フォト

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月30日 (水)

2015年有り難うございました

2015年も最後になりました。やはり読んで頂いた皆様に感謝を述べて1年を終えようと思います。

2015年から2016の移行期にかけて、色々な思いが交差していると思います。私自身もこの1年公私ともに目まぐるしいこともありました。喜怒哀楽も沢山ありました、しかし私はなるべくそのことは表に出さずに淡々と自分の道を歩んで行きたいと考えています。

Th_20151229 人生にとって辛いことは色々あると思います。どんなに辛く悲しいことも時間が癒してくれるものと考えています。 もちろん時間が経っても癒されない深い傷はあるはずです。 それでも私達は生きてゆかねばなりません。

そして私達の関わりのあった方々のためにも、真っ直ぐに恥ずかしくない人生を歩みたいと願っています。年の瀬に沢山の恩を受けて私は立っているのだと内省しています。 

私の様なちっぽけな人間でも沢山の方々との関わり合いの中で学んできました。 「我以外、みな師なり」という言葉を思い出しました。私はまだ嫌なことがあると引きずってしまいます。いいことも悪いことも・・・自分にとって都合のよいこと悪いことも・・・沢山のことがあって私が今いるのだと考えるようになりたいのです。未熟な私はまだ嫌なことを許すことが出来ないでいます。何ら成長していませんweep

2016年も色々な出来事や出会いが待ち受けていることでしょう。沢山の方との出会いは自分を成長させてくれると信じたいです。2016年新たな年も自分に与えられた役割を誠実に果たしていければと願っています。

このブログを書くようになり、沢山の方とお話することができました。多くの方は顔も存じ上げません。でもこの時間を共有出来たことに感謝致しますheart01

皆様方にとりましても、明ける年が希望に満ちた年になりますことを心よりお祈り申し上げますshine

 

2015年12月26日 (土)

世界を夢みて20: 英国ハイランド地方 ①

イギリスはイングランド、ウィールズ、スコットランド、アイルランドの連合国家で、それぞれの歴史や文化に違いがあります。それが人々の誇りにもなってお互いに競争するように発展したのかも知れません。

スコットランドの首都はエジンバラですが、これより北西の地方をハイランド地方と呼んでいます。昔はネッシーが住んでいると日本でもブームになったお陰でハイランド地方もツアーでも訪れる機会が多かったのですが、最近はどうもその地方を巡るツアーは少なくなったようです。

Th_ 今回は20年前に訪れたネス湖、アーカート城、悲劇の大虐殺で有名なグレンコーなどの記憶を辿ってみます。

エジンバラから更に北西に向かうと、寒々とした荒涼とした地が広がっています。恐らく森林境界に近い北の地だからでしょうか、木がない広野と山並みが広がってきました。

エジンバラから北西側のネス湖の間にある荒涼とした山岳地帯に景勝地であるグレンコー渓谷があります。1692年に起きたグレンコーの虐殺でも有名で、悲しくも美しい山と谷と表現されている場所です。ハリー・ポッターが好きな方ならホグワーツ特急からの車窓やハリーが箒に乗って空を駆け巡る光景はこの地方で撮影されたそうですので、ハイランドの光景はこの映画に出てきたのと同じです。

私は太陽が降り注ぐ南の島で生まれ育ったのですが、なんとなくこの光景は見慣れたようにも感じるのでした。バスの窓からこの景色が流れる中、思わず鼻歌が思わず出たのが、スコットランド民謡105311 だったのです。ダニーボーイ、サリーガーデン、アニーローリー、蛍の光、故郷の空・・・・など。何故か日本人に馴染みの深い曲が初めて見るこの荒涼とした大地をある意味懐かしく迎入れることが出来たのかも知れません。

最近日本でも流れるようになった曲に「The Water Is Wide」があります。1600年代から伝わる民謡で、現在でも世界中で愛され、ボブ・ディラン、PPM、シャルロット・チャーチ&エンヤ、よしだよしこ、白鳥英美子、などなど、さまざまな歌手によってカバーされています。私はジェイムス・テイラーが唄うこの曲が好きでした。長く受け継がれた曲ですが、この頃急に耳するに機会が増え不思議でした。テレビを見ない私ですが、どうもこの曲は朝ドラの「マッサン」でエリーが唄っていて、それで有名になったようです。

ユーラシア大陸を挟んで東と西の端にある島国として日本とイギリスは何処か似ているところがあるのかも知れません。

次回はネス湖について書きたいと思います。

2015年12月23日 (水)

唾液の役割

今日のFMレキオは口腔粘膜疾患について話をしました。主に耳鼻咽喉科、口腔外科、内科、小児科で対象となる疾患で、私の外科では外傷、消耗疾患、抗がん剤の副作用などで診ることの疾患です。以前ブログで口内炎の話をしましたので(http://omoromachi.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-ed13.html )、今日は私達の唾液について書いてみます。

私達は1日に1〜1.5リットルの唾液を出していますTh__2 かなり多量に分泌されていると感じると思います。何故?と思いませんか? やはり唾液がないと口の中は乾燥するでしょうし、唾が出ないのは苦しいことになります。

先ずは唾液の役割について説明します。

①湿潤と自浄作用:常に唾液が流れていることより口腔内の乾燥を防ぎ粘膜を保護します。口の中を清潔に保つ作用があります。僅かですが唾液には免疫物質が含まれ、細菌、ウイルスから守ってくれています。 

②食事の咀嚼・嚥下を助け、中和をはかる:ご飯を食べても唾液が出ないとぱさぱさして食べにくいはずです。唾液が食べ物と混ざり合うことで飲み込みやすい塊を形成して嚥下を助けてくれます。 酸性やアルカリ性の食品でも唾液が持つ緩衝作用で一定のPHに保たれるようになり傷害を防いでくれます。 

③消化作用:僅かですが唾液中には消化酵素のアミラーゼが含まれます(アミラーゼは主に膵臓から分泌されます) 

④脱石灰化作用:口の中では細菌が炭水化物などを分解して酸を作り出します。この酸により虫歯になりやすくなりますが、唾液の中には歯の成分であるカルシウムやリンが含まれていてそれにより酸によって溶け出した歯の表面のエナメル質を補う作用があります。

⑤味覚を助ける:唾液で食物が混ざり舌の表面の味覚センサーに味を届けやすくしてくれています。

では口のどの部位から分泌されるのでしょう。唾液は耳下腺(じかせん:おたふくの時に腫れるところ)、顎下腺(がっかせん)、舌下腺(ぜっかせん)と呼ばれる大唾液腺と口の中の粘膜に多数ある小さな分泌腺の小唾液腺から分泌されています。

Th_301405 美味しい食事を想像したり、梅干しやレモンなどを思い浮かべるとこの唾液腺から唾液が条件反射的に分泌されます。耳下腺などが収縮することであの心地よい(?)痛みがでます。

自律神経とも密接に関わっていて、緊張状態(交感神経優位)だと唾液は粘稠性で殆ど出ませんし、リラックスした副交感神経優位の状態では唾液は水様性で量も多く出ます。彼女に告白しいようなどと考えていたらきっと口の中は乾燥して滑舌が回らなくなるはずですcoldsweats02

唾液が出にくくなる病気の代表としては自己免疫疾患のシェーグレン症候群、更年期障害、薬の副作用、放射線療法後などがあります、詳しくはお調べ下さいね。

2015年12月20日 (日)

クリスマスの季節に

クリスマスの季節となり、街は華やいでいると思います。

このクリスマスの季節になるとオーヘンリーの「賢者の贈り物」やトルーマン・カポーティの「クリスマスの思い出」を思い浮かべます。

私は世の中が華やかになればなるほど、いつもその輪に加われない人のことを考えてしまいます(何か出来るわけでもなくただ考えているのです)。

Th_87a1454e218bf77e1df405770d8539c4 街では子供達や家族のために沢山のプレゼントを抱えた方を見ます。その人達が大切な方の喜ぶ姿を想像しながら歩いていらっしゃるのだろうと思うとこちらも嬉しくなります。

プレゼントは当然のことですが高いから良いものではありません。高価なものを買える方は買ったらいいでしょう。しかし高価なプレゼントしか気に入らない人は嫌いです。

「賢者の贈り物」も「クリスマスの思い出」の中に出てくるささやかなクリスマスプレゼントは心温まる本当に素敵な贈り物です。

これを書きながら昔のことを思い出していました。今でも心に残っている母の言葉です。私の子供時代は周りも皆貧しかったですし、余り贅沢なものはなかったと思います。

このクリスマスの頃は沖縄でも寒くなります。子だくさんの家庭が多く、皆お下がりを着けていました。 その子も沢山の継ぎはぎだらけの服を着けていて、穴の開いたところには全然違う布があてがわれていました。 裾のあたりもちぎれそうでした。

その時、母が言ったのです。あの子の服は綺麗だね。少し考え込んでいた私に、「綺麗に洗濯してあるのが一番」と。「どんなに高い服よりも、綺麗に洗濯されている服が綺麗なんだよ」と教えてくれたのです。

このことはよく覚えています。子供の頃、自宅に何故か1個だけ配達された小さなヤクルトを大人になったら大きなコップに数本まとめて入れて一気飲みするのが夢だった少年は禿げたオヤジになってもまだ夢を実現していませんweep

夢は大切に取っておこうと思うこの頃です。そしてどうかこの世の中で夢を持てない人々がいない世界になることを祈りたいのですshine

2015年12月18日 (金)

今週の生け花(2015年12月3週)

2015年も残り2週間となりました。いやはや早いものですweep
暖冬ですが昨日から寒気団が日本を被い各地で気温が下がっているようです。沖縄も少し寒くなりました。

街は忘年会やらクリスマスやらで賑やかだと思います。今週もいつもの場所に生け花が飾られています。その場所は殆ど目立ちませんのでこのブログで生けてくれた花を紹介しています。Th_img_4066

今日の生け花は、鮮やかです。希望に満ちているように感じます。そしてステンレス製の花器にオーナメントボールの飾りが施されモダンアートのようです。クリスマスをイメージしたからではなのでしょうが、今回は和ではなくて洋で勝負ですhappy01

特に今日は黄色のバラが美しいと感じました。バラは刺があって厄介ですのになぜ世界中で愛されているのかが少し解かった気がします。柔らかくしなやかな花びら、それぞれが重なり合い同じ形の花びらはなくていま花開く瞬間の力強さも伝わって来ます。自ら発光するような黄色の輝きがあります。

そう言えば、ギリシャ神話の中にバラの話しがあります。海の神が世界で一番美しいものを作り上げようと地中海のキプロス島の海の泡からヴィーナスと誕生させます(そのことを描いたのがボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」です)。それを見た陸の神は自分も世界で一番美しいのが作れると空からふらせたのがバラの花だったそうです。その後ヴィーナスとバラは同一視されて描かれることが多くなったようです

Th_27123 上方に真っ直ぐに伸びた枝に一塊になったイタリア笠松のように見えるのが紅の木(ベニノキ)です。この毛の生えたような部分は実は果実です。毛の生えたような赤い蒴果(さくか)で蒴果とは果実のうちで乾燥して裂けて種子を放出する実のことをさしています。

ネットなどでみるともっと鮮やかな赤い色ですが、今回使われているのはドライフラワーにした形で使用されているのかも知れません。 名前が示すようにその果実から赤橙色の着色料として使われ、南米などの流域では化粧・ボディペインティングの材料として、現在は食品添加物の着色料として、また口紅に利用されるとのことです。 

小さな紫色のパステルアスターが上品で、ポインセチアの赤も鮮やかです。雪冠杉もクリスマスを演出してくれていますね。

<花材:紅の木、バラ、パステルアスター、雪冠杉、ポインセチア>

2015年12月15日 (火)

迷路と時間

時々・・・いやそうでもないか・・・ふと立ち止まる時はいつもこの感覚に近いかもしれない。 自分はなにをしているのだろうかと・・・

Th_4edce5feb0556fa9ac296f63d8c14f_3 「その都度、今はこんな時ではないだろう」と自分に言い含めて考えることを止めてしまっている自分がいます。

迷路に迷い込みそうで怖いと言うことかも知れない。謎を解く時間的余裕がなくなっているのかも知れません。

慌ただしい季節の中で、深くゆったりとした時間を持ちたいと思うこの頃ですheart01

2015年12月11日 (金)

今週の生け花(2015年12月2週)

平成27年の12月も第2週となり刻々とクリスマス、大晦日が近づいてきました。12月と言う月も1年のうちのひと月、12分の1の単位でしかないはずですが、このひと月は師走と言うだけあって、何か忙しく急き立てられるような気がします。 皆様方は体調は如何でしょう? 色々なことで忙しくて、忘年会などが続いて体調が思わしくない方もいらっしゃるようですので無理なさらないでくださいね。        Th_img_4054_2

今週も生け花クラブの皆様が生け花を飾ってくれていましたheart04

今週の生け花は全体的にやや大きめの作品なのですが、全体としてはまとまっていて不思議と大きさや花材の多さも感じさせません。花材として使われている種類は7種類あり、それぞれを1つずつ眺めると結構個性的なのですが膨張していません。

真っ直ぐな針金のような太井を4カ所から折り曲げ、その先端を内側へ向かわせているために全体が中央に集められた印象を作り出しているのかも知れません。太井君、細身の体で統率力抜群ですgood

鮮やかに連なる赤い庖がレッドジンジャーです。ショウガ科の多年草でニューカレドニアやソロモン諸島など太平洋諸島に分布しており、沖縄県でも植えられたのを時々みることができます。庖の中に白い小さな花を咲かせます。 花言葉は「1日だけの恋」だそうですが、赤い庖は比較的長い間鑑賞できますので、この花言葉どこからきたのでしょう? ロマンチックですが怪しげです・・coldsweats01

Th_27122 レッドジンジャーと対をなして伸びているのは、緑色の萼が特徴的なモルセラです。その萼の中に可愛らしい白い花が咲きます。こちらは地中海沿岸からインドにかけて分布している一年草です。萼をよく見るとギザギザの形をしていることより貝殻サルビアの別名がついています。花言葉は「感謝」「希望」だそうですscissors

ユーカリの葉の間から黄色の小バラが顔を覗かし可愛らしいです。ユーカリはコアラの大好物ですのでオーストラリアが原産地です。2種類のカーネーションドナセラの幅広の葉が密集して賑やかです。

原産地を調べていましたら、今日ひとつ勉強になったのがあります。私は30年近く前に当時の東欧を旅行した時にバラが沢山栽培されていてフランスの某有名化粧品にも使われているなどの話を聞いたことがありました。バラはこれまでヨーロッパが原産とずっと思っていました。 バラはチベット周辺、中国雲南省からミャンマーにかけてが主産地でそこから中近東、ヨーロッパに渡り、北半球に広がったとのことです。なんと南半球ではバラは自生していなかったとのこと・・・

今日のお花達は世界中の産地からこんな小さな沖縄の病院で顔を合わせたのかと思うとなぜかうれしい気分です。世界中の人々もこの様に集ってひとつの調和のとれた作品となって地球で輝いて欲しいと思ってしまいました。

<花材:レッドジンジャー、モルセラ、ユーカリ、太井、カーネーション、小バラ、ドナセナ>

2015年12月 9日 (水)

外科医はお裁縫上手なのか?:血管吻合

今日(平成27年12月9日)のFMレキオは動脈硬化が足に行く血管に起こり、冷感、歩行時や安静時の足の痛み、ひどくなると足が壊死し切断の可能性もある下肢閉塞性動脈硬化症について話をしました。

今日は血管をつなぎ合わせる血管吻合・縫合について話をしたいと思います。 古い時代より戦争などで怪我をしたときに、糸などで傷を縫い合わせることは行われていました。

近代外科学においても、以前ブログにもかいた消化器外科の基礎を築いたウィーン大学のビルロート教授は19世紀後半には胃の切除など消化管を吻合する方法を確立しました。 当時はその先生でも心臓や血管の吻合は行うべきでないと述べていました。 摘出する手術において血管は出血しないように縛る(結紮)ものだと考えられ、優れた縫合糸や抗生剤のない時代に血管をつないでも上手く行かなかったのだろうと想像します。また血管が切れた場合その血流が途絶えるためその部分は死んでしまい元に戻らないと考えた様です。

Th_ 血管吻合への道を創ったある事件が起こりました。1894年フランスのリヨンで当時のフランス大統領が暴漢に襲われ、腹部を刺され、血管が切れた事件が起こりました。当時は血管は吻合しても駄目だと医学会では定説となっていて、手術をせずに大統領は命を落としました。

その病院で働いていたカレル先生は「皮膚や腸は縫えるのだから血管も縫えるはず」と主張したのですが研修医の意見は受け入れてもらえませんでした。その事件を契機に彼は血管の縫合法の研究に没頭します。                    Th_aaa

もちろん当時誰も血管のつなぎ方を教えたり学んだ人はいません。では彼は誰から細かい縫い方を学んでのでしょうか? 

・・・・リヨンは当時綿織物の産地で、刺繍やレース編みの上手な職人が沢山いました。カレル先生はその女性職人から裁縫での糸の通し方や留め方を学んで腕を磨いて言ったのです。

その後カレルは米国に渡り、血管吻合の技術を確立し、大血管から小血管までの吻合・縫合術を成功させました。現在の血管吻合やバイパス術も彼のお陰です。その業績にて1912年に米国在住者として初のノーベル生理学・医学賞を受賞しました。

Th__2 私も時々、手術を終えると「先生は編み物も上手ですか」と聞かれることがあります・・・・「並縫い」「返し縫い」「まつり縫い」「ボタン留め」などは小学校の家庭科の授業で習った気はしますが・・・・自分で作業をやったことはないです。

やってみたら上手いかな? 自分の服ぐらいつくれたらいいですね。リタイヤしたら挑戦してみてもいいかもですねhappy01

血管外科のお師匠さんはリヨンの街の刺繍職人だったのです。 医学の歴史も楽しいですshine

2015年12月 7日 (月)

相思相愛:果実

最近忘年会が続き疲れ気味の私ですが、若い方との会話は楽しみのひとつです。やはり若い方々の関心事の1つは何時の世も異性の話題だったりします。その話題の中で片想いではなくて「相思相愛」という言葉が出てきました。

Th_125158 そのことであるテレビ番組を思い出しました。職業は各々違うのですが「果実ハンター?」なる方がいて、皆好きな果実を捜して世界中を飛び交っている人々を追う番組のようでした。 と言うのは、番組自体は3分程度しかみなかったので分かりませんが、この中で話されていた内容が実に印象に残っていました。

果実は自分で動くことは出来ない為、種を運んでもらうため相手が好んでくれるように甘い実を作り出し、食べる側もこれが食べたくて仕方がない、相思相愛の関係だと・・・

それだけでもう十分楽しめました。Th_

何も相思相愛は、人間の男女間の関係だけではなくて、自然界には沢山あるはずですし、ある意味それがあるから地球が成り立っているのかも知れません。 生涯孤独無縁な存在なんてないはずです。何処かで誰かとは繋がって生きているのです(気づくか気づかないかは別として)。 

私達はややもすると、相手の求めることはせずに果実だけ受け取ろうとしまいがちです。でも与え合い、許し合い、時には譲り合ってはじめて相手も自分の存在を認めると思うのです。

彼氏・彼女がいないと嘆く前に、このあたりは押さえておく必要があるかも知れません。頑張れ若い諸君!、君達の健闘を期待するpunch

まあ私の様なオッさんは、クリスマスの季節、外は寒くても心はホンワカと温かくなってみたいものですshine

2015年12月 4日 (金)

今週の生け花(2015年12月1週)

いよいよ12月に入りました。流石に沖縄地方も少し涼しくなって来ました。本土から来られた方はまだ半袖でもいけるかもしれませんが、沖縄に長年住んでいると寒さへの抵抗力が減ってしまいます。

今週もいつもの2階の場所に生け花クラブのTh_img_4028 皆様がお花を生けてくれていました。

とてもスッキリとした印象です。花器も印象的です。これを書いたらまた怒られそうですが、みなしごハッチのズボンのようです(←私も古いです)。

このスッキリとした印象は花よりも青文字ヒバによるものかも知れません。上方に伸びた枝に緑のつぶつぶが付いのは「青文字」です。クスノキ科の落葉小高木で、中国・九州。沖縄に自生しています。この緑のつぶつぶは蕾です。蕾が開けば可愛らしい小さな白いお花を咲かせます。

青文字という名前が印象的で以前生け花クラブでも使われた花材だったのを覚えています。 青文字は生け花の花材以外に、枝をアレンジしてブーケにしたりするようです。 青文字があれば他の文字もあると思いますか? ・・・ええあります・・黒文字です。これも同じクスノキ科の落葉低木で高級楊枝の材料として使われるそうで、ほのかな香りがするそうです。

Th_25121 ピンクのお花は金魚草です。お花が金魚のおちょぼ口に似ていることより名前がついたそうで、元々は地中海沿岸が原産です。その種子から良質な油を取るために栽培されているそうです。 

