フォト

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月30日 (水)

ジカウイルス感染症:ジカ熱について

今日のFMレキオはジカウイルス感染症について話をしました。外科医の私にとっては専門外ですが、今年注意して欲しい感染症ですので注意喚起の意味でも放送しました。

ジカウイルスなんて聞き慣れない名前です。このウイルスは1947年にアフリカのウガンダのアカゲザルから発見されてたため、その猿の住む「ジカの森」より名付けられました。蚊を媒介する感染症として1952年にウガンダとタンザニアで人への感染が確認され、その後徐々にアフリカ、アジア、南米へと広がっています。

Th_ 特に2015年よりブラジルを中心に大流行が発生し、妊娠中に感染した場合に、中枢神経の障害をともなる小頭症の児が多数生まれたことで重要となっています。2016年の2月1日にWHOは国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態と宣言しました。

これを受けて日本でも2月15日より「4類感染症」に指定し、診断した医師は保健所に届ける義務が必要となりました。これにより早めの対策と情報が共有される態勢を取れるようになりました。

ジカウイルスに対するワクチンはありませんし、まだ世界中の多くの方はこれに感染したことはありませんので、抗体を持っていません。特に今年は最流行地のブラジルでオリンピックがあります。日本のみならず世界中から人や物が移動するはずです。世界中での大流行が危惧されているのです。

以前話題となったデング熱と感染の症状はあまり変わりません。感染しても60〜80%の方は、殆ど症状が出ません。ジカウイルスは主に蚊を介して感染するのですが、性行為を介しても感染しますし、輸血によっても起こります。感染後5〜10日して、軽度の発熱、結膜充血、筋肉痛、関節痛、頭痛、斑点状丘疹が起こりますが、殆どは4〜7日で軽快します。

この感染が問題となっているのは、全身特に四肢の麻痺を起こすギラン・バレー症候群と因果関係があると考えられていて、この場合は少ないですが死亡者も出てしまいます。

最も危惧されているのは、妊婦さんへの感染です。私達沖縄は1965年に風疹が大流行し、その時に感染した妊婦さんより、目や聴力の障害をともなった先天性風疹症候群の子供が406名生まれたことを経験しました。当時のWHOも復帰前の沖縄の流行を調査してその後の公衆衛生に参考にしています。

ブラジルでの調査では、昨年末から今年の半年間で、小頭症の子供の出生が過去5年間の10倍に当たる2401人だった報告しています。これは明らかに何らかの原因が存在すると思われ、疫学調査などで妊婦中のジカウイルス感染が疑われたのです。もちろんジカウイルス感染のならなくても小頭症は発生します。

世界がクローバル化する中で、地方病と考えられた疾患も世界中で大流行することもあるはずです。

今年はブラジルのオリンピックがあります。感染地域への渡航も増えるはずですし、日本に住む蚊もウイルスの媒介となります。

特にこれから妊娠を希望される方々は今後、ジカウイルス感染症に関する情報には敏感になって欲しいと希望致します。

2016年3月27日 (日)

最終点は同じでも

私は子供の頃より本を読まず、兄弟の中でも1番国語力のない存在で難しい会話についていけず寂しい思いをしたこともありました。

Th_dsc00305 いつも屋外で過ごすのが好きで、沢山の動物たちを見るのが好きでした。1日中みていても飽きることがなく、その都度新しい発見があり、生き物たちが持つ個性や能力の高さを教えてもらい感動したのを覚えています。

文化系の学問は得意でなく国語も英語の成績も悪いままだったが、中学、高校になると単純な計算から解放された数学や物理は何となく面白かった。それは答えは1つでも、その解き方は沢山の方法があり、無限にあるようにも感じたからでした。1つの解き方で答えが出た後、今度は違う解き方で答えを出す。更に違う方法があるのではないかと捜してみる。その答えを探し出す過程が楽しみでした。

最近これは人生と同じではないかと思うことがあります。もしも私達の最終点が死と捕らえると、そこに向かう道のりは色々あって、色々な過程があっていいのではないか、人生に間違いなんてないのかと考えてしまうのです。 

2016年3月25日 (金)

今週の生け花(平成28年3月第4週)

日本各地で桜の開花が宣言され、本格的な春の到来と思ったらまた寒が戻ったところもあるようですね。この様なことを「花冷え」と呼んでいますね。Th_img_4335 とても綺麗な言葉です。こんな時ふと日本語っていいなと思ったりします。

今週もいつもの2階の場所に、生け花クラブの皆様がお花を生けてくれいました。今週の生け花はこの季節の春と冬のせめぎ合いのようにも感じます。あえて桜の枯れた木を花器からはみ出るように斜めに使って冬の寒々しさを表しているかと思ったら、吉野桜がチラホラと咲きほこり早春の匂いが漂ってきます。不思議な空間になっています。

Th_2834 荒涼とした枝の間から、緑の葉を伴った黄色いの花が上を向き、スターチアのピンクの花々が温かさを与えています。花器も落ち着いた色で、ドラセラの葉も渋い色で枯木と対をなしているようです。

今日の生け花は「花冷え」の時期を象徴しているような印象を受けました。まだまだ気温が変化することが多く体調管理も大変と思いますが、「花冷え」の季節、お風邪などには十分お気をつけてお過ごし下さいね。

<花材:吉野桜、菊、スターチス、ドラセラ、枯木(桜)>

2016年3月23日 (水)

地震、災害時の医療トリアージ

今日のFMレキオでは、地震や広域災害に対する対処法について話をしました。

地震や災害などによる広域災害においては、医療機関もダメージをTh_234345 受けるわけで、少ない機材や人材にて効率良く情報を集約し、治療を行わなければならなくなします。

医療救護活動は時間との戦いですが、それそれの時間帯で医療の要請も変化します。

まず災害直後から6時間以内は「建物の倒壊、その後の火災などの発生により、直撃を受ける傷病者が多数発生し、それに対する救急活動が準備され、初動となる時間帯です。

その後の6〜72時間がいわゆる超急性期で、救急現場から傷病者が病院に搬送されるか、搬入できない場合は現場での治療を待ちながら搬入できる場所の確保に費やされる時間帯です。この時期がいわゆる人間の生存に大きく関わってくる時間帯となります。

72時間が過ぎ1週間の時期が急性期の医療となります。次第にライフラインが復旧し、災害の規模も把握出来る様になりますし、人的にも物的にも各方面からの援助が可能となり、徐々に体勢が調ってきます。

1ヶ月〜3ヶ月で、避難生活も環境整備も少しずつ整い、地域医療機関も再開が始まります。おおよそ3ヶ月程度経つと、現場での臨時の救急救援所も撤退され、徐々に慢性期や心のケアと移行してゆきます。

救命医療においてはまず超急性期の時間帯をどう乗り切るかが問題となり、トリアージの重要性が増してきます。

医療トリアージという言葉があります。トリアージとは患者の重症度に基づいて治療優先順位を決定して選別を行うことで、フランス語の選別「triage」からきた言葉です。第一次世界大戦の戦場で初めて使われたようですが、その後は多くの災害医療現場で使用されています。

震災後の超急性期では、救急を受け入れる人材も資材も不足し、多数運ばれる患者さんの選別が必要となります。この様な状況下では助かる人を助けるのが重要となります(大変酷な状況ですがそれを行わなければ救える命も失われるのです)。

Th_ 現場で患者さんをみながら初めにその区分を行っていきます。①:第一順位;最優先治療群<赤色(Ⅰ)>:直ちに処置を行えば、救命が可能な者。 ②:第二順位;非緊急治療群<黄色(Ⅱ)>:多少治療の時間が遅れても生命に危険がない者、基本的にはバイタル(血圧、脈、体温など)が安定しているもの ③第三順位;軽処置群<緑色(Ⅲ)>:①、②以外の軽症な傷病でほとんど専門医の治療を必要としない者 ④:第四順位;不処置群<黒色(0)>:直ちに処置を行っても明らかに救命が不可能な者、または既に死亡している者

その現場で搬入者の状況を見て、その後の治療や搬送がスムーズに行くために、それぞれの搬入者に赤色、黄色、緑色、黒のトリアージタッグを付けて貰うことになります。

ただ1度トリアージがなされても刻々と病態が変化してゆきますので、混乱を生じる現場でも再度トリアージが行われながら経過を診ることも重要となります。

日本は地震災害が多い国です。阪神淡路大震災後、日本でも医療機関や行政の取り組みが行われて、救急現場でも次第にシステム化された流れが出来つつあります。災害はいつ起こるかわかりません。他人事ではなくて日頃より私達自身で何が出来るかを考えて欲しいと願っています。

2016年3月21日 (月)

世界を夢みて 26:英国 湖水地方③(ワーズワース)

湖水地方のピーターラビットを描いたビクトリクス・ポターの関係する場所を前回紹介したのですが、ポターを紹介したなら、この方も紹介しないといけないかなと半ば義務的にも紹介したいと思いますcoldsweats01

湖水地方が生んだと言うか、英国を代表とする詩人にウィリアム・ワーズワースがいます。本を読まない私でも名前だけは知っていましたので凄く有名な方だと思っていました(笑)。Th__3

ワーズワースが生涯を通して愛して止まなかったのが湖水地方で特にグラスミア湖周囲で生活をしています。若いときに10年過ごした宿屋はダブ・コテージとして保存され、11月から3月の間はガイドの案内で中を見ることが出来るとのことですが、私は見ることが出来ませんでした。その隣のワーズワース博物館は通年で見学可能です。

そこより立派なのがワーズワースが晩年の38年間を家族と共に過ごしたライダル・マウントが公開されていて、その内部はワーズワースの愛用品や図書室なども観ることが出来ます。その頃には名声を極めていたのでしょう、家内の調度品や部屋数もおおく裕福だったかのようです。

Th_radal_mount それよりも感動するのはこの家の庭の景色です。ワーズワース自身が設計したそうです。彼は詩人だけでなく熱心な園芸家でもあったそうです。自然をこよなく愛した彼が作った庭です。私はこの庭を見られただけでも来た甲斐があったと思います。それほど庭園が広く美しく、数え切れない花々が咲きほこって、蜜蜂が蜜を集めて忙しく飛び回っています。暖かい光が指す木々の中の細い歩道に心地よい風が通り抜けます。私の訪ねた日はとても天気が良くて暫く芝生の上で寝転びたい程でした。なだらかな斜面を下ると湖が見えて来ます。本当の素敵な場所です。

・・そう言えば昔(1993年?)「ワーズワースの庭で」というちょっと洒落た大人のテレビ番組があったですね。余りテレビを見ない私も覚えていますのできっと有名だったのかも知れませんね・・皆様もご記憶にありますか?

私の様に詩に音痴な方でも、この建物と庭は気持ち良く散策できました。湖水地方にお寄りの際は訪ねて欲しい場所でしたshine

2016年3月18日 (金)

今週の生け花(平成28年3月第3週)

三月も中旬になりました。今年の桜の開花予報も発表されていました。今年の開花は各地で例年よりも早くなりそうだとのことでした。日本各地で染井吉野Th_img_4301 の淡い花が咲きほこるのでしょうね。花吹雪の中を歩いてみたいです。 沖縄で咲く寒緋桜は花びら共々ボテッと落ちるので余り風情がありませんweep             

今週もいつもの2階の場所に生け花クラブの皆さんがお花を生けてくれていました。花器が船に見えてしまいました。春を乗せた船です。「春に向かって出発進行!」って言う感じですshine

黒い花器や正面を向いた青い葉のルスカスのお陰で、後ろにある黄色の透かし百合や紫の小菊の色が幾分押さえられています。 その間から覗ける花が春への出発を待ちきれないように、今にも弾けそうです。

Th_201633 青い葉のルスカスと書きましたが、実はこのルスカスちょっと変わり種です。 本来の葉は退化してなくて、葉のように見えているのは枝が葉状に変化したものなのです。この葉(枝)の中央部の表か裏の部分から、花芽が出てきてその先に小さな紫の花を咲かせるのです。ネットなどでこの花が咲いた状態を見るとなんとなく滑稽な気がしますcoldsweats02

細い枝に小さな黄色の花を付けているのが伊予水木(イヨミズキ)です。別名日向水木(ヒュウガミズキ)です。落葉低木で本州を中心に栽培されているようです。うつむき加減に咲く花はこの春の季節に、葉が出る前に咲いてくれるそうです。この木の下を歩くとお花が綺麗に見えるのかも知れませんね。

さあ春に向かってレッツゴーです。この船に乗り遅れませんようにheart04

<花材:伊予水木、透かし百合、小菊、ルスカス>

2016年3月16日 (水)

機上のドクターコール

それ程多く国際線に乗っている訳ではないのですが、何故か私の方は飛行機の中でドクターコールを受けたことが3回あり、国内線も含めると4回あります。 ネットなどで調べると国際線1000回あたり1〜5件ぐらいの確率のようです。私が国際線を乗るのは乗り継ぎも含めて、70回に満たないと思いますので、恐らくかなり凄く高い確率だと思います(その割には宝くじはニアミスさえありませんが・・weep)。

この3件とも日本発、または日本着のヨーロッパ便で、対象者も日本人であったのと、日本人スタッフが乗り込んでいたので助かりました。

Th_ 医療関係者でもなく、海外に行かない人にとっては,機会はないのかも知れませんが・・・それでもテレビや映画でみたことはあるのかも知れません・・・私の場合は「お客様の中に医師や医療関係者がいらっしゃいましたらご協力お願いします・・・・」とのアナウンスが流れてると無視するわけにもゆかず、駆けつけます。 その時は大体、靴も脱いで、口をだらしなく開けて寝ている状況coldsweats01ですので、慌てて靴を履いて駆けつけます。

このドクターコールに関して応じるかどうかは、医師の意思(coldsweats01)だといわれ、求めに応じる医師は半数程度と言われるようです。ANAの公表でドクターコールで駆けつけたケースは89%程度でうち医師が61%としています(統計上は飛行機内に平均1〜3名の医師は搭乗しているとのこと)

ドクターコールに応じるか悩む原因に、専門外や救急の知識が少なく、また機上という設備も整備もない状況下ではまともに診療が出来ないとのこともあります。それに加えて間違った診断・処置で損害賠償が起きたら大変だとの思いがあると考えます。

欧米ではかなり以前から「善きサマリヤ人の法」があり、善意で行った医療行為に関して、誠実に行ったのであれば、悪しき結果になっても責任は問わないと言うことが浸透しています。訴訟大国米国でもこの様な訴訟はこれまでにないとのことです。機上での故意や悪意がない医療行為では初めから勝てないと分かっているので訴訟が成り立たないからと言われています。

日本では、これらの事例に対して明文化された法律はありませんが、刑法上も民法上も「善意における行為での責任は免除される」ようです。

昔より機内におけるメディカルキッド、Th__3 ドクターズキットがかなり充実して来ています。 今ではAEDを搭載している飛行機もあるようです。 私が乗った飛行機ではAEDはみたことありませんでしたが、ドクターズキットには各種緊急薬品、点滴セット、挿管チューブなどがありましたし、酸素飽和度の測定器もありました。

昔からどの航空会社にも聴診器と血圧計はあったのですが、飛行機の騒音で役に立ちません。呼吸音や心音なんても聞こえませんので息をしているのか心臓が動いているのかも聴診器で聞いて判る訳ではありません。血圧も手で脈を触れながらチェックする最高血圧の測定しか出来ませんでした(自動血圧計や簡易心電図計があれば有り難いですが・・私の経験した機内にはなかったです)。頸動脈の触診しか触れない場合もあります。確かに臨床経験の少ない医師にとっては何もない状況の対応は困難かも知れません。

私の場合は4回とも近くの飛行場に緊急着陸( Emergency landing)を要する事態や死亡などの重い症状がなかったのは幸いでした(運がよかっただけかも知れません)。そのような事態になった時になにが出来るかをもう一度自己チェックしないといけないと思いました。 やはり機上では自分の実力のなさを実感しますweepので、何事もないことを祈って搭乗しています。

2016年3月13日 (日)

世界を夢みて 25:英国 湖水地方② (ビーターラビット)

英国、湖水地方の観光と言えば大きく3カ所がポイントに分かれるかも知れません。①前回のブログに書いた遊覧船と機関車での眺める湖水地方の景色、②ビーターラビットの物語り、③ワーズワースの詩の世界の三つを楽しむことが出来るのではないかと思います・

今回はピーターラビットとその作者ビクトリクス・ポターの世界を訪ねました。

ポターと言ってもハリー・ポッターではありませんので・・coldsweats02
ポター女史については映画「ミス・ポター」として描かれています(興味のある方は1度観て下さいね)。 Th__2

英国で1番美しい風景などと言われる場所が幾つかありますが、湖水地方もイギリスを代表するイギリスらしいのどかな風景が続きます。

ピーターラビットの物語に出てくるような可愛らしいコテージや畑、石垣そして仲間の動物達・・・その物語りに出て来そうな風景が広がります。また朝夕はホテルの周囲や畑の周りで野生の兎に出会うことが出来ます。

ポターが暮らしていたニア・ソーリー村のヒル・トップを訪ねるとポターの作品に出てくる風景そのものです。空が高く空気が美味しいですhappy01

そこから車で10分ほどの小さな街並みのホークスヘッドに下って行くと、ポターゆかりのギャラリーやショップが沢山あり、ピーター・ラビットが大好きな方なら1日中楽しめるはずです。可愛らしいお土産も沢山あり、ずっと眺めたくなる楽しさがあります。

Th_lakeside_hotel_and_spa この地域は沢山の素敵なホテルやコテージが散在し、町々もとても綺麗に管理されています。このように綺麗に自然や街並みが管理されているのに大きな役割を果たしているのにナショナル・トラストという組織があります。イギリスの各地でこの立て札をみることになります。1895(明治28)年に歴史的名所や自然的価値の高い景勝地を買い上げ保護する目的で創設されています。

ビクトリクス・ポターも彼女か住んでいた家や農地など沢山の湖水地方の土地を寄贈しています。そのお陰もあって私達旅行者がいつ行っても綺麗に整理され美しい花々が迎えてくれているのです。

私は子供ことから動物が好きで、近所の農家や自宅で飼っていた家畜も大好きでした。馬、牛、ブタ、山羊、ウサギ、アヒル、ニワトリ、勿論一般的なベットとして犬、猫、インコや鳩などの鳥類、モルモットなども飼っていました。色々な動物達を身近に観察していましたので、ウサギやブタやアヒルなどの生き生きした描写はポターが動物が好きだったことがとても伝わって来ます。私もいつか動物達に囲まれて生活してみたいです(もう無理かな・・weep)。

2016年3月11日 (金)

今週の生け花(平成28年3月第2週):2016年3月11日

平成28年3月11日ですね。あの東北大震災から5年が経ちました。あの日の光景を忘れることは出来ません。 沢山の方がお亡くなりになり多くを失った方も多いと思います。5年を迎えてまだ復興の足音さえ聞こえない地域もあると思います。どうか少しでも心が癒されることを願うばかりです。

3月11日を前にテレビや新聞などで被災地のことが沢山語られていました。聴いているだけで本当に大変な苦難を生きていらっしゃるのだと胸が熱くなりました。 この方々の話から私は生きる力や励ましを頂いているのだと改めて感じました。 あの時に「生と死」を間近に体験されて方から私達は改めて生きる大切さを教えてもらっていると思います。本当にありがとうございます。

Th_img_4274 震災直後に私は被災地へは行っていません。私達病院の看護部を中心に5人のメンバーが交換で被災地でボランティアとして活躍してくれました。私がやっと訪ねたのは昨年です。学生の時あるいは学会で何度か行った景色とはまるっきり違った風景を目の当たりにして改めて被害の莫大さを感じました。 私の様な部外者が言う権利はないのかも知れませんが、かさ上げされ、大きいな堤防が海と生活空間を隔ててしまったことに寂しさが込み上げて来ました。 地震がまたいつか来るかも知れません。これが現実的とは思うのですが海と生活が離れてしまうことが残念です。

いつもの病院の2階の小さな空間に生け花クラブの皆さんがお花を飾ってくれていました。明るく希望に満ちたお花達です。いつも飾ってくれるこの場所は、元々電話を設置する場所でしたので殆ど目立ちません。そこに生け花が飾ってあります。当初、その場所を歩いて思わず生け花を見つけた瞬間はとても嬉しくなりました。何気ない場所にある綺麗な花達、心を和ませてくれます。 今回のお花のせいでしょうか、この場所を通るといつもより明るい日差しが降り注いでいるように暖かく感じられました。

赤いチューリップが可愛らしいです。あくまで私の偏見でしょうがチュリップは若い女性をイメージしてしまいます。同じ可憐な赤いバラは少し大人の女性に見えてしまいます(エッ、トゲがあるからではありませんよcoldsweats01)。 チューリップが春のイメージで花弁も柔らかく平たいからでしょうか、着飾ることなくそれだけで美しい気がします。Th_2016311

レンギョウは中国原産の落葉性低木広葉樹で、日本にも古くから植えらたようです。沖縄でもみることが出来ます。早春に沢山の黄色の花を咲かせ、全体として目立つ木になるのですが、この小さな花々ひとつひとつもまた可愛らしいのです。2〜3Cmの4弁からなる黄色の花が細い枝から沢山連なり一斉に開花します。

紫の萼を持ったスターチスと茶色の幅広の葉をもつドラセラが赤いチューリップと黄色のレンギョウを更に華やかに引き立ててくれています。

今日、私は大変な思いをされている方々から、沢山の希望や励ましを貰って生かさせてもらっています。どうか皆様にも希望という新たな光が目の前を照らしてくれることを祈っています。

<花材:チューリップ、レンギョウ、スターチス、ドラセラ>

2016年3月 9日 (水)

高齢者では男性も骨粗鬆症に注意

今日(2016年3月9日)のFMレキオは骨粗鬆症(こつそしょうしょう)について話をしました。
骨粗鬆症は高齢化を迎えて日本でも1000万人を越える患者さんがいるとされています。骨粗鬆症は癌や心臓病や脳卒中のように直接死因に関与することはないのですが、骨粗鬆症は骨が十分な強度を持たずにすかすかになった状態で、チョッとした転倒などで骨折となってしまい、その後の寝たきりになったり、生活が著しく制限されたりと生活の質(QOL)を低下させる原因ともなります。

あの硬く変化しないような骨も、実は髪の毛や皮膚と同じ様に常に新陳代謝を繰り返しています。古くなって脆くなった骨の一部を壊して(骨吸収)、新しい骨に作り替える作業(骨形成)を繰り返して日々新しくなっているのです。 この骨の再構築には破骨(はこつ)細胞と骨芽(こつが)細胞が関わっています。 成長期や運動などで負荷をかけた時には骨芽細胞の方が破骨細胞より働くことで、骨の量が増えていきます。 通常はこの2つの細胞がバランスと保ち骨の強度を維持しているのです。

Th_ もともと女性ホルモンには破骨細胞の働きを抑える作用があります。閉経後の女性は急激に女性ホルモンが減少します。すると破骨細胞の働きが相対的に強まり、骨の密度が急激に低下する状態=骨粗鬆症が発症しやすくなるのです。そのために閉経後の女性の方は骨粗鬆に注意が必要となるのです。女性の場合、骨密度は18歳頃をピークに閉経前までほぼ同じ状態が続きますが、閉経後増加し、70代前半で40%、80代以降は半数以上が骨粗鬆症の状態となります。

今ではこのことが広く広まり、骨密度の測定などで早めに骨粗鬆症の診断が出来、閉経後の女性の骨粗鬆症の治療薬も有効な製品が治療薬として使用されるようになっています。

骨への影響は女性ホルモンだけではありません、カルシウムやビタミンDの摂取量や吸収率、運動などの影響があります。骨粗鬆症は女性だけの問題ではなく、男性でも起こります。男性でも60代頃から骨粗鬆が散見され、70代以降になると女性の半分の方が骨粗鬆の状態となって来ますので転倒骨折には注意が必要となるのです。 男性でも胃切除をされた方、糖尿病・高血圧・腎機能低下、喫煙や飲酒の多い方、運動不足の方は特に注意が必要です。 俺には関係ないではなくて1度調べて見るのみいいかもしれません。

2016年3月 6日 (日)

博愛や知性がおろそかにされた大統領予備選挙

今、世界的に「博愛や知性」が軽んじられ「暴力や偏見」が社会を覆い尽くそうとしかけているようで怖い思いがします。

Th_ 共存なき排除の世界へ進んでしまいそうです。アメリカの大統領予備選でも人間としてまともとは考えられない意見に熱狂している人々がいます。この種の意見は何処かの酒屋でぐだをまきながら討論しているレベルです。これ以上の公の場で喋ったら非難の的になり、まず壇上に上がることさえ出来ないレベルの話だと思うのです。これこそが自由な米国の象徴だと主張する方もいるかもしれませんが、人種差別的な発言は真の自由とは相容れない問題です。

明らかに排他的で知性のかけらも見えないレベルの発言に熱狂する多くの人々がいます。 その多くが不法移民や外国との貿易で米国のみが一方的に不利益を被り弱い米国になったと、そして今の自分の困窮(不満)の原因とも重ね合わせています。

その大統領候補は大金持ちで、自家用ジェット機で演説に降り立ってきます。この姿をみて疑問に思わないのでしょうか? 自分達との経済格差に気が付かないのでしょうか。 米国はたかが建国200年の新しい国です。先住民族以外、移民やその子孫で構成された新しい国です。 ちょっと先に米国に来たからといって後から来る移民を排除するのは自己否定にならないのでしょうか?

今回は選挙戦を通して明るい希望よりも、Th_119365 米国の暗黒面をみているようで怖い気がします。米国に渦巻く不満や閉塞感に対する話題性はありますが気持ちいい問題ではありません。排他的な発言に熱狂する大人達をみて、この子供達は差別しても良いのだと思って育つのが心配です。 世界各国から移民を受け入れ多様性こそが米国の強さだと思ったのですが次第に失われているのでしょうか?

世界一の大国の大統領です。世界のリーダーとして、少なくとも理解できるレベルの大統領が選出されることを期待したいです。

2016年3月 4日 (金)

今秋の生け花(平成28年3月第1週)

さあ三月に入りました。雛人形を飾って子供の成長を願った方々も多かったと思います。子供達が伸び伸びと心豊かに育って欲しいと祈っています。Th_img_4255

今週もいつもの2階の場所に生け花クラブの皆様方が生け花を飾ってくれていました。
今回のお花をみて感じたのは、可愛らしさとたくましさでした。相反する感情が出てきたのは。お花の中心をなす、エピデンドラムのピンクの可愛らしいお花たちで、まるで綺麗な蝶が舞っているように感じたのと同時に、雲竜柳の蛇行した枝振りがゴッホの絵の中に感じる情念に近い印象を受けてしまったのです。

花器やドラセラソリダスター、そして力強く咲く小菊も上方にあるエピデンドラム雲竜柳のぶつかり合いを静かに支えている様にしか思えなくなってしまいました。

Th_201631 エピデンドラムは中南米に咲くランで、約1000種類の原種があるそうです。日本では品種改良を重ねたお花が栽培されているようです。ひとつひとつも可愛らしい花が次々と花を咲かせてボール状になって行くようですが、水切れなど管理が悪いとボール状になる前に最初の花が散ってしまうようです。 

エピデンドラムの学名Epidendrumはギリシャ語の上を意味する「epi」と樹木をいみする「dendron」からなり、樹上に着生することより名付けられたそうです・・・・・でもでも・・・・日本語の漢字の呼び名はもっと素敵ですよ!・・・「虹手毬蘭」と呼ぶそうです。

生け花クラブが飾ってくれたなかでも雲竜柳は出てきたのですが、なぜゴッホが浮かんで来たのでしょうか? なぜかわからずに写真で摂った生け花を見返したら、小菊の黄色い花がゴッホの描いたヒマワリの様に感じあのヒマワリの曲がりくねった炎の様な描き方が雲竜柳の屈曲した枝に重なったのかも知れません。 皆様方はどうお感じでしょうか?

まだ冬と春のせめぎ合いが続きますが、もう勝負は決まったことのように春がやって来ます。季節が巡るゆくことに感謝です。

<花材:エピデンドラム、雲竜柳、ドラセナ、ソリダスター、小菊>

2016年3月 2日 (水)

日本人の体型は良くなったのか?

今日(2016年3月2日)のFMレキオは私達の骨について話をしました。骨折や骨粗鬆症など身近な問題でもある骨ですが、当然私達の骨格を作っているのも骨ですね。以前骨とカルシウムの関係など話しましたが、体型とも深く関わっています。

現在の美的感覚では、高身長で足の長いのが好まれているようです。後天的にそう思うのか、先天的に何か好ましいのがあるのかどうか分かりません。脚が長いのは走りも早く狩猟に適している、お尻(骨盤)が大きいのは安産型だから・・・魅力を感じるなどとってつけたような理屈を述べていますが、私には本当かどうかわかりませんcoldsweats01

Th__2 チビで脚の短い私はヨーロッパなどに行くといつも引け目を感じてしまいます。でもよくよく考えてみたらなぜ引け目を感じなければならないのでしょう。 ある意味開き直って、小さくて短足でも、摂取カロリーが少なくて地球に優しいエコサイズだと思いますし、あの長時間の飛行機でも脚が短いお陰で窮屈でもないですし、隣の席に迷惑をかけることがないじゃないかと自分言い聞かせるようにしていますweep

まあこんなことはさておき、日本人は戦後大きく身長・体重とも伸びました。しかしもう遺伝的に伸び悩んでいるようです。戦後一貫して伸びてきた身長(体重)も横ばいとなりやや低下傾向にあるのです。 日本人が食生活を変えただけでは北欧人やマサイ族の様にはなれないようです。

日本人の調査で1950年と2010年の30歳の男女の統計があります。男性は身長が160→171Cm、体重55→70Kg 、女性は149→158Cm、49→54Kgとこの60年で増加しています。 これを増加率からとみると、男性では身長も伸びたが体重の方は更に増加した、女性は身長も伸びたが体重はそれ程増加しなかったことが分かります。男性は太めに、女性はスリムになったと理解出来るのです。

身長の伸びには戦後のカロリー摂取における動物性蛋白率の増加やカルシウムの摂取量の増加が栄養学的には考えられています。もちろんこれは成長期の過程でプラスに働いているかも知れませんが、成長が止まった後も動物性蛋白質の摂取量が増加すると動脈硬化などの問題も出て来ます。

もう一つ、「最近の若い子は脚が長くなったね」と言うことをTh_109288 よく聞きます?・・本当でしょうか?

人間の成長の過程で脚の伸び具合と胴の伸び具合に年齢的な差があるのをご存じでしょうか? 成長期になると1年に10Cmも伸びたことは経験された方も多いかも知れません。 でも脚の伸びは思春期に入る時期に伸びる子が多く、思春期の成長期にはどちらかと言うと胴が伸びて行きます。 そのことより体系的に一番脚が長く感じるのは小学校の高学年あたりかも知れませんし、脚もO脚より真っ直ぐな子も多くなったため一段と脚が長く見えるかも知れません。 ですので成長した後の子供達(大人達?)は昔と比べて特段脚が長くなった訳ではなさそうなのです。

昔の若者たちよりも今の若者たちの脚が長くカッコより見えるとしたらきっと服装によるモノかも知れません。あっちこっちから寄せては上げてなどと皆苦労していらっしゃる結果なのかも知れません。

余り学術的ではなくなってしまいましたが、まあ私の意見ですので適当に読み流して下さいねcoldsweats01

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »