フォト

« インフルエンザの季節となりました | トップページ | 世界を夢みて 23: スコットランド番外編: 成熟と熟成 »

2016年2月 5日 (金)

今週の生け花(平成28年2月第1週)

2月に入りました。2月と言えば沖縄では球春、プロ野球のキャンプの始まりです。しかし今年は雨が多いです。今年の1月は沖縄で初めて雪が降ったとニュースになりました。そして降水量でも、1月の最高値を更新し、とても雨の多い1月でした。

沖縄の桜と言えば避寒(ひかん)桜で、とても鮮やかなピンク色の花を咲かせます。寒さを経験することで開花する桜ですので沖縄では1月の後半から北部を中心に花が咲き始めて、日本一早い桜祭りも催されます。 染井吉野などと違い、北から南の順に開花してきますので、那覇市内でも桜が咲き始めました。               Th_img_4165

避寒桜と呼んだり寒緋(かんひ)桜と呼んだりしますが、ひかんさくらの名称では「彼岸(ひがん)桜」と言う別の品種と間違いやすいため、わざと反対にして寒緋桜と呼んだりしているようです。ですので避寒桜も寒緋桜も同じ品種です。 ソメイヨシノも「吉野桜」と呼んでいたそうですが「吉野山の桜」と間違いやすいため,あえて誕生地名をつけて「染井吉野」と名付けたそうです。これと似た命名なのですね。

今週も生け花クラブの皆様が、2階のいつもの場所にお花を飾ってくれていました。 外は寒い風が吹いているのですが、ここは春です・・・誰がどう言ようが「春」ですcoldsweats01

Th_2826 春の日差しがピンク色の緋寒桜を映し出しています。このサクラはピンクが強いのですが、このようにお花を少なくすることでその美しさが際立ってきます。染井吉野の儚い美しさと比べて、力強さを感じさせます。その色と同色のスプレー菊が太陽に向かって微笑んで咲いています。ともに命がみなぎっています。 

花器のシャープさに併せるように月桃の葉を切りそろえることで二つの間に調和が生まれるようにしています。月桃の葉をこのまま使っていたらその丸みのため違うイメージの生け花になったのかも知れません。生け花クラブのセンスの良さが分かる気がしますgood

立春もすぎ、この寒さの中でもこれから確実に春に近づくのでしょうね。もう少し耐えて春を待ちわびましょうheart04

<花材:緋寒桜、スプレー菊、月桃>

« インフルエンザの季節となりました | トップページ | 世界を夢みて 23: スコットランド番外編: 成熟と熟成 »

」カテゴリの記事

コメント

院長先生
こんにちは。
いつもありがとうございます。

 今週の生け花はもう春の華やぎを感じますね。
そして斬新な生け方!センスが光っていますshine

 こちらは昨日は春本番のような陽気でしたが、
今日は夜にはまた雪の予報が出ています。
暫くはこの繰り返しで本当の春が訪れるのですね。

桜の花を見て、春の訪れを感じました。
やはり、沖縄は暖かいんですね。

素敵な生け花に拍手です。 happy01

マコママさん、こんばんは。

早くも桜の登場ですので、やはり春を感じさせくれます。同系統のピンクのスプレー菊を使って全体の色調を統一していますね、流石です。

沖縄も例年になく寒い日が続いています。今日は風が強く体感温度は低く感じます。それでもこの2階の場所は春の陽気です。早く暖かくなって欲しいです。

yasuさん、こんばんは。

緋寒桜は一番寒い時を迎えて開花しますので、この桜が咲くと次第に沖縄でも春に向かう気分になれます。

雨が多いのですが、このピンク色の桜は晴れた青空に合います。そろそろ晴れた日が来て欲しいです。

yasuさんからそう言って頂くと、生け花クラブの皆様も喜ぶと思います。ありがとうございます。

omoromachi さん、こんばんは。
彼岸桜は耳にしますが、「避寒桜」というのは初めて聞きました。
鮮やかなピンク色が、本当に春を感じさせてくれますね。
すっとした枝ぶりの立ち姿とカットされた月桃の葉が
デザイン的で、とても洗練されていて素敵です。
生け花クラブの方々のセンスの良さですね。
週替わりで、いつもきれいな生け花が飾られているなんて、
omoromachi さんの病院は、きっと、とても快適で、温かみのある
雰囲気なんだろうな・・・と想像しております。shine

hananoさん、こんばんは。

沖縄では桜と言えば、この緋寒桜を指します。本土から来る方は桃の花のみたいと仰います。 沖縄では暑すぎて染井吉野は育ちにくいそうです。 

染井吉野のように花びらが舞うようなこともなく、ほたりと落ちてしまいます。あまり憂いがなく儚さは感じられませんweep

生け花クラブの皆様は本当にセンスがいいと思います。

病院は身体を治すことが第一ですが、せめて辛い思いをして入院されている方がお花をみることで、少しでも癒しになって貰えたら嬉しいと思っています。

温かみのある病院になって欲しいと願っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/63166136

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の生け花(平成28年2月第1週):

« インフルエンザの季節となりました | トップページ | 世界を夢みて 23: スコットランド番外編: 成熟と熟成 »