英語では「スナップドラゴン」と呼ぶこともあるそうですよ。ミツバチが花の中に入って蜜を吸う様子から、ミツバチが竜に飲み込まれている姿になぞらえて名前をつけているそうです(スナップ=かみつく)・・・以外とハッチと連想した私・・・間違えていないかも・・・

濃い緑のヒバの穂先が綺麗ですね。この形をみるとクリスマスツリーを思い浮かべてしまいます。そうもう12月ですものねshine このシャープな穂先と菊は菊でも糸菊の細かい花がマッチしているせいでしょうか、違和感なく黄色の花を受け入れることができます。

これから私も忘年会です。皆が待っているのでここで失礼します。街角ではクリスマスのイルミネーションが輝いているのでしょうか? 寒い季節になりますが心は温かくなりたいですねheart04

<花材;青文字、金魚草、糸菊、ヒバ>

2015年12月 2日 (水)

癌の罹患率と死亡率

今日(2015年12月2日)のFMレキオは胃癌について話をしました。以前のブログで胃癌の原因(http://omoromachi.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-c58a.html )については書きましたので、今回のブログでは罹患率と死亡率の違いについて書いてみたいと思います。

癌の発生部位を考える場合は子宮癌や前立腺癌、乳癌(男性でもありますが)は当然男女差がありますので、男女で分けた方が解り易いかも知れません。

癌の発生部位に関して皆様方のご意見に耳を傾けると・・・日本人の男性の場合、一番多い癌は胃癌だよね、いやいや前立腺癌が多いみたい・・いや肺癌だよ・・・など皆がそれぞれ話をしたりします。女性の場合も、乳癌が一番多い、いや大腸癌だよ、いやいや肺癌が多いみたいよ・・・などなど・・・。

Th_dsc02918 どれも当たっているいるかも知れません。
ただ罹患率と死亡率をごっちゃにしている場合が多いなと感じることがあります。

罹患率(りかんりつ)とはある集団が新たに(1年単位で算出されることが多い)診断されたがんの数を、その集団のその期間の人口で割った値です。 例えば2015年にがんと新たに診断された人数を2015年の罹患数と呼び、この数字を人口比で割った値を2015年の罹患率と言っています。

がんの死亡率はある年に「がんが原因で亡くなった方の人数を全ての死亡者数で割った値」を意味し、ある年の亡くなった日本人の死因がなんだったのかを表しています。色々ながんがありますので、それぞれのがんによる死亡の順番をつけることで日本人がどの癌で亡くなったかも知ることができます。

死亡率は実際に何が原因でなく亡くなったかを示しますので、例えば、がんで闘病中の人でも心筋梗塞が原因で亡くなったら、がんの死亡には含まれずあくまで心筋梗塞(心疾患)による死亡率に含まれます。

Th_img_2674 まあ簡単に言えば、罹患率はその病気にどれぐらいかかりやすいかどうかの指標に、死亡率は文字通りその病気でどれぐらい亡くなったのか表す指標となっています。 日本で脳卒中は1980年まで死因のトップでしたが、それは予防や治療が功を奏して麻痺などは残っても死亡は減り現在死因の第三位となっています。その場合は脳卒中の罹患率は変化がないのに死亡率は減少したことになります。

がんに話を戻してゆきます。がんを部位別に分けるとがんに罹る確率と死亡する確率に違いが出ています。

がんの罹患率:男性では胃癌、前立腺癌、肺癌、大腸癌、肝臓癌、食道癌、胆嚢・胆管癌
 女性では乳癌、大腸癌、胃癌、肺癌、子宮癌、膵臓癌、肝臓癌

がんの死亡率では男性は肺癌、胃癌、大腸癌、肝臓癌、膵臓癌、前立腺癌
  女性では大腸癌、肺癌、胃癌、膵臓癌、乳癌、肝臓癌、胆嚢・胆管癌、

どのがんも早期では多くの患者さんが助かりますが、発見が遅れると予後が悪くなります。 色々な原因が複雑にからむのですが、(こんなことを書いたら統計学の先生からは怒られそうですが・・)非常に大雑把に言えば、罹患率より死亡率が高い方にあれば、治り難いがんですし、罹患率より死亡率が低い方にあれば、治りやすい発見しやすいがんとも言えるかも知れません。

医者の側も自分の専門分野、患者さんも自分が罹った疾患が多く感じてしまう傾向があるようです。そのような印象を日々の診療での医者同士や患者さんの会話の中で感じることです。

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »