フォト

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月29日 (水)

夏の気になるウイルス感染症

ウイルス感染症と言えば、インフルエンザのように寒い乾燥した季節に起こりやすいと考えている方も多いと思います。ウイルスは目に見えない微小の単位で世界中の空気の中に漂っています。もちろんウイルスは生きた細胞の中でしか生活できませんので、漂っているだけでは死滅してゆきます。

Th_ この暑い夏場でも外来ではボツボツとインフルエンザの患者さんが発生しています。沖縄県が現時点では一番流行っています(次いで福島県、鹿児島県)。多くの場合は大流行はしません。やはりインフルエンザウイルスは低温低湿度の密室空間を好むようです。

逆に、夏に元気のある(?)ウイルスもいます。良く夏カゼの原因になるアデノウイルスやエンテロウイルスなどがこの季節に流行ります。喉の痛みや下痢などの胃腸障害を伴うのが特徴的です。

大人も罹りますが、特に子供達で大流行するのが、プール熱、手足口病、ヘルパンギーナなどの感染症があります。 プール熱は名前の通りプールによる感染が多いアデノウイルス感染症で、主に接触感染ですので、手洗いが有効で、タオルなどは共同では使用してはいけませんし、プールに入るときゴーグルもつけて予防して欲しいですね。

今現在、流行注意報・警報が出ているのに、手足口病とヘルパンギーナ感染があります。皆様も気をつけて下さい。主に小児で流行しますが、ヘルパンギーナは大人でも感染します。 手足口病は ウイルスによる接触感染が主で、名前の通り手や足、そして口の中に特徴的な発疹がでます。手洗いうがいで予防出来ます。多くの場合は、 日程度で治癒します。ただこれが重篤化して脳炎や心筋炎になる場合もありますので注意が必要です。なんとこれも今沖縄県が一番多くて、次いで鹿児島県、香川県が続いています。

国立感染症研究所ではこの夏は流行性耳下腺炎(ムンプス:おたふくかぜ)のTh__2 流行が始まり感染の拡大が危惧されると予報を出しています。1989年のMMRワクチンにより流行は縮小していたのですが、その後MMRワクチンは中止となり、ムンプス関連ワクチンの摂取率が減っているのですが、実はおたふく風邪は4〜5年に1回の周期で大流行が起こっています。摂取率の低下と今年はこの流行の年が重なりますので注意が必要とされているのです。既に流行が始まっている地域もあるようですので御注意下さい(現時点での患者数の多い県順では宮崎県、山形県、佐賀県、鹿児島県、石川県です)

夏場は暑さのため体力を消耗したり、寝付きが悪くなったり、夜更かししたりして体調管理も難しいため,体の中に色々な病原菌が入り込む隙が出来てしまいます。 手洗い、うがいなどの基本的な感染予防対策と体調管理を是非とも行って欲しいと思います。 そう言う私も週末は風邪気味でしたが回復致しましたscissors

2016年6月26日 (日)

初めてのビジネスクラス搭乗記:カタール航空

昨年初めてビジネスクラスによる旅行をしました。若い頃に南回りのヨーロッパは経験したのですが、当時結構きつかった思い出がありその後は北回りで出かけていました。今回は非常に格安だったのとその日に仕事を終えてから参加することが出来たためその便を選びました。

仕事を終え那覇から関空に向かい22時頃到着。移動がない分だけ関空は便利です。いつもなら横目で見ているビジネスクラスの受付ですが、今回は直ぐに受け付け終了。円をポンド換えて出国手続きを行い、時間もなかったのですが、折角ですのでANAラウンジへ。

世界の航空会社は、自分達の航空会社の優位性や便利性を高めるために航空会社同士の連合(エアライン・アライアンス)を創っています。お互いに路線をシェアすることで便利性を高めています。国際的には大きくANAが加盟するスターアライアンス、JAL入っているワンワールド、デルタ航空などの入っているスカイチームに分かれています。

カタール航空は2013年からワンワールドに加盟しているのですが、関空では以前から使用していたANAラウンジを利用しています。

Th_ana_3 ANAラウンジの看板の下にはちゃんとカタール航空の名前がありました。その入口から直ぐに受付の方があり、「どもども」と挨拶をして中へ。やはりカード会社などで入れるラウンジとは違い広めでソファーなどのアメニティーが充実しています。アルコール類を含めて無料ですが搭乗前に飲まない方にとってはメリットはありません。ある程度の食事が取れるのは利点でしょうか? 今回は23時近いこともあって僅かしか食べ物はのこっていませんでしたし、機内での食事が楽しみのためコーヒーだけ飲んで後にしました。

関空を23時15分出発でドーハに向けていよいよ搭乗です。前もってネットで調べたらカタール航空のビジネスクラスは世界トップクラスの評価を毎年受けています。期待に胸が弾みます。飛行機に入ってビジネスクラスで自分のシートを確かめます。「すご〜いshinelovely」の一言です。

心は舞い上がっていますが、毎回利用しているかのように冷静に座席に着きますcoldsweats01。 ゆったりとしたソファーのような座席。足元も広く足の短い私が一生懸命足を伸ばしても届きません。付属のアメニティーキットが座席横の棚に置いてあました。ブランドに疎い私ですが「アルマーニ」の製品で、中にはローションやら保湿クリームやリップクリームなどが入っていますし、パジャマもあります。今回「成田〜ドーハ」「ドーハ〜エジンバラ」「ロンドン〜ドーハ」「ドーハ〜成田」の利用でしたので、計4個ずつお持ち帰りとなりました。帰国後は今でもバジャマとして愛用しておりますcoldsweats01

Th__4 座席周りの色々な装備を点検している間に、キャビンアテンダントさんに名前で呼びかけられ、ウェルカムドリンクをいががしましょうかと・・・取り敢えずのビールではなくてシャンペンを頂くことに・・・綺麗なグラスにシャンパンの泡が美しいです。泡のように夢でなければと思いながらこれからの旅行に期待が膨らみました。

機内食が選べるようにと先にメニューを渡されました。日常でも食べたことのないようなフルコースのようなメニューです。これもビックリしたのですが「どの時間にお持ち致しましょうか?」とのことで、時間もこちらに合わせてくれるようです。お腹は既にグ〜っと鳴っているのですが、ここは我慢して「離陸して落ち着きましたらいつでも良いです」とお答えしました(私も大人ですcoldsweats01)。

食事の選択は済ませていましたので、料理の前に食前酒を伺いに来ました。お酒を知らない私ですので、乗務員に今日の料理に合うワインを選んで頂きました。美味しかったです。その後食事になるのですが、テーブルが大きく木目調で落ち着いています。Th__6 食前に白いテーブルカバーをひいて貰えます。料理も凄いのですがそれぞれの皿やスプーンなどがプラッチックではなく有名なブランド品だったのには驚きでした。 普段食べたことがないような豪華料理でお腹はパンパンです。

旅行時は機内でどう時間を使えば良いのかが一番の問題で、持参した携帯やパソコンには多くの雑誌や小説、音楽、映画などをこの旅行のために購入しておいていたのですが、今回は使用することなく過ごすことが可能でした。

なんと言ってもフルフラットになるシートが凄いです。イギリスの旅行雑誌を読みながら、いよいよ寝る時間です。180度フルフラットになれます。飛行機の中とは思えない空間です。

今までの旅行とは違う経験でした。(寝ている時に微かに機内放送で「ドクターコール」が聞こえて来ました。慌てて飛び起きて向かいました。おそらく迷走神経反射による低血圧で倒れたと思います。暫くすると回復しましたので、乗務員に変化がありましたらまた呼んで下さいと話して、戻ることTh__8が出来ました・・・・帰国後カタール航空のカスタマーケアからお礼のメールが届きました・・メールの最後に「Thank you for flying with us and we look forward to welcoming you on another Qatar Airways flight in the near future.またいつの日かのご登場をお待ちしています」と書いてありました・・・私もまた乗りた〜いと思った素晴らしい飛行体験でした)。

時間が来ましたので、続きを書いてみたいと思います。読んでくれてありがとうございます。

2016年6月24日 (金)

今週の生け花(平成28年6月第4週)

6月23日は沖縄では慰霊の日で多くの戦没者を悼む催しが各地であり、皆が御霊に黙祷をささげ、二度と戦争をしないと新たに誓う日でもありました。

Th_img_4799 本土の方では梅雨の大雨で大変な被害がでているようですが、沖縄は梅雨も明け晴れの天気が続いています(暑いですsun)。

今日もいつもの2階に生け花クラブの皆様が花を活けてくれていました。今日は美しらの中に力強さも感じさせてくれます。

まず目に飛び込んできたのは鮮やかな赤のアンスリウムです。そして中央に可憐に咲いているのがアルストロメリアで、その後方に深紅の小菊が目立たぬように咲いています。

特にアルストメリアの花模様は柔らかく美しいですね。これらの花々と対比するように、花器やまだ蕾のままの透かし百合、葉の広いモンステラ、先にぶつぶつの着いたイガナスが野性的な力強さを感じさせてくれています。Th_2864

今回は比較的多くの花材を使用しているのですが、余りゴチャゴチャせずにまとまっているのはやはり生け花クラブの方々のセンスの良さですね。

昨年旅行で行ったイギリスのEU離脱が確定したようですね。これから市場経済の混乱や民族主義や国家主義が台頭しなければいいのですが・・・こんな時はやはりお花をみて心を静めたいと思います・・heart04

<花材:イガナス、アンスリウム、透百合、アルストロメリア、小菊、モンステラ>

2016年6月22日 (水)

熱中症対策としての水分のとり方

Th_dsc01004 沖縄は梅雨が明け、一気に夏の気候となっています。この時期に気をつけないといけないのが熱中症となります。これまでにも何度か書きましたので、今日は汗をかいた時の水分の補充について記載したいと思います。                   

私達人間は体温を一定に保つ恒温動物です。熱帯地方に住もうが極地に住もうが人間の体温は36度から37度程度で推移しています。
冬山などでは体温が低下する低体温が起き、33度の体温を切ると組織機能が低下し、20〜25度以下になると心停止します。

逆に高温環境にさらされると水分や電解質が汗として奪われ、体温が上昇してくると命の危険にさらされます。 人間の体は生きた細胞で出来たいますが、体温が42度を超えると蛋白変性が起き私達の体の細胞は死んでしまうのです。そのため体温が40度を越えると細胞の破壊が始まり、42度を超えるとイメージは悪いのですが「焼き肉ジュージュー」のように私達の細胞も破壊されてしまうのです。

人間は寒冷環境でも体温を一定に保つようになっています。寒ければブルブルと震えて筋肉からの発熱を起こします。暑いときには、汗をかくことで気化熱の原理を利用して体温を下げています。脱水で汗が出にくくなったり、汗が気化しにくい高湿度の環境や無風の状態では熱中症となりやすくなります。

熱中症の対策としては、水分を補給し汗が出やすい状態をつくることが大切です。汗は舐めたら分かるように塩分が含まれています。多量に汗をかいた場合は塩分も失われます。さらにカロリーも消費されることになります。

Th_9d375c9ec3d725b9b59f9ecdbe077a77 熱中症の対策としては先ずは水分(水でもお茶でも)を摂ることを心がけるようにします。 汗も多めにかいているようなら水だけでなく塩分も摂るようにします。更に作業やスポーツなどで多量に汗をかく場合はカロリーも消費されるため、水分、その次ぎに塩分、そして糖分を摂るようにして欲しいと思います。

スポーツ飲料は水分だけでなく塩分も糖分も最初から適量に入っていて、飲みやすくなっています。 美味しいからといって汗もかかずに運動もしない場合にスポーツ飲料をガブ飲みすると塩分も糖分も必要以上に摂りすぎることになるため注意が必要です。

この様な皆様方を見越してカロリーオフのスポーツドリンクなどもありますが、スポーツドリンクは文字通りスポーツや重労働で多量の発汗を想定してつくられた飲料水ですので本来の趣旨からは外れていると思うのですが・・・coldsweats02

これから長い夏を迎えます。梅雨明けはまだ暑さに体が慣れていませんし、梅雨時の高湿度では上手く発汗蒸発しませんので熱中症の危険も増えてしまいます。これからの季節熱中症対策も抜かりなくですねscissors

