フォト

« 久々の海洋博記念公園 | トップページ |  今週の生け花(2015年10月3週) »

2015年10月14日 (水)

変形性膝関節症について

今日(平成27年10月14日)のFMレキオは膝の痛みなどの原因で多い変形性膝関節症について話をしました(私の専門の外科ではなくて整形外科が主に扱う疾患です)

Th_hl30_05 年齢と共に膝の曲げ伸ばしがきつくなった、正座が辛くなった、膝が痛いなどの症状を経験することは多いと思います。

私達は沢山の関節があり、関節の部分では硬い骨同士がぶつからないように、関節内の骨の部分には滑らかな軟骨がついています。

機械でもそうですが、何度も曲げたに伸ばしたりしているとすり減ってきて、変形したり、仕舞いには硬くなって動かなくなって来ますね。

私達の関節にも同じ様なことが起こっています。Th_062339 1日何百回と膝の関節は曲げ伸ばしをしています。平地の歩行でも私達の膝の関節には体重の2〜3倍の力が加わります。 膝の関節は他の関節と比べて可動域が大きいのも特徴です(歩行で60度、しゃがむ動作で100度、正座では140度曲がります)。 

この様に膝関節は全体重を支えるだけでなく、広範囲に曲がることを強要されていますので、時間と共の摩耗することが多くなります。次第に膝関節の軟骨はすり減り、変形して来ます。これが変形性膝関節症と言うことになるのです。

以上のような理屈を考えると、長年使うことで消耗→年齢と共に増える。膝には体重の何倍の力が加わっている→体重が重いほど負担か増える 関節全体に力が分散されない→O脚(日本人の殆ど)、X脚では関節の内側、外側の部分に負担がかかりやすく早めにその部分が摩耗する 膝を支える筋肉が弱いと関節そのものに負担がかかる→一般的に女性が筋肉が弱い

その理由で変形性関節症は、中・高齢、肥満、O脚の女性で多く見られます。またこれまでに膝の骨折などで関節軟骨の損傷、靱帯損傷、半月板損傷、膝関節のねんざの経験がある方や関節リウマチを患ったいる方はこの病気になりやすいと言われています。

症状は色々ですが、一番初期に感じることが多いのが、朝起きて歩き始めた時の「膝の違和感」と言われます。運動時に膝の痛みが来る場合もありますが、初期の頃は暫くすると症状がなくなったりします。次第にそのような症状が長くなり、膝が曲がりにくい、正座やしゃがむ姿勢が辛くなり、階段特に下りできつく なったりします。炎症が次第に強くなると、膝の熱感を感じたり、腫れてきたり、水が貯まって来ます。更に悪化すると日常生活に支障が出るほどになり、活動範囲も狭くなります。

Th_ 加齢は止めることは出来ませんので、日常生活で気をつけることは、肥満ならまず減量する。太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)を鍛える。正座を避ける。膝をクーラーなどで冷やさずに温めて血行をよくする。痛みのない範囲でウォーキングを行う。

治療としては、上記を指導し、薬物療法や物理療法、装具を使用した補助療法などの保存療法を行います。改善が見込めない場合は手術を行うことがあります。この辺りは整形外科の先生と御相談下さいね。

(運動会の季節ですが、日頃運動していない方が、昔の記憶を頼りに急に走り出すと気持ちだけが先走り、脚がついていかず転倒する危険があります。余り記憶に頼らずに現状を理解して走って下さいねcoldsweats01

« 久々の海洋博記念公園 | トップページ |  今週の生け花(2015年10月3週) »

医療 FMレキオ」カテゴリの記事

コメント

FMレキオの番組を毎週楽しみにしています。

私も実は2年前に右の膝の手術をうけました
先生の書かれた条件に私も全てあてはまっています
今では反省し、あれから体重を7Kg程度落として
今では痛みもなく快適に過ごしております

音楽の選曲や解説も楽しんでいます
ぜいレキオの番組でも先生の唄声
聴かせて下さい。素敵な優しい歌声は
沢山ファンが増えると思います

これからもラジオやブログで健康情報を
お願いします

gankobaaさん、こんばんは。

お聴き頂きありがとうございます。
そうでしたか、右の膝の手術をなされたのですね。その後も順調のようでよかったと思います。

膝には体重の何倍もの負荷がかかりますので、体重を減らしただけで膝への負担は随分軽減されると思います。膝も循環器も含めて喜んでいると思いますよgood

音楽は最近の歌は知りませんので、フォークソングを中心にかけています。 gankobaaさんもフォーク世代なのでしょうか?

どうかこれからも宜しくお願い致します。

先生 おはようございます。
体重増加が膝にも悪いのですね。私は
腰痛持ちなので体重増加が厳禁ですが
増えています。やせたいと思います。
膝が痛くなることはありませんが、
今後は気を付けて過ごしたいと思います。
いつも、新しい知恵をありがとうございます。

nadoyamaさん、おはようございます。

現代社会は肥るより痩せる方が難しい時代ですね。平地歩行でも膝に1.5〜3倍程度、階段の上り下りでは体重の3〜6倍の負担がかかると言われています。 

体重の10Kgの増加は毎日10Kgのリックを背負って歩いているようなものですので膝もくたびれると思います。 腰痛にもよくないですし、生活習慣病の原因にもなりますしね。

しかしながら、ついたお肉はなかなか減らせませんねweep

やはり、大腿四頭筋を鍛えるしかないのですねcoldsweats01
1キロ増えると3キロの負担が膝にくると整形の先生から聞きました。
膝と仲良くしていくしかないのでしょう。

由津子さん、こんばんは。

お返事遅れて済みません。
そうなんですよね、膝には体重の何倍の力がかかります。
体重を落とすだけで膝は随分楽になりますね。

膝を支える筋肉を鍛えることで、直接骨同士が衝撃する力を分散してくれます。

膝は毎日の様に使うわけですので、少しでも損傷しないように労らないといけませんね。

膝の痛みは、学生のころから持っていました。
最近は山に登る際に、自分でキネシオテープを巻くようにしているので、
ずいぶんと楽になりました。
ところで、よくCMでサプリの紹介がありますが、
実際はどうなのでしょうか。

とんぼさん、こんばんは。

お返事遅れて済みませんでした。今日はこれまで緊急の手術に入っていました。

とんぼさんは山を登っていますので、膝には注意が必要ですね。特に下りは膝に負担がかかりますので注意して下さいね。

キネシオテープを使用しているのですね。テーピングの仕方はネットなどにも載っていますので参考にして実践してみて下さいね。

サプリについては私より皆様方の方がよくご存じかも知れませんね。 膝などの関節の中のヒアルロン酸などは、関節炎などで膝に水が溜まるような場合には減少します。その為整形外科の先生は関節液を抜いた後にヒアルロン酸などを注入して終わるようです。

細かいことは判りませんが、ヒアルロン酸を飲んだから関節のヒアルロン酸が増えることはないと思います。例えば貧血があるから血液を飲むかと言われても飲みませんよね・・・その程度のものだと私自身は理解していますcoldsweats01

またまた膝の件でお伺いさせてください。
整形の先生は、今はやりのコンドロイチンとかグルコサミンとか
ためしてもいいですよ~でも医学的根拠はないですからね。とやんわり
言われます。半月坂は軟骨ですよね。軟骨は再生されないと…聞いたように
思いますが、どうなのでしょうか??本音が知りたい私です
weep
お忙しいところすみません。

由津子さん、おはようございます。

グルコサミンやコンドロイチン硫酸など色々なお薬がありますが、医学的には余り期待出来ないと考えています。
整形外科の先生には怒られるかも知れませんが---
関節内の骨折の場合、治癒に時間がかかるかも知れませんが、焦らず頑張ってくださいね

そうですか。関節内骨折という解釈ですね。
わかりやすく、ありがとうございます。
東京もやっとクーラーの生活から離れられそうです。
膝の上などを温められるので、ゆっくりとしていきますね。

アドバイスありがとうございましたheart

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/62466024

この記事へのトラックバック一覧です: 変形性膝関節症について:

« 久々の海洋博記念公園 | トップページ |  今週の生け花(2015年10月3週) »