フォト

« 言葉にできない | トップページ | 今週の生け花(平成28年6月第3週) »

2016年6月15日 (水)

初めてのビジネスクラス搭乗記:ラウンジ

今はイギリスの旅行記を書いています。以前のようにフイルム時代の旅行では写真を現像して初めてちゃんと撮れていたか判断できました。折角の風景が撮れていない場合もあり悲しくなったこともありました。しかしその都度写真をアルバムに貼って記録に残していたのですが、デジタル写真で撮るようになるとパソコンに放りっぱなしでその後の整理もしないままでになってしまいました。

そのため少しずつ旅行に行った国々をまとめておきたいと思い旅行記をブログに書くことにしました。皆様には稚拙な内容の旅行記を読んで頂き感謝しています。自分の記憶のために書いていますのでご了承下さい。

昨年初めてビジネスクラスによる旅行をしました。非常に格安だったのと時間の調整がゆかず、その日に仕事を終えてから参加することにしたためにその便を選びました。

関空を23時15分出発でドーハに現地時間の4時15分着、それからドーハを7時45分出発、エジンバラに現地時間の13時10着の飛行でした。

まず率直な私の感想です。        Th_ana_2

時間がぎりぎりの私にとっては、飛行機の移動は実にもったいない時間で、あの小さな空間で十何時間過ごすのは楽しみのために必要な苦行と思っていました・・・・それが今回は全く違いました。 飛行機を乗る前からもう夢の様な気分、飛行機に乗っても苦行どころか何時間乗ってももう良いぐらいに変化し、乗り継ぎのラウンジも素晴らしかったのです・・・これで引き返してももう十分な程楽しめたほどでしたcoldsweats02

30才頃に南回りでヨーロッパに出かけたことがありました、当然エコノーミークラスでです。若い私でもやはりちょっとしんどかったのと経由してヨーロッパに着くのが朝早くでした。そうなるとその朝から丸1日の旅行が始まるのですが、足はパンパンですし、着替えも髭を剃って顔を洗うのも結構大変でした(自分で組んだのですから仕方ないですが・・)。

そのことを振り返ると今回は天国でした。ビジネスクラスのラウンジも様々でしょうが、通常のラウンジとは違い、航空会社専用ラウンジは広々としてアメニティも充実しています。 関空へは仕事を終えて那覇から関空に着いたのはぎりぎりでしたので、カタール空港のラウンジはちょっと見学しただけです。基本的にはカタール航空はJALと同じワンワールドでしょうが、関空ではANAと共通のラウンジでした。そこはそれ程大きくはなく他の方の評判をみてもどちらかと言うと豪華ではなさそうです(それでも見学した時にはなる程、これがビジネスラウンジかと感激したのです)。すぐにドーハに向けて機内へ移動。

Th__2 その後、ドーハでの乗り継ぎの間は空港内を散策し、その後ラウンジを利用。2014年に新しくなったハマド国際空港は最新設備を備えた綺麗でモダンな空港でした。カタール航空の本拠地ドーハだけあってビジネスラウンジは超豪華shine。 1階の受付を通りエスカレーターで昇ると、天井も高く、かなりの奥行きもありました。ゆったりとソファーで過ごしたり、本格的な料理も楽しめます。当然無料のWifiも使用出来、メールのチェックなどをしながら過ごしました。大きすぎるラウンジも幾つかのパートに分かれています。奥の方にあるシャワー室も使えますので、その後のことを考えたらさっと汗を流して優雅に過ごすことが出来ます。

隣にいた日本人のカップルが「やっぱ金次第やねん」と会話していました。ちょっとムッとしながらもそれを納得してしまう私でありましたweep そうそう、これから向かうのはシェイクスピアの生まれたイギリス。 「ベニスの商人」のシャイロックの様にならないようにせねば・・・ですhappy01

(簡潔にまとめることが出来ませんでしたの幾つかに分けて書きます・・ご了承を)

« 言葉にできない | トップページ | 今週の生け花(平成28年6月第3週) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

いつもステキな旅のお話、ありがとうございますheart01

とてもキレイなラウンジですね。
飛行機内も快適だったようで、「このまま引き返してもいい」と思うお気持ち
なんとなくわかります(笑)

空港も(設備が整ったところであれば)とっても楽しいですよね!
わたしは、「飛べなくてもいいから、空港へ遊びに行きたいな~」と思う時が
と~きどきあります。

確かに、デジカメが主流になってから旅の写真はSDカードに入りっぱなし。
意外と、後日整理するのも大変になってくるんですよねcoldsweats01

簡潔にまとまらないだなんて、そんなそんなsweat01
旅にはたくさんの想いや経験、いろいろ詰まってますから
たくさんたくさん書いていただいた方が、先生のファンとしては大変嬉しいデスnote
続きも楽しみにしていますconfident

院長先生
 こんばんは。いつもありがとうございます。
いいな~一度は乗ってみたかったビジネスクラスairplane
一度味わうともうエコノミーには戻れない!と友人ご夫婦は言って
おりました・・・。
私の夢は最後の海外旅行だけはビジネスクラスで!だったのが、
残念ながら2010年で終わりとなりました。
どうぞこれからもビジネスクラスでドンドンお出かけくださいませ。

旅行記のみならずブログを楽しく読ませていただいています。

ビジネスクラスに搭乗と言えば、私が初めて大陸中国に行ったときのことですが、旅行会社のオーバーブッキングの結果すごい経験をしたことを思い出します。
香港を経由して雲南省に入りましたがこの時一般のツアーであったにもかかわらず、なんと成田からはファーストクラスでした。こんなこと絶対にありえないと思ったところ帰りは香港からビジネスクラスと何とも名状しがたい経験をしました。
ゆとりのスペースと機内食の違いだけでなく驚いたのはインド系の美人キャビンアテンダントが見も知らぬ私のことをフルネームで声かけをしてくれたことでした。
その後はずっとエコノミーで旅を楽しんでいます。怖いハプニングもありますが、たまにはいいこともありますね。

アケさん、こんばんは。

ハマド空港のカタール航空ラウンジ本当に綺麗でしたよ。
冗談抜きに「このまま引き返してもいい」と思いました。

旅好きな方にとって、あの独特な空港の雰囲気、アナウンスを聞くだけでも心ウキウキしてしまいますhappy01

ビジネスクラスのことは1回で書き上げようと思ったのですが、つい舞い上がって長くなってしまいました。また続きを書きますので読んで頂けたら嬉しいです。

マコママさん、こんばんは。

ビジネスクラスでの旅行は憧れですよね。2010年以来ご病気のこともあって海外へは出かけていないのですね。

私もビジネスシートを乗り慣れている方からもう戻れないよと半ば脅されています・・・でも分かる気がしました。

時間と費用が合えばまたビジネスクラスに乗れたらいいなと思います。今回経験してよかったのは、北回りで最短でなくてもいいことが分かりましたので、選択肢が広がった気がします。
マコママさんの分も旅行に行って来て記事を書いてみます。どうかこれからも読んで下さいね。

wakokuoujiさん、こんばんは。

いいですね〜shine 時々このような話を聞いたことはあるのですが、wakokuoujiさんは貴重な経験、それもビジネスを飛び越えてファーストクラスの旅も体験できたのですね。

美人キャビンアテンダントからフルネームで声かけて貰いよかったです。私もフルネームで声をかけられて、何もかもが得した気分になりました。

旅行には色々なハプニングがありますが、このようなことなら大・・大歓迎ですねscissors

omoromachi様、おはようございます。

ご無沙汰しております。omoromachi様は
私の勝手な想像で毎回ビジネスや
ファーストクラスで行かれていると考えて
いました。

私も3年前の出張の際、関西からアジア
便を乗った際にビジネスクラスに
乗ったことがありました、
本当に快適だったことを思いだしております
あの時は急な用事で会社持ちだったので
懐は痛くありませんでしたcoldsweats01

毎回楽しませて貰っています
次回もたのしみんしております

こんにちわ。ビジネスクラス利用で、イギリスへ。そうですか
オモロマチさんもビジネスクラス初めて?意外でした。
ビジネスクラスでこうなのなら、ファーストクラスはどうなんでしょうね。
舛添さんが羨ましい(´・ω・`)。ファーストクラスの搭乗口を「りっぱだな~」
と横目で見つつエコノミーへが私でした。私もいつかビジネスクラス
欲をいえばファーストクラスでどこぞへ行きたいものです。


ツクシンボさん、こんばんは。

今回が初のビジネスクラスで感激しました。これまでビジネスクラスはとんでもないと思っていましたが、時間のタイミングと値段もよかったので利用しました。

以前ツクシンボさんもシンガポールなどへ出張があったと書いてありましたので、その時利用する機会があったのでしょうか。色々と違いを実感しました。

いつもコメント頂き有り難うございました。

フーミンさん、こんばんは。

今回初のビジネスクラスは本当に貴重な体験でした。ファーストクラスはその上でしょうから凄いのでしょうね。私に取ってはビジネスクラスでもう十分です。

何処かの知事と違って出張の際も全職員同じホテルバックを利用していますので、私も出張の際はエコノミークラスとビジネスホテルです。これで十分ですね。

もちろん旅行の際は自費ですし、いけるだけで有り難いと思っています。 この経験よかったですよ。次の日から全開で仕事出来るのは仕事人間の私に取ってはいい経験でした。

omoromachiさん、こんばんはnote
旅行記は、いつも楽しくワクワクしながら読ませていただいています。
こちらこそありがとうございます。
今回はビジネスクラスでのフライトだったのですね。
omoromachiさんがビジネスクラスを初めて利用されたというのが
ちょっと意外な気がしましたが、過度な贅沢を好まれないような
ご様子に、ますます好感を持ちましたheart04
ハマド国際空港のビジネスラウンジも、とてもきれいですねshine
きっと快適な旅だったことでしょう。
私はもっぱらエコノミー利用ですが、一度だけ関空・パリ間の
エールフランスのビジネスを利用したことがあります。
お料理もワインも、もちろんとても美味しかったのですが、
何よりもよかったと感じたのは、ゆったりと休めるフラットな座席でした。
旅の疲れが全然違うものですね。
そう思うと、長距離フライトでのエコノミーの狭い席はかなりしんどいですが、
差額を考えると、なかなか踏み切れませんwobbly
旅のお話の続きも楽しみにしています ^^

hananoさん、こんばんは。

文才のない私の旅行記を読んで頂き感謝しています。このような機会がないと写真と思い出が埋もれてしまいそうでしたので書いています。

あまり子供の事より贅沢なことはしたことがないので、いわゆる社交界での付き合いは苦手です。しかし今回はとても貴重な体験が出来ました。

やはり一番はゆっくりと休めることでした。若い頃と比べて体力差と社会的なことで、身体が疲れていても遊んで帰ってから疲れてとは言えませんので、次の日から直ぐに手術に入れて疲れもしなかったのは有意義でした。

旅行はただでさえ、時間とお金をかけますし、エコノミーでも十分だと思います。今回経験を踏まえて、仕事との関連を考えると、エコノミーだけでなくビジネスクラスの選択肢が広がりました(身体を休めるのならビジネスで十分以上ですのでファーストクラスには乗ろうとは思いませんが・・)。

本当に差額がですね・・・ビジネス1回ならエコノミーで2回ヨーロッパ旅行が出来ますしね・・(今の所と1年に1回以上は休みは取れませんので2回の三択肢はありません・・weep)。 

コメント頂きありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/63598944

この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのビジネスクラス搭乗記:ラウンジ:

« 言葉にできない | トップページ | 今週の生け花(平成28年6月第3週) »