2016年6月17日 (金)

今週の生け花(平成28年6月第3週)

沖縄地方は梅雨明けしました。これから本格的な夏を迎える今の時期が沖縄観光にとっては一番いい季節ではないでしょうか? 8月は太陽も強力すぎて暑いですのでこの時期が一番好きです。Th_img_4662

今週もいつもの2階の場所に生け花クラブの皆様がお花を飾ってくれていました。前回ヒマワリがあり「夏だ〜」と叫んでいたら那覇市は梅雨の最後の猛烈な雨と雷で大変でした。今回は前回の反省も込めて小さな声で{夏だ〜」と叫んでおきますcoldsweats01

金色のラインが眩しい白い花器、そしてかすみ草の小さな可愛い花々とアンスリウムの真っ赤な肉厚の花が対象的です。互いに相乗効果があって明るい雰囲気を出してくれています。さらに黄色のバラも一役買っています。

Th_2863 明るい下の方から次第に見上げて行くと茶色のガマが縦への広がりを示しています。正面からでは分かりづらいので斜めからの写真も載せて見ました。ガマの茎を三次元的に使っていて全方位的に美しい作品に仕上がっています。

ガマの実の部分はもう少し膨らみがあったら、ホットドッグに似ています。ケチャップをかけたら上手そうだと余計なことを考えて眺めておりますhappy01

<花材:ガマ、アンスリウム、バラ、かすみ草、ソテツ>

2016年6月15日 (水)

初めてのビジネスクラス搭乗記:ラウンジ

今はイギリスの旅行記を書いています。以前のようにフイルム時代の旅行では写真を現像して初めてちゃんと撮れていたか判断できました。折角の風景が撮れていない場合もあり悲しくなったこともありました。しかしその都度写真をアルバムに貼って記録に残していたのですが、デジタル写真で撮るようになるとパソコンに放りっぱなしでその後の整理もしないままでになってしまいました。

そのため少しずつ旅行に行った国々をまとめておきたいと思い旅行記をブログに書くことにしました。皆様には稚拙な内容の旅行記を読んで頂き感謝しています。自分の記憶のために書いていますのでご了承下さい。

昨年初めてビジネスクラスによる旅行をしました。非常に格安だったのと時間の調整がゆかず、その日に仕事を終えてから参加することにしたためにその便を選びました。

関空を23時15分出発でドーハに現地時間の4時15分着、それからドーハを7時45分出発、エジンバラに現地時間の13時10着の飛行でした。

まず率直な私の感想です。        Th_ana_2

時間がぎりぎりの私にとっては、飛行機の移動は実にもったいない時間で、あの小さな空間で十何時間過ごすのは楽しみのために必要な苦行と思っていました・・・・それが今回は全く違いました。 飛行機を乗る前からもう夢の様な気分、飛行機に乗っても苦行どころか何時間乗ってももう良いぐらいに変化し、乗り継ぎのラウンジも素晴らしかったのです・・・これで引き返してももう十分な程楽しめたほどでしたcoldsweats02

30才頃に南回りでヨーロッパに出かけたことがありました、当然エコノーミークラスでです。若い私でもやはりちょっとしんどかったのと経由してヨーロッパに着くのが朝早くでした。そうなるとその朝から丸1日の旅行が始まるのですが、足はパンパンですし、着替えも髭を剃って顔を洗うのも結構大変でした(自分で組んだのですから仕方ないですが・・)。

そのことを振り返ると今回は天国でした。ビジネスクラスのラウンジも様々でしょうが、通常のラウンジとは違い、航空会社専用ラウンジは広々としてアメニティも充実しています。 関空へは仕事を終えて那覇から関空に着いたのはぎりぎりでしたので、カタール空港のラウンジはちょっと見学しただけです。基本的にはカタール航空はJALと同じワンワールドでしょうが、関空ではANAと共通のラウンジでした。そこはそれ程大きくはなく他の方の評判をみてもどちらかと言うと豪華ではなさそうです(それでも見学した時にはなる程、これがビジネスラウンジかと感激したのです)。すぐにドーハに向けて機内へ移動。

Th__2 その後、ドーハでの乗り継ぎの間は空港内を散策し、その後ラウンジを利用。2014年に新しくなったハマド国際空港は最新設備を備えた綺麗でモダンな空港でした。カタール航空の本拠地ドーハだけあってビジネスラウンジは超豪華shine。 1階の受付を通りエスカレーターで昇ると、天井も高く、かなりの奥行きもありました。ゆったりとソファーで過ごしたり、本格的な料理も楽しめます。当然無料のWifiも使用出来、メールのチェックなどをしながら過ごしました。大きすぎるラウンジも幾つかのパートに分かれています。奥の方にあるシャワー室も使えますので、その後のことを考えたらさっと汗を流して優雅に過ごすことが出来ます。

隣にいた日本人のカップルが「やっぱ金次第やねん」と会話していました。ちょっとムッとしながらもそれを納得してしまう私でありましたweep そうそう、これから向かうのはシェイクスピアの生まれたイギリス。 「ベニスの商人」のシャイロックの様にならないようにせねば・・・ですhappy01

(簡潔にまとめることが出来ませんでしたの幾つかに分けて書きます・・ご了承を)

2016年6月12日 (日)

言葉にできない

タイトルを「言葉にできない」とすると、また私が怒っているのかと勘違いしている方もいらっしゃるのかも知れませんcoldsweats01。 政治に関しては余りにも情けなくて誠実じゃない方が多いので腹立たしいこの頃ではありますが・・・pout

今日は久々にギターの弾き語りを録音してみました。最近何となく忙しいような忙しくないような(?)変な状況が続いてあまり唄ってもいませんでした。

Th_ 「言葉にできない」はオフコース時代1982年の小田和正さんの曲ですね。私などはフォークソング世代の最後の方でしたから、高校時代は誰かがフォークギターを持ってきて歌ったりしていました(私自身は本格的にギターをやったことはありませんが)。 その当時はどちらかと言うとギター1本で弾き語る野暮ったいスタイルで、岡林信康、吉田拓郎、泉谷しげる、古井戸、井上陽水などの曲が主だったと記憶に残っています。

その後に泥臭いギター弾き語りからハイカラなピアノの弾き語りのユーミンや小田和正さんなどに音楽性も変わったように思います。私自身は殆どオフコースは聴いていませんでした。まあ高校卒業から50代中盤までは音楽を聴くことも殆どなく1990〜2010年代は空白地帯です。

「言葉にできない」・・小田和正さんはこの言葉で恋愛に対する心の動きを上手く表現していると感じました。恋する時には相手を想い、感謝したいけれど表現できないもどかしさがあります。 「言葉にならない」とはニアンスが違いますね。今の桝添さんのお金の使い方に関しては呆れてしまうのでこの場合は「言葉にならない」ですね。

宜しければお聴き下さい。小田さんの様な綺麗な声は出ませんので悪しからずcoldsweats01

">

2016年6月10日 (金)

今週の生け花(平成28年6月第2週)

沖縄の梅雨が明けるのは例年ですと5月10日前後ですので、もうすぐ梅雨明けだと思います。今梅雨のまっただ中、Th_img_4637 これから梅雨時期を迎える方々も多いと思います。              

今日もいつもの2階の場所に生け花が飾られていました。今回の生け花からは「ヤッホー夏だ〜!」って言う声が聞こえてきそうな気がします。

黄色のヒマワリが「お待たせ夏」と言っているで、それにつられて真っ直ぐに伸びた紫のリアトリスとピンクのトルコキキョウが、太陽に向かって背伸びしているように感じます。

リアトリスは北米原産の球根植物で春に芽を出して夏に花を咲かせます。草丈は60〜180Cm程度になり、花の付け方によって槍咲きと玉咲きに区別されるそうです。今回のリアトリスは見た目の通りきっと槍咲きだと思います(間違っていたら御免なさいですcoldsweats01)。花言葉は「向上心」だそうです。向上心が今ひとつのあなたには飾ってみるのもいいかもです・・・。

Th_2862 濃い緑の葉はゴムロで葉材として生け花で使われていますが、それ以外で余り見たことがありません。水色の花器も涼しげでいいですねheart04

日本列島が長いお陰で梅雨のある場所も、梅雨のない場所もあり、時期にもずれがありますね。日本列島色々な表情を見せてくれます(北海道に梅雨のないのは知っていましたが、沖縄と緯度近い小笠原で梅雨がないことを初めて知りました。太平洋高気圧の張り出しが強いせいで梅雨がないそうです。日本列島が梅雨の時期は小笠原いいのかも知れませんね・・・まだ行ったことがありません〜行きたいな〜happy01)。

<花材;リアトリス、向日葵、トルコギキョウ、ゴムロ>

2016年6月 8日 (水)

卵とコレステロール血症

今日のFMレキオの放送は中性脂肪・コレステロールについて話をしました。その中から卵とコレステロールについてブログには書いてみます。

よくコレステロールが高いから卵は食べないようにしようとか、逆に卵は完全栄養素だから1日何個食べても体によいと言う方もいらっしゃいます。どちらが本当でしょうか? 私は難しいことわかりませんが、いつもの姿勢で「バランスよく」が一番と答えています。   Th_0913bf3733bc7b8ca2c422eeced8723b

現代は過食のため、糖分が高くなる糖尿病、中性脂肪が高い高脂血症、コレステロールが高い高コレステロール血症(特に悪玉と言われるLDLが高い高LDLコレステロール血症)が増えています。これらは人間の体にとって重要な血管の動脈硬化を促進します。人間は血管と共に老いると言われるぐらいで注意が必要です。

糖分や中性脂肪は食事の摂取量と直接関わってきますが、コレステロールは体の中で合成される量が多く、食品が直接関わっているのは20%程度と少ないのです。

日本ではよく「卵は1日1個」なんて言っていました。今と比べて卵が高かったことや、これ以上食べると高コレステロール血症となって体に悪いと言われていたからなのです。 実はこの根拠になっていたのは100年前のロシアの実験で草食動物のウサギに卵の成分を与えたらコレステロール血症となったことに由来しているようです・・・そりゃ、草食動物に卵食べさせたらいけないでしょう・・・と思います(そう言えば牛の場合も狂牛病が問題になりましたね・・・自然の摂理の食事をさせた方がいいのでしょうね)。

Th_4faf1d6896aba93d290b4efb2529b389 さて話を戻してと。 卵1個は根拠がないとしても、でも卵だけ食べていればいいのかとなります。殻の中の栄養だけでヒナが孵るわけですから、ある意味完全栄養食と考えられます。それでは卵だけ食べればいいのでしょうか・・私の答えはNoです。私の体はニワトリではないからです・・(なんの根拠にもなっていませんが・・coldsweats01

私達の体は非常によくできています。色々な食べ物を食べて体を維持しています。体の栄養素として糖分、中性脂肪、コレステロールは重要ですので、それらはお互いに融通し合って、過不足分を補い合っています。

卵はコレステロールの高い食品です。血液の中のコレステロールは食事から入って来るのは全体の20%で他は体の中で合成されています。ですから卵を食べたからすぐにコレステロールが高くなるわけではありません。

では他の食事の摂取量や運動なども変えずに卵を沢山摂りすぎたらやはり、コレステロール値が上昇します。沢山摂ってもコレステロール値に影響がないと示す方もいますが、その場合は糖分や中性脂肪の摂取量、運動などの消費の問題も絡んだデーターとなりますので、厳密なものでないことが多いです。

まあ、栄養学を知らない私の結論としては「バランスよく食べて下さいな」と言うことしか言えません(悪しからずhappy01)・・・お前は医者かと言われそうですが・・まあ私のレベルはこんなものですcoldsweats01

2016年6月 5日 (日)

世界を夢みて 31 :ストーンヘンジ

これまで行ったことがなくて、ぜひ観てみたい遺跡群にストーンヘンジがありました。

これだけ観るだけでも十分価値はあると思いましたが、ちょっと辺鄙な所にあるためストーンヘンジだけのために時間を使うかを悩む所です。幸いバースとセットになったツアーがあり廻ることにしました。

ところで世界中に巨石文明(信仰)がどうしてあるのでしょうか? 世界にはエジプトやマヤ・インカのピラミット群、イースター島のモアイ像、トルコのギョベックリ・テペ遺跡の石柱、スコットランドのオークニー諸島の遺跡群などなど・・・・どうしてあのような大きな石をわざわざ運んで作ったのかが不思議で古代文明への想像をかき立ててくれます。Th__2

色々な本にも載っていますのでストーンヘンジも是非観てみたい石基群でした。ストーンヘンジの建設時期はおおよそ三期に別れたと推定されています。最初は紀元前3100年頃で、現在私達が観ている直立巨石は紀元前2500から2000年頃だと推測されています。 あのエジプトのピラミットより以前という年代となります。
ストーンヘンジが作られた目的も古代ケルト人の礼拝堂、太陽崇拝の祭祀場、古代天文台など他の古代文明同様に色々な意見に別れるようです。

現在、1986年にユネスコ世界遺産の文化遺産に登録され、ストーンヘンジは国家遺産として国が管理し、その周囲30Kmぐらいをナショナル・トラストが保有管理しているそうです。

観光客はやって来ても勝手にその中にすぐに入ることは出来ません。まずは2013年に完成したビジターセンターに向かい車を降りる必要があります。そこは巨大な施設で博物館を見学したり食事や土産を買うことが出来ます。 位置もよく考えられているのでしょう。この場所からいくら目を凝らしてもストーンヘンジの石の頭さえ観ることが出来ませんweep

Th__3 入場料は14.9ポンドですので高いです。まあロンドンからこれを見るためにバスで2時間以上かかるのですから、ここまで来て入らない訳にはいけませんが・・

このビジターサンターからは無料の小型バスが何台も出ています。入り口でイヤホーンガイドをとって日本語の案内表示にしておきます。ここから2Km以上先に目的のストーンヘンジが待っています。 

大平原に突然巨石が立っています。バスを降り歩きでの散策となりますが遊歩道が整備されていて歩きやすい状態となっています。遠くから人の姿が本当に小さく感じるだけの迫力のある遺跡です。 単なる石と思うか凄いと思うかはその人が歴史やロマンに興味があるかどうかで違うのかと思いました。

何故かと言うと、感激している私の横で「なんだ・・この程度か」という日本語が聞こえてきたので、雨の日のストーンヘンジなら尚更興味のない方はわざわざロンドンから足を運ばない方がいいのかともつい思った次第でしたcoldsweats01  私は本で見るよりも感激しましたので行って良かったです・・・天気も最高でした!

2016年6月 3日 (金)

今週の生け花(平成28年6月第1週)

さあ6月に突入しました。沖縄はまだ梅雨の真っ最中ですが、時々晴れ間Th_img_4558 が覗く時があります。しかしやはり蒸し暑いです。沖縄の本領発揮ですcoldsweats01

外は雨がしとしとと降っていますが、2階のいつもの場所には綺麗な生け花が飾られています。

今週の2階には左側の赤い花が一緒に飾られていました・・・後で紹介します。

先ずは右側の生け花から・・・丸い深青の花器と対応するように全体的にすらっと伸びた緑が印象的です。

緑の葉が対照的に繋がっているのは前回も出ていたザミアソテツです。柔らかい緑の葉にワタワタの花・・・これ何?と思ったら、アワです・・・田舎育ちの私ですが、考えてみたら周りに粟を植えている農家はいませんでした。今回のように柔らかくムクムクとした感じは花の咲き始めでしょうか? 次第に細長くなって実がなる頃には垂れ下がってきます。とても小さな花が咲いて沢山の実が付きます。        Th_2861

・・・・余計な事かも知れませんが「濡れ手で粟」と言う諺がありますね。 これは濡れた手で粟を掴めば、たさすくくっついて来ることより、「なんの努力もしないで多くの利益を得ること」を指します。ですので「濡れ手粟」ではありませんし「濡れ手で」でもありません。私は時々間違えてしましますcoldsweats01

今日の生け花は真っ直ぐに伸びたヘリコニアの葉が面白く、その下に咲く青紫が特徴的なデルフィニューム(マリンブルー)が綺麗です。ベコニアの赤も薔薇の黄色も今日は少し控えめで脇役になっている感じです。

Th_img_4549 最後に左側の赤い花・・・私は最初みて気づきませんでした。今回「左の花はどうしたの」と生け花クラブの方に聞いたら、メンバーの方が自宅に咲いていた花を持ってきたとこのとでした・・・今沖縄でよく咲いていますよと・・・?? この花はなんとホウオウボク(鳳凰木)でした。この季節沖縄ではこの赤い花が沢山咲いています。私も毎日のように見ていて好きな花(木)なのですが・・・なぜこの花の名が思い浮かばなかったか不思議です。 ホウオウボクは葉が涼しげな中高の木なので、私の目線からはいつも遠くから見上げていて、この花を近くでそれも目線を下げて見たのは初めてだったのです。那覇市内でも沢山のホウオウボクの花が咲いていて綺麗ですよ。私の観察眼の無さに気づかされた今週の生け花でした。

<花材:粟、ヘリコニア、デルフィニューム(マリンブルー)、ザミア(ソテツ)、薔薇>

Th_ 追加:近くの公園のホウオウボクの木を撮影しました。毎日みながら出勤していますのに花だけみたら気が付きませんでしたweep 今日の沖縄は良い天気ですsun

2016年6月 1日 (水)

血液透析の仕組み

今日のFMレキオは腎臓について話をしました。腎臓には尿を作るだけでなく様々な作用があります(以前のブログに書いた記事です→http://omoromachi.cocolog-nifty.com/blog/2015/06/post-5b69.html

腎臓の機能が著しく低下した場合、体に貯まった老廃物や水を体外に排泄しないといけなくなります。これに対する治療が透析療法で、方法として血液透析腹膜透析に分かれます。 日本で多いのはTh_075214 血液透析で、週に2〜3回病院で4〜5時間程度の透析を行う必要があります。

私達の体の中には日々の活動の中で色々な物質が生まれたり、薬や食事などから発生した物資が蓄積します。体にとって不要となったり毒となる物質を排除する仕組みがなければ人間は生きてゆけません。腎臓の代わりに処理を行うのが人工透析となるのです。

血液透析は体に不要な物質や水分を体外に出す役割があります。血液透析では、透析膜という目に見えない小さな孔があいた半透膜を利用して、血液と透析液の間で「拡散」「限外濾過」という原理を使って、有害物質や水分を除去します。また必要な電解質などは逆に血液中に補充したりして行われています。透析膜の孔の大きさもよくできていて、赤血球などの血球成分よりは小さくて、水や電解質は通る大きさです。

Th_ 「拡散」とは水に溶解物を入れると次第に均等に広がってゆく現象です。解り易い例で言えば、水にインクを垂らすと何もしなくても次第に広がって均一になります。それと同じ原理です。

左の図を見てみて下さい。赤血球などの血球成分や私達の栄養素である蛋白質(アルブミン)などより孔が小さい透析膜をはさんで、血液と透析液があるとします。もしも血液中から除きたいカリウムや尿酸などより、わざと透析液の濃度を低くすると拡散の原理に因って、血液の中から透析液の方に不要な物質が移動してくれます。これを除去すれば血液の中の尿素やカリウムなどを正常に戻すことが出来る様になります。

透析を受けている方は尿量で水分のバランスが取れませんので水分が制限されます。しかし食事をすることなどで水分は入って来ます。尿は出ませんので、呼吸や皮膚の表面から蒸発する不感蒸拙(おおよそ700ml)以上の水分が入ると、体のむくみとなります。 多くの場合は透析中に上記の腐敗物を取り除きながら、血液の中から水分を抜き取ること(除水)を行っています。

除水のためには「限外濾過」の原理で行われます。血液側の圧と透析液の圧が同じなら、拡散はしても水分の全体量は移動しません。圧は高い方から低い方に向かいます。人間の血圧は基本的に一定ですので、透析液側の圧を高くしたり低くしたりして水分の移動が行われています。 透析前に水分オーバーなら、透析液側の圧を下げれば「血液から透析側に水分の移動」が起こります。これが除水となります。もし透析前に脱水なら逆に透析液側の圧を上げれば、血液側に水分が移動します。

年々透析患者さんは増加しています。もし蛋白尿や血尿など、高血圧、糖尿などを患っている方はいつも腎臓をいたわるようにして下さいね。

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »