フォト

« 夏の気になるウイルス感染症 | トップページ | 嘘をつく言葉の軽さ »

2016年7月 1日 (金)

今週の生け花(平成28年7月第1週)

今日から7月に入りました・・・と言うことは2016年も後半戦に入って行くわけです。やりたいことが沢山在るのですがなかなか進みませんcoldsweats01 後半は勢いをつけて頑張らねばですpunch

まあ、この様な個人的なことはさておきと・・・今週もいつもの2階のTh_img_4820 小さなスペースに生け花クラブの皆様がお花を生けてくれていました。

今週の生け花は縦に長く、花器の形が円錐状で思わず宙に浮いているように感じました。ジャックとマメの木ではありませんが、このまま天空へと駆け上がっていけるような気になります。

この蔓状に伸びた枝は房すぐりです。途中にとても綺麗な丸い実が連なっています。 ヨーロッパ原産の落葉生の低木で、夏になると赤い小さな実が実ります。ヨーロッパではよく見かける果樹となります。もちろん食べれるそうですが酸味が強く、ジャムやゼリー、果樹酒として利用されるそうです。

Th_2865_2 日本では北日本涼しい地方で栽培されているようで「房須具利」の漢字をあてるようです。30年まえに夏の終わり頃東欧を旅行した時にブドウより小さいような実がなっている果樹酒を飲んだことがありました。味は覚えていませんが・・weep

全体的な形はニューサイランの葉で整えている様で横広がりにならないのはこの葉の影響かも知れません。緑の葉の花材としてよく使われるルスカスも力強さを感じさせます。全体的に緑の葉が目立つ中で、カーネーションの花が美しく生えています。白の周り赤紫に縁取りされた複色の花びらは可憐で印象的です。そして小さな黄色の花の小菊が名脇役を演じています。

梅雨の真っ只中の地域も多いかも知れませんが、梅雨が明けたら今年は一番暑い夏が待ち受けそうです。 気温ではなくて精神的にはホットな夏を楽しみたいものですheart04

<花材:房すぐり、ニューサイラン、カーネーション、小菊、ルスカス>

« 夏の気になるウイルス感染症 | トップページ | 嘘をつく言葉の軽さ »

」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。沖縄梅雨明けですよね。沖縄の夏ってやっぱり暑いんでしょうか?
最近は茨城の夏も暑いんです。全国的でしょうけど・・・紫色のカーネーション
できたのは、最近ですよね。改良が進んでるんだと思います。サントリーなどは
お酒よりも、園芸に力をいれてるときいたことあります。茨城は今年は空梅雨です
東京の水がめがある利根川上流に雨が降らずに渇水がつづいてるそうです

フーミンさん、こんばんは。

夏の沖縄は暑いです。風はあるのですが湿度が高いのとなんたって直射日光は凄いです。侮ったら直ぐに日焼けします。

今年の茨城地方や空梅雨で心配ですね。余り降らない方が住んでいる人はいいのでしょうが、ダムが心配ですね。

本当ですね、今は色々なカーネーションが出回っていますね。色々な企業も園芸や農業に参画なのでしょうか?

フーミンさんもこの時期、熱中症に気をつけてお過ごし下さいね。

院長先生
 こんにちは。いつもありがとうございます。
今週の生け花も素敵ですね。
それにしても院長先生はお花の名前に
詳しくていらっしゃいますね。
私はカーネーションと小菊しか分かりませんでしたよ。
すくっと伸びやかなのは房すぐりとニューサイランが
強調されているからでしょうか?

 こちらは連日、真夏日が続き、うんざりです。
もう少し水がめに雨が降らないとお水が心配になります。

マコママさん、こんばんは。

生け花素敵ですよね。いえいえ私はお花の名前を全く知りませんので、いつも書いて貰うようにしています。
書いてくれているとおおよその見当がつく程度です。

マコママさんの所とは今度は空梅雨の様ですね。関東の水瓶での降水量の低下は首都圏の夏の水不足が心配です。
適度に降って欲しいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/63849789

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の生け花(平成28年7月第1週):

« 夏の気になるウイルス感染症 | トップページ | 嘘をつく言葉の軽さ »