出来たと思います。

これからしばらくはバルト三国やポーランドの旅行記を書いて行きたいと思います。これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。

omoromachiさん、こんばんはnote
あちこちの風景の写真に、2年ほど前に訪れたヘルシンキの街を
懐かしく思い出しながら、楽しく読ませていただきましたshine
確かに、ヘルシンキは首都でありながら、歩いてまわれそうな、こじんまりした街ですね。
街の中心には、自動車の通れない、トラムだけの通りもあったりで、
静かで落ち着いた、環境にも優しそうな感じが好印象でした。
私のヘルシンキ滞在もあまり時間がなくて、「石の教会」などは
未訪問なのですが、またいつかぜひ見てみたいですheart04

まあ!omoromachiさん、フィンランド行ったことあるんですね。
前の弾丸ツアーにまた火がつきそうです。どうしようかな~。
主人はいっさい口出しはしません。嬉しいことに私は「放飼い」なんですhappy01


hananoさん、こんばんは。

二年ほど前にヘルシンキは訪ねてこられたのですね。ヘルシンキの中心地は結構コンパクトにまとまった落ち着きのある街並みですね。今回は時間が夕方でしたので、教会や美術館巡りは出来ませんでした。

北欧の国々は戦後直ぐから社会保障や人や環境に対する意識が高くて、生活しやすい環境にあります。街づくりもこのような計画の元に計画されていて観光客にとっても居心地の良い場所が多いです。

石の教会は今回入れませんでしたが、ちょっと普通の教会と比べてモダンでしたので、hananoさんも次回もし時間があればお訪ね下さいね。

フーミンさん、こんばんは。

この記事で、フーミンさんのオーロラ見学の弾丸ツアーの企画が再燃しましたか?
私は一度は見たいのですが、寒さに弱いので躊躇しておりますweep

フーミンさん野生児ですので、きっと大自然での野放しがあっているのでしょう・・・きっとその当たりをご主人は理解していらっしゃるのでしょう。優しいご主人さんだと思いますよheart04

こんばんわ。
私はフィンエアーはまだ使ったことがありませんが、使い勝手がよさそうですね。
いずれ、ヨーロッパに行くときに利用する可能性もありますので、参考にしたいと思います。
フィンエアーもワンワールド加盟なので、JALのマイレージもたまりますしね。
ポーランドの旅も楽しみにしています。

gloriosaさん、こんばんは。

ヘルシンキ空港ははヨーロッパへのハブ空港として整備されていて、使い勝手のよい空港と思います。北欧らしいシンプルなデザインでトランジェットも迷うことなくやりやすいと感じました。

フィンエアーはJALと同じワンワールドですので、コードシェア便もありマイレージも貯まりやすいです。JAL系列をお使いの場合はフィンエアーは使いやすいと思いますよ。

フィンエアーのサービス自体も余分なものもなく、足りないものもないという感じを受けました。私が今回利用した便は機種が古かったですが、便によって違うでしょうから一概にいいかどうかは分かりませんでした。

今回行った順に旅行記を書きたいので、ポーランドは最後になると思いますが、またお寄り下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/64221911

この記事へのトラックバック一覧です: 世界を夢みて 36 : 久々のヘルシンキ:

« 今週の生け花(平成28年10月第4週) | トップページ | 宇宙酔い(眩暈) »