フォト

« 今週の生け花(2015年10月5週) | トップページ | 眼前暗黒感(がんぜんあんこくかん) »

2015年11月 1日 (日)

正義が何か判りません、でも自分がその立場になったら

最近の沖縄県と政府のやり取りをみて、とても悲しい気持ちになります。

正義や道徳的価値観は皆違うはずです。私は沖縄で生まれ育ちましたが沖縄が全て正しいとか間違いとは考えたことがありません。 なぜなら私が東京都にも山口県にもその他の場所にも住むことが出来るし、その県民にもなり得ます。 

遠い話をすれば、日本人の多くは中国、韓国、南方ルートでやって来て定住してきた人々です。もとは中国人かも朝鮮人なのかも知れません。何処で生まれ住むかは正義の根拠にはなり得ません。

ネットなどを見ると辺野古基地への反対に対して、基地がなければ中国にすぐに侵略されると考えている方がいます。 勘違いしていますが、辺野古に新基地が出来なくても、日本の多くの米軍基地は沖縄にあり続けています。 沖縄の戦力は殆ど変わらないのです。 沖縄が中国に占領されたらいいと言う方々がいますが、沖縄が中国に占領されても自分の所は占領されることはないと考える矛盾に気が付かないのでしょうか・・・私には不思議です。 

大多数のために少数を切り捨てる。国家を動かす為には仕方ないこともあるのでしょう。

何が正義か、何が善で悪なのか判りません。しかし私は自分の判断の基準として自分がもしその人(その地域)の立場だったらと常々考えています。 自分の家族の住む隣に米軍基地があったら、原発があったら、ゴミ処理場、暴力団事務所があったら、今と同じ判断をすることが出来るのでしょうか?

Th_img_4286_2 もしも国民の皆様が、突然銃を突きつけられ、先祖代々住んでいた土地を強制的に基地(普天間)にされたらどう思うのでしょうか。 条件闘争ではなくて当たり前に持ち主に返せと言うのではないのでしょうか。 

辺野古に新基地を造らなければ普天間飛行場の返還はないという脅しや条件をつけることは非常識です。戦後非合法下で摂取された土地を米国から国民の手に戻すのは、主権国として当たり前の責務です。 

辺野古への「新基地建設」を(普天間飛行場の)「危険性の除去」と言う言葉に置き換えて説明するのは単に「騙しのテクニック」でしかありません。

今の政治家の多くが国民の権利を守る認識が希薄と思えるのです。 この方々が日本を守ると発言しても、国ではなくて自分を守ることしか考えていないのではないかと疑ってしまうのです。

当たり前のことが当たり前に通じる世の中になって欲しいのです。 

« 今週の生け花(2015年10月5週) | トップページ | 眼前暗黒感(がんぜんあんこくかん) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私は細かい事情はしっかり勉強していないので、意見する権利はないかもしれないのですが…
それでも、沖縄にこれ以上基地を作ることには反対だし、
米軍に頼る今のやり方が絶対いいと思っていません。
今のように米中の関係が悪くなったら、真っ先に巻き込まれるのが
今の日本です。アメリカのための前線基地でしかないと思います。
私の住む神奈川県も米軍基地が多い県です。
もし、米中戦争が起きたら、と思うとぞっとします。
どうしたら、「基地」などというものがいらない世界ができるのでしょう。
みんなでそれを探っていってほしいです。

sakiさん、こんばんは。

私も難しいことは判りません。しかし、私の友人も間違っていたのですが、何故危険な飛行場の周りに家を建てているのかが分からないと言ったことがあったのです。

普天間飛行場は戦前はなく、田舎の村落の中心地だったのです。戦後、収容所に閉じ込められた人々もそれぞれの故郷に帰って行ったのですが、普天間に戻った人々にまた悲劇がやって来ます。 今度は米軍が普天間に飛行場を作るために同意なしにブルドーザーで畑や家をなぎ倒して飛行場を作り、金網のフェンスを作ったのです。 ですからフェンスの外で家や街を建てたのが普天間飛行場なのです。

今の政府(中国もそうですが)は、敵対国を作ることで基地を作る根拠にしようとしています。

沖縄は色々な問題があります。その意味でも自分にとっても解決出来ない問題が沢山あるのです。その為に何が重要なのかを問うためにも今回書いてみました。

sakiさんが書いてあるように、少しでも戦争をしなくてもよい世界をつくれたらいいなと思います。理想をなくしては発展はないと考えるのです。

日本(大和)は、沖縄の人々を差別していると感じられてなりません。
本土の人たちの無関心もいいことに、政府は沖縄を追い詰めている。
普天間は、地元の人たちを蹂躙してアメリカ(や日本)が勝手に作った基地。
だから、今度は、沖縄の人たちや地元住民に誤り、とっとと立ち去ればいい。
アメリカの基地は沖縄にはいっぱいあるんだから、新たに辺野古に作る必要はない。むしろ、辺野古に新たに基地を作るため、普天間基地の撤去を口実にしていると思えてならない。

やいっちさん、こんばんは。

私は決してひっくるめて本土の方の多くが沖縄を差別しているとは思っていません。どの方もそうだと思いますが、不都合なことや解決が出来ないことに対してはこれ以上考えたくなると思うのです。 

ただたまたま私は沖縄に生まれて、沖縄に帰って来ましたので、沖縄を通して日本全体の問題点や矛盾点を感じ取れることがあるのです。

この問題は沖縄の問題として、問うているのではないのです。どこに住もうが、もしこのような問題が起これば皆どう考えるのだろうかと思っているのです。

やいっちさんが書いてありますように、普天間の危険の除去と言えば「皆そうだよね、何が悪いの」となるわけです。それは本質をそらしているのです。 

まず危険をなくすために普天間を撤去する。その機能を本土を含めた所へ本気になれば移せるはずです。だだ政府は本土移転には住民の説得が難儀だからやらないだけ、米国は日本が思いやり予算で作ってくれるのだから当然やってくれなのです。

沖縄をみていると色々と面白いことがありますよ(良い所も悪いところもですが・・)。

このブログを読んだり、かつて仕事で沖縄
に住んでいたこともあり
沖縄の問題はやはり関心があります

こと現政権になってからの沖縄の扱いは
異常と思える程で、これが許されていいかと
思う程ですね。

沖縄県知事が発言しているように、選挙でも
沖縄の民意は示され、辺野古移設は反対と
叫んでも全く聞く耳を持っていません

一方、佐賀県がオスプレイに対し
受け入れが困難と言うだけだ政府は
撤退しました。これはもう差別以外の
何ものでもないと感じます

最後に書かれています「当たり前のことが
当たり前に通じる」日本になって欲しいです

普天間飛行場が作られた経過も
このブログで初めて知りました。
政府はこの様なことは説明しませんね。

 悲惨な戦場と化した沖縄、あれから半世紀もの間米国の植民地と言っても過言ではない姿をTVや映画等の画像を見たり聞いたりし又戦没者慰霊碑を訪ねての旅をしたこともあり、沖縄に住む方たちの心痛を感じていましたが、ここにきてサンゴで美しい海、辺野古に強硬手段で基地工事を推し進めようとする政府の姿にはとても愕然とし残念でたまりません。

翁長知事は基地移設反対の民意を汲んで当選した知事ですし、沖縄県民の民意が詰まった発言を馬耳東風のごとく投げやりな姿は忍びないですね。
沖縄の米軍基地は日本にある基地の全体の74%をも占めているそうですが、万一戦争にでもなったら又戦時中のごとくまず第一に狙われてしまいますよ。

安保法案も可決してしまったことだし、南シナ海の問題、尖閣の問題等など問題は山積・・何とかならないもんですかね・・?
平和的な解決方法を見出だしてほしいものです。

ツクシンボさん、こんばんは。

ツクシンボさんが沖縄に転勤に来られて十数年が経ったのでしょうか? 沢山変わったこと、変わらないこともあると思いますが、基地に関しては残念ながら殆ど変わっていません。

昔の自民党は沖縄が戦中、戦後の日本の防衛のため多大な損害を被ることで、日本本土が復興をしたことを判っていらして考えていました。出来ないことが多かったのですが、それでも無視はしませんでしたが、今度の政府は全てのこと(沖縄だけでないかも知れませんが)に関して独善的です。

言論や民意、さらには憲法も無視する姿勢は独裁政治でしかありません。早く眼を覚まして欲しいです。

普天間基地は昭和20年に米軍により土地の強制摂取が始まり、昭和28年頃には今の大きさになっています。沖縄の復帰後も返還されることはないまま、今に至っています。

本来なら本土復帰にともなって、沖縄県民も日本憲法下に入るわけですから、その土地も返すのがスジなのでしょう。

これまでの政府の無策を反省せずに、このような経緯で出来た普天間基地を返す代わりに沖縄の違う場所を基地を提供しろと脅かしています。

冷静に考えても納得がいかないのです。

yasuさん、こんばんは。

沖縄にもいらしたことがあるのですね。沖縄は青い海、太陽と陽気な南国の島である反面、戦争という記憶も残している島です。 

翁長知事は元々自民党でしたが、中央政府の余りにも沖縄をないがしろにする姿勢をみて、辺野古基地反対の態度を明確にして、選挙を戦いました。 沖縄の多くの県民はもうこれ以上沖縄に基地を造らないでくれなのです。

なにも県民が我が儘を言っているわけでもなく、日米安保の重要性も分かっています。 しかしもし中国や北朝鮮の脅威論を言うのであれば、尖閣だけでなく北京や平壌に近いのは沖縄ではなくて、首相の選挙区である山口県が近いのかも知れません。 

国の外交や防衛は中央政府が決めることと言うのなら、その拠点となる基地も全国均等に負担をし合うべきだと思います。 私はそれが当たり前と考えているのです。押しつけやすい所に押しつけるのは平等ではないと思います。

戦争は国の指導者同士が始めるのですが、死んで行くのは若い隊員や民間人です。ですから国のトップに立った人はより抑制的に物事を進めないといけないと思います。 世界を俯瞰する外交というなら、まず近隣の諸国と仲良くなることが先だと思います。

yasuさんが述べられているように、早く平和的な解決に舵を取って欲しいです。


omuromachi様
こんばんは 沖縄に住んでいて基地が身近に
あります。名護に住んでいるとき、辺野古の座り込みの
前を通って通勤したこともありました。
基地をこれ以上沖縄に増やさないこと 必要です。
普天間基地、本当に危険だし、近くを通っていて騒音も
うるさいです。安全な沖縄になってほしいと思います。

nadoyamaさん、こんばんは。

私達が住む沖縄本島は至る所で基地のフェンスにぶつかりますね。 私は何度も書いていますが、お祖父さんも二人の若い叔父さん達も沖縄戦で亡くしました。お祖母ちゃん子だった私は、子供の頃にお祖母ちゃんが戦争の前は本当に幸せだった、何も反対出来ないまま戦争で全てをなくしてしまった、もう2度と戦争は起こして欲しくないことを聞いて育ちました。 自分の子供が亡くなった叔父さん達(15歳、17歳)の年齢に達した時にこんな子供を戦争に送ってはいけないと肌で感じました。

基地が全てなくならないかも知れません、しかし戦争はすぐには起こりません、次第に敵対する国を作りそれがエスカレートして起こってしまうのです。 今の日本がそのような状況になることを危惧しています。

国民が安保が大切で、基地が必要というのであれば等しく分散する必要があると思います。そうでなければ基地をなくさないといけないと思うのです。それが当たり前と私は考えているのです。

omoromachiさん。まったく同感です。安倍さん等首脳ははずっと戦後レジュームの脱却を言い日本国憲法を変えていくことを信条としてきました。
実際のところは戦後レジュームとは憲法体制と安保体制のせめぎ合いの中で結局は安保優位のアメリカいいなり政治のことを指すのだと思うのですが、安倍さんは真逆の事を言っているのだと思います。
その信条の実践は結局は立憲主義の否定であり人権をないがしろにすることになるのでしょう。そのひどい表れが沖縄の現状なのでしょうか。
安保体制は単純に見ればアメリカの軍産複合体を利するものです。戦争を肯定するものです。そこを支えるためにも首尾一貫した考えの堅持も必要で歴史を直視せず反省もしないのでしょうね。だから厚顔にも原発や武器輸出のトップセールスなどというのでしょうか。また、為政者はいつも国民を分断し、世論を己に有利になるように誘導してきました。それに乗ってはダメですよね。

wakokuoujiさん、おはようございます。

安倍政権に関してはwakokuoujiさんの仰る通りだと思います。戦後レジュームからの脱却ではなくて戦前への回帰みたいに感じる所もあります。

毎回のように話す言葉に未来志向と言うのがありますね。これは過去のことをしっかりと検証して悪いものは悪かったと反省して、これを教訓に未来へ向けないと思います。 嫌なものには蓋をして、夢物語を語っても嘘でしかなくなります。

もう少し自分を律して、少数派(弱者)の意見を取り込む姿勢が為政者は求められると思います。残念ながら今は逆ですね。

omoromaciさんこんにちは。
ブログを読んで思わず大きくうなずいて、「そうだよね」と独り言をいってしまいました。
いまの政治家、、、の所など本当に同感です。
当たり前のことが当たり前に通じる世の中、それが逆さまに行っているような気がしてなりません。

自分の判断基準を、もし自分がその立場であるならと考える所に置いてらっしゃる事、皆がそうであれば、遠い地域の事、他人事と片付けないで深く考えることが出来るのに。
遠い事でも、突き詰めれば皆自分たちの事に結びついてくる事なのにです。

その立場に立ってものを思いめぐらす事の出来る、想像力って大事ですね。

子ども達に、胸を張ってバトンタッチ出来る日本であるために、私達大人が少しでも自分が出来る事、口にできる事を懲りないでおかしいことは、おかしいと言い続けていかなければと思います。

けいさんこんばんは。

うなずいて頂き感謝します。 けいさんも子供達に接する機会が多いと思いますが、子供達は皆個性がありますね。 個に関しては誰が良い悪いではなくて、皆素晴らしい1人だと言えます。でも行いに関しては「駄目なものと、やってもいいこと」があるのを大人は教えてゆかないといけませんね。

その判断となるのは、相手のことを思って行動するかどうかと思います。 けいさんが中段に書いてあるように、色々と考えて行動することは、結局は自分に跳ね返って来ることだと考えています。

やはり当たり前のことが当たり前にとおる世の中になって欲しいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/62574825

この記事へのトラックバック一覧です: 正義が何か判りません、でも自分がその立場になったら:

« 今週の生け花(2015年10月5週) | トップページ | 眼前暗黒感(がんぜんあんこくかん) »