フォト

« また君に恋してる | トップページ | 今週の生け花(2016年1月2週) »

2016年1月13日 (水)

睡眠と記憶の整理

今日(平成28年1月13日)のレキオは先週の睡眠に関連して不眠症について話をしました。
以前、睡眠にも二つのパターンが存在することをブログでも書きました(http://omoromachi.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-f982.html )。
身体の眠りの「レム睡眠」と脳の眠りの「ノンレム睡眠」がありそれがワンセットで90分程度あり、この眠りを3〜4回繰り返し朝を迎えるパターンが一般的です。

レム睡眠は5分程度ですが、覚醒した時に近い状態で脳は活発に動いていて、記憶の整理をしているのではないかと考えられています。その一部分を私達は夢として覚えていることがあります。

記憶の整理と関連して、記憶はどのように形成されるのでしょうか?

Th_ 大雑把に記憶には短期記憶と長期記憶があります。例えば「子供の頃の何十年前のことは覚えているのに、昨日食べたものは忘れた」なんて言うはよくありますね。これは特に年齢に関係なくよくあることです。

この記憶のメカニズムをコンピューターにたとえて説明します。コンピューターでは最初に記憶されるのは情報処理の早いメモリで行われます。そこで処理された必要なものはハードリスクに記憶されて永久保存されます。メモリはあまり容量は大きくないため、不必要なものは消し去りますが、ハードリスクと何度も行きしながら記憶を蓄積しています。

私達の脳の中で中央にある部分に海馬というメモリと同じ短期記憶の中心部分があります。小さな組織ですがタツノオトシゴのような形をしています。タツノオトシゴは英語では「sea horse」と言うため日本語では「海馬(かいば)」と呼ばれています。(ちなみにイルカ(海豚)は中国語を当て字にしたものです)

人間が他の動物と違い高度に進化したのが大脳(皮質)でこれはあらゆる記憶や感覚記憶の中枢となり莫大な情報を処理できます。これがコンピューターのハードリスクに相当します。

私達が色々な経験をした場合、この情報はまず海馬で短期記憶として記録されています。海馬は容量が少ないため余り重要でないのはこのまま消去し次の情報を入手します。重要なことや感動したり、大きな出来事、勉強のように来る返し起こることは、消去しないように大脳皮質に長期記憶として保存できるように情報のやり取りを行っているのです。

この海馬も年齢と共に縮小してしまいます。これが生理的な現象なら単なる物忘れになりますが、病的になると認知症と言う事になります。脳梗塞などがなければ比較的大脳皮質の機能は失われないため、最近の出来ごとは余り記憶になくても昔のことはよく覚えているのです。

アルツハイマー型認知症はこの海馬が先にやられてしまします。新しい経験を記録出来ない為、記憶・記銘力の低下がおこり、先ほど経験したことも記憶に留められないことになります。

巨大なハードディスクである大脳皮質は生まれた後減少を続けますが、それでも全てを使い切りません。基本的に神経細胞は細胞分裂をしません。ですから分裂して数を増やすことも再生することも殆ど出来ません。

しかし海馬には神経幹細胞があり、成長後も新しく神経細胞が新生することが確認されています。

よく「脳トレ」なる重要性が指摘されています。これはパズルを解くとか漢字を覚えるのが目的ではなくて、記憶の中心にある海馬の細胞に刺激を与えて活性化させるのが目的なのだろうかと私は考えています。

今回も私の専門外ですので、間違っているかも知れませんがご了承をcoldsweats01

« また君に恋してる | トップページ | 今週の生け花(2016年1月2週) »

医療 FMレキオ」カテゴリの記事

コメント

院長先生
こんばんは。いつもありがとうございます。

「海馬」のお話はこの頃TVなどでよく放映されていますね。
年と共に「物忘れ→認知症」への不安を抱いております。
「脳トレ」になっているかどうか分かりませんが、私は
「クロスワード・パズル」が好きで病院の待合室などで
解いていますが、この頃は最初の一文字が出てきません。
頭の中では分かっているのにです!
「海馬」の神経細胞が減る一方だと思っておりますが・・・?
刺激が足りないのですね?きっと!
今日もお陰さまで勉強になりました。ありがとうございました。

マコママさん、こんばんは。

そうでしたか、世間知らずの私は海馬がTVで話題になっていたこと知りませんでした。
物忘れは年齢と共に訪れる生理現象ですが、認知症はやはり病気という範疇に入ります。
「脳トレ」の詳しいことはわかりませんが、一時書店に行ったするとやたらこの言葉が目に入ることがありました。

基本的に神経細胞は分裂はしませんので、脳細胞も生後から減少して行く一方です。ただこの海馬に関しては海馬内に色々な細胞に変化できる幹細胞があるのではないかと考えられています。その為海馬内で神経細胞の増加があるようなのです。

やはり色々な経験や日頃からパズルなどで脳を鍛えた方がいいかも知れませんね。

私はこれまでクロスワード・パズルをやったことがありません。私の海馬を鍛える為に取り組んでみたいですhappy01

omoromachi様、こんばんはですshine

人間が経験して記憶する過程は
まるでコンピューターと似ているの
ですね・・・逆ですね
きっとコンピューターの方が
まねしているのですねhappy01

海馬という神経組織の存在
興味があります。
1日だけ記憶があって
次の日はまた新しく
学ばないといけないような
映画があった記憶があります

・・・思い出せません
私の海馬様は大丈夫
なのでしょうかweep

ririkaさん、こんばんは。

人間の脳は興味の尽きない場所です。便利さを追求するコンピューターも改良すればするほど私達の脳に近づくのでしょうね。単純計算では勿論コンピューターに軍配がありますが、創造性に関してはやはり私達の脳がまだまだ上ですね。

海馬は脳組織の中でも面白い組織で、神経細胞でありながらその場所から細胞が新生されるそうです。

ririkaさんの海馬様も頑張っていると思いますよ。邦画では「ガチボーイ」、米国映画では「50回目のファースト・キス」もありますね。この種の映画は沢山ありそうですね。

こんにちわ。
いつも興味深い記事をありがとうございます。
脳を若々しく、記憶によい栄養素はどんなものでしょうか?
大豆製品とかですか?

由津子さん、おはようございます。

脳を若々しくですか? 難しい質問ですねhappy01

記憶力アップにレシチンなんて、巷では言われていますので大豆製品はいいと思います。ポルフェノールもいい言われていますので、カカオ(チョコレート)とか一時流行った赤ワインがいいのでしょうか? 青魚に多く含まれるDHPなんかもありますね。 脳の栄養素となるのは炭水化物ですね。これは糖尿病とも関わってきますね。

私は何か特別な食品だけとればよいとは余り考えていません(医学的根拠はないのですがweep)。色々な食材を万遍なく食べること、食べ過ぎないことが重要だと思っています・・・余り答えになっていませんが御了承をheart04

おっしゃるとうりでしょうねconfident
さすが、お医者様ですね!何事もバランスでしょうか…。
先日、脳外科の先生に同じようなことを聞いみたところ、
やんわりと、かわされました~coldsweats01

由津子さん、こんばんは。

私は余り栄養学などの知識がありませんので正確に答えきれないだけなのですweep。 ただ人間の歯の構造や消化液のことから考えると、人間は雑食の生き物だと考えています。

なにか一つのことを取り上げると一つの食材になるかも知れませんが、偏ると結局は足りない成分が出てしまうと思うのです。

脳外科の先生は真面目なのでしょう。余り根拠のないことは私の様にべらべらとしゃべらないだけかも知れませんね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/63056259

この記事へのトラックバック一覧です: 睡眠と記憶の整理:

« また君に恋してる | トップページ | 今週の生け花(2016年1月2週) »